伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

ブログランキング

RSS

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

秋山&大森がデビュー25周年で世界タッグ王座を奪取!ジョーが諏訪魔を破り三冠王座奪取も…

10月21日 全日本プロレス「旗揚げ記念シリーズ最終戦~秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会~」1870人


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼30分1本
○中島洋平 鈴木鼓太郎(6分19秒 片エビ固め)岩本煌史 ×岡田佑介
※跳後廻蹴


◇第2試合◇
▼30分1本
竹田誠志 ○丸山敦(9分40秒 首固め)×渕正信 西村修


◇第3試合◇
▼女子プロレス/30分1本
○安納サオリ 万喜なつみ(8分51秒 ポテリング)沙紀 ×加藤悠


◇第4試合◇
▼30分1本
○吉江豊 ダニー・ジョーンズ 阿部史典(6分26秒 体固め)崔領二 ×不動力也 石切
※ボディープレス  


◇第5試合◇
▼30分1本
宮原健斗 ○ヨシタツ KAI(9分17秒 ヨシタツロックⅠ)石川修司 ×ゼウス ボディガー


◇第6試合◇
▼アジアタッグ選手権試合/60分1本
[第103代王者組]野村直矢 ○青柳優馬(18分17秒 片エビ固め)[挑戦者組]青木篤志 ×佐藤光留
※ロックスターバスター
☆野村&青柳が2度目の防衛に成功


【試合後の野村&青柳】
青柳「やりました」


野村「やっと勝つことができました」


青柳「でも、まだまだ。まだ2回だけ。防衛2回ですよ。俺らはこんなところで止まらないっしょ。もっと行くっしょ。ねえ、野村さん?」


野村「俺らはまだまだ防衛し続けます。必ずアジアタッグ王者の中に俺らの名前を刻んでいきますよ」


青柳「俺たちがこのベルトを守り続けて、歴史にもっともっと…」


※ここで崔が拍手しながら割り込む


崔「はい、おめでとう」


青柳「なんだなんだ?」


崔「俺はお前たちの試合をずっと見させてもらってるけど、凄い強いチャンピオン。でも、このベルトを懸けて、お前らはアジアっていうけど、アジアの選手とやったことあるか? ないな。このベルトを懸けてお前たちがやったのは日本人だけやろ? でも、このベルトはアジアのベルトって俺は聞いてんねん。ランズエンド・コリアの俺たちの仲間が、韓国からこのベルトにどうしても挑戦したいって言ってる」


青柳「おお」


崔「で、ここはフェアな団体って俺は聞いてる。このベルトもちゃんとした実力があったら、誰でも挑戦できるって聞いてる。だから、お前たちがこのベルトを持ってアジアの代表って言うんなら、俺たちのランズエンド・コリアの仲間の2人の挑戦を受けてくれ。俺の願いや。お前たちは立派なチャンピオン。だから、その願い、その挑戦から逃げないことを祈ってます」


※崔は去っていく


青柳「ランズエンド・コリア? 韓国人? いいじゃん。日本人だけで気に入らないんだったら、俺らがチャンピオンとしてしっかり受けてやりましょうよ」


野村「俺らは拒む理由はないんで」


青柳「そうですよ」


野村「このベルト欲しい人が現れたんだったら、拒む理由ないし。必ず俺らが勝って防衛することは変わりないし。その自信が今日戦って、改めてつきました」


青柳「ランズエンドの資格だろうが、誰だろうが、このベルトは俺たちが必ず守る。俺たちがこのベルトを持って、新しい全日本プロレスの明るい未来、そして、新し時代を築いていく。以上です」


◇第7試合◇
▼世界ジュニアヘビー級選手権試合/60分1本
[挑戦者]○TAJIRI(9分44秒 片エビ固め)[第45代王者]×ウルティモ・ドラゴン
※バスソーキック
☆ウルティモ2度目の防衛戦


【試合後のTAJIRI】
TAJIRI「いやあ、今日は人体実験するとかデカいこと言ってたら、されちゃったね。あの人はさすがだね。凄いよ、ウルティモ・ドラゴンは。なにかご質問はございますか?」


――ウルティモ選手からベルトを奪還したが、両国と今回と2試合戦って、ウルティモ選手と戦うことにどういう意味があった?


TAJIRI「前回はいろいろあったんですけど、もう別にないですわ。そんないつまでも同じことを…同じアメをベロベロベロベロ舐めても気持ち悪いから、ポイッと捨てて、新しいのを舐めますよ、僕は」


――だからこそ今回はグリーンミストが出た?


TAJIRI「ていうか、今回はウルティモ・ドラゴンに気合いが入ってたから、あれしかなかったですね。あれしかなかったと思う。なんかね、足とか凄い極められたなあ。あんまりああやって固められるってことはないんですよ。久しぶりに『ああ、こういうのをメキシコでやったよな』って。捕獲された感じ。人体実験されるところでした。危なかった、危なかった」


――試合後に中島選手が乱入して挑戦表明したが?


TAJIRI「ていうか、彼はそんなことを口にしてもいい男なんですか? だって、ジュニアタッグリーグ戦もエントリーされていないし、ここ最近、勝っているところを見たことないし、僕は。そして、そういう風にまだ思われてないんじゃないかな、誰からも。それでいいのかな? もし本当にやるってなれば、よっぽどなにかを見せないことには終わると思うよ、彼のプロレス人生。いいのかな、それで。もう一度考えたほうがいいんじゃない? いつでもいいですよ、やるんだったら。絶対に俺が負けると思えないから。ベルトをいくらでも懸けたっていいよ。絶対に俺は負けないと思ってるから」


――歴史を紡いできたジュニアのベルトが新調されて戻ってきたが?


TAJIRI「今まで日本で十何年やってますけど、ただのトリッキーなヤツだと思われてたと思うんですけど、最近あんまりそういう風に聞かなくなってきたんですよ。ちょっと皆さんが認識を新たにしてくれ始めたというのは、なんでかっていうと、この全日本プロレスで実績を積み上げていくと、全日本でできるんだから、実はちゃんとしてたんじゃないかって、たぶんみんなが思ってくれ始めたじゃないかなって。考えたら、今まで全日本だとか、新日本だとか、G1だとか、チャンピオン・カーニバルとか、妙なことばっかりやってたからね。で、ちょっと腰を落ち着けて、ちゃんとやってみたら、ちゃんとファンの人が認めてくれた。それは全日本プロレスという舞台があったからだと思って。それは凄く感謝しているんですよ。なんかやっと少しわかってもらえたのかなって、生意気なこと言っちゃうけど。それこそグリーンミストだって、全日本に上がり始めた当初は、いろいろ言った人がいたと思うんですよ。最近、あんまり言われなくなっているような感じがするんですよね。ただこれも、全日本という舞台があったから、伝統の舞台があったからだと思うんですよ。やっぱり凄いなって本当に思うんですよね。けどまあ、中島の挑戦は何でもいいですよ。実はここ最近、青木選手とタッグマッチで何回か当たる機会があって。彼は凄い選手だと思うんですよ。実はね、ベルトを今日獲ったら、そういうことを俺を勝手に言っちゃいたかったなと思ったけど、やられちゃいましたね。トンビの中島がザッとやってきちゃった感じだね、今日は。いつでもいいですよ。やりますよ」


【中島の話】「こんなとこじゃ終われねえんだ!!」


◇第8試合◇
▼世界タッグ王座決定戦/60分1本
○秋山準 大森隆男(18分43秒 片エビ固め)×関本大介 伊東竜二
※エクスプロイダー
☆秋山&大森が第78代王者組となる


【試合後の秋山&大森】
――急きょ、対戦相手が代わって決定戦となったが、改めて関本&伊東組については?


秋山「関本選手はいい選手だとわかっているし。関本&岡林組というのは、タッグチームの強い象徴…先輩の俺らから言っても、プロレス界でも強さの象徴みたいなところもあったから、やりたかったけども。そこで、代わりで伊東選手が。まあ、代わりって言ったら大きすぎる存在だけども、たぶん今日やった感じでは、初めてだから逆にやりづらさを感じてたのかなって思いますね」


大森「急きょ変更になった王座決定戦だったけど、別なエンジンがかかったという部分が非常にありました。伊東選手は初対決だったので。ベルト云々ももちろん、俺らの25周年というのはもちろん。で、伊東竜二という初対決の選手とやるっていうその心構えっていうのは」


――王者になって思うことは?


秋山「『やった!』というよりも責任感。やっぱりこれを巻いたという責任が。それはもうみんなに思ってもらいたいんですけど、歴代の王者がね。この前も(アジアタッグ王者の)青柳たちに言ったんだけど、歴代のチャンピオンを見ろって。それを見たら、どれだけそのベルトが凄いものかわかるかって言って。もちろんこのベルトも。嬉しいというのもあれば、それ以上にこのベルトをこの歳で巻いて。若いヤツらがいる中で、責任…まだまだ動かないといけないなと思いますし。これで何もなければ、このまま最強タッグにいきたいなとは思いますけどね」


――25周年記念大会で、川田さんや小橋さんが見ている中で、世界タッグ王座を取り戻す大役を成し遂げたが?


秋山「逆に力が入りましたね。変な試合ができないなというのもあったし。もちろん押されることもある。だけど、やられてばっかはいられないなって。だから、動くように動くように僕はしてました」


大森「試合前に、川田さん、小橋さん、あと諸先輩方にお花をいただいて。川田さんとここで試合をやったのを覚えているし、小橋さんとやったのも覚えてますよ。その思い出が凄く蘇ってきましたね」


秋山「裏切った小橋さんから花をもらって」


大森「そうです、そうです」


秋山「ここで裏切って、花をもらって。変な話だよ」


――最近は一歩引いた形だったが、世界タッグ王座を取り戻したことで、まだまだいけるという手応えを掴めた?


秋山「獲ったんでね。さっき、ゼウスが負けたけど、お前、負けて黙って帰ってくるなって。オッサンの48歳を迎えたやつが持ってるんだから、なんか言って帰れよって。普通にあいつは帰ってきてるけど。で、結局、ヨシタツと宮原がワーッてやって、なんか思わないかなと思って。俺だったら絶対に文句言ってるよ。それがあいつのなさ。いくら筋肉をバンバンつけて何をしたって、結局、ここ(胸を叩いて)がなかったら一緒なのよ。表面にガーッと筋肉つけたって、ここがなかったら。心に筋肉つけろよ、もっと。もっと言えよ。それは別にあいつだけじゃなくて、他のやつもみんな。もっと言えよ、もっと。俺は言わなきゃ余計に腹が立つ。言ったほうが俺は怒らない。こいつ(後ろにいた岡田)なんて失礼な話だよ。鈴木鼓太郎って呼び捨てにしてるからね。それでいいんだよ。もっともっといろんなところに発言して、皆さんを注目させて、自分の試合にもっと付加価値をつけて、責任を持って戦っていく。それが一番いいと思います。負けて帰ってくるなよ、ゼウスなんて。以上です」


 【試合後の関本&伊東】
関本「クッソー! すいません伊東さん」


伊東「岡林が欠場になって俺が入ったけど、せっかく大日本が持ってたベルトだけど、大介、次は全日本の最強タッグで返そう」


関本「はい」


伊東「それでリベンジだ」


関本「一緒に組みましょう」


※卓矢がやってきて


卓矢「待ってください。俺に出させてください! 関本さん、俺と組みましょう!」


関本「今、伊東さんと組んで…」


卓矢「本来ならストロングの人間がいくべきだと俺は思ってます」


伊東「確かに蛍光灯を使えないし、あの調子だったらイスも怒られるからな。野村、いけるか?」


卓矢「俺がいきます!」


伊東「じゃあ関本&野村で最強タッグ…」


※ここで大地&神谷が登場する


大地「ちょっとごめんなさい。今の試合を見させてもらったましたけど、野村、それは違うだろ?」


卓矢「いや、ストロングの人間が最強タッグに出るべきです」


大地「なるほどね。それにしたって、やっぱり俺らが今…」


関本「ちょっと待て。俺のエントリーは決まってんだよ。最強タッグへの俺のエントリーは決まってんだよ」


大地「いやいや、ちょっと待ってください。大日本プロレスを代表するタッグチームが出るべきじゃないですか。今、大日本プロレスを代表するタッグチームは僕たち大神なんで。僕たちが出るべきだと思うんです」


卓矢「今、今日でタッグパートナーを決めるのは早いと思うし、岡林さんはアクシデントで怪我しちゃって」


※なおも大神が詰め寄ると


関本「四の五のうるせえよ、お前。決めてやろうじゃねえか。これで俺と野村が組んで、最強タッグ出場者決定戦、やってやろうじゃないか。いいですよね、伊東さん?」


伊東「そうだね。大日本で一番強いと言っているんだったら、タッグチャンピオンの俺と小林が出るというのもあるんだろうけど、俺はさっきもう出ないと言ったので。2組で代表を決めて、全日本の最強タッグをひっかき回せば」


関本「やってやるよ、てめえらと。この前の借りを返してやる」


卓矢「キャリアは関係ねえから」


関本「イケイケだ、バカ! お前、イケイケだよな?」


卓矢「イケイケです」


神谷「そんなこと言ったら、こっちも…」


関本「イケイケノムちゃんだよ」


大地「イケイケノムちゃんはよくわからん」


卓矢「OKです。それで決まりです」


関本「もう舞台は整った。どこでもいいよ」


神谷「勝ったほうが大日本を代表するんだな」


関本「OK。やってやるよ。やってやるよな、ノムちゃん?」


卓矢「やりましょう」


――改めて伊東選手は全日本初参戦だったが?


