忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

全日本プロレスチケット販売

プロレスリングNOAHチケット販売

ZERO1チケット販売

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
7
15
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

はぐれIGFが解散…カシンより一番厄介だったのは藤田和之

<東京スポーツより>
悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)、鈴木秀樹(37)、将軍岡本(33)によるユニット「はぐれIGF軍団」が消滅したことが7日、分かった。
 
 解散が表面化したのは6日のゼロワン横浜大会だ。鈴木は「ゼロワン軍」、岡本は「外敵軍」の大将として「5対5勝ち抜き戦」に出場した。2人はメーンで激突すると、パンチやヒザ蹴りが交錯する激しい攻防を展開する。最後は鈴木が岡本を卍固めに捕らえてギブアップを奪った。事件が起きたのは試合後。リング上でマイクを持った鈴木は岡本に対して「もう辞めよう。辞めるんだよな? もう辞めよう!」と吐き捨てたのだ。ここ数か月はほとんど活動休止となっていたが、やはりはぐれ軍は消滅ということで間違いはなかった。
 
 はぐれ軍のリーダー兼広報だった鈴木は翌7日、「消滅か?」の問いに「はい!」と満面の笑みで応じた。詳細を語ることはなかったが、そもそもはぐれ軍のスタンスは「互助会」のようなもの。それが今や鈴木は大日本プロレスのBJW認定世界ストロングヘビー王者となり、岡本もゼロワンに定期参戦するなど活動の場を広げている。旅立ちの日がやってきたということなのだろう。
 
 これまで何度も「放牧だ」「区切りだ」と解散をちらつかせてきたはぐれ軍。騒ぐだけ騒いだ後に、短すぎる歴史にピリオドを打った格好だ。


【鈴木、岡本の話=週プロモバイルより】
 鈴木「はぐれIGF軍団は解散です。理由? 1人は勝手に引退して、草むしりを初めて。1人はオファーを自分で断り続けて、オファーがなくなったとか文句を言ったり。1人は節操なくオファーを受けてやってたくせに、その割にあんまり定着してないっていう。それぞれの活動が還元されてない。(はぐれIGFは)互助会だったわけじゃないですか。互助会の体をなしてない。全然僕に還元されてない。その結果が僕の、1月の1試合! あの時点で僕は決意してたんです。僕は1試合しかありませんというのも(他のメンバーに)アピールしてたんですけど、なんのヘルプもなかった。


(カシンや藤田さんの合意は得ているのか?)だって僕、リーダーじゃないですか。(カシンに)言ってないも何も連絡が取れないし。よく考えてください、カシンはずっとはぐれIGFのマスク被ってないじゃないですか。(見切りが)早いんです。だって最後に出たの9月ですよ!


(結局3試合しか出ていないが?)3回。この解散が嫌だったら、文句があるんだったら将軍岡本が大仁田厚と地雷爆破デスマッチをやれと。(…そんなの無理じゃないですか)文句があるなら、将軍岡本が受け付けますよ。


(はぐれIGF軍団の活動の総括を?)集団生活できない人たちが集団になっちゃダメだったなと、ハハハ。でも、藤田さんも寮生活を経験してるし、将軍も相撲部屋を経験してる。私も郵便局員時代に寮にいたんですけどね。でも、はぐれIGFの人たちは違いましたね。倫理観が違いました。


(みんな欠如していたと?)常識がない。1人は人間じゃなかったし。甘く見てましたね。解散の報告をしに、一般人になったプロの草むしりのところに行こうとは思っています。だいたい藤田和之は適当なんですよ! 勝手に引退しやがって。将軍だって、節操なく大仁田厚とタッグ組むし。対戦するならまだしも大仁田厚と組む! これがもう解散の引き金。キッカケになりましたね。だって、ケンドー・カシンと闘ってるわけじゃないですか、大仁田厚は。ファイヤープロレスでも闘った大仁田厚と節操なく組むっていう。断ればいいじゃないかって。それなのに、『あぁまた金が入った。今月もシグネットが儲かるな』って。将軍岡本のせいですよ、今回の解散は。(ZERO1 5・6横浜)制裁マッチもありましたし。将軍岡本がすべてですよ。


(解散という選択に悔いは?)もうホントに、1年3カ月ぐらい、短いようで長かったですけど、まったく悔いはないですね。やっと終わりました。


(我々マスコミの期待は裏切る形になったが?)ワハハ! 我々じゃないでしょう! アナタたち2人(週プロ&東スポ)だけじゃないですか! 確かにアオリにアオって何もなかったですね(苦笑)。違いますよ! アナタたちが勝手に盛り上がっただけでしょ! (我々や一部のはぐれ愛好家に対する謝罪の思いはないのか?)ない。ないです。勝手に盛り上がりやがって。もうそんなことどうでもいいから、写真だけパッと撮ってメシ行きましょう、メシ」


