忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

全日本プロレスチケット販売

プロレスリングNOAHチケット販売

ZERO1チケット販売

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
7
15
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

KESとの死闘を制した弾丸ヤンキースがグローバルタッグリーグ2連覇の偉業を達成!

5月4日 NOAH「グローバル・タッグリーグ戦2015」後楽園ホール 1740人 超満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝4敗=2点]○マイバッハ谷口 マイバッハ2号(7分18秒 エビ固め)[3勝2敗=6点]マイキー・ニコルス Xシェイン・ヘイスト
※マイバッハプレス


◇第2試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝1敗=6点]杉浦貴 ○田中将斗(11分30秒 エビ固め)[1勝4敗=2点]関本大介 X橋本和樹
※スライディングD


◇第3試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○鈴木みのる 飯塚高史(12分17秒 体固め)[3勝2敗=6点]丸藤正道 X中嶋勝彦
※ゴッチ式パイルドライバー
☆杉浦&田中組の優勝決定戦進出が決定  


【鈴木の話】「仲良くやってんじゃねえよ。何がタッグリーグだ。タッグリーグはこの後のK.E.S.、シェルトン、ブレーカー、お前らに任せたぞ。あとはお前らが好きなように暴れられるように、好きなだけ破壊ができるようにしてやったぞ。さあ、まだまだ続くぞ、俺の仕掛けは。丸藤はどこを見てんだよ? よそ見するな。俺は最初から5月10日の横浜、てめえの首しか見てねえぞ。てめえの首だけだ。俺が興味あるのは、てめえの残ったロウソクの長さだけだ。あとはそれを踏みつぶして消すだけだ。お前ら不満なんだろ? 後楽園の、日本でわずかな、ほんの小さな、これだけしかいないノアファンたちは気に入らないんだろ? じゃあ、お前らが納得する形でやってやろうじゃないか。おい、田上明、小橋建太、てめえらの目の前でやってやる。お前ら、雁首揃えて丸藤とともにリングに上がれ。上がってこい。お前らが築いたんだろ? このノアがお前らの血と汗と涙の感動の結晶なんだろ? そんなもの踏み潰してやる。全て飲み込んでやる。全てを俺の手でひねり潰してやる。そのためには、最初からこれ(ベルト)が必要だった。これがある限りはな。これがずっとしたかったんだ。てめえら雁首揃えて上がってこい。いいな、田上。いいな、小橋。引退したとか言わせねえぞ。引退したなら口を挟むな。偉そうに権力を振りかざすな。リングの中で通用するのは力のみだ。権力なんか関係ねえ。強い者が正義だ。勝ったヤツだけが正義だ。だから今、俺が正義だ。俺が神だ。俺が王で俺が神だ。わかったか、クソ野郎ども。ちゃんと伝えろよ。いいな?」


◇第4試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○シェルトン・X・ベンジャミン ブライアン・ブレーカー(7分44秒 片エビ固め)[5敗=0点]スペル・クレイジー X北宮光洋
※ペイダート


◇第5試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝3敗=4点]○齋藤彰俊 クワイエット・ストーム(9分33秒 片エビ固め)[3勝2敗=6点]クリス・ヒーロー Xコルト“Boom Boom"カバナ
※ランニング・スイクルデス


◇第6試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝1敗=8点]ランス・アーチャー ○デイビーボーイ・スミスJr. (1分42秒 エビ固め)[3勝2敗=6点]モハメド ヨネ X池田大輔
※キラーボム


◇第7試合◇
▼NOAHジュニアスペシャル8人タッグマッチ/30分1本
○原田大輔 石森太二 平柳玄藩 熊野準(11分23秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)拳王 大原はじめ キャプテン・ノア Xジャック・ギャンブル


◇第8試合◇
▼GHCジュニアヘビー級&ジュニアヘビー級タッグ選手権試合前哨戦/30分1本
小峠篤司 小川良成 ○ザック・セイバーJr. (12分11秒 腕ひしぎ逆十字固め)タイチ XTAKAみちのく エル・デスペラード
 

