伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
3 5 9
12 16
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

狙うは世代交代!T-HawkがKING OF GATE 2017を制覇!

6月11日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2017」福岡・博多スターレーン 1600人 超満員札止め


<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第0試合◇
▼10分1本
○ジミー・神田(5分3秒 体固め)×吉岡有紀
※琉's


◇第1試合◇
▼20分1本
○堀口元気H.A.Gee.Mee!! 斎藤"ジミー"了(10分33秒 片エビ固め)山村武寛 ×石田凱士
※ビーチブレイク


◇第2試合◇
▼20分1本
○ジミー・カゲトラ(0分38秒 片エビ固め)×パンチ富永
※車懸


◇第3試合◇
▼20分1本
▲Ben-K(9分39秒 無効試合)▲ジミー・ススム
※双方セコンド乱入で収拾つかず


◇第4試合◇
▼30分1本
望月成晃 ○Gamma(8分1秒 サムソンクラッチ)YAMATO ×ドン・フジイ


◇第5試合◇
▼30分1本
B×Bハルク ○Kzy ヨースケ・サンタマリア(19分47秒 スカイデ・スクールボーイ)鷹木信悟 ×吉田隆司 エル・リンダマン


◇第6試合◇
▼45分1本
CIMA ドラゴン・キッド ○Eita(20分0秒 Numero Uno)×吉野正人 ビッグR清水 Kotoka


◇第7試合◇
▼「KING OF GATE 2017」優勝決定戦/時間無制限1本
○T-Hawk(23分50秒 エビ固め)×土井成樹
※ナイトライド
☆T-Hawkが「KING OF GATE 2017」初優勝


(試合終了後)
T-Hawk「博多ぁ、見ての通りキング・オブ・ゲート2017、優勝したのはこのオレ、T-Hawkだ! 今このドラゴンゲートはユニット抗争の真っ最中。でもな、そんな中、あぐらかいて高みの見物してるヤツいるな。誰かわかるな。YAMATO! どっかで見てるんだろ、早く出てこいよ」


(ドリームゲートのベルトを持ったYAMATOが現れる)
T-Hawk「おいドリームゲートチャンピオンYAMATO、見ての通りこのオレが今年のシングルナンバーワン、真のナンバーワンだ。言いてえこと分かるよな。まあいい、回りくどいのはキライだからストレートに言ってやろう。オマエの持ってるドリームゲートチャンピオンのベルトにオレが挑戦する!」


YAMATO「T-Hawkよ、優勝おめでとう。ま、予選落ちしたオレが言うのもなんだが。オレはオマエに直接負けたわけじゃないぞ。なんでオマエを次の挑戦者に指名しなきゃいけねえんだ。まったく意味がわからん」


T-Hawk「おいYAMATOちょっと待てコラッ。何すかしたこと言ってんだ。いいか、普通に考えてみろ。今年のシングルナンバーワンはオレだ。そしてオマエは団体最高峰のドリームゲートのベルトを巻いている。そのナンバーワン同士が闘うことは必然じゃねえのか?」


YAMATO「ま、オレは二つの頂点があってもいいと思うけどな。それじゃダメなのか?」


T-Hawk「おい、テメエふざけてんのか、この野郎。だからよ、ナンバーワン同士が1対1で闘うことが義務なんだよ。わかるか?」


YAMATO「いや、それはオレに直接勝ってから言ってくれよ。意味がわからんぞ」


T-Hawk「あーもうダメだ。こんなアホチャンピオン。話にならないから帰るぞ。勝手にやっとけ
(と、T-Hawkがリングを降りようとした瞬間、YAMATOがgo to Hospital Iを決める)」


YAMATO「おいT-Hawk、これが大人の駆け引きってヤツだ。オレの答えはイエス。次のドリームゲートの挑戦者にT-Hawk、オマエを逆指名させてもらうぞ。オレは常々言ってきた。オマエら新世代と防衛戦を闘いたいと。オマエの優勝で図らずもオレの望みが実現するわけだ。T-Hawkよ、キング・オブ・ゲートは勢いだけで優勝できたかもわからん。だが、このベルトは違う。この団体を、ドラゴンゲートを、どこへ導きたいのか。そのプランのない人間にこのベルトを巻かせることはできない。T-Hawk、オマエとなら、この団体の未来について肉体と肉体で大いに語り合えそうだな。楽しみにしてるぞ」


T-Hawk「おいおいおいおい、チャンピオンはベラベラベラベラよくしゃべるな。ゴタクばっかり並べやがって。おい、いいか、とにかく今年のシングルナンバーワン男とオマエが持ってるその団体最高峰のベルト、オレたちヴェルセルクが、いや、このオレT-Hawkがかっさらって見せるからな。あとは勝手にやっとけ」


(T-Hawk退場)