伊東「初参戦で世界タッグ。聞くところによると、高山善廣さん以来、そういうのはないと。初参戦で世界タッグのベルトを獲れなかったのは凄い残念です。普段、デスマッチをやっている人間からしたら、物凄くいい経験になりましたし、大日本プロレスのデスマッチにまた新たな動きを加えれるのかなと。負けといてあれですけど、大変勉強になりました」


――秋山&大森組から吸収することはあった?


伊東「最近だと、大日本で自分より体がデカい選手が少ない中で、ああいった選手と当たれるというのは凄い勉強になりましたし、18年と言えども、25周年に比べたら、まだまだだなと」


――最初に蛍光灯を持って入場したが?


伊東「使えないことは重々わかってます。使った瞬間に反則負けになるのはわかっていたんですけど、やっぱり大日本プロレス、そしてデスマッチの代表として、このぐらいの気持ちはあるんだぞという見せるために」


◇第9試合◇
 ▼三冠ヘビー級選手権試合/60分1本
[挑戦者]○ジョー・ドーリング(20分10秒 エビ固め)[第58代王者]×諏訪魔
※レポリューションボム
☆諏訪魔が初防衛に失敗、ジョーが第59代王者となる 


(試合後は遺恨が続いた諏訪魔と握手を交わした。そんなジョーの前にヨシタツが姿を現す。ブーイングや罵声が飛ぶ)
ヨシタツ「ジョー。三冠チャンピオン、おめでとう。今、お前が獲った三冠タイトルに11月9日後楽園ホールでこのヨシタツが挑戦させてもらうぜ。これをあとで英訳してやる。9年前、俺たちはWWEで切磋琢磨してたよな。あれから9年、お互いにいろんなことがあったな。俺は首を粉砕骨折して、お前はガンになった。(客席からは「ジョー」コールが発生した)人生って甘くないよな。11月9日は、俺とお前、これまでどっちがより力強い人生を送ってきたか、証明しようぜ。スゲエ試合をしてやろうぜ( ジョーはヨシタツの目の前でベルトを高々と掲げると、首をカッ切るポーズで返答する)11月9日は平日です。でも皆さん、後楽園ホールに足を運んで、俺たちの試合を…(と喋り続けたが、ジョーはショルダータックルで吹き飛ばして黙らせ、大歓声を浴びる)サンキュー」


 【試合後のジョー】
※ベルトを持って姿を現すと


ジョー「このベルトが全てだ! 疲れたよ」


※イスに座ると、通訳のボンバー斉藤レフェリーと缶ビールで乾杯する


ジョー「まずはこれをガンで苦しんでいる人たちに捧げたい。今日が自分のカムバックのクライマックスだ。家族やファンだけでなく、会ったことのない知らないファンの人たちも応援してくれてありがとう。ガンで苦しんだけれど、今は最高の気分だ」


――どうしてカムバックすることができた?


ジョー「わからないな。カムバックするまで長い時間がかかった。こんな風にカムバックできると思ってなかった。家族や友達、自分をサポートしてくれる人たちがいなかったらできなかった。会ったことのないファンにも助けてもらったよ」


――諏訪魔選手は特別な相手だった?


ジョー「諏訪魔は凄いレスラーだ。リングじゃなくても凄い。同じ世代のライバルだ」


【諏訪魔の話】「負けた。一発一発がやっぱ重いよ。今まで横にいてわからなかったけど、ここまでタイトルマッチのジョーの技が首に響くとも思ってなかったし。今回は負けたけど、あいつには何回もチャレンジしたいし、これからライバルとして俺とあいつとの戦いは終わらないよ。諦めない。またもう1回頑張るよ。勝つまでやる」


【ヨシタツの話】「言いたいことは全部リング上で言ったから」


「秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会~」が開催され、休憩前の記念セレモニーでは小橋建太、川田利明、そしてかつての秋山の付き人だった橋誠が登場、25周年を迎えた秋山と大森を激励、渕や和田京平レフェリーも加わり記念撮影となった。


秋山&大森のワイルドバーニングが関本&岡林のストロングBJの保持する世界タッグ王座に挑戦する予定だったが、15日大日本プロレス後楽園大会で岡林が試合中に右肩を負傷、右肩関節脱臼および肩鎖関節脱臼と診断され欠場となり、ストロングBJが王座を返上、そして関本のパートナーに"デスマッチ"ドラゴン"伊東が名乗りを挙げ、ワイルドバーニングとの間で王座決定戦が行われることになった。伊東の全日本参戦は初、デスマッチのエースと秋山と大森のとの遭遇にも注目が集まったが、伊東は蛍光灯束持参で入場、だが試合前に撤去されてしまった。
 大森と関本で試合がスタートも、しばらくして秋山と伊東が対峙、ヘッドロックからグラウンドの攻防も、伊東は自軍に連行、交代を受けた関本が執拗にヘッドロックで絞めあげ、秋山がバックドロップで投げても絞めあげ、大森がカットに入るも、関本は両腕ラリアットで二人をなぎ倒し、場外に逃れた大森には伊東がプランチャで追撃、ステージに連行してブレーンバスター合戦も伊東が競り勝つ。
 大日本組は孤立した秋山を捕らえ、秋山の古傷である腰に集中攻撃も、関本のブレーンバスター狙いを投げ返した秋山が大森にやっと交代、大森も関本にフロントハイキック、ニールキック、スイングネックブリーカードロップと猛反撃するが、アックスボンバー狙いは関本がかわしてラリアットを浴びせ、交代した伊東も踵落としからムーンサルトプレス、ドラゴンキッカーからドラゴンスプラッシュで勝負に出るも、剣山で迎撃した大森がアックスギロチンドライバーで突き刺し、交代した秋山も、同じく交代した関本にジャンピングニー、ランニングニーと浴びせてからフロントネックロックで捕獲する。
 しかし伊東がドラゴンキッカーでカットすると、関本がアトミックドロップからアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げ、カットに入った大森に秋山を投げつけると、秋山にラリアットからジャーマンを狙うが、堪えたところで大森がアックスボンバーでカットに入り、秋山もすかさずランニングニーからエクスプロイダーで投げる。
 大森が伊東を排除するとワイルドバーニングが孤立した関本に集中攻撃を浴びせ、大森がフロントハイキックから秋山のジャンピングニー、大森が後頭部にアックスボンバーから秋山がエクスプロイダーと連係を決めると、最後は秋山が生膝ランニングニーからリフトクラッチ式エクスプロイダーを決め3カウントを奪い世界タッグ王座を奪取した。


 試合後のバックステージでは関本が岡林に代わり伊東とのタッグで世界最強タッグエントリーを表明したところで、セコンドとして帯同していた卓矢がパートナーに名乗りを挙げ、伊東も卓矢に譲ったところでエントリーかと思いきや、試合を観戦していた最侠タッグ優勝チームの橋本大地&神谷英慶が待ったをかけ、大日本のリングで出場者決定戦が行われることになった。大神も本来ならBJWタッグへの挑戦が優先なのだろうが、BJWタッグは沼澤邪鬼&吹本賢児が名乗りを上げ、また優勝決定戦ではタッグ王者組の伊東&アブドーラ・小林も破っていることから、更なる上へということで世界最強タッグに名乗りを挙げたということなのか…
 秋山と大森がデビューしたのは1992年、全日本プロレスがジャンボ鶴田から三沢光晴ら四天王(三沢、川田利明、小橋建太、田上明)へ移り変わろうとしていた時期で、秋山はレスリングエリートとして注目を浴びたが、アメフトしか実績のない大森は雑草扱い、デビューから1年目で病気欠場の鶴田の代わりに世界最強タッグに出場した秋山と比べ、大森はデビューから前座として扱われた。


 秋山は三沢が率いる超世代軍、大森は川田&田上率いる聖鬼軍と分けられたが、二人はユニットの枠を越えてタッグを結成しアジアタッグ王座を奪取、12度に渡って防衛するなど長期に渡って保持してきたが、同時に秋山も三沢とのタッグで世界タッグ王座を奪取するなど常に先に走り、大森は遅れを取っていた。


 その大森も秋山とのタッグ解消後は、高山善廣と「NO FEAR」を結成、三沢が提唱した三沢革命の影響もあって自己主張することにより、秋山との差を一気に縮めていたが、その矢先に三沢に追随する形でNOAH旗揚げに参加、しかしNOAH旗揚げ後は大森が再び低迷、秋山どころか高山との差も開いた。2002年大森はWJプロレスに引き抜かれNOAHを離脱、秋山と別々の道を歩んだ。大森がなぜ離脱したのか今でも明らかになっていないが、大森なりにNOAHに留まっても三沢どころか秋山の上に立てるわけではないというものもあったのかもしれない。


 秋山はNOAHを牽引する存在となったが、大森はWJ離脱後はZERO1-MAX、新日本プロレスへと渡り歩き、一時はセミリタイアしていた時期もあった。二人は大森が離脱した際に三沢を激怒させていたことから交わることがないと思ったが、大森が先に全日本へ戻ると、NOAHを離脱した秋山も全日本に戻り、今では秋山が社長、大森が副社長で全日本を引っ張る立場、1992年にデビューした際もこうなる運命になるとは二人も予想出来なかったのかもしれない。


 秋山と大森はこれからも全日本プロレスを支えつつも、レスラーとしても、まだまだ花を咲かせて欲しい。 


 秋山準選手、大森隆男選手、デビュー25周年おめでとうございます!