将軍「はぁ~どすこい、どすこい」


 鈴木秀樹、将軍岡本が会見を開き、はぐれIGFの解散を発表した。はぐれIGFは昨年2月26日IGF・東京ドームシティ大会で藤田和之、鈴木、岡本、ケンドー・カシンが意気投合してユニットを結成、大仁田厚などが旬の存在として飛びつき、一時は藤田を巻き込んで抗争に突入かと思われたが、藤田の"引退"を契機に個々の活動が目立つようになって、ユニットとしては形を失っていた。


 鈴木が藤田批判を展開していたが、はぐれIGFの一番の計算違いは藤田の"引退"だった。はぐれIGFは名の通りはぐれものの集まり、本来なら藤田が中心にまとめあげるつもりだったのだろうが、肝心の藤田がユニットという意識がなかったのもあり、プロレスを軸に置こうとしなかった。
 カシンにしても藤田をありきで、藤田を中心にすれば他団体からオファーが来ると考えていたはず、現に大仁田が藤田という大きな獲物に飛びついて、一時は大仁田と藤田がにらみ合いまで発展して大仁田vsはぐれIGFの図式まで作り上げかけていた。


 鈴木は藤田には解散の報告はするそうだが、おそらく「あ、そう」とつれない返事をすると思う。"引退"として活動を休止してしまった藤田にしてみれば、はぐれIGFは今更どうでもいい話ととらえているのかもしれないが、ただ鈴木にしてみればメール攻撃をしてくるカシンよりも、重い腰をなかなか上げようとしなかった藤田の方が一番やっかいな先輩だったのかもしれない。

PR

「ゴング格闘技」休刊…「ゴング」の名前が再び消える…

格闘技専門雑誌である「ゴング格闘技」が休刊することが明らかになった。


2007年に日本スポーツ出版社の事業停止に伴い、プロレス誌である「週刊ゴング」と格闘技専門誌の「ゴング格闘技」は休刊となったが「ゴング格闘技」だけは発行元を移して復刊、2010年にベースボールマガジン社の「格闘技通信」が休刊に追いやられてからは、唯一の格闘技雑誌となっていた。


2014年に「ゴング」も復刊したが、親会社であるアイビー・レコードが出版業撤退のため休刊、そして「ゴング」格闘技も休刊となると「ゴング」の系譜を継いでいるのは年に4回に出版している「Gスピリッツ」のみとなるが、「ゴング」の名のつくものは消えることになる。


「ゴング」も復刊したが、親会社側は思ったより売れなかったということで撤退してしまい、今回の「ゴング格闘技」の休刊、残念でもあるが、「ゴング」というブランドが消えるというのは寂しいとしか言いようがない。

蝶野正洋が休業を宣言・・・・遠くなる90年代のプロレス

<東京スポーツより>
“黒のカリスマ”蝶野正洋がプロレスラー休業を宣言。今後は社会貢献とプロレスを融合させたイベントプロデュース業に専念する意思を固めた。


 現在、蝶野は代表理事を務める一般社団法人ニューワールドアワーズ(NWH)スポーツ救命協会を通じて、「AED救急救命」「地域防災」の啓発活動を行っている。昨年5月には秋口をメドに「防災イベントの客寄せパンダ」として、2年ぶりのリング復帰プランを明かした。だが現状は、試合から遠ざかっているものの、蓄積されたダメージの影響は大きく「リングに上がれる状況ではない」という。


 プロレスラー休業。今回の決断の裏には、レスラーとしての矜持(きょうじ)の問題がある。「新日本プロレス在籍時代はメジャーの誇りを持っていて、それをキープするためには、年間で最低100試合以上をこなさないと、という考えを持っていた。いまはそれに達しておらず、プロレスが本業になっていない」


 また、テレビ朝日『ワールドプロレスリング』の解説者として、新日本プロレスの最前線で活躍する選手たちの活躍を見るにつけ「選手たちは本当に頑張っている。こっちが線を引かないと迷惑だろうし。名前ばかり残って、彼らの老害にならないようにしないと」との思いもある。


 テレビ朝日といえば、3月12日に放送された『プロレス総選挙』が、当初はゴールデンタイム放送予定ながら、ワールドベースボールクラシック日本戦が延長に突入し、時間帯が大幅にずれ込みプロレスファンの怒りを買う騒動になった。これについて蝶野は「ファンの気持ちは分かるけど、自分としては特集を組んでもらえただけでうれしいね。テレビ朝日がそういう体制にあるというのは、業界にとってはチャンス。俺がいた頃の10年前、20年前にはなかったこと。業界はその風を読むべき」との見解を示した。