YAMATO「博多の皆さん、あらためてキング・オブ・ゲート準決勝、決勝2日間、ご観戦ありがとうございました。ボクはね、こんな結果に終わってしまいましたけども、キング・オブ・ゲート、昨年から4ブロックのリーグ戦になって例年よりさらに過酷なシリーズとなりました。その中で優勝したT-Hawk、ボクは素直に称えたいと思う。だがしかし、キング・オブ・ゲートとこのドリームゲートはまったく違う。このベルトは団体の舵取り。さっきも言ったけど、この団体を、ドラゴンゲートをどこへ導きたいのか。そのプランのない人間にこのベルトを巻かせることはできない。オレにはドラゴンゲートファンのみんなに見せたい未来がある。全国でドラゴンゲートを待ちわびてるファンのみんなにオレは生のドラゴンゲートを届けたい。テレビでしかドラゴンゲートを見たことのないファンのみんなに、オレは生のドラゴンゲートを届けたいんだよ。今年は11月26日、ま、博多からはちょっと遠いですけど、仙台で東北初のビッグマッチが実現する。T-Hawkは見ての通り強敵かもわからん。だけど、オレはこんなところでこのベルトを失うわけにはいかねえんだよ。次の防衛戦、必ずT-Hawkをくだして、8月の博多にもドリームゲートチャンピオンYAMATOとして帰ってきます。その時も今日以上の熱いご声援よろしくお願いします。今日はどうもありがとうございました!」


【T-Hawkの話】「おいコラッ、GAORA。テメエ何撮ってんだ? 優勝インタビューか。こんなもん当たり前なんじゃ。足の1本や2本持ってけ。それでもオレは優勝してるんだ。いいか、これからはヴェルセルクの時代だ。そのためには、この優勝は当たり前なんだよ。何撮ってんだ、あけろ、オラッ!(と立ち去る)」


【YAMATOの話】「T-Hawk、優勝おめでとう。これだけ過酷なリーグ戦、勝ち残ったT-Hawk、オレは素直に称えたいと思う。だが、このベルトとキング・オブ・ゲート、まったく違うぞ。このベルトを持ってオマエがこの団体をどこに導きたいのか。肉体と肉体で大いに語り合おうじゃないか。センキュー」


 いよいよ優勝決定戦を迎えた「KING OF GATE 2017」、試合の先手を奪ったのは土井でT-Hawkの痛めている左膝を攻めるが、大暴走をかわしたT-Hawkがブレーンバスターで投げると、土井が場外に逃れてもブレーンバスターで追撃、リングに戻ってダブルチョップ、逆水平、ナックルと浴びせてからロホで捕獲する。
 T-Hawkは逆水平で返す土井に対し逆水平からウラジゴクを決めると、ブレーンバスター狙いは土井が着地して低空ドロップキックからニークラッシャーで動きを止め、バックドロップ、ブレーンバスター、ダイビングエルボードロップと畳みかけるが、タイガードライバー狙いはT-Hawkがリバースしてネックハンキングボム、雪崩式ブレーンバスター、ニーを浴びせるも、土井は再び左膝への低空ドロップキック、土井の串刺し攻撃をキャッチしたT-Hawkは雪崩式を狙うも、下からすり抜けた土井はパワーボムで叩きつける。
 勝負に出た土井はタイガードライバーを狙うと、打撃戦ではT-Hawkがアギラを浴びせ、ナイトライドで勝負に出るが、切り返した土井がDOI555からバカタレスライディングキックを炸裂させるも、すぐ起き上がったT-Hawkはケルベロスで応戦する。
 T-Hawkはアギラを狙うが、キャッチした土井はドラゴンスクリューを決め、大暴走からDOI555、バカタレスライディングキックを炸裂させるが、T-Hawkがカウント2でキックアウトすると、切り札であるマスキュラーボムを狙う。だが逃れたT-Hawkはナイトライドを狙うが、土井が逃れようとするもBTボムに移行して叩きつけ、再度ナイトライドを狙うも、土井はDDTで切り返すと、セコンドの吉田が土井を一斗缶で一撃してからパウダーを浴びせ、それでも土井はT-HawkにV9クラッチで丸め込むも、張り手のラッシュを凌いだT-Hawkがケルベロスを浴びせると、最後はナイトライド2連発で3カウントを奪い、「KING OF GATE 2017」初優勝を果たした。


 試合後にはT-HawkがYAMATOを呼び出し、ベルトを持って登場したYAMATOを挑発するが、YAMATOはgo to Hospital Iを炸裂させ、ダウンするT-Hawkをあざ笑いながら大会を締めくくった。


 T-Hawkのオープン・ザ・ドリーム王座への挑戦は2年ぶりで、満を持しての挑戦で会場も神戸ワールド記念ホールと同じ舞台となった。 2年前は王者だった吉野に敗れた後で新世代ユニットだったミレニアルズは解散、ドリーム王座戦線もYAMATO、ハルク、鷹木らの世代が中心に回るようになり、T-Hawkらの次世代は一歩引いた立場となっていた。


 T-Hawkの狙いはYAMATOを降すことでの世代交代、2年前ミラニアルズで果たせなかった世代交代を、ユニットを変えながらも果たすこと、場所も2年前の神戸ワールドと恰好の舞台でもある。


 果たしてT-Hawkは神戸ワールドで世代交代を果たすか、それともYAMATOが世代交代を阻むか?