 メインの三冠ヘビー級選手権試合はショルダー合戦を制したジョーがエプロンに逃れた諏訪魔にラリアットを炸裂させるが、ジョーは場外戦に持ち込まずリング内に諏訪魔を押入れ、ストンピング、エルボードロップ、ハンマーパンチと追撃も、フロントキックは諏訪魔がキャッチするとアンクルホールドの体勢から強引に投げるアンクルスープレックスで投げ、ジョーは右脚に大ダメージを負うが、諏訪魔は容赦なくストンピングを入れ足攻めを展開する。
 諏訪魔はコンプリートショットからアンクルロックでジョーの動きを封じると、フロントスープレックスを狙うが、堪えたジョーはショルダータックルで反撃し串刺しショルダーからラリアット、エルボードロップ、ブレーンバスターと畳みかけるも、諏訪魔もフライグショルダーからフロントスープレックスと譲らない。
 諏訪魔はラストライドで勝負に出るが、ジョーがリバースしたところで諏訪魔がラリアットも、倒れないジョーもラリアットで返し、何度も相打ちとなってから諏訪魔がジャーマンも、ジョーもラリアットで応戦して両者ダウンとなる。
 両者はエルボー合戦も、串刺しを狙うジョーに諏訪魔がここ一番で出すドロップキックを炸裂させると、串刺しラリアット、ジャーマン、ローリングラリアットと畳みかけ、ダブルチョップ、ちび膝蹴り、延髄斬りと放ったあとでラリアットを狙うが、ジョーはスパインバスターで迎撃、諏訪魔がエプロンに逃れてもジョーはリング内へパワーボムで投げ捨て、ダイビングボディーアタックからパイルドライバー、しかしデスバレーボム狙いは諏訪魔が背後に着地してバックドロップで投げると、ラリアットを狙うが、読んでいたジョーが先にラリアットを放ってからデスバレーボムで突き刺し、そのまま手首を掴んでラリアットを放つ。
 ジョーはレポリューションボムで勝負を狙うが、諏訪魔が回転エビ固めで切り返すと、バックドロップからラストライドを狙う。しかしジョーが堪えると諏訪魔がラリアットを狙うと、ジョーはフライングボディーアタックで迎撃してからラリアット、レボリューションボムで3カウントを奪い勝利を収め、三冠王座を奪取した。
 試合後にジョーと諏訪魔が握手となってノーサイドになったところで、第5試合でゼウスからギブアップを奪ったヨシタツが挑戦を表明した。


 ジョーとヨシタツはWWE時代から関係があり、二人はFCWで共にトレーニングをしてきた仲だったという。しかしジョーは1軍に上がることはなくWWEを解雇され、ヨシタツは1軍に昇格した。その二人が全日本で再会するというのも因縁めいたものがあるのかもしれない。


 しかしヨシタツもWWEを去り、新日本にフリーとして戻るも首を骨折、欠場している間にポジションがなくなり、全日本に新天地を求めた。新日本時代とは違うというものを確かに出しているが、三冠の戦いはあくまで別物、これまで以上のものを求められる。ヨシタツにそれが出来るのか?今回は厳しい目で見られるのは必死だろう。


 世界ジュニアヘビー級選手権は今回もTAJIRIがウルティモの左腕攻めを展開するが、ウルティモはラ・マヒストラルからキックのコンポ攻撃で反撃、変型卍固めからジャベてTAJIRIの動きを止めにかかる。
 TAJIRIはハンドスプリングエルボーを狙うが、切り抜けたウルティモはラ・マヒストラルを狙うも、TAJIRIも同じ技で切り返しトラースキックからバスソーキックを狙う。しかしかわしたウルティモはソバットも、かわしたTAJIRIはボンバー斉藤レフェリーとウルティモを交錯させ、焦ったウルティモはアサイDDTを決めるがカウントが入らない。ウルティモはレフェリーを起こそうとするが、TAJIRIが毒霧を噴射してからバスソーキックで3カウントを奪い王座奪還、試合後にウルティモの愛弟子の一人である中島がTAJIRIを襲撃、挑戦を表明する。


 アジアタッグ選手権は腕攻めから青柳を捕らえた変態自衛隊が試合を有利に進め、交代した野村も光留の関節技、キックに苦しみ、王者組が主導権を奪えない展開が続く。
 変態自衛隊は野村に照準を定めて分段にかかるが、青柳がカットに入ると、逆に光留を捕らえて青柳がジャパニーズレッグロールクラッチ、逆さ押さえ込み、首固めと丸め込みを連発、反転式のダイビングボディアタックからジャーマンと畳みかける。
 変態自衛隊は光留が青柳をチキンウイングアームロック、青木も野村をアンクルホールドで捕らえて勝負に出て、ダブルチョップからサンドイッチジャンピングハイキックと連係で青柳を追い詰めるが、野村が青木をマキシマムで排除すると、孤立した光留に青柳と共にダブルドロップキックを放ち、光留のハイキックをガードした青柳がドロップキックの連発、ジャーマン、ロックスターバスターと畳みかけて3カウントを奪い、難敵である変態自衛隊から王座を防衛も、バックステージでは崔らランズエイド勢が挑戦を表明した。 

失ったものを取り返した・・・諏訪魔が宮原を降し6度目の三冠王座戴冠!

10月9日 全日本プロレス「2017旗揚げ記念シリーズ」後楽園ホール 1301人 満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○鈴木鼓太郎(8分43秒 エビ固め)×岩本煌史
※三沢魂タイガードライバー


◇第2試合◇
▼30分1本
渕正信 ○太陽ケア 征矢学(8分50秒 片エビ固め)中島洋平 TAJIRI ×阿部史典
※TKO34th


◇第3試合◇
▼アジアタッグ選手権試合前哨戦/30分1本
野村直矢 青柳優馬 ○KAI(10分35秒 片エビ固め)青木篤志 佐藤光留 ×岡田佑介
※垂直落下式ブレーンバスター


◇第4試合◇
 ▼!BANG!TV世界ヘビー級選手権試合/3分10R
[第3代王者]○西村修(3R0分34秒 後方回転エビ固め)[挑戦者]×ダニー・ジョーンズ
☆西村が4度目の防衛に成功


◇第5試合◇
▼30分1本
秋山準 ○大森隆男(5分11秒 片エビ固め)ゼウス ×ボディガー
※スライディングアックスボンバー


◇第6試合◇
▼三冠ヘビー級王座次期挑戦者決定戦/60分1本
○ジョー・ドーリング(11分20秒 体固め)×石川修司
※ダイビングボディアタック


◇第7試合◇
▼三冠ヘビー級選手権試合/60分1本
[挑戦者/第5回王道トーナメント優勝者]諏訪魔(31分1秒 体固め)[第57代王者]×宮原健斗
※ラストライド
☆宮原が初防衛に失敗、諏訪魔が第58代王者となる


(試合終了後、宮原がセコンドの肩を借りてリングをあとにすると、入れ代わるようにジョーがリングに上がる。諏訪魔はそんなジョーとにらみ合うと、目の前で手に入れたばかりのベルトを高々と掲げてみせ、ジョーが去ると、客席から大きな「諏訪魔」コールが巻き起こる)
諏訪魔「皆さん、熱い応援ありがとうございます。ホントにしんどかったけど、みんなの応援のおかげで何とかベルトを取ることができました。ありがとうございます。横浜ではジョーと三冠戦やります。ジョーにはスゲエむかつくんだけど、そういう気持ちは抜きにして、正々堂々ぶつかり合いたいと思います。この三冠ベルト、優勝カップ、そして全日本プロレス…。その名前の価値をまだ俺、上げたいです。まだまだ暴れていくんで、これからもよろしくお願いします」


【試合後の諏訪魔】
諏訪魔「いやぁ、獲ったぞ三冠。久々だよな。これアキレス腱切った以来なんだよね。だから凄ぇびびってる俺がいるよ。優勝カップと…今日だけは最高の気分で寝たいな。しんどかった。やっぱ宮原っていうのはあそこまで急成長してるというのを今日、凄ぇ感じたし、スタミナも無尽蔵なところがあるな。まだまだ恐ろしいよね。ただ、毎回言ってるように宮原1強、そんなの面白くない。俺がベルト獲って、また全日本どうなっちゃうんだって思わせなきゃいけないし。UNのベルトだってあるんだよ。俺のやるべきことはUNの精神をもって、どうなっちゃうんだろう全日本プロレス?と。いい方向にね。そういうふうに思わせたいね」


――三冠ベルトと王道トーナメント優勝カップを同時に持った気持ちは?


諏訪魔「重いよ。本当に重い。この秋から何かこうやってね、タイトル手にできてるっていうのが春前半じゃ考えられなかったよ。どうなっちゃうんだろ、俺?っていうふうに思ったしさ。みんなもそう思ったかもしれないけど、結果としてここに落ち着いてるわけで。複雑だよね。うれしいけど、つらかったなって。前まではそういう思いなかったんだよね。なくてベルトを持ってたっていう。気持ちは凄く強かったんだけど、いざ、いろんなことをやってベルトを手にしたというのは感無量というかね。前半、苦労してよかったなって思ってますよ。まだまだこれからね。持ってからどんだけ苦労するかだよ。俺、苦労しかしてないんだよ。(右肩のベルトがずれて)こうやってベルトが俺の肩から外れようとしてる時点で何か起きようとしてるんだよ」


――史上最多6度目の戴冠を果たし、歴史に名前を残すことになったが?


諏訪魔「歴史に名前残すような人間じゃないっすよ」


――三沢、川田を抜いての記録だが?


諏訪魔「時代が違いますよ。たまたま俺がやり続けてるだけっていうだけで、誰も超えたなんて思ってないし。そこは記録持ったからって意識しない。積み重ねでみんなに泣いてもらえるような試合を重ねなきゃいけないって思いますね」


――10・21横浜でジョーと初防衛戦が決まったが?


諏訪魔「あいつには夏、凄ぇ嫌な思いさせられたし、試合に何回も乱入されたり、本当にむかついてるんだけど、今日あいつ肩にEvolutionのタオル(フラッグ)持ってたんだよね。あれ見た時点で俺はそういう思いをかき消す。いいよ、水に流す。ただ正々堂々と勝負したいと思うようになった。だから横浜は勝負します、あいつと。あいつは俺の両国の試合ぶっ壊してまでやりたかったんだから、やりますよ。正々堂々、勝負します」


【宮原の話】「また這い上がるから…」


 全日本後楽園大会のメインは王道トーナメントを制した諏訪魔が宮原に挑戦、両者の対戦はイ年ぶりとなる。


 序盤は牽制し合うが諏訪魔がショルダータックルで場外へ追いやるも、宮原が場外戦で頭突きを浴びせると、諏訪魔の顔面を鉄柵めがけてフェースクラッシャーで叩きつけ。鉄柱を使ってのヘッドロックとラフで先手を奪いにかかり、リングに戻っても諏訪魔もウイークポイントである首攻めを展開する。
 劣勢の諏訪魔は宮原のビックブーツをキャッチすると、倒れ込みながら右足首を捻り上げる万力スープレックスで投げてから、宮原の足攻めを展開して形成を逆転させ、再度万力スープレックスで宮原の足に大ダメージを与える。
 勢いに乗った諏訪魔はダブルチョップを乱打してからオクラホマスタンピート、宮原の低空ドロップキックもキャッチして逆片エビと徹底的に足を攻め、串刺しラリアット、フロントスープレックスと猛攻をかけるが、宮原は低空ドロップキックから側頭部へのドロップキックで活路を見出し、 串刺しブラックアウトからエルボー合戦、フロントハイキックを打ち込んだ宮原はブラックアウトを浴びせ、串刺しブラックアウトからブレーンバスターで投げるも、再度のブラックアウトは諏訪魔がキャッチしブードゥーロックで捕獲する。
 諏訪魔はダブルチョップを乱打し、ラリアットからバックドロップ、そしてラストライドで勝負に出るが、宮原はDDTで切り返し、ブラックアウトからジャーマンも、振りほどいた諏訪魔はアバランシュホールドで叩きつけ、再度ラストライドを狙うが、宮原はフランケンシュタイナーで切り返す。
 両者はジャーマン合戦を展開し、宮原はブラックアウトから二段式ジャーマンも、シャットダウン狙いは諏訪魔が必死で振りほどき、ここ一番で出るドロップキックを発射、串刺しラリアット、投げ捨てジャーマン、ローリングラリアットと畳みかける。
 諏訪魔は再度ラストライドを狙うが、回転エビ固めで切り返した宮原はブラックアウトも両者ダウン。立ち上がった両者はエルボー合戦、宮原が頭突きを連発すれば、諏訪魔もダブルチョップで応戦、両者ダウンの後で宮原がブラックアウトを炸裂させるが、再度のシャットダウン狙いは諏訪魔は必死で逃れ、宮原のラリアット狙いをかんぬきスープレックスで投げ、バックドロップからラストライドで3カウントを奪い、王座を奪取、6度目の戴冠となった。


 諏訪魔にしてみれば、宮原への挑戦は失ったもの取り返すための戦い。しかしこんなに時間がかかるものとは思っても見ず、成長した宮原を相手に全てを出し切った。諏訪魔にしてみればここまで来るのは長かったと思う。
 試合後に諏訪魔と袂を分かち、挑戦者決定戦ではダイビングボディーアタックで石川にリベンジを果たしたジョーが現れ挑戦をアピールした、10・24横浜での選手権となったが、ジョーを降して再び自分の時代を築くことが出来るか?


