伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

ブログランキング

RSS

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

覚醒したオスプレイが田口を降し「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」を制覇!

6月7日 新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」宮城・仙台サンプラザホール  2,167人 超満員


<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○ジェイ・ホワイト(6分12秒 首固め)×デビット・フィンレー


◇第2試合◇
▼20分1本
○高橋裕二郎 チェーズ・オーエンズ(7分11秒 片エビ固め)ヨシタツ ×キャプテン・ニュージャパン
※マイアミシャイン


◇第3試合◇
▼20分1本
○柴田勝頼 ジュース・ロビンソン(7分50秒 片エビ固め)永田裕志 ×中西学
※PK


◇第4試合◇
▼20分1本
天山広吉 カイル・オライリー ボビー・フィッシュ(8分12秒 片エビ固め)石井智宏 ×ロッキー・ロメロ バレッタ
※チェイジング・ザ・ドラゴン


◇第5試合◇
▼30分1本
KUSHIDA リコシェ マット・ザイダル(8分50秒 片エビ固め)獣神サンダー・ライガー タイガーマスク ×ポラドール・ジュニア
※630°スプラッシュ


(試合終了後にreDRAGONが登場)
フィッシュ「しっかり見させてもらったよ。俺たちはドアが開け放たれていることを望んでる。そして見た限り、ドアは開け放たれているよな。何度かタイトルを手にしてきたけど、いま、俺たちはベルトを失ってしまっている」


オライリー「ロクガツジューキューニチ(6月19日)、オーサカジョーホール、俺たちreDRAGONがIWGP Jr.タッグタイトルにチョーセン(挑戦)する」 


(ロッポンギヴァイスが登場)
ロメロ「チョットマッテクダサイ。センダイ(のみんな)、ロッポンギヴァイスを見たいか? 俺たちは次のチャレンジャーになるために、どのチームでもやっつける。そしてチャンピオンチームも、シバクゾ。それだけじゃない、ナカスゾ、コノヤロー。いまここで見ているセンダイのみんな、(挑戦できるよう後押しを)オネガイシマス」


バレッタ「お前たちは『イエス』と言わなければならないんだ。ここに契約書がある。俺の契約書だけどな。ここには俺とロッキーがタイトルを失ったら、リマッチができる権利があると書いてある。だけどまだ、俺たちはリマッチをやってない」
 
リコシェ「マット・サイダルと俺はそんなこと言われても知らない。それはお前たちの勝手だ。お前たちはこのベルトに興味があるんだろ? だったら、reDRAGONもロッポンギヴァイスもいっぺんに、トリプルスレット(3WAY)タッグマッチで相手してやるよ」


(ロメロ&バレッタがリコシェ&サイダルに襲い掛かり、オライリー&フィッシュも加わって大乱闘になる。  
  しかし、リコシェ&サイダルが場外へ蹴散らし、コーナー最上段からのムーンサルトアタックを同時発射。ロメロ&バレッタとオライリー&フィッシュを退散させた。)


【オライリー&フィッシュの話】
オライリーの話「オーサカジョーホールでの『DOMINION』で、あのIWGPジュニアタッグのタイトルを狙っていく」


フィッシュ「カイル、俺たちは負けたわけじゃないもんな。俺たちは決して、負けてタイトルを失ったわけじゃない。俺たちの腰からベルトが動いていっただけだ。二つの異なる出来事で、今、彼らはベルトを持ってるんだ。だからオーサカジョー(大会)が終わったら、俺たちの元にベルトがあることを、ここでみんなに約束する」 


【ロメロ&バレッタの話】
バレッタ「俺たちは確かに負けてタイトルを奪われたさ。負けてベルトを失ったよ。でもな、だけどな、しかしながらな、リマッチの契約を交わしていたっていう事実があるんだ。(※手にしている書類を示して)ほら、ここに『負けた場合はリマッチを行う』ってあるだろ?」


ロメロ「この契約を反故にするのか?だから、俺たちは次、リマッチを要求する」


バレッタ「ちゃんと契約しているんだから、守ってもらわないとな。アイツらに権利はないんだ。パッと来てベルトを横盗りしやがって」


ロメロ「ウソつきって言われたくなかったら、リマッチを組め。ココにそれを認めている契約書があるんだからな。シバクゾ、ナカスゾ、コノヤロー。ロッポンギ・ヴァイスが次のチャンピオンになるんだ。オーサカでな(※と言ったところで、バレッタがロメロを突き飛ばす)オイ、俺を突き飛ばすな」
 (※バレッタはあきれ顔でロメロの後を追う) 


【リコシェ&サイダルの話】
サイダル「チャンピオンはいつも人気があるもんさ。チャンピオンは試合が終わったからといって、安心していられないんだ。なぜなら、みんながこのベルト狙っているからさ。今、俺とリコシェの手の中にあるベルトをな。みんなこのジュニアという階級のなかで、最高のレスラーになりたいんだ。それは、このベルトを手に入れることで証明できるからね。で、タイトルマッチをやりたいって?チャンピオンシップを組んでくれって?今ここで言っておく。俺は異論ない。できるっていうなら、俺たちからベルトを奪い取ってみろ。リマッチの契約を交わしてるって?負けてベルトを奪われたわけじゃないって?そんなこと別にどうでもいいよ」


リコシェ「リマッチの契約とか、負けてないとか、赤ん坊のようにワーワー泣きわめきやがって。泣いたら、言うことをきいてもらえるとでも思ってるのか?ゴチャゴチャ言ってるけど、要はこのタイトルに興味があるんだろ?欲しいんだろ?だったらオーサカジョーでやってやるよ。面倒くさいからまとめてやってやる、3WAYマッチでね。マット・サイダル&リコシェ、reDRAGON、ロッポンギ・ヴァイスの3チームで。いつかと同じさ。勝てばいいだけのことさ」


サイダル「ベルトが欲しいなら、みんなを叩きのめせばいいだけのことだ。ちょっとのミスも許されないけどね。リコシェは過去に『SUPEr Jr.』を制している。俺たちは2つも3つも勲章を手にしていくんだ。オーサカの『DOMINION』では試合後も、このIWGPジュニアタッグのベルトは俺たちの手に残ってるだけのことさ。チャンピオンで居続けるのは厳しいけど、俺たちはチャンピオンであり続けるさ」


◇第6試合◇
▼30分1本
小島聡 マイケル・エルガン(11分43秒 エビ固め)×ケニー・オメガ バットラック・ファレ
※エルガンボム


(試合終了後。エルガンがオメガを踏みつけて勝ち誇る。そして、ICベルトを掲げる)


ケニー「(※エルガンに向かって)ヘイ、ヘイ、こっちを向け。いい気になるな。お前はただ、俺にとって鬱陶しい存在だってことを証明しただけだ。マイケル・エルガン、お前はインターコンチネンタルに挑戦したいのか? こうなってしまっては、お前の挑戦を避けるわけにはいかないな。マイケル・エルガン、こうなったからにはただじゃ済まさないぞ。この仕返しは必ずする。というわけで、グッバイ、そしてグッナイト」


【ケニーの話】
ケニー「まあ、時には思い通りにいかないこともあるさ。後戻りすることもあるさ。だから約束することによって、マイケル・エルガン、お前が思ってることはだいたいわかる。ただ、たった1度だけの想定外の出来事が起こったんだ。マイケル・エルガン、お前は俺にとって鬱陶しい存在だってことを証明しただけだ。だけど、俺がお前にまたやられるなんて考えられない。お前みたいな、ただのデカイ猿みたいなヤツになんかな。マイケル・エルガン、お前は自分のこと、スーパースターだと思ってるんだろ?マイケル・エルガン、俺に楯突いて生き残れると思ってるのか?」