力でEitaをねじ伏せたT-Hawk、VerserKの罠を打ち破った土井が決勝に進出!

6月10日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2017」福岡・博多スターレーン 1350人 超満員札止め


<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第0試合◇
▼5分1本
石田凱士(5分時間切れ引き分け)シュン・スカイウォーカー


◇第1試合◇
▼20分1本
B×Bハルク ○ヨースケ・サンタマリア(8分18秒 ジャパニーズレッグロールクラッチ)ドン・フジイ ×Gamma


◇第2試合◇
▼20分1本
○ジミー・神田(4分37秒 踏みつけ式体固め)×Kotoka
※琉’s


◇第3試合◇
▼30分1本
望月成晃 ○ジミー・カゲトラ(12分0秒 エビ固め)YAMATO ×Kzy
※影縫


◇第4試合◇
▼30分1本
吉田隆司 エル・リンダマン パンチ富永(14分13秒 タイガースープレックスホールド)吉野正人 ビッグR清水 ×Ben-K


◇第5試合◇
▼「KING OF GATE 2017」準決勝/時間無制限1本
[Bブロック1位]○T-Hawk(14分13秒 片エビ固め)[Aブロック1位]×Eita
※ナイトライド


【T-Hawkの話】「おいEita、昔オマエと組んでユニットやってたな。オマエは何も変わっちゃいねえ。オレはオマエのツーステージ先だ。優勝決定戦、勝つのはこのオレだ。よく覚えとけ」


【Eitaの話】「クソッ。負けは負けだよ、認めるよ。でもな、オレはまだまだ死んじゃいねえからな。T-Hawk、オレはな、必ずやり返すからな。逃げんじゃねえぞ、このヤロー」


◇第6試合◇
▼「KING OF GATE 2017」準決勝/時間無制限1本
[Cブロック1位]○土井成樹(19分13秒 エビ固め)[Dブロック1位]×鷹木信悟
※バカタレスライディングキック


【土井の話】「あと一個、とりあえずてっぺんにT-Hawk、並ぶところまで辿り着いた。あとはもう一個上にどっちが上がるか、明日決着戦や。ここまで来てオレが優勝せんかったら誰が優勝するねん、ほかに。T-Hawkちゃうやろ。オレしかおらんやろ。もっていくぞ、このまま。このテンション、この緊張感を落とさずに、このまま一気に明日、迎えるからな。オレは2017年キング・オブ・ゲートを制覇する」


【鷹木の話】「相変わらず土井…土井! オマエもこすいヤツだな。なんだよ、おい。真っ向勝負って言うからよ、オレはそのつもりでいたんだけどよ、あまりにもオマエが情けねえからよ、セコンドが手伝ってくれただけだ。なんだよ、オレが優勝してもっとよ、ドラゴンゲートをもっとイレギュラーな道に導いてやろうと思ったのによ、ファンも分かってねえな。おい、(週プロの)金子! 金子記者! 今のファンは土井と鷹木、何対何だ、応援の比率は?(10-0です)10-0か!? おい確かにオレの名前を叫んでたのはパンチだけだったな。今に見てろ、オマエらは分かっちゃいねえんだよ。ドラゴンゲートのファン、分かっちゃいねえんだよ。オレの正義が分かるまではちょいと時間がかかるかもしれねえけどな、しっかりとオレの闘いを見とけ。そしたら真の正義が分かるぞ。まああとは、T-Hawkに託した。悪かった、決勝に行けなかったけど。オレはオレのスタイルを貫いたからよ。まあいいよ、こんなの遊びだよ。決勝まで行かなかったら遊びみたいなもんだよ。あとはヴェルセルクの思い、オレの思いを託した」


【T-Hawkの話】「おい土井成樹、こすい手使いやがって。しっかり見てたぞ。明日の決勝戦、こうはいかねえからな。勝つのはオレたちヴェルセルクだ」


◇第7試合◇
▼60分1本
CIMA ドラゴン・キッド ○山村武寛(18分32秒 エビ固め)×堀口元気H.A.Gee.Mee!! ジミー・ススム 斎藤"ジミー"了
※スターダストプレス


(試合終了後、MaxiMuM、VERSERK登場で大乱闘に。)