 また今年の世界最強タッグの出場チームが発表され
・秋山準&大森隆男組
・宮原健斗&ヨシタツ組
・諏訪魔&石川修司組
・ゼウス&ボディガー組
・野村直矢&青柳優馬組(現・アジアタッグ王者組)
・関本大介&岡林裕二組(現・世界タッグ王者組)
・TAJIRI&KAI組
・崔領二&将火怒組
・征矢学&ブラック・タイガーVII組
・ジョー・ドーリング&太陽ケア 


 今年は10チームが参加し1ブロック制で行われる、世界タッグ王者のストロングBJ、ジョーはケアと組み、宮原はジェイクが欠場のためヨシタツと組む、ヨシタツも全日本に本腰を入れることから、宮原とのコンビはチャンスでもある。

全日本を守り通した秋山が鼓太郎に贈ったメッセージ

10月5日 全日本プロレス「2017旗揚げ記念シリーズ〜GROWIN' UP vol.7〜」新木場1stRING 292人 満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼15分1本
○佐藤恵一(分秒 ジャーマンスープレックスホールド)X岡田佑介


◇第2試合◇
▼30分1本
○稲葉大樹 吉岡世起(分秒 極反り卍固め)X中島洋平 岩本煌史


◇第3試合◇
▼30分1本
土肥孝司 ○熊ゴロー アンディ・ウー(分秒)大森隆男 丸山敦 X阿部史典
※ダイビングセントーン


◇第4試合◇
▼30分1本
○秋山準(11分31秒 体固め)X鈴木鼓太郎
※リストクラッチ式エクスプロイダー


【秋山の話】「(鼓太郎とシングルは久々だと思うが?)記憶にない。まぁ、いいフォーアーム(エルボー)やられたわ。あいつは知ってるからね。(このタイミングで鼓太郎と寝具すで戦った意味は?)それはあいつが考えればいい。何で俺がここで戦ったか。勝敗もあるだろうけど、勝敗以前にここで、ちっちゃなこの場所で俺がお前と一騎打ちしたという意味合いがどういうものか考えろ。あとは自分で答えを出すしかない。俺がリングでお前への問いかけ。2年ちょっと? 会ってない間にお前は何やってきたんだって俺も問いかけたつもりだし。(秋山選手にとって鼓太郎は特別な気持ちがある?)いやいや、それは鼓太郎だけじゃなくて、ウチの選手もそうだし、だけどあいつが忘れちゃいけないのは、俺の元から一回離れた。それは俺を信用してなかったから離れた。理由はどうあれ、それはそう。だけどここにいる選手たちは俺を信じてついてきてくれた。明確な違いがあるし。全日本に上がるんであれば、それをなかったものにできるのかどうかもあいつ次第だろうし。もちろん上がり続けたくなかったら、上がり続けなくていい。ただ、そこだけはハッキリ…当時いた諏訪魔も青木も大森も、苦しいながらも、もちろんあいつも苦しかったと思うけど、だけど、ここに残って全日本を守ろうとしてくれた。俺はそういう人間が一番大切だし、そこにまた戦いを挑んできた。それなりの覚悟があってあいつもきたんだと思うから、それをこれから一戦一戦、出せって。もっともっと自己主張しろって。お前が昔はリング上だけでよかった。今はそうじゃないから。ちゃんと言葉に出して、皆さんに表現して、自分はどういうものなのか、どうしたいのか、何がターゲットなのか、何をここで求めるのか、しっかり話せ。そうじゃないとお前の居場所はない。俺も置いておく意味もないし。今日がそれのスタートだし」


 【鼓太郎の話】「(いろんな思いがあった中で秋山とシングルで戦ったが?)本当にヘビー級が強くてよかったなって思います。俺もね、コテコテのジュニアだけど、俺相手に容赦なくきてくれたし、それについては感謝してます。(秋山は『俺とシングルをやった意味を考えろ』と言っていたが?)言われなくてもわかってます。その気持ちも全部、体に乗せて伝えましたよ。でも今日の試合もそうだし、前の青木とのシングルもそうだけど、どちらとも負けたけどね。やっぱり俺はここでプロレスしたいなって改めて思いますよ。外に出てこんなボコボコになったことないからね。あとは何と言ってましたか? (『一戦一戦、覚悟を見せろ。主張しろ』と)俺の発言はしょっぱいからね。わかってますよ。その分、リングで見せようと俺は頑張ってきたから。でも主張はしますよ。まずは青木なり全日本ジュニアなりにね。やっぱり全日本ジュニア相手に、青木相手にしていくには、世界ジュニアを視野に入れないと意味がないし。今、全然、誰も絡んでないしね。ウルティモさんとTAJIRIさんでやり合ってるだけだから。俺がそこを獲ればね、青木だって黙ってないだろうし、それ以上に若い奴も黙ってないだろうし。一度置いていったベルトかもしれないけど、ここのど真ん中にいくにはベルトを獲らないと。青木にリベンジ果たさないとね。いやぁ気持ちいいぐらいにやられました。どこのヘビー級もそうでいてほしいよ。あと青木に空気になるって言われたけど、空気になるつもりもないし、絶対空気にならないけど、たとえ空気になったとしてもお前の首を獲りにいくよって。負けたままじゃ終われないよ」


◇第5試合◇
▼アジアタッグ選手権試合/60分1本
[第103代王者組]野村直矢 ○青柳優馬(18分23秒 片エビ固め)[挑戦者組]征矢学 ×ブラック・タイガーVII
※ロックスターバスター
☆野村&青柳が初防衛に成功 


【試合後の野村&青柳】
青柳「やりました。何とかこのアジアタッグのベルト防衛することができました。まだまだかっこいいチャンピオンには程遠いですけど、もっともっと僕らで防衛して、このベルトを輝かせたいと思ってます。まず獲ってから初防衛できたんで、まず第一歩、チャンピオンとしての務めを一歩クリアできたんじゃないかなと思ってます」


野村「この前、チャンピオンになったばかりで早い防衛戦だったけど、それなりに準備してきたものがあったんで、そこがうまく結果につながったなと思います」


青柳「でもまだまだですね。このベルトかけて、やっぱり獲った時からずっと気持ちは変わってないですよ。このベルトをかけて戦いたい相手がいる。青木篤志、佐藤光留。あの二人を絶対に振り向かせて、このタイトルをかけてあの二人と絶対に戦います」


野村「まだあの二人には一度も勝ってないんで、僕らで必ず防衛戦実現させて、必ず僕らが防衛したら、僕ら自身が進化できるんじゃないかって、そう思います」


 【試合後の征矢&ブラックVII】
ブラックVII「大森取締役、二度と青柳と当てないでくれ。寿司屋に行ってもアオヤギは食べない。それより全日本プロレスはやり方が汚いです。最強タッグに立候補する。大森取締役の力で我々二人を最強タッグにエントリーしてくれ。一番乗りだ、俺たちが」


征矢「エントリーさせてもらうぞ」


ブラックVII「もう二度とアオヤギは食べない。完敗だよ」


征矢「二度と食べないといってるけど、もしかしたら三度目は食べるかもしれない。しかしブラックVIIさん、めちゃめち流暢な日本語使っとるやないか。どういうことだ? もしかしたら俺より日本語うまいかもしれない。俺よりブラックVIIさんの方が日本語うまいかもしれない。今日負けた敗因は俺がスペイン語を勉強しなかった。ただ、それだけだ。ただよ、本当にやり方汚いぞ。誰が取り締まってんだ、全日本プロレス?」


――大森取締役では?


征矢「その取締役にしっかり日本語とスペイン語の取り締まりもちゃんとやっといてくれって言っといてくれ」


◇第6試合◇
▼三冠ヘビー級選手権試合前哨戦/60分1本
諏訪魔 石川修司 青木篤志 TAJIRI(21分39秒 体固め)宮原健斗 KAI ×佐藤光留 ダニー・ジョーンズ
※ラストライド


(試合終了後、諏訪魔は王道トーナメントの優勝カップを手に、エプロンで三冠ベルトを掲げる宮原としばしにらみ合った。石川と握手を交わしてからマイクを持つ)
諏訪魔「今日は勝ったんで、次、後楽園。俺が王道トーナメントの優勝者として、あの三冠のベルト、右手に持ちますよ俺は!宮原の時代は今度の後楽園で終わらせます」


【諏訪魔の話】「よし、絶対このトロフィーの反対側には三冠のベルト絶対に手にする。そして宮原の時代は終わり。もういいだろ。そう思うよ。どうなるかわかんないような全日本プロレスに一度、戻さなきゃいけない。どうなっちゃうんだろうって。それが俺の役目だと思うしさ。一人若いのが威勢よくたって面白くないでしょ。どんどんいろんなもの飛ばすよ。それが俺の使命だ。ベルト右手にほしいな。両手掲げたいよ。こういう名誉あるもの俺、大好きなんでね。そこはしっかり勝負しにいきます。(最後の前哨戦に勝利して手応えは?)そうだね。今までの中では一番いいんじゃないかなと思います。とにかくこの王道トーナメント優勝カップ、価値を上げていく。どんどん上げていく。三冠ベルトだって俺に任せろよって。わけわかんなくしてやるから(笑) それが一番だ」


 【宮原の話】「きたね。あと4日。俺の時代は永遠に終わらないよ、俺がプロレスラーでいる限りは。10月9日、負けられないんだよね。俺はプロレスの神様からこの全日本プロレスをさらに高みにもっていってくれと宿題もらってるんでね。そのためにはこのベルトを手放すわけにいかない。誰にでもその使命を与えられるわけじゃないんだよね。プロレス界で最も最高の男しか与えられない、その使命を9日、防衛して、さらに高みにもっていく」


 新木場大会の第4試合で秋山が鼓太郎と対戦、鼓太郎にとっても全日本退団後、フリー参戦してから初めて秋山とシングルとなる。
 序盤から読み合いを展開も、秋山がリストロックから腕固めで先手を奪い、鼓太郎のエルボーを受けきって逆にエルボーで返し、花道に連行してDDTで突き刺すが、場外ブレーンバスター狙いは鼓太郎が投げ返すと、すかさず三沢魂エルボースイシーダを発射、リングに戻ってもコーナーからのダイビングエルボーアタックから三沢魂タイガードライバーを狙う。
 しかし秋山はリバースすると、ジャンピングニーからエクスプロイダーで投げるが、2発目狙いは鼓太郎がエンドレスワルツで切り返し、ボディエルボー、アッパー掌底、ワンツーエルボーから三沢魂ローリングエルボー、三沢魂タイガードライバーを決める。だが秋山はカウント2でキックアウトすると、鼓太郎のローリングエルボーをジャンピングニーで迎撃し、エクスプロイダーで投げてから生膝ニーを何発と打ち込み、最後はリストクラッチ式エクスプロイダーで3カウントを奪い勝利を収めた。
 秋山が試合後にコメントしたとおり、鼓太郎を始めとする退団した選手らは、全日本の経営危機に伴って契約形態を変えた秋山に不信感を抱いて去っていった。中には秋山を批判する者もおり、秋山は反論しなかったが、いろんな意味で悔しい思いがあったのも事実だった。全日本は秋山を支持するものだけで踏ん張り再建した。今回の秋山vs鼓太郎は秋山なりに抑えていたものをぶつけた試合だったのではないだろうか…。鼓太郎も秋山のメッセージを貰ったことでフリーながらも全日本のリングに上がり続けることを決意した。今回の試合で自分が半端な気持ちで捨てたはずの全日本のリングに上がったわけでないということを改めて示すことが出来たのではないだろうか。


