伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

ブログランキング

RSS

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

ドン荒川

 新日本プロレス、SWSでは中堅で活躍したドン荒川さん(本名・荒川真さん)死去していたことが明らかになった。享年71歳。荒川さんは11月2日に亡くなっていたという。


 、レスリング出身だが、レスリングの試合で松浪健四郎相手にドロップキックを放って反則負けとなる逸話を残し、荒川さんは1972年7月に新日本プロレスでデビュー、同郷で鹿児島出身の栗栖正伸とは『鹿児島選手権』と称され、前座ながらも激しい試合を繰り広げた。自分が知ったのはフジテレビのバラエティー番組「おれたちひょうきん族」での一コーナーである「ひょうきんプロレスアワー」では力道山に扮してお笑い芸人相手にお笑いプロレスを展開、(実はレフェリーとして永源遥さんも出演していたという)、この頃から黒のロングタイツを着用して"前座の力道山”として活躍しており、永源さんとのコミカルプロレスも新日本の前座の定番となり、アントニオ猪木も秘かな楽しみにしてたという。
 そして1984年に長州力、前田日明ら新日本を退団し大量離脱したことを受けて、荒川は手薄となったジュニア戦線に借り出されてザ・コブラの保持するNWA世界ジュニアヘビー級王座にも挑戦するも、その直後に新日本はWWFとの業務提携を解消したことで、コブラの最後の挑戦者となった。


 しかしその反面「(ガチで)行け!!」と選手を焚き付けることも多く、長州ら長州軍団がUターンしてきたことに面白くなかった若手時代の橋本真也を炊きつけ、ヒロ斎藤とのシングルで橋本はヒロの技を一切受けず徹底的に痛めつけ、手の甲を骨折させてしまうい、これに怒った長州軍団が橋本を制裁(リンチ)する。今思えば荒川さんが長州らが戻ってきたことに一番面白くなかったのは荒川さん本人で新日本を離れる理由の一つだったのかもしれない。また永源さん同様タニマチとの付き合いも多く、長嶋茂雄さんとも顔なじみだったが、その顔の広さもあってメガネスーパーの社長だった田中八郎さんとの縁も出来た。


 1990年に荒川さんはSWSに参加、ジョージ高野らの「パライストラ」に属したが、ここでも選手を炊きつけることが多く、北尾光司を焚きつけてビック・ジョン・テンタとのシュート事件を引き起こさせ、そのせいもあって天龍源一郎やブッカーだったザ・グレート・カブキからもとことん嫌われ、今でも天龍は荒川を嫌悪している。


 SWS分裂後はどこも属さずメガネスーパー社員として残り、SWS所属として全日本プロレスやビックマウス・ラウドにも参戦、ユークス体制となった新日本にも2007年に参戦し、2011年に新日本での功績が認められてNJPWグレーテストレスラーズを受賞した。


 近年表舞台にも現れず、アントニオ猪木のISM両国大会にも顔を出さなかったこともあって、荒川さんも現在の猪木の側近達に嫌われたのかなと思っていたが、病床だったとは思っても見なかった。猪木も荒川を可愛がっていたのもあって、一番悲しんでいるのは猪木本人なのかもしれない。


 ご冥福をお祈りします。

(荒川さんの試合は新日本プロレスワールドにはなく、ビックマウスでの試合があったのでアップしました)






ジョー大剛

 国際プロレス、新日本プロレスで外国人ブッカーを勤めたジョー大剛さんが大腸癌で死去した。享年75歳。


 大剛さんは東京プロレスでデビューした後で崩壊に伴って国際プロレスに移籍、将来のエース候補として期待を寄せられていたが、1974年に海外武者修行先でのカナダで交通事故に遭い、右脚を切断。レスラー人生は絶たれたが、その後で外国人ブッカーに就任、ジプシー・ジョーやアレックス・スミノルフなどを発掘して国際プロレスに送り込み、国際プロレスも破格なブッキング料を取るAWAから大剛ルートに乗り換えた。


 国際プロレス崩壊後は、社長だった吉原功氏が新日本の顧問に就任したことで、大剛氏は当時WWFとの提携が切れ外国人ルートが弱体していた新日本プロレスの北米支部長に就任、キングコング・バンディ、ハクソー・ヒギンズ、ビリー・ジャック、コンガ・ザ・バーバリアン、、クラッシャー・バンバン・ビガロ、ビシャス・ウォリアー、後にレザー・フェイスに変身するコーポラル・カーシュナー、後にジ・アンダーテイカーに変身するパニッシャー・ダイス・モーガンを発掘して新日本に送り込み、トレーナーとしても海外武者修行にきた天山広吉、小島聡、真壁刀義、大谷晋二郎、吉江豊、デイビー・ボーイ・スミスJr.などを鍛え上げた。