Kotoka「おい堀口、オマエな、今日山村なんかに負けて情けねえ野郎だな。恥ずかしくねえのか」


堀口「おい小僧、偉そうなこと言ってんじゃねえよ。テメエだってウチの神田に負けてるじゃねえか」


山村「オレたちの試合に何乱入しとんのじゃ。特にKotoka、山村なんかってどういうことだ」
リンダマン「テメエなんか山村なんかで十分だ。ピーチクパーチクうるせえから全員まとめてVERSERKが相手してやろうじゃねえか」


T-Hawk「おい土井成樹、オマエ明日の優勝決定戦覚悟できてるのか? 明日はオレが優勝するのは絶対条件だ。オレがVERSERKカラーに染める」


土井「覚悟なんかこのリーグ戦が始まった時からできてるわ。明日優勝決定戦やな。オマエが決勝の相手で申し分ない。でもオレはシンプルにこのリーグ戦、キング・オブ・ゲート優勝したいんや。このタイミングでオレがせな誰がするねん。オマエにはまだ早い。オレが9年ぶりにキング・オブ・ゲート制覇して、もう一回ドラゴンゲートのてっぺんに立ったる。明日は1対1の勝負や」


リンダマン「威勢がいいのは今だけだ。明日のキング・オブ・ゲートで優勝するのはT-Hawk。ユニット抗争で一番になるのはVERSERKだ。よく覚えとけ」


吉野「オレたちMaxiMuMはユニット結成してからジミーズ、オマエらをターゲットにしてきたけどな、VERSERK? それからOVER GENERATION、おいクソガキ下がっとけ。顔じゃないんじゃ。なんやその目は。気にいらんな。オマエらも入ってくるってことはターゲットになるってことでええんやな。土井吉だけやない。清水、Ben-K、Kotokaをナメんなよ」


堀口「MaxiMuM、それからOVER GENERATION、オマエらのユニットには若くて活きのいいヤツがいるじゃねえか。オレらジミーズ、全員35歳オーバーだぞ。でもオレらジミーズはユニット結成してもう6年やってるんだ。いいか、プロレスはな、若さ体力だけじゃねえ。ジミーズの意地、オマエらにもみせてやるよ」


CIMA「クソッ。みんな言いたいこと言うだけ言って帰りやがって。確かにMaxiMuM、VERSERK入ってきてヴァンガードもいてる。オレらもOVER GENERATIONを結成して、今までGammaさん、CIMAさん、キッドの上の世代と、オマエらの下の世代やってたけど、今の試合見ても分かったとおり、山村がメキメキ力つけてきて、Eitaもベスト4、石田も首のケガから帰ってきた。ユニットとして闘える体勢が整った。Ben-K、ビッグR清水、Kotoka、少なくともオマエらはこの3人に負けてるとは思わん。意地みせてくれよ。キッドとオレはツインゲートのチャンピオンや。GammaさんはGammaさんでGammaさんのポジションがある。これは誰にもできないポジションや。吉野にお尻出して試合できますか? そういうことですよ。これがOVER GENERATION。群雄割拠してるユニット抗争に残ります」


 決勝トーナメントをを迎えた「KING OF GATE2017」、大会前には公開抽選会が行われ、準決勝の組み合わせはT-HawkvsEita、土井vs鷹木となった。


 準決勝第1試合のT-HawkvsEitaの元ミレニアルズ対決は、EitaはT-Hawkの痛めている左膝を集中攻撃、エルボーの打ち合いでも競り勝ったEitaは再度ジャベで左膝攻めを展開する。
 劣勢のT-Hawkは逆水平でEitaを場外へ追いやると、場外で逆水平を乱打、リングに戻ってもナックルを織り交ぜながらも逆水平を連打してからクロスフェースで捕獲、Eitaの逆水平も受け流してネックハンキングボムを決める。
 流れを変えたT-Hawkに対しEitaはランニングニー、ミサイルキック、串刺しエルボーと反撃し、T-HawkのアギラもEitaは飛びつき腕固めで捕獲、そしてイダルゴを狙うが、T-Hawkが肩車で捕らえ、Eitaが着地もT-Hawkが逆水平を連打、Eitaの延髄斬りに対しT-Hawkはダブルチョップからシットダウン式パワーボム、そしてナイトライドで勝負に出るが、Eitaが十字固めからNumero Unoで捕獲、しかしT-Hawkが強引に担いでナイトライドを決めると、新技ケルベロスからナイトライドで3カウントを奪い決勝戦に進出する。