 セミでは30日の群馬大会でブラックⅦ&TAKA組からアジアタッグ王座を奪取したばかり野村&青柳に、ブラックⅦがWRESTLE-1の征矢をパートナーに変えて挑戦、序盤は征矢がボディースラムで先手を狙うが、野村もボディースラムで応戦して譲らず、青柳との連係で捕らえにかかるも、征矢が両腕でのワイルドボンバーで反撃して、野村にDDT、青柳にショルダーネックブリーカードロップの同時攻撃から場外戦に持ち込み、ブラックⅦは鉄柱に青柳の左肩口を鉄柱に叩きつけてから脇固めと腕攻めを展開する。
 窮地を脱したドロップキックで窮地を脱した青柳は野村に交代、征矢組は野村を捕らえようとするがドロップキックでまとめて返り討ちにすると、征矢に串刺しジャンピングエルボーからノーザンライトスープレックスで攻め込む。
 しかし交代を受けたブラックⅦが野村の攻撃を断ち切ると、シャイニング論ザードから超高校級ラ・マヒストラルを狙うも、阻止した野村はスピアーを放ち、青柳との連係でブラックⅦを捕らえにかかるが、野村のスピアーが青柳に誤爆してしまうと、征矢がデスバレーボムで野村を排除してから、青柳にもワイルドボンバーを炸裂させ、ブラックⅦがカバーするも、野村が間一髪カットに入り、追尾式ジャンピングエルボーこと柴田惣一氏命名レッドアローで征矢を排除する。
 野村はブラックⅦにフロッグスプラッシュを投下するが、ブラックⅦが剣山で迎撃し、征矢も青柳にワイルドボンバーを炸裂させ、ブラックⅦが青柳とのエルボー合戦から首固め、超高校級ラ・マヒストラルと丸め込み技を連発するも、またしても野村がカットに入り、ブラックⅦに山折りを決め、征矢も野村をワイルドボンバーで排除すると、青柳もミサイルキックで征矢を排除、最後は青柳がジャーマンからロックスターバスターで3カウントを奪い、難敵相手に防衛に成功した。
 試合後の王者組は改めて青木&光留の迎撃をアピール、征矢相手にも一歩も引かず、難敵のNOSAいやブラックⅦ相手に2度も退けるなど、野村と青柳も立派に成長し若手の域から脱しつつある。また征矢は今年は大森とのGET WILDではなくブラックⅦとのコンビで出場を表明した。征矢はGET WILDとして昨年の最強タッグでは全勝優勝を果たしたが、現時点ではGET WILDとしてはやるべきことはなくなったということか・・・?


 10・9後楽園大会の前哨戦は諏訪魔組が宮原の首に照準を定めて集中攻撃を浴びせ、終盤でも諏訪魔が宮原のフロントハイキックをキャッチしてキャプチュードで投げ、ラストライド狙いはフランケンシュタイナーで切り返されたが、ジャーマンからのブラックアウト狙いは再びキャッチした諏訪魔がダブルチョップ、ローリングラリアットと浴びせ、光留のアンクルホールドもジャーマンで投げ捨てると、最後は宮原に見せ付けるかのように光留にラストライドを決め3カウントを奪い完勝、前哨戦を制した。

宮原健斗が石川修司を降し三冠王座を奪還…全日本は新たなるステップへ進みだした

8月27日 全日本プロレス「2017 SUMMER EXPLOSION最終戦 全日本プロレス45周年記念 両国大会~新たなる決意~」両国国技館 6500人 満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第0試合◇
▼10分1本
○佐藤恵一(3分4秒 ジャーマンスープレックスホールド)×岡田佑介


◇第0試合◇
▼オープニングアクト〜アクトレスガールズ提供試合〜/10分1本
安納サオリ 万喜なつみ(6分28秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド)本間多恵 ×高瀬みゆき


◇第1試合◇
▼20分1本
○中島洋平 阿部史典(4分18秒 片エビ固め)野村卓矢 ×青木優也
※跳後廻蹴


◇第2試合◇
▼ランズエンドvs多国籍同盟/20分1本
○崔領二 将火怒 石切(7分40秒 片エビ固め)サム・アドニス マッシモ ×ダニー・ジョーンズ
※那智の滝


◇第3試合◇
▼大隅興業presents 全日本プロレス創立45周年記念タッグマッチ
ドリー・ファンク・ジュニア ヒロ斉藤(10分16秒 スピニングトーホールド)ザ・グレート・カブキ ×渕正信


◇第4試合◇
 ▼!BANG!TV世界ヘビー級選手権試合バトルロイヤル
[第3代王者]○西村修(8分24秒 横入り式エビ固め)[挑戦者]×グレート小鹿
☆西村が防衛に成功


【退場順】[1]愛澤No.1[2]吉江豊[3]瀧澤晃頼[4]仲川翔大[5]佐野直[6]ダイナソー拓真&吉野コータロー[7]篠瀬三十七[8]田村和宏[9]レイパロマ[10]カーベル伊藤[11]丸山敦[12]アブドーラ小林&不動力也


◇第5試合◇
▼30分1本
○カリスティコ(8分25秒 ラ・ミスティカ)×エル・ディアマンテ


◇第6試合◇
▼アジアタッグ選手権試合/60分1本
[挑戦者組]○ブラック・タイガーVII TAKAみちのく(10分35秒 超高校級ラ・マヒストラル)[第101代王者組]青木篤志 ×佐藤光留
☆青木&佐藤が3度目の防衛に失敗。TAKA&ブラックVIIが第102代王者組となる 


【試合後のブラックVII&TAKA】
ブラックVII「ごめん、獲っちゃった。どうしよう?」


TAKA「みんなさ、俺たちが獲るわけないと思ってたよね。俺たちが即席チームだから、獲るわけないと思ってたよね。俺もそう思ってたよ。だけどよ、知ってる人は知ってんだよ。俺と相棒がどんだけ深い繋がりを持ってるか。俺たちを即席って言った時点で相手の負けだよ。どれだけのキャリアを世界中で積んできたことか。なあ、相棒?」


ブラックVII「そうね。どうしよう? これは予定が狂う」


TAKA「まさか獲るとは思わなかったな」


ブラックVII「俺はさ、2回目なんだよ。中身だよ。中身で獲ってるから」


TAKA「そういうのを言ってやっていいよ」


ブラックVII「でも、嬉しいベルトだよね、全日本プロレスの中で一番アジアタッグというのがさ。箔になるから」


TAKA「歴史に刻めたわけだ。世界最古のベルトでしょ? これを獲ったってことはさ、またこれを使って、いろいろ遊べるんじゃないの?」


ブラックVII「防衛戦はとりあえず小橋&菊地組。さっき小橋さんがいたからさ、『獲っちゃった。どうしよう?』と言ったら、ちょっとムッとしてたから、じゃあ、挑戦してこいって」


TAKA「取り返してくださいよ、先輩」


ブラックVII「そうだよ。小橋&菊地で来い。それがダメだったら、強いヤツらとはやらねえぞ」


TAKA「渕正信でもいいぞ。歴史と伝統があるんだろ? 過去のチャンピオン、来いよ」


ブラックVII「全日本プロレスは一番面倒臭い2人をこの全日本に残しちまったな。ただじゃ転ばねえぞ」


TAKA「誰も獲りに来なければ、俺たちは好き勝手にいろんなところでやっちゃうからな」


【青木の話】「悔しい。悔しい。いろんなことを考えさせられるタイトルマッチだな。勝てば何も考えなくて済んだかもしれないけど、負けたんでね。俺も俺なりにいろんなことを考えないといけない。今日はもうそれしか言えないね。負けて言えるのはそれだけ。悔しい。ただ、俺はこれでは終わらない」


◇第7試合◇
▼全日本プロレス創立45周年記念特別試合/45分1本
○タイチ(13分19秒 エビ固め)×青柳優馬
※タイチ式ラストライド


【タイチの話】「くだらなすぎる。くだらねえよ。だいたい何なんだよ、この団体はよ。俺は一言も出るって言ってねえぞ。出るって言ってねえのに勝手に決めて、勝手に発表しやがって。そんなやり方あるのかよ? しかも、前日会見だかなんだか知らねえけどよ、会見で俺が言ってもいねえ言葉を勝手に作りやがってよ。俺のコメントだって言って。馬鹿か、おめえら。あんなことを俺が言うかよ。てめえらに気の利いたコメントなんか出すかよ。くだらねえんだよ。馬鹿なんだよ。こんな団体、もう二度と出ねえ。くだらなすぎる。これでお終いだよ。あの若いのだってよ…まあいいよ、この馬鹿団体よりはちょっとぐらいいいんじゃねえか、あいつのほうが。2回目の対戦だかなんだか知らねえけど、記憶にねえよ。まあ、意味がなかったよ、この戦いは俺には。ひとつも意味がない。明日は大事な試合があるんだよ。邪魔するな。こことはもう終わりだよ。こんなところには二度と出ねえ。こんなところに所属しているヤツがいたら、所属していたヤツらがいたら、頭おかしいよ。なあ、マル?(金丸がいないことに気づくと)マルはどこだ? そういうことだよ、バカヤロー」


◇第8試合◇
▼全日本プロレス創立45周年記念特別試合/30分1本
秋山準 ○大森隆男 田中稔 岩本煌史(6分13秒 片エビ固め)ジョー・ドーリング ゼウス ×ボディガー 鈴木鼓太郎
※アックスボンバー


【試合後の秋山&大森&稔&岩本】


秋山「みんなそれぞれ思いはあると思うんで。ジョーも何かの思いがあるだろうし、ゼウスもそうだし、岩本もそうだし、みんなそれぞれ思いが。それをリング上でぶつければ、また違う結果も出てくるだろうし。それを汲んで、ああやってみんなで暴れて良かったかなと。よくわからなくなりましたけど、よかったなと。リング上から見てて楽しかったです」


大森「勝利を飾ったのは飾ったけど、最後のグチャグチャで敵だったのか味方だったのか、パートナーだか敵だか、みんなわからなくなっちまったよ。秋山さんが言ったように、選手の自己主張っていうのが試合の中で見えてくると、ますます面白くなってくるんじゃない?」


――稔選手も鼓太郎選手と対戦したが?


稔「俺は足の裏を触っただけですから。45周年の記念試合に選んでいただいて光栄です」


――岩本選手は鼓太郎選手とやり合っていたが?