◇第9試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」優勝決定戦/無制限1本
[Aブロック1位]○杉浦貴 田中将斗(19分55秒 片エビ固め)[Bブロック1位]Xランス・アーチャー デイビーボーイ・スミスJr.
※オリンピック予選スラム
☆杉浦&田中組が「グローバル・タッグリーグ戦2015」優勝


(試合後)
杉浦「まず相方の田中選手にありがとうと言いたいです。そして、ゴールデンウイークにいろんな予定がある中で、試合を観に来てくれた皆さんに感謝しています。ありがとう」


田中「やっと2連覇という偉業を皆さんの応援のおかげで取ることができました。ありがとう」


――杉浦は鈴木軍に対しては?
杉浦「負けられないし、内容でも負けたくない、俺らが勝って、結果を残したんだから、どういうことかわかるよね。ベルトに挑戦するから、この2人で必ずGHCタッグのベルトを巻くから。もう1回俺たちに懸けてくれ。ついて来てくれ」


田中「弾丸ヤンキースの試合が見たかったら、明日(ZERO1 5月5日後楽園)も観に来てください」


杉浦「明日もあるんだったね。喜びもここで終わりにして、明日に向けてやらないといけない。忘れてたよ」


【試合後の杉浦&田中】
――本命と目される中で、ハードルを越えての優勝となったが?

田中「そのハードルというのを俺らはいくつもいくつも越えてきているから。そんなの別に何のプレッシャーでもないし。優勝するという前提で俺たちは出てきているわけやから。そんな小さいハードルは軽く越えたぐらいですね」


――対戦相手のK.E.S.もチャンピオンらしい戦いをして、その上で勝利したが?
杉浦「向こうも別にセコンドの介入はなしで、力と技でぶつかり合って。そして、俺らはあのチームに勝ったわけだから。また次に繋がると思うんで。もちろんベルトに挑戦させてもらうよ」


――対鈴木軍という意味を越えて、ナンバーワンであることを証明したが?
杉浦「結果もそうだけど、内容も俺たちは負けてないと思うんで」


田中「どこにも負けてへんと思うし。2014年にベストタッグを取って、そこから勢いを落とすわけにはいかへんし、今年も俺らがプロレス界のタッグを引っ張っていくから。杉浦さんの横にいるのは俺しかないし、杉浦さんの敵は俺の敵やし。ベルトを持っているのが鈴木軍なだけであって。ベルトは俺らに必要やから。俺らに巻かれたがっているし」


杉浦「大本命が横にいるんだから、俺は浮気もしないし、一生付き合っていくよ」


田中「なんか僕が浮気者みたいに聞こえますよ(笑)」


杉浦「いや、プライベートでは浮気しているかもしれないけど…。いや、僕がですよ(笑)。プロレスのタッグでは浮気しないんで」


田中「相思相愛です」


――2連覇については?
田中「誰も成し遂げてないことをやるのが弾丸ヤンキースだと思っているんで。2連覇というのは俺らが初でしょ? ここから来年のことを言ったら、3連覇が見えてくるからね」


杉浦「まだまだ高みを目指していくんで。今日はその第一歩ですね」

――K.E.S.に二連勝するのは大変なことだが?
田中「いやいや、そんなことないよ」


杉浦「いろんなことを成し遂げてきたから。そんなもの、問題ないよ」


田中「挑戦が決まれば、必ずベルトは獲るし。俺らが中心になってタッグは回っていくから」


――当然、明日のインタータッグの防衛戦も負けられない?
田中「これで今日優勝したからって、明日負けるわけにはいかないからね。また気持ちが引き締まったね」


杉浦「忙しいですね、俺たち」


田中「忙しい(笑) でも、試合をしてたら、より元気になってくるからね。オッサンたちは試合をしてナンボだから」


杉浦「若い精気を吸い取って」


田中「吸い取って活力にします。これ以上、喋らせると書けないことをいっぱい言うので、もうそろそろいいですか」


――いつ頃、タイトルには挑戦したい?
▼杉浦「いつでもいいけど、ビッグマッチが控えているしね。そこでよければ」


 いよいよ最終戦を迎えた「グローバルタッグリーグ戦2015」、改めてリーグ戦をおさらいするとAブロックは弾丸ヤンキース、丸藤組、TMDKの3チームに絞られ、BブロックはKES、モハメドボンバーズ、BIG IN USA、ベンジャミン組の4チームに絞られた。