 準決勝第2試合の土井vs鷹木は、コールと同時に鷹木が奇襲から場外戦を仕掛け、土井も反撃するが串刺し攻撃をキャッチして投げた鷹木が串刺しバンピングボンバーを浴びせ、場外に逃れた土井をエプロンの角に叩きつけて、土井は腰を強打する。
 リングに戻った鷹木は串刺しバンピングボンバーからブレーンバスターと攻め立てるが、セントーンをかわした土井はエルボー合戦を仕掛け、押し込んでからドロップキック、大暴走と流れを変えていく。
 土井はタイガードライバーを狙うが、堪えた鷹木がブレーンバスターからスライディング式バンピングボンバー、雪崩式ブレーンバスター、変形ドライバーからMADE IN JAPAN狙いは土井が逃れるとフランケンシュタイナーからDOI555、バカタレスライディングキックを狙うが、かわした鷹木が変形デスバレーボム、しかしすぐ起き上がった土井はバックドロップからタイガードライバー、タイガースープレックスと畳みかける。
 土井は串刺しを狙うが、鷹木が八木レフェリーと交錯させると、無法地帯となったところでVerserK勢が乱入して土井にトレイン攻撃から、鷹木がMIDE IN JAPANを連発する。
 勝負と見た鷹木がラストファルコンリーを狙うが、土井は逃れ、鷹木のバンピングボンバーの連発も正面から受けて立って倒れない。鷹木は再度バンピングボンバーを炸裂させるが、起き上がった土井がV9クラッチで丸め込み、再びVerserK勢が乱入するが、鷹木のバンピングボンバーがパンチに誤爆するだけでなく、吉田のボックス攻撃も鷹木に誤爆すると、最後は土井がバカタレスライディングキックの連発で3カウントを奪い、土井が決勝進出を決めた。


 メインは山村が堀口をスターダストプレスで降す金星を挙げるが、試合後にMaxiMuMとVerserKが登場しOVER GENERATION、ジミーズの4軍で大乱闘となった。


 そして優勝決定戦は土井vsT-Hawkとなったが、土井はYAMATOの保持しているドリーム王座には2度挑戦しているが、T-Hawkは2年間もドリーム王座挑戦から遠ざかっている。ここはT-Hawkに期待したいところだが、痛めている左膝が不安材料となっている、土井も当然狙ってくることから、T-Hawkがどこまで耐え切れるか、またT-Hawkが決勝に進出し、鷹木が準決勝止まりになったことで二人のパワーバランスが崩れる懸念も出てきた。今までT-Hawkは2度に渡って鷹木に裏切られているが・・・

Eita、鷹木がブロック突破を決めベスト4が出揃う!KING OF GATE 2017 小倉大会公式戦結果

6月9日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2017」福岡・小倉北体育館 600人 満員


▼「KING OF GATE 2017」Bブロック公式戦/20分1本
[2勝3敗=4点]○Gamma(7分39秒 片エビ固め)[1勝4敗=2点]×ヨースケ・サンタマリア
※アックスボンバー


▼「KING OF GATE 2017」Aブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗1分]○Eita(6分6秒 ビブリア)[5敗=0点]×ジミー・クネスJ.K.S
☆EitaのAブロック突破が決定


▼「KING OF GATE 2017」Cブロック公式戦/20分1本
[1勝3敗1両リン=2点]○吉田隆司(7分51秒 片エビ固め)[1勝3敗1分=3点]×山村武寛
※パイナップルボンバー


▼「KING OF GATE 2017」Dブロック公式戦/20分1本
[2勝3敗=4点]○堀口元気H.A.Gee.Mee!!(11分25秒 バックスライド・フロム・ヘブン)[3勝2敗=6点]×B×Bハルク
☆鷹木信悟のDブロック突破が決定

CIMAが吉田の罠にかかり脱落!土井がCブロック突破!KING OF GATE 2017熊本大会公式戦結果

6月8日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2017」熊本流通情報会館 900人 超満員札止め


▼「KING OF GATE 2017」Bブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗1分=7点]○Kzy(7分57秒 スカイデ・スクールボーイ)[1勝3敗=2点]×Gamma


▼「KING OF GATE 2017」Cブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗1両リン=6点]▲CIMA(7分45秒 両者リングアウト)[3敗1両リン=0点]▲吉田隆司 
これにより7点の土井成樹がCブロックを突破


▼「KING OF GATE 2017」Aブロック公式戦/20分1本
[3勝2敗=6点]○ドラゴン・キッド(6分19秒 エビ固め)[4敗=0点]×ジミー・クネスJ.K.S


▼「KING OF GATE 2017」Dブロック公式戦/20分1本
[2勝3敗=4点]○ジミー・神田(11分21秒 ラ・マヒストラル)[3勝2敗=6点]×望月成晃

T-HawkがKzyをKOでBブロック突破!鷹木はDブロックトップで全公式戦終了

6月4日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2017」兵庫・神戸サンボーホール 1850人超満員札止め


<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第0試合◇
▼10分1本
○山村武寛 石田凱士(6分33秒 片エビ固め)×吉岡有紀 ワタナベ・ヒョウ