岩本「ハードヒットでタッグマッチでグラップリングでやっているんですけど、プロレスのリングでやって。全日本にいたとかいないとか、僕からしたらどうでもよくて。ただ単に気にくわないんで、ぶっ潰したいと思っているだけです」


大森「これから全日本はますます面白くなってくるから。まったく見えなかったものが、俺らの試合から見えてきたんじゃないかな。そんな気がする」


秋山「まあまあ、大森。行くか? 行こうか?」


※ここで丸山がコメントブースに登場する


秋山「お前は黙っとけ。今から世界タッグに行くんだよ。お前、関係ねえだろ? 今、大森と世界タッグに行こうかって話をしてんだよ」


丸山「世界タッグにはドンドン行ってください。僕も行きますよ」


秋山「お前、関係ねえだろ?」


大森「関係ねえよ」


丸山「ちょっと待ってくださいよ」


大森「だいたい!BANG!TVで優勝できなかったじゃねえか」


秋山「帰れよ」


丸山「ちょっと待ってくださいよ! 僕、!BANG!TVはやっぱり嫌です!」


秋山「お前、何を言ってんだ?」


丸山「やっぱ嫌です」


大森「俺だって生きてるんですとか、適当に言いやがって」


秋山「みんな早く試合を観に行きたいんだよ」


丸山「ちょっと待ってくださいよ! 僕、秋山さんの持つGAORAチャンピオンに挑戦…決まるから。(秋山たちが呆れて去っていこうとすると)ちょっと待って! ちょっと!」


稔「記者さんのリアクションも薄いじゃないですか」


丸山「(涙ながらに)決まるから! 決まるから! (稔の腕を掴みながら)ここでやったっていいよ。稔さん止めるな…止めてくださいよ! だって、シングルマッチが決まっているじゃないですか。決まっているんですよ。1対1の」


秋山「わかった、わかった。やる、やる、やる」


稔「世界ジュニアが見たい」


※秋山たちが去っていくと


丸山「こういうことや。おい、秋山準! 追い詰めたぞ。寝首をかかれんようにどうのこうのしとけよ。以上や!」


 【鼓太郎の話】「あいつじゃねんだよ、俺がやりてえのは。余計なことすんなよ。出てきやがって。もっと来いって。来るならもっと来いよ。俺のことを気にくわねえんだろうけど、あいつは関係ないでしょ。俺とサシでやりてえのか? サシでやるんだったら、お前が来いよ。(鼓太郎選手を全日本ジュニアに入れさせないと言っていたが?)わかってねえな。俺が入ったほうが面白くなるんだよ。違うだろ? 全日本ジュニアに目を向けさせてるから。やってやるよ。あれだって、完全に俺とやりたい感じだもの。俺はサシでやってやるよ。受けるか受けないかは、あのガキ次第だ」


◇第9試合◇
▼世界ジュニアヘビー級選手権試合/60分1本
[挑戦者]○ウルティモ・ドラゴン(15分53秒 片エビ固め)[第44代王者]TAJIRI
※アサイDDT
☆TAJIRIが初防衛に失敗。ウルティモが第45代王者となる


【試合後のTAJIRI】
――残念な結果になってしまったが?


TAJIRI「今日はこういう結果になったけれども、戦う前は試合に乱入してさ、ウルティモ・ドラゴンに毒霧をぶっかけたりしたよ。だけど、やっぱ俺はあの人に憧れてレスラーになったから、そういうものはなにひとつ変わってない。あの人のドラゴンのマスクの中は実は変わってないけど、俺の仮面の中も実は変わってないんだ。そして、この気持ちが変わらない限り、俺とウルティモ・ドラゴンの物語というのは、まだまだ始まったばっかりだよ。だって、25年かかってるんだもん、今日まで。で、やっと日本で始まったんだよ。アメリカでもあったよ。メキシコでもあったよ。日本で一度もなかったんだよ。今日がスタートだよ。まあ、凄い伝統あるベルトだけど、それは今日新たにリニューアルして、俺とドラゴンの畑っていうのはたぶんもっとデカいと思うから。これからだよ。まだ始まったばっかりだよ。そして、向こうが50歳で、俺が46歳だよ。普通、これがよその団体だったら、もうベテランのジイさん対決だけど、なぜかこの全日本という土俵ではそういう見られ方をされなかったんだよ。それが俺の中で凄い衝撃だったのよ。何でかって言うと、伝統とか、歴史とかを積み重ねて、そういうのを重んじるリングなんだね。そういうステージなんだね、この全日本というのは。だから、俺もドラゴンも、こうやって活かしてもらうことができたんだよ。だから、全日本プロレスには45周年おめでとうございますと一緒に、秋山社長をはじめ、全日本の関係者の皆さんに、本当にお礼を言いたいです。おめでとうございます。俺は負けたけれども、45周年の両国でこんなにお客さんが入って、全日本プロレス、おめでとうございます」


――これ1回きりで終わるのはもったいないが?


TAJIRI「そう思います。まだ始まったばっかだよ。今日初めて始まったんだよ。これからじゃないの? 今日はお互いまだ触れたことのない、触れたらちょっと壊しちゃったなっていう部分があったんだよ。たぶんそういうのがピタピタッともっとあって、もっとよくなっていくんじゃないの? 正直ね、こんな長い時間、ドラゴンと触れ合ったのは初めてなんだよ。この全日本には、俺にとっての初対決がまだまだドラゴン以外にもいっぱい埋もれてるから。どんどん掘り起こしていきたいですね」


――以前はタイトルに一通り挑戦したいと言っていたが?


TAJIRI「まずは一番体重の軽いジュニアで、ドラゴンにやられちゃったから、まずはもう1回そこからだな。できたら、1個1個肩に集めていきたいね。全部獲って、集めていきたいんだよ」


◇第10試合◇
▼世界タッグ王座決定戦/60分1本
関本大介 岡林裕二(17分31秒 片エビ固め)×野村直矢 KAI
※ゴーレムスプラッシュ
☆関本&岡林が第77代王者組となる


(試合終了後、KAI&野村組と入れ代わるように、秋山&大森組が登場。)
大森「新チャンピオン、ベルト奪取おめでとう。俺たち、そのベルトに凄い興味があるんだ。挑戦させてくれねえかな?」


秋山「おい、今年48歳の男がお揃いのTシャツで来てんだ。受けてくれよ。やってくれよ」


岡林「全日本プロレスの社長だろうが副社長だろうが、挑戦受けちゃるわ。歳は関係ないよ。ぶっ潰すぞ、コラ」


秋山「歳なんか関係あるわけないだろ! 小橋さん、一言いってくれ!」


(となぜか実況席の小橋にマイクを渡す。する)
小橋「いい試合だった。準と大森との防衛戦も頑張ってな」


秋山「ちょっと違うけど、まあ、こういうこっちゃ!」


【試合後の関本&岡林】
岡林「よっしゃ! ありがとうございました!」


関本「ありがとうございました! よっしゃ! 獲ったぞ!」


岡林「気合いの勝利です、本当に。今日は気持ちで勝ちました、気持ちで。誰が来ようと、ずっと防衛し続けましょう」


関本「いや、正直(頭が)回ってるよ。でも、タッグを獲ったから。守っていこう」


岡林「本当の世界タッグチャンピオンですから。前回も獲りましたけど、2回獲ったら本物になっていくんで。これからずっと…もうずっと防衛し続けます」


関本「大日本に持ち帰って、ピッカピカに輝かせよう」


岡林「はい。やりましょう!」


◇第11試合◇
▼全日本プロレス創立45周年記念特別試合/45分1本
○小島聡(11分15秒 片エビ固め)×諏訪魔
※ラリアット


【小島の話】「こんな悲しい試合何年ぶりだ? こんなに胸が切なくなる試合なんか、なかなかないぞ。俺と諏訪魔の7年越しの戦いが、こんな短い時間で終わっていいのか? なあ? なんて切ないんだ。ジョー・ドーリングって…お前、10年以上、プロレスやってんだったら、入っていい時、入っちゃいけない時、やっていいこと、やっちゃいけないことぐらい空気読めよ。せっかくの7年越しの試合。こんな状況の中で迎える選手の気持ちを考えたことはあるのか。切なくて、切なくて、涙も出てこないぞ。もう1回やるとか、やらねえとか、そんなことは誰が決めるわけじゃねえよ。その時のタイミングが来れば、勝手にそういうことが起こるかもしれない。ただ…ただ! 普通は次なんて考えてやらねえぞ! 普通はこの1回限りしかやれないと思うだろ! なあ? ふざけるなよ。全日本プロレスの管理体制がどうとか、そういうのもよくわからないし、俺の中でただただ切ないだけだよ。切ない試合だよ。ただ…ただ…切ない中でもこれだけは言っといてやる。これだけは声を大にして言ってやるよ。諏訪魔は本当に強い男だぞ。アイツのポテンシャル、本当にスゲエから。アイツの言動、アイツのコスチューム、アイツの姿、アイツの試合スタイル、アイツの全てが全部ムカついて、全部嫌いだけど、アイツのことはプロレスラーとしてリスペクトしているから」


◇第12試合◇
▼三冠ヘビー級選手権試合/60分1本
[挑戦者]○宮原健斗(24分39秒 シャットダウンスープレックスホールド)[第56代王者]×石川修司
☆石川が3度目の防衛に失敗。宮原が第57代王者となる


【試合後の宮原】
宮原「夏を…夏を…プロレス界の夏を宮原健斗が締めくくりました。プロレス界で最も最高の男が締めくくりました。プロレスの神様は宮原健斗に期待しているんでしょうね。まだまだこのベルトと一緒に、全日本プロレスは更なる高みに行かなきゃいけないんだ。行くんじゃなくて、行かなきゃいけないんだ。それが全日本プロレス。さらに全日本プロレスは攻めていきますんで。ただ、攻める中心はこの俺、宮原健斗だ」


――石川選手の印象は?


宮原「本当にプロレス界で最強という言葉がピッタリなチャンピオンだったと思います。そんなチャンピオンだったから、僕の100%以上の力を使わないと、あの人からフォールを取ることはできない。過去一番今日が最高だったと思います、宮原健斗が」


――今後、やっていきたいことは?


宮原「今日発表されてわかる通り、わかりやすく言えば、全日本プロレスが大きな箱に挑戦していきます。でも、挑戦だけれども、全日本プロレスのあるべき姿だと思ってます。あるべき姿に行くだけですよ。まあ、絶対この下半期にかけて、さらに全日本プロレスは盛り上げるでしょう。だから、そんな全日本プロレスに埋もれたくないんで。今日チャンピオンになれて最高です」


――次の防衛戦については?


宮原「誰でも来るでしょう。今の全日本プロレスって本当に気を抜いたら、誰が来るかわからない。今日の試合のラインナップを見てわかる通り、誰でも来れるような立ち位置にいるので、気が抜けないですよ。誰でも来いやって感じです」


――かつて全日本で活躍していて、改めて古巣に参戦する選手が出てくるが、そういう選手たちに王者として何を見せる?


宮原「僕はチャンピオンですから。宮原健斗の対角に立ちたい人はいっぱいいるでしょう。ただ、宮原健斗の向こうに立つということは、それなりのものを見せてこないと。今の俺は、結構最高ですよ。それなりのものを見せてもらわないと、俺がどうこう言えるレベルじゃないです。とにかく全日本プロレス、さらに攻めます。その攻める中心はこの俺です」


 秋山体制2度目の両国大会が開催され、メインは石川の保持する三冠ヘビー級王座に前王者の宮原が挑戦、宮原は5・21後楽園で石川に敗れて三冠王座を明け渡すだけでなく、vs石川もいまだ勝ち星なし、宮原にとっても背水の陣で石川に挑んだ。
 序盤は宮原がビックブーツを駆使して先手を狙うが、場外戦でエプロンダッシを狙うと、石川がかわして鉄柵に直撃させ、鉄柵を使って首攻めやギロチンホイップ、リングに戻っても、首筋へのエルボーの連打からコーナーへ河津落とし、スリーパー、首四の字と首攻めを展開して先手を奪う。
 劣勢の宮原は低空ドロップキックからサイドからのドロップキック、串刺しエルボーから串刺しブラックアウト、場外戦でもカニバサミで石川を鉄柵に直撃させた後でショートレンジのブラックアウトを炸裂させるが、エプロンでのジャーマンを狙いは石川は逃れ、宮原のブラックアウトもブロックした石川がエプロンでファイヤーサンダーを敢行、宮原の首に大ダメージを与える。
 石川はリングに戻った宮原に32文ミサイルキックを発射、串刺しラリアットから雪崩式ブレーンバスターで投げ、宮原が意地で起きたところでキチンシンクを浴びせるも、耐えた宮原がブレーンバスターで投げ、エルボー合戦からジャーマン、ブラックアウトを炸裂させる。
 宮原の串刺しブラックアウトを狙うが、石川がキャッチしてコーナーに顔面から叩きつけるとリバースパワースラムからジャイアントニーを炸裂させ、スプラッシュマウンテンは宮原がフランケンシュタイナーで切り返してジャーマンで投げるも、石川がドラゴンスープレックスで応戦、宮原はブラックアウトから二段式ジャーマンで投げる。
 宮原のシャットダウンスープレックスを狙うが、石川が振り払って飯伏と共同開発のしたカミゴエを炸裂させ、ファイヤーサンダーは着地されるも、石川がサイドからのニーからスライディングD、ファイヤーサンダー、スプラッシュマウンテンと畳みかける。石川が宮原殺しを狙うが、着地した宮原が後頭部へのブラックアウトを炸裂させ、石川が強烈なエルボーに対し宮原も打ち返し、、頭突きも石川が競り勝って宮原の頭を持ったままエルボーの連打、宮原は顎への頭突きも石川は宮原殺しからジャイアントニーを炸裂させ、石川はカミゴエを狙うが、宮原がブラックアウトを3連発で動きを止めると、最後はシャットダウンスープレックスで3カウントとなり王座奪還に成功した。
 内容的にも石川の怒涛に攻めに宮原が耐え切った試合、宮原も諏訪魔やジョー、関本と渡り合っていくうちにドンドンタフネスさを増していった。石川戦は改めて宮原が成長し、全日本の堂々のエースとなったと感じさせた試合だった。