 (※ここまで言ったところで、エルガンがインタビュースペースに乱入してきて、オメガの肩を抱きかかえて並ぶ)
ケニー「(※エルガンの顔を見てビックリした表情で)セキュリティー!セキュリティーを呼べ!お前は自分のことを特別な存在だと思ってるのか?」


エルガン「みんなが聞いていたぞ。俺は特別さ」


ケニー「オイ、セキュリティーはどこだ!」


エルガン「オメガ!残りの日は少ないんだ。あと少ししかないんだぞ。その腰でベルトの感触をしっかり確かめておくんだな(※と言い残して立ち去る)」


ケニー「なんだ、熊がしゃべってたぞ。マイケル・エルガン、お前を追い払ってやる。ずっと向こうにな。タイトルは渡さない。お前だけを放り出してやる。やっつけて、叩きのめしてからな。ヒーヒー泣くことになっても知らないぞ」


◇第7試合◇
▼30分1本
内藤哲也 SANADA EVIL ○BUSHI(9分38秒 片エビ固め)オカダ・カズチカ 後藤洋央紀 YOSHI-HASHI ×外道
※エムエックス


◇第8試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」優勝決定戦/無制限1本
[Bブロック1位]○ウィル・オスプレイ(22分5秒 片エビ固め)[Aブロック1位]X田口隆祐
※オスカッター
☆オスプレイが「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」優勝


(試合終了後、見事に初出場・初優勝を果たしたオスプレイに、菅林直樹会長が優勝トロフィーを贈呈。するとオスプレイはイギリス国旗を羽織り、トロフィーと一緒に記念撮影に納まった。オスプレイは、テレビ放送席で解説を務めていたKUSHIDAをリングへ呼び入れる。)
オスプレイ「KUSHIDA、俺たちはまた闘わなければならない状況になったね。言いたいことがあるから、リングに上がって来てくれないか?」
 
※KUSHIDAがリングイン
 オスプレイ「KUSHIDA、これで終わりだと思ってるのか? そう思ってるなら、間違いだ。勘違いしないでくれ。僕はKUSHIDAをリスペクトしてる。世界でも最高のレスラーの1人としてね。オカダがなぜ僕をCHAOSに引き入れたのか。その理由はひとつだけだ。キミからIWGP Jr.ヘビー級ベルトを奪って(CHAOSに)手に入れるためさ。ということだから、話は簡単だよね。オスプレイとKUSHIDAのIWGP Jr.ヘビー級タイトルマッチを、もう1回」
 
KUSHIDA「コングラッチュレーション、ウィル・オスプレイ。ユー・アー・チャンピオン、アイム・チャンピオン、どっちが強いか勝負しよう」
 
※KUSHIDAが退場
オスプレイ「100人ほどの僕の友達と家族、そして『NEW JAPAN WORLD』を見ているみんなへ。『サンキュー』なんて言わないよ。アリガトウ」


【オスプレイの話】
(コメントブースでは、オカダ、後藤、YOSHI-HASHI、外道が拍手で、オスプレイを迎え、各選手からの祝福のメッセージに、オスプレイは ガッチリ握手で応えていた。)


オスプレイ「(※1人となり、トロフィーを見つめ、時折、涙を浮かべながら)プリンス・デヴィット、イブシ、タグチ、リコシェ、クシダ……彼らが手にしたこのトロフィーを手にできるなんて……僕も彼らスーパースターの仲間入りできたかな?多くの人は、僕が勝つなんて思ってなかっただろうね。でも、みんなに感謝したい。こうやって日本に来てることだけでも信じられないのに、何て言えばいいんだろう……本当に天にも昇る気持ちだ。いままで僕のことをプロレスラーって言ってくれる人はほとんどいなかった。先生と、友達と、ガールフレンドぐらいで。それがこれだけ多くの人に囲まれて、みんなプロレスラーとして応援してくるんだからね。アメリカでもこんなことなかったし。日本のファンのみんなのリアクションには驚かされたよ。興奮して足を踏み鳴らすんだからね。どんなにサンキューって言っても足りないほどだよ。何か聞きたいことはある?」


――おそらく『BEST OF THE SUPER Jr.』史上、最年少優勝になると思います。
オスプレイ「エッ、何て言ったの?最年少?そうなんだ……イギリス人初ってことばっかり頭にあった。それだけでもビックリなのに、最年少だって?たった一晩で、こんなにたくさんの記録を作ったなんて……でも、これで止まってなんかいられない。次は6月19日、『DOMINION』でKUSHIDAともう1回だ。タイトルマッチでね。KUSHIDAも受けてくれるはずだ。僕もこのタイトルを持っていくよ。CHAOSの一員としての誇りもね」


――1年前はどうしてました?
オスプレイ「1年前?みんなで僕の誕生日のお祝いをしてたよ。親戚もみんな集まってね。それに小さな大会で試合をしてた。70人とか、多くても150人ぐらいの会場で。今日(観客)は何人ぐらいいたの?」


――2000人以上です。
オスプレイ「そんなに?そんなにたくさんの人が、ジッと僕の試合を見てくれたんだ。ニュージャパンでの経験は、イギリスでもWWEでもTNAでもできないぐらい刺激的だよ。そのために一生懸命、頑張ってきた。まずはレスラーって見られるように。オカダやビッグ・マイク(マイケル・エルガン)は誰が見たってそう思うだろ?リコシェにしてもそうだよね。でも僕を見てごらん?レスラーに見える?僕のなかではレスラーだって思ってても、みんなはそう思わない。でも、そう見られたいって思ってやってきた。今日、やっとレスラーとして生まれたって感じ。ずっとレスリングをやってきて、やっとね。会場に来てくれたみんな、そして『NEW JAPAN WORLD』で見てくれてたみんなに『ありがとう』って伝えたい」


――イギリスに帰って、誰にどう報告したいですか?
オスプレイ「いの一番に両親に報告するよ。特に父親にはね。1年前、父は心臓発作を起こしたんだ。幸い一命をとり止めたけど、それから仕事ができなくなって。パイプを埋め込む手術をした。いまは元気になったけど、イギリスでの試合を見に来てくれてるんだ。そんな父に、これ(トロフィー)を見せてあげたい。そして僕を応援してくれてる友達にもね。でも一番には両親さ。でも、(トロフィーを)見たらビックリして(また心臓発作を起こして)死んでしまうかもしれないけど(笑)」
 


【オカダの話】「これでボクが、どうしてCHAOSにオスプレイを呼びたかったか、改めてわかってもらったんじゃないかと思います」


【田口の話】「(※床に倒れ込み)ハァハァ、ヤング……ヤングだね。今の自分の力が、ここまで通用するのか、ここまでしか通用しなかったのか……ここまでしか通用しなかったということでしょう。ハァハァ、気力で立ってたけど、リングの上は……気力だけでは補えない。なんっつうか、気力、知力……“精力”ですか?まだまだ三大欲求に、もっと磨きをかけて。特に……“性欲”剛を制す。“性欲”剛を制すで、この次の『SUPER Jr.』まで1年、“性欲”剛も制す。柔をも、剛も制す。そう、“性欲”柔をも、剛を制する。この1年で、どこまで磨きをかけられるか。しかし、オスプレイ、強かった。メスプレイなんて言ってる場合じゃなかった。ふざけて、入浴……入浴じゃない。入場をマジメにした反動で、試合中にちょっとふざけてしまった。あれも敗因かもしれない。しかし、これは私の道ですから。危ぶむ勿れです。この道を行けばどうなるものか……迷わずイケよ、イケば気持ちいさ!ありがとう」


