伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

ケンドー・カシンの生みの親 オットー・ワンツ

 AWA世界ヘビー級王者となり、第1、2回IWGPリーグでヨーロッパ代表として来日したオットー・ワンツさんが死去した。享年73歳。2000年にCWAを閉鎖してからプロレス界からも去り、タレントとして活躍していたという。


 ワンツさんの初来日は国際プロレスで、新日本プロレスには1976年1月にブルドック・オットーのリングネームで初参戦、1973年にはドイツを本拠地とする初代CWA世界ヘビー級王者となってからCWAのエース兼プロモーターとなり、1978年11月には1978年11月24日にはローラン・ボックが主催した欧州世界選手権シリーズではアントニオ猪木の挑戦も受けた。


 1982年にはアメリカにも進出しニック・ボック・ウインクルを破りAWA世界ヘビー級王者となったが、1ヵ月半後にニックに奪還され短期政権に終わり、1983年に開催された第1回IWGPではヨーロッパ代表として参戦したが、猪木戦で負傷し途中帰国、第2回にもヨーロッパ代表として参戦したが、4勝7敗と不本意な成績に終わり、以降CWAの運営のためにヨーロッパマットに専念した。IWGP以降来日することはなかったが新日本との関係を続け、若手だった蝶野正洋、船木誠勝、天山広吉、小島聡、石澤常光などが武者修行としてCWAに送り込まれた。石澤はワンツのアイデアでケンドー・カシンに変身したが。それを考えるとワンツがケンドー・カシンの生みの親にあたる存在でもある。


 今月末に津市体育館が閉館されるが、第1回IWGP津市体育館大会はワンツは途中帰国しており津市体育館大会には参戦していないだろう。しかしIWGPの証人が一人去っていったことには変わらない。


ご冥福をお祈りします

UWF、リングスの名物リングアナ 古田信幸

 声優で第2次UWFやリングスでリングアナを務めた古田信幸さんが気管支動脈りゅう破裂で死去した。享年59歳。


 古田さんは声優で活躍されただけでなく、第2次UWFからリングアナを務め、選手コールや「五分経過!」など高く、大きな声で名物リングアナとしても活躍した。


 
 UWFが三派に分裂後は前田日明が孤立する中で、唯一追随してリングス旗揚げに参加、その後前田に関わるイベントは古田さんがリングアナを務めていた。


 今年「証言UWF」が出版されたが、古田さんもUWFに関わった人物なのに、なぜインタビューがなかったのか不思議に思っていた。なぜ一人前田に追随して言ったのか聴きたかった。


ご冥福をお祈りします

ドン・中矢・ニールセン

 前田日明との異種格闘技戦で激闘を演じたドン・中矢ニールセンさんが死去した、享年57歳。ニールセンさんは17日発売の「逆説のプロレス」でインタビューに答えたばかりだった。


 ニールセンさんの初来日は1986年10月9日、新日本プロレスで開催された「INOKI 闘魂 LIVE」で前田と異種格闘技戦で対戦、前田も1ヶ月前のオファーだったこともあって準備期間が少なく、新日本側に不信感を抱いている中でニールセンと対戦、ニールセンの打撃を喰らった前田はダウンするなど窮地に立たされるが、前田は逆片エビ固めでタップを奪い勝利、敗れたニールセンも高く評価され、またメインだったアントニオ猪木vsレオン・スピンクスの異種格闘技戦が大凡戦に終わったことで、なおさら前田vsニールセンが際立ちファンからの評価を受けた。


 その後新日本マットに1988年に2度参戦し山田恵一、藤原喜明相手に異種格闘技戦を行い勝利を収めるが、肝心のキックでは1989年にケビン・ローズ、ロブ・カーマンに敗れて2連敗を喫し、K-1所属だった佐竹雅昭のキックデビュー戦の相手を務めるが1RKO負け、K-1にも参戦して佐竹と再戦するがまたしても1RKO負けを喫し、藤原組に参戦して藤原と再戦してレフェリーストップで勝利を収めるが、ウェイン・シャムロックには敗れた。そして1994年にリングスに参戦する予定だったが2度にわたってキャンセル、ニールセンの名前を聞くことはなく、引退後はタイにてカイロプラクティックを経営していた。


 改めて振り返ると異種格闘技戦で強さを発揮しても、本業のキックでは結果を出せず、ある意味プロレスキラー的存在だった。そして「逆説のプロレス」でインタビューに答えていたときは元気そうにしているんだと思っていたが…57歳は若すぎるとしか言いようがない。ご冥福をお祈りします。
 