 まずAブロック第1試合ではTMDKがマイバッハ組と対戦、場外戦でマイバッハ組が有利に進めるも、ニコルスが南側入場ゲートからのダイブから反撃、リングに戻ってTMDKはマイバッハを捕らえタンクバスターからサンダーバレーを狙うが、2号が間一髪カットに入るとダブルエクスプロイダーからヘイストを捕らえ、2号のムーンサルトからマイバッハがマイバッハプレスで3カウント、TMDKはまさかの脱落となってしまう。
 

 第2試合の弾丸ヤンキースvs大日本組は、既に脱落となっている大日本組がじっくりとした攻めで田中を捕らえ、和樹もキックなどの打撃でガンガン攻め込む、しかし関本のラリアットが和樹に誤爆すると、勝負と見た弾丸ヤンキースが杉浦の雪崩式フランケンシュタイナー、田中のスーパーフライの波状攻撃から田中がスライディングD、和樹はかわすも続けて杉浦がスライディングDを浴びせてからサンドバックタイム、田中がスライディングDを決め3カウントを奪い、優勝戦進出は丸藤組vs鈴木組の結果待ちとなる。

 
 第3試合の丸藤組vs鈴木組はラフで鈴木組が試合の主導権を握るが、ゴッチ式パイルドライバーを阻止した丸藤組が鈴木にダブルトラースキックを浴びせ、中嶋がダイヤモンドボムを狙うと、セコンドのTAKAが介入して丸藤を捕らえレフェリーも気を取られてしまう。
 そこで飯塚がアイアンフィンガーフロムヘルを中嶋に炸裂させると、鈴木がゴッチ式パイルドライバーで3カウントを奪い、これで弾丸ヤンキースが優勝戦進出を決める。


 Bブロックは第4試合でベンジャミン組とクレイジー組が対戦、試合はベンジャミン組が終始クレイジー組を分断、クレイジーも南側客席の入場ゲートからムーンサルトを決めて奮戦するが、北宮がベンジャミンのトラースキックを浴びるとベイダードを喰らい3カウント、ベンジャミン組が辛うじて可能性を残す。


 第5試合の彰俊組vsBIG IN USAはカバナのインサイドワークとヒーローの変幻自在の動きとローリングエルボーの前に先手を奪われるが、彰俊組もヒーローにアイアンクロースラムを決めて反撃も、ガバナはヒーローとのサンドイッチ式エルボーが彰俊に決め捕らえにかかる。
 ここでBIG IN USAは合体技を狙うがKESが現れてヒーローを挑発すると、ヒーローが気を取られている間にカバナが彰俊組に捕まり、最後は彰俊がランニングスイクルデスで3カウント、BIG IN USAは不本意な形で脱落となってしまう。


 第6試合のモハメドボンバーズvsKESはKESが奇襲を仕掛け、モハメドボンバーズも応戦して合体キン肉バスターをスミスに狙うと、アーチャーがカットに入り池田にキラーボムを決め3カウント、KESが102秒殺で勝利を収め優勝戦進出を決める。