 セミで行われた諏訪魔vs小島は、諏訪魔が入場してリングインするなりジョーが襲撃し、パイルドライバーで諏訪魔の首に大ダメージを与える。異常事態に小島が駆けつけ、ジョーに怒りをあらわにするが、ジョーは小島には用がないと言わんばかりに退場、小島が諏訪魔に駆け寄ると、諏訪魔が振り払って試合開始となるが、首に大ダメージを負ったまま試合に望んだ諏訪魔は全くペースがつかめないままラリアットの前にあっさり敗れ。バックステージでもジョーの襲撃を受け、小島も満足しないどころかジョーの乱入を許した全日本に対して怒りをぶつけた。
 試合全体としてもジョーの乱入で全てがぶち壊された印象が強く、また全日本を捨てた小島に対して全日本を引っ張ってきた意地を見せつけるはずが、敗れたことで全日本を支えてきたというプライドさえも失くしてしまった印象を受けてしまった。これまでの諏訪魔は全日本を守るために頑張ってきたが、全日本を守る立場は宮原に任せて、外へ打って出る時期に来たのかもしれない。諏訪魔は10月にDDT後楽園大会に参戦が決まっているが、外へ打って出ることで吹っ切れることが出来るだろうか?
 またジョーにしても第8試合の6人タッグ戦で敵味方関係なく襲撃して試合途中で退場するなど、大暴走ぶりを見せつけたが、諏訪魔への度重なる襲撃もこれからに対するデモすとストレーションということなのか・・・


 世界タッグ選手権は野村&KAIがストロングBJW相手に引けを取らず、野村も岡林のショルダーを喰らってもキチンシンクなどで応戦、KAIも関本の突進をフランケンシュタイナーで場外に追いやり、野村との同時トペなどでストロングBJW相手に互角に渡り合うが、連係に優るストロングBJWは野村を捕らえて試合の主導権を握る。
 ストロングBJWはKAIにサンドウィッチラリアットを狙うが、同士討ちさせたKAIは両腕ラリアット、KAIのトラースキックの援護を得て野村がスピアーからジャーマンを決め、山折りからKAIがスプラッシュプランチャ、野村がフロッグスプラッシュと波状攻撃で岡林を追い詰めるが、関本がぶっこ抜きジャーマンでカットする。
 各選手が入り乱れて4選手ダウンし、岡林が野村に往復式串刺しラリアットで捕らえ、KAIがカットも眉山で排除されたが関本もダウンしてしまう。それでも岡林は野村が丸め込みを、強引にブレーンバスターから奥の手のパワーボムを狙うが、野村が回転エビ固めで切り返して、スピアーからジャックナイフ式エビ固めを決めるが、山折り狙いは岡林が着地してパワーボムを決め、最後はラリアット!ゴーレムスプラッシュで3カウントで王座を奪取に成功。野村やKAIも予想以上の善戦だったが、ストロングBJWの眉山のような決め手になる合体技がなく、ストロングBJWのチーム力の前に及ばなかった。
 試合後には秋山&大森のワイルドバーニングが挑戦表明した、秋山&大森は10月に横浜文体でデビュー25周年大会を控えているが、挑戦するのは横浜文体大会か?


 世界ジュニアヘビー級選手権はTAJIRIがネックツイストから首攻めを展開し、執拗に丸め込みやカバーを何度もするなどしてウルティモのスタミナを奪いにかかり、TAJIRIにハンドスプリングエルボーをドロップキックで迎撃したウルティモも場外のTAJIRIにラ・ケブラータを狙うが、阻止され、執拗にスタミナを奪いにかかる。
 TAJIRIは逆落としからクロスフェースで絞めあげ、TAJIRIはハイキックからバスソーキックはかわされるも、TAJIRIはアームドラックから丸め込むと、キックアウトしたところでウルティモはラ・マヒストラルからアサイDDTで逆転3カウントを奪い王座を奪取、試合内容も泥臭く、いかにも全日本らしい試合だったが、ほとんどTAJIRIペースも、ウルティモがワンチャンスを逃さなかった。


 タイチvs青柳は青柳が奇襲も、タイチがイスでメッタ打ちしてから木槌で殴打、サミング、サッカーボールキック、タイチペースになり、青柳を場外へ追いやると金丸とTAKAが襲撃する。よく考えれば鼓太郎と同様に金丸も危機となった全日本を見切って去っていった一人、こういう形で全日本の会場に現れるとは皮肉としかいいようがない、レフェリーが金丸とTAKAに退場を命じると青柳がドロップキック、フライングファアアーム、クロスボディーと猛反撃、タイチもアックスボンバー、ジャンピングハイキックからバスソーキックと返した後で、天翔十字鳳を狙うがかわした青柳はタイチのサミングを喰らっても怯まずも、突進したところでタイチがジャンピングハイキックを浴びせて川田利明モードに突入する。
 タイチの天翔十字鳳をキャッチした青柳が連続ジャーマンからロックスターバスター狙いはタイチが堪えると、突進する青柳にトラースキックから急角度バックドロップで投げ、最後はジャンピングボレーハイキック、タイチ式ラストライドで勝利。タイチの幅の広さに敗れたが、引き出した青柳に成長を感じた試合だった。


 また第8試合終了後には岩本が鼓太郎と大乱闘となり、ゼウスも鼓太郎を罵るなど一触即発となった。第1試合でも岡田が佐藤をガンガン攻めながらも敗れたが、全日本を見切って去っていった鼓太郎、佐藤が全日本がこうやって復活したところでノコノコ参戦することで、面白くない選手がいて当然であるが、鼓太郎や佐藤にしても試合を見る限りでは半端な気持ちで全日本に参戦したわけでないことだけは示すことが出来た。


 アジアタッグ選手権は青木のフロッグスプラッシュの援護を受けた光留がブラックⅦを捕獲式腕十字で捕らえるが、青木を振り切ったTAKAがカット、TAKAがスーパーKからブラックがラ・マヒストラル狙いは逃れた光留がバスソーキック、ハイキック、ジャンピングハイキックも、ブラックが急所蹴りから丸め込み、超高校級ラ・マヒストラルで逆転勝利で王座奪取となった。気になったのは変態自衛隊に関しても今後は明言せず、青木も「オレは俺なりに考えなければいけない」とコメントするに留まった。


 全日本11月の最強タッグ開幕戦で武藤敬司が分裂後初参戦することが発表、9月シリーズのXも征矢学と発表された。


 最後に全日本は2018年2月3日に横浜文体、3月25日さいたまスーパーアリーナコミュニティセンターに進出することが発表された。
 全日本プロレスは2013年から何度もどん底に落ち、団体の信用すら失い、そして曙や潮﨑豪らが離脱することで経営危機にまで陥ったが、現在の全日本プロレスはV字回復するだけでなく、選手らと共に成長している団体であることを感じさせた。来年2月からのビックマッチラッシュはその表れかもしれない。社長である秋山は最終目標は武道館に戻ることとしているが、武道館に戻ったときこそ全日本は復活したという証でもある、その最終目標は案外近いのかもしれない。そう考えると今回の両国は秋山全日本が新たなるステップへ進めたことを示した大会でもあった。

 

揺れるEvolution…光留が諏訪魔に決別のハイキックでジョーに続き離脱!

8月3日 全日本プロレス「BS11 presents 全日本プロレス 新木場大会〜GROWIN' UP vol.5〜」新木場1stRING 362人 超満員札止め


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○マッシモ ダニー・ジョーンズ(10分37秒 エビ固め)X中島洋平 滝澤大志
※シットダウン式チョークスラム


◇第2試合◇
▼女子プロレス/20分1本
○安納サオリ 夏すみれ(9分18秒 フィッシャーマンスープレックスホールド)沙紀 X高瀬みゆき


◇第3試合◇
▼30分1本
○TAJIRI(8分17秒 エビ固め)×丸山敦
※バスソーキック 


◇休憩前◇
(全日本に怪文書を送りつけてきたブラックタイガーVIIが"親友"奥田リングアナからの呼びかけで登場)
ブラックⅦ「陰謀に渦巻く全日本プロレスを救うため、そして何より僕の大親友・奥田リングアナを大森取締役の派輪原から守るため、私、ブラックVIIが8月27日、両国国技館で佐藤&青木が持つアジアタッグに挑戦するってことで今日やってまいりました」


(TAKAみちのく登場)
TAKA「私の親友、NOSAWA…ブラック・タイガーマスクVIIに声をかけてもらって、久しぶりにこの全日本マットに上がってみたいなと思いました。昔、全日本プロレスには結構お世話になって、聞くところによると今年45周年を迎えるということで、おめでとうございます。そして私事ながら、この秋にプロレスラーとなって25周年を迎えることになりました。25周年の証に何か勲章がほしいなと思っていたところ、ブラック・タイガーVIIに声をかけてもらって、8月27日、両国大会、TAKAみちのく&ブラック・タイガーVIIで挑戦したいと思います。やるからには一発で獲って、一回きりで終わらず。今日久しぶりに全日本プロレスの試合、雰囲気見せてもらいましたけど、お客さんいっぱい入ってるし、ノリもいいですけど、何か明るい部分、楽しい部分、ぶっ飛んだ部分が足りないんじゃないかなと」と続ける


ブラックVII「だったら昔、よく全日本プロレスのオープニングでやってたあの掛け声やってよ」


TAKA「ウィ・アー・ゼン・ニッ・ポン! マザァー!」


◇第4試合◇
▼30分1本
○青木篤志 岡田佑介(12分7秒 逆エビ固め)鈴木鼓太郎 ×佐藤恵一


(試合終了後も岡田が鼓太郎に立ち向かったが、鼓太郎はエルボーで返り討ちに)
青木何しにきた? 散々ここが嫌でいなくなったんだろ? なんできた? 何か言いたいことがあるなら言ってくれ」


鼓太郎「1年8ヶ月フリーになって、なぜここに戻ってきたか? 答えは一つ。お前とやるためだよ」


青木「俺とやるため? ずいぶん長かったな。まぁ、いいよ。せっかくそれで俺とやりたいんだろ? 俺、王道トーナメント1回戦、空いちゃったんだよ。シングルでせっかくやるなら意味のある試合やろうよ。その代わり俺が勝ったらよ、しっかり反省して、二度と全日本に上がらないでくれ(青木&岡田退場)