倍賞鉄夫氏死去…言いたいことは全て墓の中へ持っていった



 新日本プロレスの2代目リングアナであり、アントニオ猪木の元妻・倍賞美津子さんの実弟、そして猪木事務所の社長だった倍賞鉄夫氏が死去した。


 自分がプロレスファンを始めた頃にはリングアナではなくフロント入りをしていたが幹部の一人として辣腕を振るい、新日本プロレスを支えてきた。


 しかし猪木が猪木事務所を設立すると社長に就任、藤田和之や小川直也を所属させ、猪木の懐刀の一人として外部から新日本を牛耳ったことで悪評を買ってきたが、実際は猪木のかかる経費の工面に苦労していたという。しかし猪木が猪木事務所が自分の金を不正に流用しているとして、サイモン・ケリー氏を使って、倍賞氏の留守中に権利関係を持ち出させてユークスに譲渡してしまうと、猪木事務所は閉鎖に追いやられ、自身の留守中に猪木の権利関係を持ち出された倍賞氏は東京ドーム大会のバックステージでサイモン氏に詰め寄ったが相手にされなかったという。


 その後倍賞氏の消息は聞くことはなかったが、上井文彦さんによると脳梗塞で倒れ、口も利けないどころか、手も使えないなど寝たきりの状態となっていたという。上井さんは「倍賞さんに猪木さんのことを書かせたら、凄いこと本になっていたかも」と答えてくれていたが、結局言いたいことは言えないまま墓の中へ持っていってしまったと思わざる得なかった。


 そして今の猪木は自身が作った団体であるIGF相手に不正を糾弾している、これを見て倍賞氏はサイモン氏に「オレの気持ちがわかったか!」と思い、猪木にも「また同じことを繰り返しているのですか?」と言いたかったのではないだろうか・・・


ご冥福をお祈りします

ミスター・ポーゴ

 
ミスター・ポーゴ
 
新日本プロレス、国際プロレス、FMW、W☆INGなどで活躍し、大仁田厚の一番の敵役だったミスター・ポーゴ(本名・関川哲夫さん)が死去した。享年66歳。5月にポーゴさんは医療性脊椎後弯症のため入院、手術を受けていたが出血量が多く、手術は中断となって入院生活が続き、22日に再手術を受けていたが麻酔の際に不整脈が発生、脳梗塞も併発して危篤状態に陥っていたという。


 ミスター・ポーゴは1972年3月に新日本プロレスでデビューも、山本小鉄に疎まれてすぐ退団、その後海外を渡り歩き、1976年に一時的に国際プロレスに定着、1986年からはケンドー・ナガサキとのタッグで新日本に参戦、IWGPタッグ王座に挑戦、、途中からは若松市政をマネージャーに従えていたが、長州の提唱した世代闘争が起きてからは主軸から外れ、ナガサキや若松と共にフェードアウトしてからはプエルトリコを主戦場にしたが、プエルトリコマットの不振もあって帰国、地元のプラスチック成形工場で働いていた。


 マット界から失業していたポーゴを大仁田が目をつけFMWに誘い、ヒール軍団のトップとなって大仁田と血で血を争う抗争を展開、今思えば敵役とはいえ遅咲きのブレイクだった。ポーゴはFMW離脱しW☆INGに参加し松永光弘相手にファイヤーデスマッチで対戦、この頃はベビーフェースとして活躍していたが、93年からはFMWに戻りヒールとして大仁田とのを再開、火炎噴射や鎖鎌を使って大仁田を苦しめ、様々なデスマッチで対戦した。


 大仁田が2回目の引退後もしばらくはFMWに定着したものの、大仁田のいないFMWは肌に合わず、しばらくして離脱、大日本プロレスに参戦して松永との抗争を再開、初代BJWデスマッチヘビー級王者となって大日本デスマッチ路線の礎を築いた。


 その後地域密着型プロレスWWSを旗揚げ、地元の伊勢崎を中心に活動していたが、近年は体調不良が目立つようになっていたが、現役はあくまで続けていた。


 自分も新日本参戦時からポーゴを見てきたが、一番輝いていたのは大仁田体制のFMW時代、大仁田との戦いがあったからこそ今日のポーゴがあった、大仁田にとってのポーゴは敵対しながらも腐れ縁のような関係、またポーゴにも同じことが言える。タイガーマスクがダイナマイト・キッドが最大の敵役だったように、大仁田にとってポーゴは最高の敵役だった。


ご冥福をお祈りします



Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