◇第1試合◇
▼20分1本
CIMA ○ドラゴン・キッド Gamma(10分44秒 バイブル)望月成晃 "ハリウッド"ストーカー市川 ×ヨースケ・サンタマリア


◇第2試合◇
▼「KING OF GATE 2017」Aブロック公式戦/20分1本
[2勝1敗1分=5点]△Eita(20分時間切れ引き分け)[2勝2敗1分]△ビッグR清水


【Eitaの話】「負けてはないんでね。引き分けなんで勝ち点1。現時点で残り1戦を残して5点。残りのクネス戦を勝てばオレが100%決勝に行くことができるんでね。昨年は決勝トーナメントに行くあと一歩まで行ったけど、結局は行けなかったから今年こそは決勝に行ってオレの時代を作ろうかなと。
(清水と引き分けてしまった要因は?)自分野必殺のNumero Unoがあそこまで決まってて力を出し切れなかったっていうところが欠点ですね。自分の中で。パッてスパンって決められたら早めに終わってて、もしかしたら勝ってたかもしれないし。その辺ですね。残りのクネス戦でキッチリ勝ちます」


【清水の話】「悔しいです。やっぱり去年準優勝まで行ったのに今年決勝に行けなかった。来年はもっと。たぶん今年1年もしかたら準優勝っていうのにおごってたのかもしれない。だから来年はもっといい試合したいと思いますし、もっと上を目指したい。夏にタッグリーグがあるかどうかわからないけど、次はそれに照準を合わせて。それに今は対ジミーズもありますし、公式戦ではクネスに勝ちましたし。ジミーズには全然負けてるとは思ってないんで。もっとこれから次の闘いに向けてがんばろうと思います。ここは気持ち切り替えていきます」


◇第3試合◇
▼30分1本
YAMATO ○B×Bハルク(11分34秒 エビ固め)ジミー・ススム ×シュン・スカイウォーカー
※E.V.O


◇第4試合◇
▼「KING OF GATE 2017」Dブロック公式戦/20分1本
[4勝1敗=8点]○鷹木信悟(12分35秒 エビ固め)[1勝4敗=2点]×エル・リンダマン
※バンピングボンバー


【鷹木の話】「まあ売り言葉に買い言葉じゃねえけど、リンダマンがどう出るか楽しみにしてた。あえて心理戦でやったけど、オレもちょっとキャリアで汚いことしちまったけど、危なかったシーン、一つや二つあったからな。こういう試合できたから問題ないよ。これでオレは勝ち点8、あと望月とハルクか。アイツらが1敗、あるいは引き分けでもしたらオレは決勝行くの決まってるな。いつも言ってるだろ。5月6月の後楽園メイン、鷹木信悟が務めた。鷹木信悟待望論が出てるんだよ。ドラゴンゲートを仕切るのはオレしかいねえよな。だったら決勝トーナメントに行ってオレが制覇してやる」


【リンダの話】「これでもう最後の鷹木さんとの試合でキング・オブ・ゲートは全部終わったけど、オレはこの試合を前にトーナメントに上がる希望はもうなくて、鷹木さんは勝ったらトーナメント、ほぼ決勝濃厚っていう、そういうシチュエーションだったわけだけど、まあ鷹木さんは今、一緒のチームでやってるし、恨んでることもないけど、単純に負けることはキライだし、勝つことは嬉しいし、そういう自分の気持ち、信念のもとに少々汚いやり方というか、自分らしくなかったというか、まっすぐじゃないやり方だったかもしれないけど、あえてこういう作戦を選んで、最終的に真っ向勝負して鷹木さんの怖さというか強さというか頼もしさっていうのもよくわかったし、このあとT-Hawkも決勝トーナメントに進むの決めたから、ヴェルセルクとしては2人で決勝をやってもらいたいなと思います。また来年キング・オブ・ゲート出て、もっとね、真っ向勝負、鷹木さんとか、やれるようにまだまだ実力を積んでいこうかなと思います」


◇第5試合◇
▼「KING OF GATE 2017」Bブロック公式戦/20分1本
[4勝1敗=8点]○T-Hawk(11分49秒 エビ固め)[2勝1敗1分=5点]×Kzy
※ケルベロス


【T-Hawkの話】「(決勝トーナメント進出が決まったが)過去2014年、2015年と準優勝で終わってるんで、まあ今年こそ、まあ今年こそっていうか、ヴェルセルクに入って特にこれといった成績を正直、残してないし、このキング・オブ・ゲートがいいチャンスっていうか、のろしを上げるにはいい舞台。ここは決勝も当たり前というか、別に喜びも何もないし、仮にこの先優勝したところで、オレはもっと先を見てる。全然。ブロック通過、当たり前だよ」