 優勝戦の弾丸ヤンキースvsKESは開始早々からKESが仕掛け田中にキラーボムを決め大ダメージを与えると、KESは孤軍奮闘する杉浦に集中攻撃を浴びせ、田中にやっと交代もKESの勢いの前に弾丸ヤンキースは流れを掴めない。
 しかし弾丸ヤンキースはトレイン攻撃から流れを掴むと、スミスのブルドックボムを杉浦がフランケンシュタイナーで切り返し、アーチャーを捕らえてサンドバックタイムから田中がスライディングDも、アーチャーがキャッチしてチョークスラムで叩きつける。
 KESは杉浦にキラーボムを狙うが阻止した杉浦がKESの同士打ちを誘発、アーチャーを再び捕らえて田中のスーパーフライ、杉浦のダイビングヘッドバットの波状攻撃を狙うも、田中のスーパーフライをアーチャーが剣山で迎撃する。
 KESは再び杉浦を捕らえアーチャーはムーンサルトプレスを投下するも自爆となったところで、田中がすかさずスライディングDを浴びせ、最後は杉浦がオリンピック予選スラムで3カウントを奪い、弾丸ヤンキースがグローバルタッグリーグ2連覇を達成した。


 弾丸ヤンキースを結成して1年、NOAHやZERO1を通じて様々な相手と渡り合ったが新日本でもIWGPタッグ王座を奪取し、現NWA世界タッグ王者でもあるKESは今までの中では最強の相手だったが、KESも弾丸ヤンキースの底なしのスタミナを侮ったのか、弾丸ヤンキースが最大の相手を打ち破った。


 しかし弾丸ヤンキースに休息はない、5日のZERO1ではNWAインターコンチネンタルタッグ王座をかけて佐藤耕平、大谷晋二郎組との防衛戦があり、また190日の横浜ではGHCタッグ王座をかけてKESとの再戦も決定した。


 果たして弾丸ヤンキースはゴールデンウイークの主役を奪い取ることが出来るか?

PR

いよいよクライマックスを迎えるグローバルタッグリーグ・・・果たしてどのチームが優勝するのか?

5月1日 NOAH「グローバル・タッグリーグ戦2015」大阪・ボディーメーカーコロシアム第二競技場 1200人超満員

<アピール、コメント、星取り表などはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼大阪大会オープニングマッチ 15分1本
○原田大輔(5分41秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)×熊野準

◇第2試合◇
▼3WAYマッチ/20分1本
○大原はじめ(6分12秒 ムイビエン)×ジャック・ギャンブル
※もう1人は平柳玄藩

◇第3試合◇
▼「BRAVE vs 超危暴軍」30分1本
○モハメド ヨネ 石森太二 小峠篤司(7分22秒 片エビ固め)マイバッハ谷口 ×マイバッハ2号 拳王
※ラリアット

◇第4試合◇
▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合前哨戦 30分1本
シェルトン・X・ベンジャミン ブライアン・ブレーカー タイチ TAKAみちのく ○エル・デスペラード(11分44秒 片エビ固め)マイキー・ニコルス シェイン・ヘイスト 小川良成 ザック・セイバーJr. ×キャプテン・ノア
※ダイビングボディープレス

◇第5試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦 30分1本
[3勝1敗=6点]○ランス・アーチャー デイビーボーイ・スミスJr.(10分11秒 片エビ固め)[1勝3敗=2点]齋藤彰俊 ×クワイエット・ストーム
※キラーボム

【試合後のアーチャー&スミスJr.】
アーチャー「見たか! 誰がリングに上がって来ようが、殺りくと死を与えるだけだ。BIG IN USA! お前らも必ず報いを受ける時が来る。他のヤツらと同じようにな!」

スミスJr.「タッグリーグ! K.E.S.は誰がリングに上がって来ようがボムを浴びせて優勝する! タイトルマッチでも同じことだ!」

◇第6試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦 30分1本
[3勝1敗=4点] クリス・ヒーロー ○コルト“Boom Boom"カバナ(10分45秒 シカゴクラブ)[4敗=0点] スペル・クレイジー 北宮光洋