 休業を宣言した蝶野は、復帰の時期については明言を避けた。だからといって今後、プロレスとの接点がなくなるわけではない。「いまの自分は、アパレルとタレントのマネージメントをしている『アリストトリスト』の経営と、救急救命と地域防災の社会貢献活動が2本柱。ただ、プロレスに携わらなくなるというわけではなく、ここ何年か考えていたプロデュース業に専念したい」


 では、本人が考えるプロデュース業とはどんなものなのか。具体的には、NWHスポーツ救命協会の社会貢献活動とプロレスのジョイントを指すもので、公益財団法人日本消防協会の消防応援団を務めている蝶野は「お手伝いをしている消防のイベントは、街頭で消防団員募集のチラシを配る活動から大きな防災イベントまで、規模に大きい小さいはあるけど、大きなイベントにはプロレスを組み込んでいきたい」とコメント。今年中には、消防の広報、プロレスの社会貢献につながる地域防災イベントを開催する方針だ。


 蝶野が考えるプロデュース業はもう一つある。nWoグッズだ。nWoといえば、蝶野が中心となり、1990年代後半に日米で一大ムーブメントを起こしたユニットで、Tシャツについては記録的な売り上げを誇り、日本国内で40万枚近く売り上げたといわれている。現在、アリストトリストはWWEとライセンス契約を結び、nWoグッズの企画・販売を行っており、nWo JAPAN結成20周年にあたる今年は、nWoグッズのバリエーションを増やしていく予定だ。


 蝶野正洋が正式にプロレス休業宣言し、イベントプロデュース業に専念することを明かした。昨年は実戦復帰プランを明かしていたが、蓄積されたダメージは半端なものではなく、実は今年も2月8日に開催されたPRE-WRESTLING MASTERSも盟友である武藤敬司からオファーを受けていたものの断っていた。


 復帰時期も明言せず、引退もしないが川田利明みたいに「限りなく引退に近い休業」という形となるが、蝶野がいつ試合をしたのかを憶えていないぐらいに試合をしてないことが本当に当たり前のようになってしまっている。休業を決意した理由と体力的なものと、実戦から離れてしまっているのもあったからかもしれない。


 蝶野が決意したのであれば仕方がないが、残念なのは全日本プロレスの四天王(三沢光晴、川田、田上明、小橋建太)を含め90年代に活躍している選手で現役を続けているのは武藤や獣神サンダーライガーぐらいになってしまったこと、改めて90年代が遠くなったことを感じてしまう。

ビックバン・ベイダーが心臓の病気で余命2年の宣告を受けていた!

 新日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、UWFインター、WJ、ハッスル、WWE、WCWで活躍したビッグバン・ベイダーが心臓の病気であと余命あと2年の宣告を受けていることをTwitterで告白した。


 ベイダーは昨年デビュー30周年を迎え、今年も新日本プロレスにも参戦しているウィル・オスプレイとも対戦して健在ぶりをアピールしていたが、その後交通事故に遭い顔面を負傷するなどトラブルもあった。


 ベイダーも今年で61歳、体調との戦いもあっただろうが、現役を続けていたことは喜ばしいことだと思い、また藤波辰爾もドラディションにオファーをかけることを示唆していた。


 おそらく現役続行に関しては医師からはドクターストップがかかっていると思う。自分もここは養生して欲しいし、生きながらえて欲しい。

パーキンソン病と闘うマサ斎藤がリング復帰へ・・・・

<東京スポーツより>
パーキンソン病と闘うプロレス界のレジェンド・マサ斎藤(74)が、大阪でリング復帰を果たすことが本紙の取材で明らかになった。元新日本プロレス取締役の上井文彦氏(62)がプロデュースするプロレス興行(12月2日、大阪・城東区民センター)に“メーンイベンター”として登場するというのだ。上井氏は「マサさんのための大会です」と言い切り、斎藤も「這ってでも大阪に行く」と話している。


 大会名は「STRONG STYLE HISTORY〜Go for Broke!! Forever〜」(ストロングスタイルヒストリー〜ゴー・フォー・ブローク・フォーエバー)。斎藤のレスリングスタイルと口癖が大会名にされていることからも、斎藤が主役ということがわかるだろう。


 大会をプロデュースする上井氏は「長年プロレス界に多大な貢献をしてきたマサさんにプロレス界は何の恩返しもしていない。ないがしろにしすぎ。パーキンソン病と闘っているマサさんをプロレス界全体でバックアップしてほしいんですよ。その呼び水になる大会にしたいんです」と趣旨を語る。


 6〜7試合が行われる予定で、アマレススタイルからロープを使わない第1次UWFスタイル、総合格闘技的なものと、まさに斎藤が歩んできた格闘人生を再現する構成になるという。そして斎藤はメーンイベント終了後にリングイン。不屈の闘志で病魔と闘う姿を披露し、口癖である「Go for Broke!!」を観客とともに叫ぶ段取りだ。