【KUSHIDAの話】「いやぁ、凄い試合でした。ほんとはね、前々から言ってるように、『BEST OF THE SUPER Jr.』っていうのは、このIWGPジュニアヘビー級の次期挑戦者決定戦ではないから。彼もチャンピオンですよ。ほんと凄いと思う。あの場ってのは、やっぱ去年自分が経験して、いろんなもの犠牲にして、いろんな挫折をして、じゃないとね、あそこに辿り着けないし。ましてやね、勝てないから。あの舞台ってのは、ほんとに凄いと思う。で、今年集まったメンバー、ほんとに凄いから。『BEST OF THE SUPER Jr. XXIII』エントリーしたその事実だけでも、ボクとしては誇り高いし、もうチャンピオンでしょ、彼が。ただ、ボクもこのIWGPジュニアヘビー級の防衛戦を重ねてきてるから。このチャンピオンシップに、チャレンジャーはいない。両方ともチャンピオン、どっちが強いか、勝負しよう。Congratulations、ウィル・オスプレイ」


 いよいよ優勝決定戦を迎えた「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」、優勝決定戦に進出したのはオスプレイと地元・仙台出身の田口、田口が優勝となれば2012年以来となる。


 序盤は田口が執拗なヘッドロックで先手を狙うが、オスプレイは合気道のようにリストを奪ったまま倒すなど食い下がり、リーブロックの攻防で田口が場外のオスプレイにヒップフェイントからギタって牽制すれば、オスプレイも逆に田口を追いやり、トペフェイントからギタって牽制、リングに戻っては卍固めで捕らえるなど田口と互角に渡り合う。
 だが田口が脚を奪ってオスプレイがバク宙で着地したところでバランスを崩したのか、オスプレイは左膝を負傷、これを逃さなかった田口はすかさず左膝に低空ドロップキックを放ち、場外戦で床にオスプレイの膝を叩きつけ、リングに戻ってから変型のジャベまで披露してオスプレイの動きを止めにかかる。
 オスプレイは痛めた左膝を気にしながらもハンドスプリングレッグラリアット、ロープ越しのハイキック、トップロープからのフライングフォアアームと流れを変え、レインメーカーポーズからレインメーカーを狙うが、田口はヒップアタックで迎撃してエビ固めからアンクルホールドで捕獲、オスプレイは脱出も田口は旋回式ブルーサンダー、ランニングヒップアタックの連打、場外からドロップキック、スワンダイブ式ミサイルキック、ノータッチトペコン、スリーアミーゴズ、リバースパワースラムからギタってケツイエと攻勢をかける。
 勝負に出た田口はとどんを狙うが、オスプレイはエビ固めで切り返し、再度のとどん狙いもフランケンシュタイナーで切り返すと、田口を場外に追いやってからサスケスペシャル、リングに戻ってからファイヤーバードスプラッシュを投下も、かわされたところでオスプレイは着地するとまた膝を痛めてしまい、すかさず田口は低空ドロップキックを狙うが、オスプレイはフットスタンプで潰す。
 オスプレイも勝負に出てコークスクリューキックを炸裂させ、オスカッターを狙うが、田口はアンクルホールドで切り返すと、脱出したオスプレイはフラムフライ、ネヴィルがかつて使用していたフレーミングスター・プレスと畳み掛け、最後はオスカッターで3カウントを奪い、「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」初出場のオスプレイが初優勝という偉業を達成した。
 
 自分的にはキャリアと地元の利で田口が優勝かと思っていたが、リコシェ戦から自信がついてきたのか、オスプレイは日本に慣れたことで空中戦だけでなくグラウンドの旨さも披露し始め、田口の泥臭い攻めにも耐え切ることが出来た。


 試合後には放送席で優勝決定戦を見守っていたKUSHIDAを挑発しIWGPジュニアヘビー級王座へ挑戦を表明し、KUSHIDAも受諾したが、オスプレイも4月の初挑戦のときはさすがに日本での初戦でいきなりタイトル戦ということで固さがあって、本来の持ち味を発揮できなかったが、日本に慣れ覚醒してしまったことで、KUSHIDAも苦戦は必至というか、一番それを感じているのはKUSHIDA自身なのかもしれない。


 また第6試合ではケニーのラダー攻撃にエルガンが苦しむも、ケニーがロープに立てかけたラダーめがけて片翼の天使を狙うと、脱出したエルガンが逆にラダーめがけてラダー貫通式のエルガンボムで叩きつけてから、最後はエルガンボムで勝利を収め、試合後はエルガンがIWGPインターコンチネンタル王座への挑戦をアピールし、ケニーも改めて受諾する構えを見せた。


 第5試合の6人タッグ戦ではリコシェが630°スプラッシュでポラドールから3カウントを奪った後で、第4試合でロメロから3カウントを奪ったreDRagonがIWGPジュニアタッグ王座に挑戦に名乗りを挙げれば、ロッポンギヴァイスも前王者の権利を行使して挑戦に名乗りを挙げ、リコシェ&サイダルが3WAYで迎え撃つ構えを見せると3チームで乱闘となった。
 
 8日にはおそらく一夜明け会見が開かれ、19日の大阪城ホール大会の全カードが揃う。果たしてどんなカードとなるか・・・

KUSHIDAがBUSHIに逆転負けで脱落!優勝戦は地元出身の田口vs逆転進出のオスプレイ!

6月6日 新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」宮城・仙台サンプラザホール 1178人

<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝4敗=6点]○バレッタ(5分18秒 エビ固め)[3勝4敗=6点]×獣神サンダー・ライガー
※デュードバスター

◇第2試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝3敗=8点]○ボビー・フィッシュ(6分42秒 膝十字固め)[3勝4敗=6点]×タイガーマスク

◇第3試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝4敗=4点]○チェーズ・オーエンズ(  分  秒 後方回転足折りエビ固め)[4勝2敗=8点]リコシェ

◇第4試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝3敗=8点]○ウィル・オスプレイ(8分58秒 片エビ固め)[4勝3敗=8点]×ポラドール・ジュニア
※オスカッター
☆オスプレイが優勝決定戦に進出。(オスプレイ、ボラドール、リコシェが8点で並ぶが、直接対決で勝利しているため)

【オスプレイの話】「(※笑顔でインタビュースペースにやって来る)やったぞ。『SUPER Jr.』が始まって、初日、俺は負けて0点だった。2日目も0点、3日目も0点だった。ダメだと思ったけど、ここまでたどり着いた。これは英国人レスラーで最初の快挙だ。決勝に進んだんだからな。でも、これで満足してなんかいない。あと一つ。明日は夜、遂に俺の夢が叶うんだ。そのためには痛めた足のことなど言ってられない。英国人レスラーが『BEST OF THE SUPER Jr.』を制するんだ。それはこの“エアリアル・アサシン”ウィル・オスプレイさ」
 