【試合後のヒーロー&カバナ】
カバナ「ワーオ! BIG IN USAがどんどん勝ってるぜ!
このまま日本を、アメリカを、世界中を、そしてノアを駆け巡るぜ!」

ヒーロー「今週末のコーラクエンで残るサイトーのチームを倒して優勝する! そしてGHCタッグチームチャンピオンになるんだ。俺たちは勝利が欲しい、タイトルが欲しい! もう俺たちはK.E.S.に勝ってるんだ。次勝てばファイナルにも行ける」

カバナ「次のショーでは俺らがタッグリーグチャンピオンさ!」

ヒーロー「そして次のGHCタッグチームチャンピオンは俺たち“BIG IN USA"クリス・ヒーロー&コルト・カバナだ!」

◇第7試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦 30分1本
[3勝1敗=6点]丸藤正道 ○中嶋勝彦(16分16秒 体固め)[1勝3敗=2点]関本大介 ×橋本和樹
※ダイヤモンドボム

【試合後の丸藤&中嶋】
――大日本コンビはどうだった?
丸藤「関本は分かってたけど…橋本! たまんねーな。いいじゃねーか。またやりてーな。いい選手だ」

中嶋「橋本選手の勢いは想像以上。俺の方が先輩なんですけど、意地張っちゃいましたね。蹴りに関しては。熱い男だったんで試合的には気持ち良かったし、もちろん結果につなげられたのが一番大きかったんで。個人的には、お客さん抜きになっちゃうかもしれませんけど、今の僕は内容よりも結果が欲しい。ラストの後楽園もしっかり結果をつなげて、このリーグ戦の“頂"からの景色をしっかり自分のモノにしたいなと」

――次の相手は鈴木&飯塚組だが?
丸藤「前新潟でも勝ってるし、問題ないよ」

中嶋「もう勝利の方程式はできてるんで」

丸藤「負けないでしょ〜!」

◇第8試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦 30分1本
[3勝1敗=4点]○杉浦貴 田中将斗(19分41秒 片エビ固め)[2勝2敗=4点] 鈴木みのる 飯塚高史
※オリンピック予選スラム

(試合後)
田中「キツい試合でしたけど、大阪の皆さんの声援のおかげで勝つことができました! これで弾みつけて、後楽園では必ず優勝という…2連覇という偉業を成し遂げて、必ずここ大阪に帰ってきます」

杉浦「大阪ありがとう! 5月4日、俺たちが勝って、必ず弾丸ヤンキースが2連覇します。そしてチャンピオンになってまた大阪に帰ってきます! 今日はどうもありがとう!」

【試合後の杉浦&田中】
――試合を振り返って?
田中「いやぁホント、厳しい戦いではあったかもしれないけど、最後は強いほうのチームが勝つ。そこに2連覇するっていう気持ちも加わったんじゃないですかね?」

杉浦「5月4日、ファイナルは俺たちが必ず獲るから」

田中「2連覇、それしかない」

――次は関本&和樹組だが?
杉浦「相手にとって不足なし。今日みたいに変則じゃなくて、ガッツリ正面から当たれるんでね。当たって俺たちの力を出せば勝てるから」

田中「一度、大ちゃんと和樹のチームとはヤンキースでやってるんでね。その時はやってて楽しかったな、って。厳しい戦いやったけど、楽しかったっていうのはあったんで。またそういう戦いをノアさんの後楽園で見せれる楽しさ、喜び。そういうのを踏まえたうえで間違いなく勝って優勝するしかないでしょ!」

――これで鈴木軍同士の決勝対決の可能性をぐっと低くすることができたが?
杉浦「そうだね。それは最初からそのつもりだったから。後楽園、いい試合を見せられて、最後俺たちが立ってればノアのファンは喜ぶんじゃないかな? 俺たちでみんなのストレスを解消したいね」

――シングル王者としての鈴木をどう見た?
杉浦「いや…まだ、俺が認めないって言うのもおかしいけど、シングルのGHCのチャンピオンとしては、俺の中ではクエスチョンだよ。向こうがベルト持ってるのは事実だから。獲り返すしかない。何を言っても。あの戦い方がシングルチャンピオンとして誇れるかは、彼に聞いてくれよ」