【Kzyの話】「(失神し記憶を飛ばしていたKzyは大会終了後、しばらく経ってから大の字のままコメント)最後、ちょっとあんまり覚えてないんですけど、ボクが負けたということで、決勝トーナメントへの切符はもう逃してしまいました。去年に引き続き、また手前でつかめなかったかなと思いました。今日でもユニットとか関係なく、T-Hawkの執念みたいのに負けてしまったんじゃないかなと思いましたね。ちょっと曖昧ですけど、最後あと一戦、KOGは残ってるんで、全力でがんばります。まだ何が起こるかわからない。オレは最後まであきらめない!」


【ススムの話】「今日Kzyが勝てばそのあとのKzyの結果もありましたけど、待ってたんですけど、ああいう感じでT-Hawkが勝ってしまったんで、それが結果だし、そう思うと横浜のマリア戦はちょっと…正直ポカしてしまったんだなと。あれがなければ1引き分けだけでしたもんね。あれがそんな、マリア戦がそういうふうになるとは思わなかったですけど、これが逆にリーグ戦の現実の厳しさかなと。それが今後に活かせればね。やっぱこういうふうに長期で続いていくと、どうしてもそういうところで気の緩みっていうのが出てくるんでね。その辺を今後に活かしたいなと。でも終わってしまったものはしょうがないんで、このあとカゲも可能性もありますよね? 一生懸命サポートしたいなと。次の闘いにボクはもう目を向けていきたいなと。ボクのKOGはこれで終わりましたけど、まだ闘いは終わらないんで。残念ですけど、またこれをバネにします」


◇第6試合◇
▼「KING OF GATE 2017」Cブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗1分=7点]○土井成樹(13分8秒 エビ固め)[2勝2敗1分=5点]×ジミー・カゲトラ
※バカタレ・スライディングキック


(試合終了後と同時にいきなりパンチとリンダが乱入してマキシマムに襲いかかる)
リンダ「おいおいおいおい土井、それにマキシマム、オマエら最近、ジミーズとやり合ってるみたいだけどな、おい、ジミーズだけじゃないぞ。オマエらの首を狙ってるのはオレたちヴェルセルクもいるってことを忘れるんじゃねえぞ。それでもまだジミーズに固執してやり合っていくって言うんだったら、土井、ビッグR、それにBen-Kが持ってるトライアングルゲートのベルト、置いていってからにするんだな(と言って立ち去る)」


土井「ちょっと待て、リンダマン。結局のところ何が言いたかってん。全然わからんぞ。何しにきたんや。何が言いたいかさっぱりわからん。今キング・オブ・ゲート公式戦でトライアングル…ちょっと的外れなこと言うてるけど、アイツらがトライアングルどうこう言うんやったらオレと清水とBen-Kが持ってるんや。いつでもやったるよ。
ジミーズとの抗争も現在進行形や。でも今日、キング・オブ・ゲートの公式戦でオレは今日全日程を終えて、Cブロック、3勝1敗1分で現在トップや。
でもまだこれで決まりちゃうんや。来週九州でCIMA対吉田隆司の公式戦があんねや。そこでCIMAが勝てばCブロック代表はCIMA。吉田が勝てばCブロック代表はこのオレや。でもな、今の吉田がCIMAに勝つのはちょっと難しいやろう。でも勝ってもらわな困んねん。吉田に勝ってもらわな、オレは決勝トーナメントに行かれへんのや。これはもう待つしかない。とりえあえず運試しや。オレにはこの先どうもできへん。オレはもうやりきった。このあとメインイベントでマキシマムが大暴走したるからな。最後まで応援頼むぞ!」


【カゲトラの話】「これでボクの今年のKOG全日程が終了しました。ボクは今日土井に負けて勝ち点5、これで土井は勝ち点7。どう考えてもボクが上がれる可能性はなくなってしまいましたが、今年KOG、すごいボクの中でも収穫があったんで来年出れるのであれば、今年の経験を活かして2018年は優勝を狙いたいと思います」


◇第7試合◇
▼60分1本
吉野正人 ○Kotoka Ben-K(15分46秒 逆さ押さえ込み)×堀口元気H.A.Gee.Mee!! 斎藤"ジミー"了 ジミー・神田

 KING OF GATEもラストスパートに突入、AブロックのEitavs清水は、Eitaが場外の清水にトペを放つもキャッチした清水がエプロンへのパワーボムから、リングに戻してからOTAKEBIで圧殺して先手を奪うが、Eitaも変形の腕固めからの腕攻めで反撃、だが清水はEitaの腰にOTAKEBIを連発してからベアバック、亀有公園前固めと腰攻めで流れを変える。
 Eitaはパスタ、ミサイルキック、串刺しエルボー、顔面への低空ドロップキックと反撃するが、清水はリバースプラッシュで圧殺した後で砲丸投げスラムで勝負に出るが、Eitaはロープにしがみついて清水のカバーを遅らせ、これに焦った清水はOTAKEBIを投下も自爆してしまう。
 Eitaはラ・マヒストラルを狙うが、清水が強引に持ち上げてバックフリップを決めるも、Eitaがジャベで捕獲、逃れた清水は打撃戦から餅つきパワーボムからのライガーボム、再度砲丸投げスラムを狙うが、Eitaはロープにしがみついて決めさせず、Numero Unoを決めるも清水もロープに逃れる。
 残り時間も少なくなったところでランニングエルボーを狙うEitaを清水がキャッチして砲丸投げスラムを狙うが、Eitaは必死で堪え、それでも清水は強引に投げたところで時間切れとなり引き分け、清水は5点で全公式戦を終え脱落、Eitaは5点目となり、小倉でのクネス戦を残すのみとなった。