◇第5試合◇
▼30分1本
内藤哲也 ○SANADA EVIL(13分33秒 片エビ固め)オカダ・カズチカ 後藤洋央紀 ×YOSHI-HASHI
※ラウディングボディープレス

◇第6試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝3敗=8点]○ロッキー・ロメロ(16分50秒 片エビ固め)[4勝3敗=8点]×カイル・オライリー
※ノミスギニー

◇第7試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[5勝2敗=10点]○マッド・サイダル(8分59秒 片エビ固め)[1勝6敗=2点]×デビット・フィンレー
※エア・サイダル

◇第8試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[5勝2敗=10点]○田口隆祐(9分46秒 外道クラッチカエシーノ) [1勝6敗=2点]×外道

◇第9試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝3敗=6点]○BUSHI(13分17秒 片エビ固め)[4勝2敗=8点]×KUSHIDA
※エムエックス
☆田口が優勝決定戦に進出。(サイダルと10点で並ぶが、直接対決で勝利しているため)

 (メインイベント終了後、BUSHIがIWGP Jr.ベルトを掲げ、なんと毒霧を噴射! そして、そのベルトをKUSHIDAへ叩きつける)
 
BUSHI「ひとついいか!? 『新日本プロレスのリングにはKUSHIDAがいます』!? なんて言っちゃってるけどさ! そんなのお前だけじゃねぇんだよ!!(※大歓声) このリングには、みんないるんだ。みんな、みんな、『勝ちたい』、そう思ってるんだ。だから、俺はお前に、絶・・・対に! 負けたくないんだ。必ず、お前の持ってるIWGP Jr.、俺が奪ってやるぜ。エンセリオ!! マジで」

【田口の話】
――決勝進出が決定しましたが?
田口「まさか、私のような者が、決勝に駒を進めてしまいまして、申し訳ありません。しかし、地元ですので、予選で負けておけばいいものを、わざわざ決勝に上がって、決勝の目立つ舞台で負けてしまっては、さらに大恥をかいてしまいますので、決勝の舞台で最後一番最後までリングに立っていたいと思います。もう優勝したら、これ以上の喜びはありませんので、何としても故郷に錦を飾ります!」

――決勝の相手は、ウィル・オスプレイ選手ですが?
田口「対戦相手は、オスプレイということで、オスプレイも大逆転の決勝上がって、ほんと新日本に上がってあっという間に、実力があるだけあって、勝ち上がってきましたんで。ずっと相手のブロックの方も研究をしてましたんで、新日本プロレスワールド月額999円で、研究してきましたんで。まぁオスプレイの対策も万全ですので、田口“メスプレイ”で、明日は良い“プレイング”をしたいと思います。最高のプレイを、最高の新日本のマットプレイを、新日本のマットプレイをしたいと思います。マットプレイで頑張ります。大丈夫ですか?使えますか?(笑)。オスプレイ対メスプレイ、期待してください!」

【BUSHIの話】「嬉しいね。嬉しいよ、俺は。例え、どんな結果であろうと、応援してくれたファンのみんながいるんだよ。俺はさ、決勝にいけなくて、とても切ないよ。悔しいよ。でも、KUSHIDAがさ、3年連続決勝夢みてるからさ、どうしても勝ちたかったよね。勝ってアイツが悔しがる姿が見たいよ。アイツが輝けば輝くほど、俺の憎しみ、悔しみの憎悪の炎がメラメラ燃えるんだからさ。今回の『BEST OF THE SUPER Jr.』大きなモノを得たと思ってるよ。現チャンピオン・KUSHIDAに勝ったのはだぁれ?オライリー、ロッキー、俺でしょ?決勝にもいけなかったんだからさ、『挑戦させろ』とは言わないよ。でもさ、KUSHIDA、悔しいだろ?お前はメチャメチャ悔しいはずだよ。だったらさ、いいよ。3WAYでもいいよ、次期挑戦者3WAY。まぁその前に、この『BEST OF THE SUPER Jr. 2016』優勝者と防衛戦があるんだからさ、必ず勝てよ。それが俺からのラブコールだよ。お前が勝って、また更にみんなからキャーキャー言われて、その憎悪、俺の憎しみがどんどん溢れて、次の次期挑戦者、この俺が必ず得て、お前の前にもう1度だけ現れてやるよ。その時が最後だよ。チャンピオンとして、そしてチャレンジャーとして会うのは、シングルマッチ、次が最後だ。必ずひっくり返してやる。まだまだ、俺は終わったわけじゃない。ここから始まるんだよ。ノー、preocupado(プレオクパード)、心配ないよ」
 
【KUSHIDAの話】「(※毒霧で顔面が緑色となり、川人に肩をかり、コメントブースに登場)惨めだよ、惨め。オライリー、ロッキー、この2敗とは全然違うわ。単なる汚点。汚点だよ、汚点。クソッ、なんも見えねぇ。最悪、とにかく最悪…許さねえぞBUSHI!!」


 いよいよA、Bブロック共混戦のまま最終公式戦を迎えてしまった『BEST OF THE SUPER Jr. XXIII』
 
 まずBブロックはライガーvsバレッタからスタート、握手を交わすもバレッタが強襲、ライガーは風車式バックブリーカーから、場外のバレッタにコーナー最上段からのプランチャを敢行、更にリングに戻ってから串刺し掌底からライガーボムと攻勢に出る。
 劣勢のバレッタもジャンピングニーで反撃しトルネードDDTで突き刺すと、雪崩式フランケンシュタイナーを決めるが、ライガーは回転エビ固めで切り返し、バレッタはライガーを場外へ追いやるとトペを敢行、だがリングに戻ってからのダイブはライガーがボディーブローで迎撃するが、パワーボム狙いは脱出したバレッタはデュードバスターを決めて3カウントを奪い、ライガーは4敗目で脱落となる。

 タイガーvsフィッ シュはタイガーからグラウンドを仕掛けるも、フィッシュは胴絞めスリーパーで捕らえ絞めあげる、ソバット合戦から打撃戦となりハイキックが相打ち、しかし蹴り足をキャッチしたフィッシュがドラゴンスクリューから担ぎ上げてコーナーに叩きつけ、エクスプロイダーで投げるも、再び蹴り足をキャッチされたタイガーは延髄斬りを浴びせる。
 タイガーは串刺しハイキックからタイガードライバー、雪崩式ダブルアームスープレックスを決めると、すかさず腕十字で捕獲、しかしタイガーのミドルキックをキャッチしたフィッシュはヒールホールドで捕らえて譲らない。
 フィッシュは側頭部へのミドルキックからファルコンアローを決めると、すかさず膝十字で捕らえタイガーはたまらずギブアップ、 フィッシュは3敗を堅守して、優勝決定戦に望みをつなげる。