 いよいよ終盤を迎えた「グローバルタッグリーグ戦2015」。

AブロックはTMDKが6点でトップで弾丸ヤンキース、鈴木組、丸藤組が4点で追いかける展開となり、Bブロックはモハメドボンバーズが6点でトップでKES、Big in USA、ベンジャミン組が4点で追いかける展開となった。

 まずBブロックはKESが彰俊組と対戦し彰俊組を終始分断したKESがキラーボムでストームを降し首位タイとなり、Big in USAもカバナが変型逆エビ固めことシカゴクラブで北宮からギブアップを奪い首位タイとなる。
 Aブロックは丸藤組が大日本組と対戦し、和樹がアンクルホールドで中嶋の脚攻めを展開するも、丸藤組はダブルトラースキックで反撃してから猛ラッシュをかけ、最後は中嶋がPKからのダイヤモンドボムで勝利を収め首位タイとなる。

 メインは弾丸ヤンキースが鈴木組と対戦し、鈴木組が杉浦の鬼エルボー封じの左腕攻めで主導権を握り、杉浦はやっと田中に交代するも場外でうずくまってしまう、
 再度杉浦が登場するも、鈴木組は執拗に左腕攻めを展開し、カットに入る田中をレフェリーに交錯させて無法地帯を作ると、飯塚がアイアンフィンガー・フロム・ヘルを狙う。
 しかし田中が間一髪カットに入ると鈴木を排除して、飯塚にサンドバッグタイムを敢行すると、最後は杉浦が鬼エルボーからオリンピック予選スラムを決め3カウントとなり、首位タイとなり、4点の鈴木組は厳しい状況となった。
  グローバルタッグリーグ2015 グローバルタッグリーグ2015
 これでAブロックはTMDK、弾丸ヤンキース、丸藤組の3チームが同点に、最終戦ではTMDKはマイバッハ組、弾丸ヤンキースは大日本組、丸藤組は鈴木組と対戦する、NOAHの場合は同点チームが複数でも直接対決での勝敗で優勝戦進出が決まるシステムとなっている、丸藤組は最終戦では鈴木組を残しているだけに鈴木組次第では脱落の可能性も否定出来ない、丸藤組が仮に脱落となるとTMDKとの直接対決を制している弾丸ヤンキースが有利か。
 BブロックはモハメドボンバーズとKES、Big in USAの3チームが同点となり、最終戦ではモハメドボンバーズはKES、Big in USAは彰俊組と対戦、4点のベンジャミン組はクレイジー組と対戦するが勝利を収めたとしてもKESとBig in USAに敗れているため厳しい状況、モハメドボンバーズには期待したいがパワーとチーム力ではKESが上、Big in USAvs彰俊組は勢いでBig in USAか?同点となるとKESとの直接対決で制していることを考えるとBig in USAが有利となる。

4日の後楽園大会で最終戦を迎えるグローバルタッグリーグ戦、果たしてどのチームが優勝するか?

グローバルタッグリーグ2015 名古屋大会 公式戦結果

4月30日 NOAH「グローバル・タッグリーグ戦2015」愛知・名古屋市千種文化小劇場 260人 超満員札止め

<試合後のコメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点] ○シェルトン・X・ベンジャミン ブライアン・ブレーカー( 5分35秒 片エビ固め)[3勝1敗=6点] モハメド ヨネ ×池田大輔
※ ベイダート
池田の大ちゃんボンバーをベンジャミンがベイダートで技あり勝利!