 Dブロックの鷹木vsリンダのVerserK同門対決は、鷹木が試合前に既に脱落が決定しているリンダに勝ちを譲るように迫り、リンダも大の字になって鷹木がカバーも、カウント2でキックアウトしたリンダはあくまで勝ちを狙って腕十字で捕獲し、怒った鷹木は場外へ出すも、素早く逃れたリンダはプランチャを発射、更に場外でのバンピングボンバー狙いもかわして右腕を鉄柱に誤爆させる。
 これを逃さなかったリンダは脇固め、腕折りを繰り出すも、バンピングボンバーで逆襲した鷹木は場外戦を仕掛け、イスや机で徹底的にリンダを制裁、リングに戻ってもセントーン、起き上がりこぼし式のバンピングボンバーと痛めつける。
 鷹木は後頭部へのバンピングボンバーから、串刺しバンピングボンバーを狙うが、かわしたリンダは水車落としで反撃して、エルボーの連打、バックドロップを決めるも、鷹木はブレーンバスタースラムからスライディングバンピングボンバーを炸裂させてからダイビングエルボーを狙うも、腕を取ったリンダは腕十字から三角絞めを決める。
 しかし持ち上げた鷹木は叩きつけるとバンピングボンバーを連発するが、リンダもエルボー暖連打で応戦し投げ放しジャーマンで投げ、鷹木のバンピングボンバーを喰らっても、リンダは払い腰からの丸め込み、レフェリーと鷹木を交錯させてパンチが介入するが、同士討ちとなってしまう。
 リンダはジャーマンを決めるが、起き上がった鷹木はバンピングボンバーからパワーボム、バンピングボンバーと畳みかけて3カウントを奪い、粘るリンダを降し8点トップと全公式戦を終了、優勝決定トーナメント進出はハルク、望月の全公式戦終了待ちとなる。


 Bブロック公式戦のT-HawkvsKzyはエルボー合戦でT-Hawkが圧倒も、キックをキャッチしたKzyはT-Hawkの痛めている左膝攻めを展開。T-Hawkが場外に逃れたところでKzyがトペ放つが、T-Hawkが一斗缶で一撃して阻止、逆水平で圧倒した後で雪崩式ブレーンバスターを決める。
 劣勢のKzyはエルボースマッシュの連打からB-BOY、ショットガンと畳みかけ、KzTimeを狙うがT-Hawkが阻止、それでもKzyは低空のエルボースマッシュからKzTimeを投下も、T-Hawkは剣山で迎撃する。
 勝負に出たT-HawkからBTボムを決め、ナイトライドを狙うが、脱出したKzyはエルボーの連打に対しT-Hawkはアギラで応戦、Kzyはエルボースマッシュを連発するが、突進したところでT-Hawkが膝で迎撃しKzyは失神、T-Hawkはそのままカバーに入って3カウントを奪い8点目を獲得。優勝決定トーナメント進出1番乗りを果たす。


 Cブロックの土井vsカゲトラは、カゲトラの左足攻めに土井が苦しみ、カゲトラがフライグラリアットからシャイニングウィザードと畳みかけてから雪崩式を狙いに勝負に出る。しかし突き落とした土井はダイビングエルボーを投下してからタイガードライバーを決め、チョップ合戦からカゲトラが半月から一騎当千を決め、車懸を狙う。
 しかし堪えた土井はバカタレスライディングキックを狙うも、かわしたカゲトラは丸め込みを連発、だがアッパー狙いをかわした土井はV9クラッチからバカタレ・スライディングキックを連発して3カウントを奪い7点目を獲得して全公式戦終了、優勝決定トーナメント進出は熊本でのCIMAvs吉田の結果待ちとなり、試合後もリンダ、パンチが現れて土井&清水&Ben-K組が保持しているトライアングル王座への挑戦を表明した。


 またメインのMaxiMuMvsジミーズの6人タッグ戦は終盤に吉野のトルベジーノをかわした堀口は髪が宿ってバックスライド・フロム・ヘブンを狙うも、逃れたところでKotokaがラ・マヒストラルで丸め込み、堀口のビーチブレイク狙いをKotokaが逆さ押さえ込みを決め3カウントを奪い勝利を収めた。

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