 リコシェvsオーエンズはリストロックの攻防でオーエンズがサミング、ナックルと老獪なラフで先手を奪うが、リコシェはヘッドシザースホイップからの空中戦で反撃、だがトペ狙いはセコンドの高橋裕二郎に阻止され、リコシェが反撃を狙っても裕二郎の介入で寸断されてしまう。
 リコシェはノータッチトペコンを裕二郎に浴びせてから、オーエンズにはスワンダイブ式クロスボディーを浴びせ、変型ネックブリーカーからその場飛びシューティングスターで流れを変える。
 リコシェはペナドリラーを狙うが、オーエンズが阻止してプリンスズスロウンを決めると、パッケージドライバーを狙うがリコシェが阻止してドリームキャ ストからキャプチャースープレックス、そしてファイヤーバードスプラッシュを決めるが、レフェリーのカウントを裕二郎が阻止し、オーエンズはバックドロップからイスを持ち出し、リコシェがスーパーキックで阻止してイスを奪う、だがその間にオーエンズがブラスナックルを着用してリコシェを殴打する。
 オーエンズはパッケージドライバーを狙うが、阻止したリコシェはペナドリラー2Pointを決めるもダメージでカバーに入れない。
 打撃戦となるがリコシェはノーザンライトスープレックスから垂直落下式ブレーンバスターの連続技決めると、奥の手である630°スプラッシュ投下するが、オーエンズがかわすとそのまま後方回転足折り固めで丸め込み、リング下の裕二郎も一緒に押さえ込んで3カウン トとなり、リコシェはまさかの敗戦で3敗目となってしまう。

 2敗のポラドールvs3敗のオスプレイはポラドールがティヘラで先制も、オスプレイもポラドールを場外に追いやってからエプロンダッシュのシューティングスターを敢行、リングに戻ったオスプレイは卍固めで捕らえる。
 オスプレイは何度もポラドールをコーナーに叩きつけると、今度はジャベで捕獲、だがハンドスプリングしたところでポラドールがトラースキック、スワンダイブのクロスボディーを浴びせて流れを変え、場外にオスプレイを追いやってからラ・ケブラータを炸裂させる。
 リングに戻ったポラドールはコーナーにオスプレイを叩きつけようとするも、セカンドロープに着地したオスプレイがDDTで突き刺すも、コーナ ーからの攻撃はポラドールが雪崩式フランケンシュタイナーで決め阻止する。
 ポラドールはスパニッシュフライを狙うが、着地したオスプレイがオスカッターで逆転3カウントを奪い、3敗を堅守ながらもリコシェとフィッシュに勝っていることから優勝戦進出を決める。

 Aブロックはオライリーvsロメロからスタート、序盤から打撃戦、ロメロがいきなり飛びつき逆十字を仕掛けてからグラウンドの攻防を展開する。オライリーがロメロの痛めている左肩に照準を定めようとするが、ロメロはオライリーを場外に追いやり、トペと見せかけて牽制するなどオライリーを翻弄する。
 ロメロは滾ってからコーナーに固定しているオライリーにかちあげニーを決めるも、オライリーはロープ越しの腕十字 で反撃、打撃のコンポから膝蹴り、アームブリーカー、バックドロップと攻勢に出る。
 オライリーは左腕攻めを展開してからフロントネックロック、タックルからマウント掌打、腕十字で捕らえロメロを追い詰める。
 オライリーは場外に逃れたロメロにキックの連打も鉄柱に誤爆してしまい、ロメロはエプロンダッシュのランニングニーを浴びせ、オライリーの左肩を何度も鉄柱に打ち付ける。
 ロメロはスワンダイブクロスボディー、ティヘラ、フロムtoフロムコーナーと畳み掛け、左腕へのニーから串刺しラリアットの連打を浴びせる。
 しかしオライリーは至近距離のニーを浴びせると、ロメロのフェイントを呼んでジャガー式バックドロップホールド、ロメロの左肩のテーピングを剥がしてか らアームブリーカー、だが突進したところでロメロはオライリーをコーナーに乗せると雪崩式腕十字で捕らえる。
 ロメロは打撃戦からスライスブレットを狙うが、回転途中でオライリーがストマックブロック、そして垂直落下式ブレーンバスターから腕十字、腕固めへ移行、再度の垂直落下式ブレーンバスター狙いを逃れたロメロは打撃戦を展開、ステップキックでオライリーが競り勝ったに見えたが、膝蹴りを浴びせたロメロがラリアットから、その場飛びスライスブレット、ノミスギニーを浴びせて3カウントを奪い、オライリーはトップから大きく後退、ロメロは優勝戦進出に望みをつなぐ。

 4点のサイダルvs2点のフィンレーはグラウンドでフィンレーがリードを奪い、サイダルのその場飛びムーンサルトを着地したところでドロップキックで迎撃し、またウラカンラナ狙いをマフ ラーホールドで切り返すなどして主導権を渡さない。
 サイダルはエルボースマッシュを繰り出すフィンレーにラリアットを浴びせて、鎌固めで捕らえるが、フィンレーもエルボースマッシュで抵抗、だがサイダルもニールキックで黙らせる。
フィンレーはワンハンドバックブリーカーからエルボースマッシュの連打、しかしドロップキックが自爆となると、サイダルはその場飛びムーンサルトを投下、フィンレーもグランロールで丸め込むも、サイダルはヒア・イット・イズ・ドライバーで応戦する。
 サイダルはエアーサイダルを狙うが、追いかけたフィンレーは雪崩式カミカゼを狙うも、サイダルは雪崩式フランケンシュタイナーで落としたところでエアーサイダルを投下、フィンレーがかわしてサイダルが着地すると、フィンレーはぶっこ抜きジャーマンを決める。
 フィンレーは再度ジャーマンを狙うが、サイダルはニーで阻止し、ハイキックを浴びせてからエアーサイダルを投下して3カウント、サイダルは10点目を獲得し、優勝戦進出に大きく前進、この時点でロメロ、オライリー、BUSHIの脱落が確定する。


 8点で地元・仙台出身の田口は2点の外道と対戦、田口は外道のマネをしてか頭巾を被って登場すると、怒った外道が奇襲を仕掛けて試合開始、田口のTシャツを脱がせて首を絞め、場外戦では木槌で殴打するなどラフで先手を奪う。
 リングに戻った外道はコーナーマットを外して矢野通ばりに崇コーナーを作ると、田口を叩きつけ、ネックブリーカーからチンロックと首攻めを展開するが、逆に田口が崇コーナーに外道を叩きつけると、セカンドロープからミサイルヒップ、場外に逃れたところでエプロンダッシュのミサイルヒップを発射、リングに戻ってから腿パットから、サードロープに外道を固定しての乱入ヒップアタック、場外からのジャンピングヒップアタックと猛反撃する。
 田口はスリーアミーゴスを狙うが、外道はクロス・フェース・JADOで切り返すと、田口もアンクルホールドで切り返す、だが外道はエビ固めで切り返し、田口のスワンダイブ狙いをトラースキックで迎撃する。
 外道は側頭部へのトラースキックからレインメーカー式ナックルを狙うも、田口はヒップアタックで迎撃し、掟破りのレインメーカーポーズからレインメーカーを狙うが、外道がナックルで迎撃、田口も延髄斬りで応戦する。
 田口はどどんを狙うが、外道が担ぎ上げて投げるも、田口は顔面への低空ドロップキックからオーマイ・ガ・アンクルで捕獲、そしてとどんを狙うが、外道は急所蹴りからコンプリートショット、外道クラッチの必勝パターンを狙うと、田口は外道クラッチカエシーノで切り返し3カウント、田口が10点目を獲得し公式戦でサイダルに勝利していることから、優勝戦進出に王手をかける。