 大剛氏も1990年代の新日本プロレスの立役者の一人だった。ご冥福をお祈りします。

ケンドー・カシンの生みの親 オットー・ワンツ

 AWA世界ヘビー級王者となり、第1、2回IWGPリーグでヨーロッパ代表として来日したオットー・ワンツさんが死去した。享年73歳。2000年にCWAを閉鎖してからプロレス界からも去り、タレントとして活躍していたという。


 ワンツさんの初来日は国際プロレスで、新日本プロレスには1976年1月にブルドック・オットーのリングネームで初参戦、1973年にはドイツを本拠地とする初代CWA世界ヘビー級王者となってからCWAのエース兼プロモーターとなり、1978年11月には1978年11月24日にはローラン・ボックが主催した欧州世界選手権シリーズではアントニオ猪木の挑戦も受けた。


 1982年にはアメリカにも進出しニック・ボック・ウインクルを破りAWA世界ヘビー級王者となったが、1ヵ月半後にニックに奪還され短期政権に終わり、1983年に開催された第1回IWGPではヨーロッパ代表として参戦したが、猪木戦で負傷し途中帰国、第2回にもヨーロッパ代表として参戦したが、4勝7敗と不本意な成績に終わり、以降CWAの運営のためにヨーロッパマットに専念した。IWGP以降来日することはなかったが新日本との関係を続け、若手だった蝶野正洋、船木誠勝、天山広吉、小島聡、石澤常光などが武者修行としてCWAに送り込まれた。石澤はワンツのアイデアでケンドー・カシンに変身したが。それを考えるとワンツがケンドー・カシンの生みの親にあたる存在でもある。


 今月末に津市体育館が閉館されるが、第1回IWGP津市体育館大会はワンツは途中帰国しており津市体育館大会には参戦していないだろう。しかしIWGPの証人が一人去っていったことには変わらない。


ご冥福をお祈りします

UWF、リングスの名物リングアナ 古田信幸

 声優で第2次UWFやリングスでリングアナを務めた古田信幸さんが気管支動脈りゅう破裂で死去した。享年59歳。


 古田さんは声優で活躍されただけでなく、第2次UWFからリングアナを務め、選手コールや「五分経過!」など高く、大きな声で名物リングアナとしても活躍した。


 
 UWFが三派に分裂後は前田日明が孤立する中で、唯一追随してリングス旗揚げに参加、その後前田に関わるイベントは古田さんがリングアナを務めていた。


 今年「証言UWF」が出版されたが、古田さんもUWFに関わった人物なのに、なぜインタビューがなかったのか不思議に思っていた。なぜ一人前田に追随して言ったのか聴きたかった。


ご冥福をお祈りします

ドン・中矢・ニールセン

 前田日明との異種格闘技戦で激闘を演じたドン・中矢ニールセンさんが死去した、享年57歳。ニールセンさんは17日発売の「逆説のプロレス」でインタビューに答えたばかりだった。


 ニールセンさんの初来日は1986年10月9日、新日本プロレスで開催された「INOKI 闘魂 LIVE」で前田と異種格闘技戦で対戦、前田も1ヶ月前のオファーだったこともあって準備期間が少なく、新日本側に不信感を抱いている中でニールセンと対戦、ニールセンの打撃を喰らった前田はダウンするなど窮地に立たされるが、前田は逆片エビ固めでタップを奪い勝利、敗れたニールセンも高く評価され、またメインだったアントニオ猪木vsレオン・スピンクスの異種格闘技戦が大凡戦に終わったことで、なおさら前田vsニールセンが際立ちファンからの評価を受けた。


 その後新日本マットに1988年に2度参戦し山田恵一、藤原喜明相手に異種格闘技戦を行い勝利を収めるが、肝心のキックでは1989年にケビン・ローズ、ロブ・カーマンに敗れて2連敗を喫し、K-1所属だった佐竹雅昭のキックデビュー戦の相手を務めるが1RKO負け、K-1にも参戦して佐竹と再戦するがまたしても1RKO負けを喫し、藤原組に参戦して藤原と再戦してレフェリーストップで勝利を収めるが、ウェイン・シャムロックには敗れた。そして1994年にリングスに参戦する予定だったが2度にわたってキャンセル、ニールセンの名前を聞くことはなく、引退後はタイにてカイロプラクティックを経営していた。


 改めて振り返ると異種格闘技戦で強さを発揮しても、本業のキックでは結果を出せず、ある意味プロレスキラー的存在だった。そして「逆説のプロレス」でインタビューに答えていたときは元気そうにしているんだと思っていたが…57歳は若すぎるとしか言いようがない。ご冥福をお祈りします。
 


Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