【試合後のベンジャミン&ブレーカー】
ベンジャミン「あぁ!? 何か聞きてえのか? それともブチのめして欲しいのか!? 違うんだったら良くカメラ持って撮っとけ。いいか!? 俺らはノアの誰が来ても、ブチのめしてぶっ壊すだけだ。俺たちはヤバいデストロイヤーだ」

ブレーカー「まだまだ殺りくの始まりに過ぎねえ。手始めにグローバル・タッグリーグを制してやる。今夜はその一例だ。誰がリングに上がってきても、今日と同じ結果になる」

ベンジャミン「そうさ。なぜだかもう分かるな? スズキグン……イチバーン!」

▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝2敗=2点]○関本大介 橋本和樹(10分32秒 ジャーマンスープレックスホールド)[4敗=0点] マイバッハ谷口 ×マイバッハ2号
関本が2号を豪快にぶっこ抜き勝利!

【試合後の関本&和樹】
――3戦目にして初勝利となったが、試合を振り返って?

関本「試合振り返って? 反則だろ、あいつらオラ! 刺又ばっかり使いやがってよ! でも、まず1勝」

和樹「トーナメントじゃなくてリーグ戦だから、まず1勝。この後まだ2戦残ってる。1勝2敗? まだまだ行けるでしょ! これからでしょ! やってやりますよ! 関本さんと2人で。やっぱり大日本の中だけだと分からないことっていっぱいある。井の中の蛙(かわず)だったって率直に思います。大海っていうか、海に出たら、自分なんてこんなもんっすよ。でも、もっともっと背伸びして、もっともっと頑張って、この荒れ狂ってる海、なんとか渡り切ってみせます。関本さん、残り2本! よろしくお願いします!(※と言って関本と握手)」

――あすの大阪大会では丸藤&中嶋組と当たるが?

関本「明日が勝負でしょ!」

和樹「僕は以前、中嶋さんとはやったことあるんですけど、丸藤さんとは初めて。関本さん同様、熱く燃えたぎってるんで、関本さんが言った通り、明日が勝負。明日に集中して頑張りたいと思います」

グローバルタッグリーグ2015 長野大会 公式戦結果

NOAH「グローバルタッグリーグ戦2015」長野アークスセンター 390人


<コメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝=6点] モハメド ヨネ 池田大輔(11分45秒 エビ固め)[2勝1敗=4点]クリス・ヒーロー ×コルト“Boom Boom"カバナ
※ラリアット
Big in USAのサンドウィッチ技を阻止したヨネがカバナにラリアットを浴びせ勝利!


【試合後のヨネ&池田】
――3連勝となったが?

ヨネ「そうですね!」


池田「モハメド ヨネのおかげですね〜」


ヨネ「いやぁ、違いますね。池田さんのおかげです。3連勝気持ちいいですね。かなりやられましたけど、やっぱりリーグ戦は勝たないと意味ないですから。最後なんとかね。池田さんも止めてくれましたし、俺も誤爆誘って一発で決めたし。運も味方につけて、このまま突っ走りたいと思います。どうですか? 大ちゃん!」


池田「そこで大ちゃんはちょっと…(笑) ヨネの根性は大したもんだと思います。これが勝ち星につながって、また次も是非!勝ちたいと思います! ありがとうございました!」


――次はベンジャミン&ブレーカー戦だが?

ヨネ「明日ですね。まだ出してない2人の“やっちゃう"ポーズをリング上で出したいですね。完勝しないと。ギリギリの勝ちだと“やっちゃう"はできないですよね」


池田「別に今日やってもいいんじゃなかったのかな、と思いますけどね…」


ヨネ「ちょっと…。ダメージもあるから…」


――唯一無敗をキープしているが?

ヨネ「両リーグ通じて!? そうですか。だったら俺らは全勝優勝で。最終戦の後楽園の頃には『誰が止めんだ!? ストップ・ザ・モハメッドボンバーズ』って感じになるように持っていきたいと思います!」
 

▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗=4点]○丸藤正道 中嶋勝彦(16分37秒 片エビ固め)[3敗=0点]マイバッハ谷口 ×マイバッハ2号
※不知火
打撃で2号を捕えた丸藤が不知火で勝利!マイバッハ組は脱落


【試合後の丸藤&中嶋】
――マイバッハコンビはどうだった?