 メインは8点のKUSHIDAvs6点のBUSHI、公式戦では田口、サイダルに勝っているKUSHIDAにとって優勝戦進出するためには絶対に落とせない試合となった。
 KUSHIDAがリングインするなり、BUSHIがドロップキックで奇襲をかけ、場外に追いやったところでトペを発射、更に会場奥の壁にKUSHIDAを叩きつけ、リングに戻って”ときめきポーズ”を取る。
 試合開始となるが、BUSHIはエプロンへのギロチンDDTで突き刺し、TシャツでKUSHIDAの首を絞め、フロム・トゥ・コーナーを狙うが、かわしたKUSHIDAはロープ越しのハイキックからスワンダイブ式ブレーンチョップと流れを変え、BUSHIの腕にバトンキックを浴びせる。
ここからKUSHIDAは腕攻めを展開して試合の主導権を握るが、串刺し攻撃を迎撃したBUSHIはミサイルキックを発射、だがKUSHIDAは追走式ハンドスプリングニールキックでBUSHIを場外へ落とすとトペ・コンヒーロを炸裂させる。
 リングに戻ったKUSHIDAは腕へのドロップキックからムーンサルトプレスを投下も、BUSHIがかわして、KUSHIDAが着地すると、BUSHIはコードブレーカーを決めるが、KUSHIDAはアームロックで切り返し、アームブリーカーからホバーボードロックを狙う。
 しかしBUSHIは回転途中でKUSHIDAをエプロンへ出すが、KUSHIDAはロープ越しのアームブリーカーからスワンダイブミサイルキックを狙うと、BUSHIはコードブレーカーで迎撃する。
 BUSHIは串刺しダブルニーからネックブリーカー、エルボーの打ち合いもKUSHIDAは左腕へのミドルキックから顔面へのステップキック、BUSHIも張り手からフェイント式ニールキックで応戦する。
 KUSHIDAはオーバーヘッドキックから腕へのバトンキック、ホバーボードロックで捕獲、そして腕十字へと移行するが、BUSHIがレフェリーを巻き込んでから、KUSHIDAの顔面に毒霧を噴射して脱出するとエムエックスを連発し逆転3カウント、KUSHIDAがまさかの敗戦で脱落となり、田口の優勝戦進出が決定となる。
 試合後のBUSHIはKUSHIDAにIWGPジュニアベルトにまで毒霧を浴びせる暴挙を働き、うずくまるKUSHIDAに対してIWGPジュニア王座を奪うことをアピールして大会を締めくくった。

 Aブロックは田口がサイダルを押さえて優勝戦進出を決めたが、Bブロックはオスプレイがまさかの進出、自分はキャリアの浅さで買っていなかったのだが、ポラドール戦ではジャベを披露するなど幅の広さを見せつけた。
 優勝は地元の利を生かした田口か、それとも日本マットに慣れ覚醒しつつあるオスプレイか…

リコシェがポラドールに完敗!最終戦目前でBブロックは大混戦に

6月5日 新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」群馬・ニューサンピア高崎 1408人 超満員


<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○YOSHI-HASHI ロッキー・ロメロ(8分59秒 バタフライロック)田口隆祐 ×ジェイ・ホワイト


◇第2試合◇
▼20分1本
永田裕志 ○天山広吉 中西学 デビット・フィンレー カイル・オライリー(9分40秒 体固め)柴田勝頼 KUSHIDA ジュース・ロビンソン ×キャプテン・ニュージャパン マット・サイダル
※天山プレス


◇第3試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝3敗=6点]○タイガーマスク(12分17秒 リバースダブルアームバー)[2勝4敗=4点]×バレッタ


【タイガーの話】「バレッタとはシングルは初めてかな? タッグでは何度かやったことありますけど。まあ、スニーキーな男だねえ。まあ、たしかにシングルの実力もあるんだろうけど、俺も舐められたもんだなと思いました。まあ、そのぶんキッチリと結果を出せばいいんで。キ○タマ攻撃2回もやられたんで。焦っているのは焦っているんだろうけど。まあ、あと俺は明日、ボビー・フィッシュ戦。落とせないね? やはり、キャリアがなんだろうが、名前がなんだろうが関係ないね。ただ、一つ言えるのは、(混戦すぎて)誰が誰だかわからない。いまはBブロックはどんぐりの背比べ状態。とにかく、明日は勝って、決勝のリングに10年以上ぶりかな? 自分が立ちたいと思います」
 
【バレッタの話】「みんなが俺を悪いヤツだと思ったろ? だけどさ、俺は『SUPER Jr,』で負けが込んでるし、あんなヤツと試合後に握手なんて出来るはずがない。そうだろ? 俺を見損なわないでくれよ。たしかにタイガーマスクはレジェンドだし、俺を倒した。しかし、俺はまだ終わらない。必ず立ち上がってみせるよ」 


◇第4試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝3敗=6点]○ウィル・オスプレイ(8分20秒 片エビ固め)[3勝3敗=6点]×獣神サンダー・ライガー
※オスカッター


【オスプレイの話】「俺はいま、23歳だ。だけど、ライガーはこのジュニアヘビー級というカテゴリーでずっとトップを張っている。それって俺の人生よりも長いってことだよ。信じられないことだ。さらに、ライガーは自分にとって“ヒーロー”でもある選手。ただし、リング上で1vs1で向かい合ったら、倒すまでだ。それを今日ははたすことができた。さあ、あと1試合だ。最後の相手はボラドール・ジュニア。あと1回のチャンス、最後の公式戦、これをシッカリと乗り越えたい。俺は入場のとき、フラッグを持っている。つまり“イギリス”という国のプライドを背負っているんだ。だから俺は簡単に負けられないし、必ず決勝に進出してみせる」


【ライガーの話】「ハァ……。まあ、泣き言を一つ言わせてもらえば、首を狙われたらダメだ。アメリカ遠征で痛めた首のケガのことがあるんでね。ただ、みんな多かれ少なかれ、ケガはあるんで、そこを理由にしたくないし。ただ、最近の若いレスラーってのは、飛び技だけじゃないんだよな。昔は別れていたんだよ。飛び技、パワー系、テクニシャン、ヒール。いま、すべてこなせるヤツばっかなんだよ。どうすりゃいんだ? どう闘えばいいんだ? アレがトップの証なんだろうな? すべてが超一流のモノを使えるんだ。対抗できるわけないじゃないか、俺が!(苦笑)。って、素直に思う。飛び技主体だと思ってたら、リコシェもそうだけどパワー、ハンパないよ、アイツら。テクニックもある。レスリングもできるだろ。最初のレスリングの攻防もあんなにうまく切り返されると思わなかったから、思わず、コーナーに詰めたよ。ヤバいと思って。そのぐらいスゲーぞアレ!どうすりゃいいんだ? なんだってできんだぜ?(笑)。パワーもある、テクニックもある、空間も使えるし。ま、ラフはわかんないけど、できるだろ?(サムライTVのカメラに向かって)視聴者の皆さん、どうすればいいですか? ここまで、ライガー宛てに連絡ください(テロップのありそうな位置を指差して)。よろしくお願いします。手紙来たら、ライガーにもってきてください。ぐらい、見えない!どうやったら、自分が勝てるのか? これを老いとは片付けたくないし。ある意味、挑戦は続くよ、改めての挑戦がね。……ホントに、ここまで手紙ください」


◇第5試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝3敗=6点]○ボビー・フィッシュ(10分36秒 ヒールホールド)[2勝4敗=4点]×チェーズ・オーエンズ


【オーエンズの話】「クソ! ムカつくぜ! 今日は絶対に勝たなきゃいけないシチュエーションだったのに! ……ただ、お前ら、去年のことを覚えているだろ? 俺が、『SUPER Jr.』の最終公式戦でタグチに勝ったことを! リコシェよ、覚悟しておけよ? このBブロック、最後の最後で今年も俺が勝利を上げてやるからな!」