鼓太郎「負けるつもりなんてこれっぽっちも考えてねぇよ」


【青木の話】「(鼓太郎が『お前とやるためにきた』と言っていたが?)いいんじゃない別に。じゃあ何でやめたのって話。やめて物足りなくなったのかな。そこだけでしょ。いいよ、やりたいんだったらやりたいでさ。受けて立つよ。嫌いだけど。(鼓太郎に対していろんな感情があると思うが?)あるね。ただでさえ、あいつのこと嫌いだから。これはたぶん普通に試合見てる人はわからない。個人的な問題。もう深くは言わない。(王道トーナメントを指定していたが?)だってさ、対戦相手欠場でしょ? しょうがねぇじゃん。誰やるの? 勝手に会社が決めるの? 決めてもいいよ。でも、せっかくやりたいんだったらやってあげるよ。その方が面白いでしょ。あいつも負けると思ってない? 当たり前だと思うよ。負けること考える人いないんだからさ。その代わり、じゃあ本当に負けたら二度と上がらないでくれよって。俺らはさ、あの人とかあの時にやめていって、本当にどうなるんだろうって中で踏ん張ってきたんだよ。俺はその気持ちがあるし、選手だけじゃなくてスタッフも含めて、みんなで何とか盛り返そう、やってやろうって。何だったらやめてっちゃった人を見返してやろうって気持ちでやってきたつもりだから。誰か一人が頑張ったわけじゃないと思ってるし、ここに残った人みんながやってきて今の結果だと思ってるから。俺はそれを否定させないし、その気持ちも背負ってるつもりだから。辞めるのもいろいろ理由があるから否定はしないよ。だけどやめた人間がまたここに上がってきて、俺には俺の考えがある、向こうには向こうの考えがある。試合をしてどっちが勝ったから答えが正しいとも思わない。だけど本当に俺はこの全日本プロレスを守ろうとあの時、本気で思ったから。その気持ちだけは彼にぶつけますよ、しっかり。今日は別に感情も何も出なかったね。よくも悪くも普通だよ、あれ。何も変わってねぇよ。あんな変わってねぇ奴に負けるわけねぇだろ。悪いけど。自分で言った以上しっかり責任は取るんで、必ず勝って終わらせます」


◇第5試合◇
▼グラップリングルール/15分1本
○諏訪魔(7分53秒 万力肩固め)×佐藤光留


(試合終了後、諏訪魔がへたり込んだままの佐藤に歩み寄る)
諏訪魔「佐藤、Evolutionやり直そう。もう一回やろうよ(と右手を差し出した。立ち上がった佐藤も握手に応じ、深々と頭を下げた。諏訪魔が佐藤の手を挙げて鼓舞したが、次の瞬間、佐藤はローリングソバットを諏訪魔にお見舞い。ジャンピングハイキックをぶち込んだ。)


 
光留「諏訪魔さん、諏訪魔さんと佐藤光留のEvolutionイズ・フィニッシュ、あんたも俺も一人のプロレスラーだよ。もう長らくあなたの横以外の全日本プロレスみてませんが、これからは正面で全日本プロレスをみにいきます。今までのお礼も込めてこのの言葉を送ります。諏訪魔さん、一生バイバイ」


【光留の話】「(これが諏訪魔とレスリングで語り合って出た答え?)全部現実だよ。何か盛り上がるマイクしなきゃいけないの? 全部、リング上で今この瞬間、終わりが見えて次が見えなきゃいけないの? いつから諏訪魔全日本、そんなにゆっくり楽しんで見れるようになったんだよ? 俺たち混乱の中で立ち上がってきたんじゃないのかよ。それをあんたが一番知ってるだろ、諏訪魔さんよ? あんたに余裕があるうちは二度とこねぇんだよ、諏訪魔全日本なんか。こさせてたまるか、諏訪魔全日本なんか。これからどういう全日本プロレスになるかなんか、誰にもわかんねぇんだ。意味がわからない? 当たり前だよ。俺だって知らねぇよ。おめぇに次々教えなきゃいけないのかプロレスって? ねぇ? 次、あんたにこうなるよって予感させなきゃいけないのかプロレスって? その予感の上を俺たちは戦ってきたんだ。それが諏訪魔全日本だったはずだろ? クソ、気に入らねぇな」


◇第6試合◇
▼三冠ヘビー級選手権試合前哨戦/60分1本
石川修司 秋山準 大森隆男 ○KAI(21分39秒 エビ固め)宮原健斗 野村直矢 青柳優馬 ×岩本煌史
※メテオインパクト


(試合終了後、場外で石川と宮原が激しい乱闘を展開するなか、KAIがマイクを持ち、秋山と大森を押しのける)
KAI「野村選手! これで文句ないでしょう? 大森さんじゃなくて、秋山さんじゃなくて、俺と両国、世界タッグ挑戦しようじゃないですか?どうなんですか? 答えてください」


野村「KAIさん、今日戦ってみて俺以上にKAIさんが世界タッグのベルトがほしいことがわかりました。いや、俺と同じぐらいです。俺はKAIさんと一緒に世界タッグ挑戦します。KAIさん、両国で俺と一緒に世界タッグ獲りにいきましょう!(KAIと握手)両国で必ず獲るんで、皆さん応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」 


【試合後の野村、KAI】
KAI「よっしゃ。これでもう正式に…いや正式じゃないか、まだ。あとはPWFの決定を待つしかないですね。会った時から何か初めてじゃない気がする、ナチュラルな大物感、懐かしい感じが凄くしてます。野村選手だったら俺、また世界タッグに返り咲くっていう自信があるから。だからぜひやりたいと思ったし」


野村「今日、秋山さん、大森さん、KAIさんと戦ってみて、KAIさんが一番、獲りにいきたいって気持ちが僕の中で伝わってきたんで、僕はKAIさんと組んで世界タッグのベルト、また獲りにいきたいですね」


KAI「失ってるもんね、世界タッグ」


野村「お互いパートナーが…」


――だからこそお互い感じるものがある


野村「そうですね」


――相手の関本&岡林は強敵で、急造チームでは苦戦が予想されるが?


KAI「だからこそ、向こうはわからないんじゃないかな。何をしてくるのか、どういうタッグチームなのか。まだ組んだことないからね」


――関本&岡林を倒す可能性はあると?


KAI「もちろん勝つ気でいますから。ねぇ?」


野村「もちろんです。僕らが勝つ」


KAI「大きくなったね。身長も伸びた?」


野村「身長は変わらないです」


 両国大会まであと1ヶ月を切ったが、世界タッグ王者のジェイク・リーが「左膝前十字靭帯断裂、内側靭帯損傷、骨挫傷」を負い両国大会は欠場、野村と保持していた世界タッグ王座は返上を余儀なくされてしまった。よって王座は前王者組が次期挑戦者に指名していた大日本プロレスの関本大介&岡林裕二組と野村直矢&Xとの間で王座決定戦が両国大会で行われることになったが、ようやくビッグタイトルを取ってようやく成長を遂げたところでのジェイクの長期欠場は、欠場となったジェイクだけでなく野村にとっても手痛い。野村は新パートナーと共に王座決定戦に挑むことになるが、関本&岡林に対抗できるパートナーが見つかることが出来るか?


 その野村はメインで宮原、青柳、岩本と組み石川、秋山、大森、KAI組と対戦。序盤は石川組が青柳を捕らえて、後半でも野村を捕らえて、試合全体を支配。それでも宮原組はKAIを捕らえてトレイン攻撃から野村がKAIにフロッグスプラッシュを投下するが、KAIは剣山で迎撃、交代を受けた岩本にもトラースキックを浴びせると、延髄斬りからジャーマンと畳みかけた後で、トラースキックからメテオインパクトで3カウントを奪い勝利。試合後にはKAIが野村に世界タッグ王座獲りへのパートナーに名乗りを挙げると、野村も快諾して決定となった。KAIも本来のパートナーであるK-DOJOの真霜拳號が長期欠場、互いにパートナー不在同士が組んで王座決定戦に臨むようだ。


 セミではジョー・ドーリングの離脱、光留の世界ジュニア王座転落で揺れるEvolutionはセミで諏訪魔が光留とグラップリングルールで対戦、序盤は体格のある諏訪魔が上に乗ってリードを奪い、肩固めで捕らえ、ロープに逃れられても諏訪魔がテイクダウンを奪い、スリーパーで捕らえるが、光留もアキレス腱固めで捕らえて反撃、しかし諏訪魔はボディーシザースで捕らえるとラストライドの構えから腹固めで捕獲、最後はスリーパーから肩固めで光留がタップとなり、諏訪魔が勝利となった。
 試合終了後に諏訪魔が光留との絆を確かめ合った上で握手をかわしたが、光留はソバットからハイキックを諏訪魔に浴びせ、Evolutionから離脱、諏訪魔と決別を宣言して去っていく。バックステージでも光留は方向性を見失った諏訪魔を批判したが、諏訪魔は全日本の中心を宮原、フリーの石川に明け渡してからは一歩引いてしまったような感じがしてならない。そういう諏訪魔の覇気のなさを見てジョーや光留は決別を決意してしまったのか、しかし諏訪魔にしてみればジョーに続いて光留の離脱は大ショック、両国での小島聡戦で影響が出なければいいのだが・・・
 
 第4試合では青木&岡田が2015年に全日本を退団しフリーとなっていた鼓太郎&佐藤と対戦。先発を買って出た岡田が佐藤をロープに押し込んだ際に、控えの鼓太郎を強襲、佐藤とエルボー合戦となるが、隙あれば鼓太郎を襲撃、鼓太郎が登場して青木を呼び込み、青木が岡田に交代を促すも、拒否した岡田が鼓太郎に突進するが、鼓太郎のエルボーに返り討ちとなってしまう。
 やっと青木が登場し、鼓太郎の出方を伺うも、鼓太郎のピットから一進一退となるも、青木のバックドロップを着地した鼓太郎がファンネルを浴びせ、青木の腕十字も鼓太郎がエンドレスワルツで丸め込むとワンツーエルボー、アッパー掌底と浴びせるが、青木はラリアットで応戦する。
 交代を受けた岡田は佐藤にスピアーを浴びせると、互いにマウントを奪ってエルボーを打ち合う。そしてブレーンバスター合戦を制した岡田は青木に交代、青木がドロップキックからバックドロップ、逆エビ固めで捕獲して佐藤がギブアップ、青木組が残留組の意地を見せつけて勝利となった。
 だが試合後に青木が鼓太郎を挑発すると、鼓太郎は青木に対して王道トーナメントで迎撃を宣言、ファンは鼓太郎にブーイングを浴びせるも、青木は受諾した。
 鼓太郎が退団する際に真っ先に不快感を示していたのは、共にNOAHから移籍しアジアタッグ王座を保持していた青木だった。秋山率いるバーニングがNOAHから全日本に参戦したが、全日本が危機的状況になると、バーニングは残留、離脱の二つに分かれ、青木は秋山に追随する形で全日本に留まり、全日本を見限った鼓太郎フリーとしてZERO1やWRESTE-1を始め各団体に参戦し、潮﨑豪はNOAHに復帰、金丸義信はNOAHを経てフリーとして新日本へ参戦するなど、それぞれの道に分かれた。その全日本を見捨てたはずの鼓太郎の参戦は、全日本を守り抜いてきた青木にとっては当然面白くない。王道トーナメントには青木は1回戦でジェイクと対戦することになっていたが、ジェイクの欠場で枠が空き、その枠に鼓太郎が参戦するのは確実と見ていいだろう。果たしてこの二人が対決して何が起きるのか?


 休憩前にはアジアタッグ挑戦の怪文書を送りつけてきたブラックⅦが登場すると、ブラックⅦの呼びかけでK-DOJOの総帥であり鈴木軍の一員であるTAKAが登場、青木&光留の保持するアジアタッグ王座へ挑戦を表明した。
 TAKAは武藤全日本時代にRO&Dの一員としても活躍し、世界ジュニア王座も長期にわたって保持してきた。そういった意味ではRO&DやTAKAの存在も全日本の歴史の一部であるだけに参戦には文句はないところ、鈴木軍との関連性はブラックⅦの正体であるN・Rも鈴木とのつながりがあるだけに否定は出来ないが、TAKAはあくまでかつて全日本に参戦した一人と言うことを強調していることから関連は薄そうだ。
 しかし光留がEvolutionを離脱を表明したことで青木とのタッグにも影響を及ぼすことは必至、諏訪魔と青木の二人だけとなったEvolution、果たして青木はこのまま諏訪魔に追随するのだろうか・・・また光留の今後はどうなるのか?

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