丸藤「2号か。思ったより動くな、あれ。ビックリした。でも即席って言えば即席ではあるし。俺たちも負けられないし。今日も勝彦のヘルプがあったんで勝つことができました」


中嶋「完全にチーム力の差ですね。こんなところで俺たちは躓(つまづ)くわけにはいかないから。やっと4点。やっと2勝って感じなんで、ここからが正念場だと思うんで」


丸藤「そうだね。杉浦&田中にも勝ったし、今日もしっかり勝ったし。この後もしっかり勝つだけです」


――次は関本&和樹組だが?
中嶋「間違いなく熱い試合にはなると思うんで、その熱戦を大阪で制したいと思うし、それをしないと、その先が見えてこないと思うんで。照準をしっかりと関本に当てていきたいと思います」


丸藤「よし、残りも勝とう!」

グローバルタッグリーグ2015 札幌大会 公式戦結果

4月26日 NOAH 「グローバル・タッグリーグ戦2015」北海道・札幌テイセンホール 1150人 超満員 
 
<コメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝=4点]○クリス・ヒーロー コルト“Boom Boom"カバナ(11分28秒 片エビ固め)[1勝2敗=2点]シェルトン・X・ベンジャミン Xブライアン・ブレーカー
※ローリング・エルボーバット
狙いはGHCタッグ王座、Big in USAがまた鈴木軍狩り!


【試合後のヒーロー&カバナ】
ヒーロー「これで2連勝さ! しかも両方ともスズキグンをブチのめして2連勝さ! もうすでにタッグチャンピオン(K.E.S.)にも勝ってるんだ。タイトルに挑戦したい! ベルトをノアに獲り返して、BIG IN USAにもたらすんだ! もう待てないよ!!」


カバナ「そうさ! BIG IN USAがベルトを獲って世界中を回るんだ!」


ヒーロー(※カバナと肩を組みながら)「キョーダイ! キョーダイ!!」


▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○マイキー・ニコルス シェイン・ヘイスト(14分9秒 片エビ固め)[2勝1敗=4点]鈴木みのる X飯塚高史
※サンダーバレー
飯塚のアイアンフィンガーを阻止したTMDKが合体技の連続で鈴木組を粉砕!


【試合後のニコルス&ヘイスト】
ヘイスト「イエー! マイキー、マイキー! 今日は俺たちでスズキとイーヅカをブチのめしてやった! あともう1試合勝ってファイナルに出るんだ」


ニコルス「前から言ってるように、俺たちはこのままローリン、ローリン、ローリン…勝ちながら転がり続けていくよ。そしてグローバル・リーグを優勝する」


ヘイスト「そうさ。そしてK.E.S.ともう一度向き合って、今度は俺たちが勝ってGHCタッグタイトルを獲り返す」


ニコルス「その通り! 行くぞ!?」


ニコルス&ヘイスト「ドゥーン!!」


▼「グローバル・タッグリーグ戦2015」Aブロック公式戦
[1勝1敗=2点]○丸藤正道 中嶋勝彦(15分03秒 エビ固め)[2勝1敗=4点]X杉浦貴 田中将斗
※虎王


【試合後の丸藤】
――値千金の1勝となったが?

丸藤「前回の覇者でもあり、今でもベルトを持ってる2人に勝てたのはデカいし、いくらススキノの帝王と言えども俺は絶対負けられなかった。でも…やっぱりキツいっすねえ」


――去年の優勝決定戦の雪辱も果たせたが?

丸藤「そうだね。やっぱりこういう気持ちいい試合がしたいよ。どんどん、どんどん。鈴木軍みたいなワケ分かんねえヤツらとは試合したくねえ。だから早いとこ、あいつらからベルトを獲り返して、こうやって全国に熱いプロレスを、心に残るプロレスを届けていきたい」


――次はマイバッハコンビだが?

丸藤「あぁ。楽勝だ」

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