◇第6試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝2敗=8点]○ポラドール・ジュニア(12分3秒 片エビ固め)[4勝2敗=8点]×リコシェ
※ポラドール・スパイラル


【リコシェ&ポラドールの話】
リコシェ「(膝をついて)いや~、わかってる。わかってるよ。この試合、負けちゃいけない試合だったってことは。ただ、う~ん……。何も言葉が出てこないね」


※ここへボラドールが登場。二人で健闘をたたえ合う。
ボラドール「グラシアス。これがルチャだ」


リコシェ「今日はやられたよ。君のルチャは最高だ。いまはマット・サイダルと組んでいるが、君ともタッグを組みたいぐらいだよ」


ボラドール「リコシェ、いつでもオーケーだよ。グラシアス」


※リコシェが控室へ。


ボラドール「今日はルチャリブレの誇りを持ってシッカリと闘った。公式戦はあと1試合。『SUPER Jr.』最後まで優勝をあきらめていない。そして優勝して、アレナメヒコに凱旋してみせる!」


◇第7試合◇
▼30分1本
小島聡 ○マイケル・エルガン ヨシタツ(9分16秒 エビ固め)ケニー・オメガ バットラック・ファレ ×高橋裕二郎
※エルガンボム


◇第8試合◇
▼30分1本
内藤哲也 ○SANADA EVIL BUSHI(15分59秒 Skull End)オカダ・カズチカ 後藤洋央紀 石井智宏 ×外道


『BEST OF THE SUPER Jr.XXIII』Bブロックも終盤戦、ここまでの経過を振り返ると1敗のリコシェを2敗のライガー、ポラドールが追いかける展開となり、
 
 足へのローリングソバットで先制したタイガーだが、場外へ追いやったバレッタにトペを狙ったところですぐさまリングに戻ったバレッタがラリアットを浴びせ、逆にトペを命中させる。
 バレッタはマウントナックルから場外戦を仕掛け、鉄柱にタイガーをテーピング用テープに固定してマスク剥ぎを狙う、レフェリーに制止されたバレッタはリングに戻ってからもマスクに手をかけ、ネックブリーカーから再度場外戦となり、会場奥のフェンス上でのブレーンバスターを狙うが、阻止したタイガーがフェンス上でのプランチャを炸裂させる。
 リングに戻ったタイガーは串刺しハイキックからバックの奪い合いになって丸め込むも、バレッタもトルネードDDTで応戦しムーンサルトプレスを投下するが自爆となる。
 タイガーは投げ放しタイガースープレックスから側頭部へのミドルキック、だがバレッタも延髄斬りで応戦してランニングニーを放ち、背中へのダイビングフットスタンプからラリアットを狙うが、タイガーはチキンウイングフェースロックで捕獲、しかしレフェリーとタイガーを交錯させたバレッタは急所打ちから丸め込む。
 バレッタはコーナーへ昇るも、追いかけたタイガーは雪崩式ダブルアームスープレックスを決め、タイガードライバーから腕十字、そしてリバースダブルアームバーへと移行してバレッタはギブアップ、タイガーは3敗目を堅守、バレッタは4敗目でリーグ戦から脱落となった。


 2敗のライガーは4敗でリーグ戦から脱落しているオスプレイと対戦。ライガーはリストロックを仕掛けるも、オスプレイはヘッドスプリングで脱出、ライガーは今度はカンバーナを仕掛けて捕獲しカベルナリアへと移行も、また脱出したオスプレイはタックルを仕掛けてポーズをとるも、ライガーもオスプレイを場外へ追いやってからトペフェイント、そしてポーズを取ってオスプレイを威嚇する。
 ライガーはリングに戻ったオスプレイを吊り天井で捕獲するが、突進したところでオスプレイがかわしてライガーを場外へ追いやると、エプロンダッシュのシューティングスターを炸裂させライガーに大ダメージを与える。
 オスプレイはリングに戻ったライガーにエルボースマッシュを連発、更にストレッチ技やエルボーバットでライガーを追い詰める。
 劣勢のライガーは風車式バックブリーカーを決めると、串刺し掌底から本家ライガーボムを決め、本家雪崩式フランケンシュタイナーと畳み掛けるが、掌底狙いはオスプレイがキャッチして
 オスプレイは630°スプラッシュを投下するが、ライガーがかわして着地してスワンダイブ式フォアアームを決めるも、シューティングスタープレスはライガーが剣山で迎撃、しかし垂直落下式ブレーンバスターをオスプレイが着地すると、コークスクリューキックからオスカッターを決め3カウントを奪い、ライガーは3敗目で脱落となってしまう。


 3敗同士のフィッシュvsオーエンズは、フィッシュがリーブロックからミドルキック、首相撲からの膝蹴り、ロープ越しのアトミコと先手を奪うが、オーエンズは頭を掴んで倒すも、一瞬の隙を突いたフィッシュは膝十字で捕らえ、コーナーに押し込んでミドルキックを連発する。
 オーエンズはフィッシュの突進をかわしてショルダー式レッグブリーカーで反撃、ここからエプロンでの攻撃や鉄柱を利用した足四の字と徹底した膝攻めでフィッシュの動きを止めにかかる。
 劣勢のフィッシュはカウンターのフロントハイキック、コーナーへのエクスプロイダーで流れを変え、首相撲からの膝蹴り、バックドロップで攻め立てるも、オーエンズも丸め込んでからのトラースキックと譲らない。
 オーエンズはパッケージドライバーを狙うが、フィッシュはリバースも、オーエンズは案ハンドバックブリーカー、エルボーの競り合いはフィッシュが制するも、オーエンズは足元をすくってクランチループで捕獲してフィッシュを追い詰める。
 フィッシュは打撃のコンポで流れを変え、フィッシュフックを炸裂させるとファルコンアロー狙いはオーエンズが阻止しプリンズズスロウンはフィッシュが着地、オーエンズは逆さ押さえ込みを仕掛けるが、フィッシュはヒールホールドで切り返してオーエンズはたまらずギブアップ、オーエンズは4敗目で脱落となる。


 1敗単独トップのリコシェはただ一人2敗となったポラドールと対戦、ポラドールは試合前から早くもマスクを脱ぐ。
 両者は早くもロープワークの攻防から読み合いを展開して館内を沸かせる、リコシェはいきなりナックルを浴びせ、コーナーを使っての619、その場式風車式バックブリーカーと先手を奪う。
 リコシェは足を固めながらのチンロック、ジャベから叩きつける荒技と攻め込むが、ポラドールは鋭いトラースキックで応戦、突進するリコシェをかわして場外に追いやってからラ・ケブラータを発射する。
 リコシェは串刺しを狙うポラドールを場外へと追いやると、エプロンダッシュで駆け上がり式ムーンサルトアタックを発射、リングに戻ってからはポラドールがトラースキックからバッククラッカーを決め、ゴリースペシャルを狙うも、リコシェはフランケンシュタイナーで切り返す。
 リコシェはドリームキャストからキャプチャースープレックスホールド、その場飛びシューティングスターと猛ラッシュをかけるが、ペナドリラー狙いはポラドールが回転エビ固めも、リコシェはローリングエルボーからノーザンライトスープレックス、垂直落下式ブレーンバスターの連続技で譲らない。
 リコシェはコーナーへ昇るも、ポラドールが追いかけて雪崩式フランケンシュタイナーを決めるが、リコシェは着地してドリームキャスト、だがポラドールもカサドーラで丸め込む。
 リコシェは串刺し攻撃の連発も、ポラドールがポラドールスパイラル(トルネードリバースフランケンシュタイナー)で切り返して3カウントを奪い、リコシェは2敗目でポラドールと並んだ。