 上井氏からのオファーに斎藤は「16年もパーキンソン病を患っているので、いつどうなるかわからないが、当日は這ってでも大阪に行く」とキッパリ。現在はリハビリにさらに気合を入れて取り組んでいるそうだ。2020年東京五輪に何らかの形で関わることが目標の斎藤にとっては、この大会が大きな心の張りとなったのは言うまでもない。


 当日、会場にはプロジェクターが設置され、弟子のスコット・ノートンをはじめとする斎藤ゆかりの人物からの応援メッセージが紹介される予定だが、実際に会場に駆けつけるメンバーも豪華版だ。まず、元新日本プロレスの過激な仕掛け人・新間寿氏(81)。斎藤とは立場こそ違え、新日マットを盛り上げた盟友と言えるだろう。


 さらに初代タイガーマスクの佐山サトル氏(58)、初代ブラックタイガーの“ローラーボール”マーク・ロコ氏(65)、3代目タイガーマスク、5代目ブラックタイガーが登場。悪性リンパ腫を2014年に発症した元新日本プロレスの垣原賢人氏(44)もミヤマ仮面に扮して「忍者体操」を披露する。
 そして、レフェリーのひとりとして参加するのが保永昇男(61)。ジャパンプロレス以来、斎藤と行動をともにしてきた保永は「マサさんのためなら、ひと肌もふた肌も脱ぐ」と上井氏に約束したという。


 まさに多士済々。しかも「ストロングスタイル」という芯が一本通った侍ばかりだ。上井氏は「ストロングスタイルが全盛だったあのころを再現しますよ。マサさんもプロレスラーだから、リングに上がれば元気になる」と目を輝かせる。師走の浪速は、マサ斎藤とストロングスタイルの復活祭になりそうだ。


☆うわい・ふみひこ=1954年4月4日、山口県下関市生まれ。77年、新日本プロレス入社。85年、新日本を退社してUWFに移るも翌年復帰。営業、渉外、マッチメーカーなどを歴任。87年のアントニオ猪木VSマサ斎藤の巌流島決戦を企画したほか、星野勘太郎総裁率いる魔界倶楽部の生みの親でもある。2004年に新日本を退社。「UWAI STATION」などを旗揚げしたが、08年の西口プロレスの興行を最後に活動を休止していた。


☆まさ・さいとう=本名は斎藤昌典(まさのり)。1942年8月7日、東京都中野区出身。明大卒。64年東京五輪レスリング日本代表。翌年、日本プロレス入り。68年に渡米し、全米でトップヒールとして活躍。82年以降は長州力の維新軍、ジャパンプロレスに参加。87年にはアントニオ猪木と巌流島で決闘した。99年に現役を引退。全盛時は180センチ、120キロ。得意技はバックドロップ、監獄固め。


 パーキンソン病を患い、闘病中のマサ斎藤が上井文彦氏がプロデュースするプロレス興行でリング復帰することを東京スポーツが報じた。


 斎藤の近況はダイヤモンドリング閉鎖後は夫人と共に東京へ転居、パーキンソン病の治療しつつトレーニングを続け、「東京オリンピックでは聖火ランナーを務める」とトレーニングをしている姿を披露して健在ぶりをアピールしていた。


 <パーキンソン病とは>
パーキンソン病の症状 パーキンソン病では、主に、手足がふるえる(振戦)、動きが遅くなる(無動)、筋肉が硬くなる(固縮)、体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)、といった症状がみられます。 これらによって、顔の表情の乏しさ、小声、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行など、いわゆるパーキンソン症状といわれる運動症状が生じる、近年はWWF王者だったペドロ・モラレスも同じ病気で闘病中だという。


 斎藤は新日本での引退後にパーキンソン病を発症、WJプロレス参加後に症状が現れはじめ、WJプロレス崩壊後は表舞台から消えるも、佐々木健介が健介オフィスをオープンさせた際に斎藤をアドバイザーとして招聘、その際にパーキンソン病であることを告白した。


 東京オリンピックの聖火ランナーの話のときは20年まで頑張って欲しいなと思っていたが、リング復帰を果たせるまで体に自信が出来たということか、斎藤も74歳なだけにあまり無理はして欲しくないが・・・


 大会には初代ブラックタイガーであるマーク・ロコ氏も来日、今月末に発売される「Gスピリッツ」ではインタビューが掲載されるという。ロコ氏も引退後には表舞台に出ることはなかったが、WWEヨーロッパ遠征の際にはNXTでGMを努めるスティーブ・リーガルと対面するなど健在をアピールしていた、初代ブラックタイガーもダイナマイト・キッドに次ぐ初代タイガーマスクのライバルの一人でタイガーマスク時代の生き証人の一人、あの時代のことをどう振り返ってくれるのか・・・

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