 これでBブロックはリコシェが敗れたことで3敗のライガー、タイガー、フィッシュ、オスプレイにまで優勝戦進出の可能性が浮上するなど大混戦となった。
 ライガーは6日仙台での相手はバレッタ、タイガーはフィッシュ、リコシェはオーエンズ、ポラドールはオーエンズとなるが、ライガーはタイガー、フィッシュには勝っているもののリコシェ、オスプレイ、ポラドールに敗れていることから一番条件が悪い。


 『BEST OF THE SUPER Jr.XXIII』はA、Bブロック共混戦となったまま、6日仙台大会を迎える・・・

棚橋が大阪城大会を無念の欠場・・・Aブロックは4強が揃って最終戦へ

6月3日 新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」東京・後楽園ホール 1502人 満員

<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼20分1本
石井智宏 ○バレッタ ウィル・オスプレイ(9分48秒 エビ固め)天山広吉 リコシェ ボラドール・ジュニア


◇第2試合◇
▼20分1本
○永田裕志 中西学 獣神サンダー・ライガー タイガーマスク(8分45秒 バックドロップ・ホールド)柴田勝頼 ジュース・ロビンソン ×ジェイ・ホワイト ボビー・フィッシュ


◇第3試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝2敗=8点]○カイル・オライリー(9分58秒 三角絞め)[1勝5敗=2点]×デビット・フィンレー


【オライリーの話】「今日は最低限の仕事をした。つまり、勝利ってこと。この『BEST OF THE SUPER Jr.』、残りの試合もすべて俺が勝って、トーナメントを制してやる。フィンレーについては、父親もとても良いレスラーだった。フィンレーは今日、非常に良い試合をしたと思う。俺を追いつめる場面も多々あった。でも、まだ俺の方が上。俺には及ばない。ただ、良い選手だとは思う」 


【フィンレーの話】「(※川人に肩をかり、コメントブースに登場すると、椅子に倒れ込む)カイル・オライリーは、去年の『BEST OF THE SUPER Jr.』ファイナリストだった。そして、今年は優勝候補だと思う。だが、一つ言えることがある。カイルに、『SUPER Jr.の闘いの中で、誰が一番苦戦したか?』って聞いたら、『デビッド・フィンレーだ』と言うだろう。みんなは俺の事を弱いと思ってると思うが、それが一番危険だ。その油断が命取りだ。これから、俺の時代が必ず来る」


◇第4試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝3敗=6点]○ロッキー・ロメロ(8分33秒 片エビ固め)[1勝5敗=2点]×外道
※ノミスギニー


◇休憩明け◇
(棚橋弘至が登場)
棚橋「(※大『棚橋』コール)昨日の診断で、全治2か月。左腕に、力が入らなくて、大阪大会を欠場することになりました。ホントに申し訳なく思います(※大拍手)。1日も早くまたこのリングで試合できるように、全力で治療して、完璧に治して帰って来ます(※大拍手&『エール』コール) 


(ここで、第5試合に出場するオメガたちBULLET CLUBメンバーが登場。オメガが棚橋と対峙し)


ケニー「重要な問題が今起きている。俺は日本語がわからない。だが、お前が言ったこと、それはファンに謝罪をしているのか?それは違うだろ。その前に、俺に謝罪はないのか?お前は、AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ドク・ギャローズなどが離脱した時、『俺がいるから、新日本プロレスは大丈夫だ!』と言ったのは、お前じゃないか」


 
 すると棚橋がマイクを奪い、
棚橋「シャラーーップ!! シャラーーーップ!! お前が言うなよ!」
 
ケニー「俺がシャラップ!? ハハハハ。ノー。タナハシサン、ユー、シャラップ」(などと反撃し、いきなり棚橋を暴行。だが、小島&エルガン&ヨシタツ&キャプテンがリングへ駆け込み、棚橋を救出。エルガンがオメガへノータッチトペコンヒーロを見舞い、そのまま第5試合開始のゴングが鳴った。)


【棚橋の話】
――苦渋の決断を発表された形になりましたが?
 棚橋「ほんとに残念ですね。タイトルマッチが決まってて、それで欠場っていうのは初めての経験だし。ただ、その怪我の具合が、(※左腕を指さし)ここに腱があるんすけど、二頭筋腱っていう。これがほんのちょっとしか残ってなくて、それが痛みの原因で。右は力が入るんすけど、左は全然力が入らなくて。トレーナーの先生も、あのままやってたら、もっと切れてたって。まぁ早く治して、ケニーにリベンジするしかないですね」


――棚橋選手が欠場されるぐらいなので、戻れるかなとファンも心配だと思いますが?
 棚橋「そうですね。よっぽどのことじゃ欠場しない……今までもそうだったんで。まぁそういうことですね」


――先ほどリング上で、ケニー選手が負傷してる腕を攻撃してきましたが、それだけ棚橋選手を強く意識してることを感じますが?
 棚橋「まぁボクができることは、今怪我を治すことだけなので、集中します」


――『G1 CLIMAX』での復帰を目標とおっしゃってましたが?
 棚橋「そうですね。それもギリギリなんですけども、まぁ人よりも回復力が早いので、何とかします」


――ご自身がタイトルマッチできなくなった、このインターコンチに関して、代わりの選手など含めて、思うことはありますか?
 棚橋「うーん、そうですね。ファンの方のために、タイトルマッチ自体がなくなってしまうのは、残念なので、誰か名乗りをあげてほしいね」


――ファンは、また日が昇ることを期待してると思いますが?
 棚橋「はい。また昇りますよ。このままじゃ終われないです


◇第5試合◇
▼30分1本
小島聡 ○マイケル・エルガン ヨシタツ(6分26秒 エビ固め)ケニー・オメガ バットラック・ファレ 高橋裕二郎 ×チューズ・オーエンズ
※エルガンボム


【エルガンの話】「ケニー・オメガ、お前が言ったこと、すべてを受け止めてやる。そして、すべてを返してやる。アイツは、何度も何度も俺を侮辱して、挑発してきた。だが、次のチャンスを与えてくれれば、必ずケニー・オメガを倒してやる!」


【ヨシタツの話】「オイ、キャプテン!今回ハンターチャンスがきたのは、お前じゃなくて、エルガンだよ」


【キャプテンの話】「何を言ってんだよ。オッ、今日はいっぱい人がいるな。みんな、やるぞ!ハンターチャンス!ハンターチャンス!(※ハンターチャンスと叫びながら、そのまま控室に戻っていった)」


 【小島の話】「タナの姿が見られて、たぶんみんな安心してると思います。怪我は大変だけど、必ずまた這い上がってくれると思ってるんでね、やっぱその時に自分たちが、迎い入れられるだけの体制をちゃんと持って、私もそれまでに鍛えておきたいと思います」
 
【ケニーの話】「エルガンにチャレンジされた……俺は誰のチャレンジでも受けるつもりだった、エルガン以外。アイツは俺にあんなに負けているのに、チャレンジする資格がないだろう。エルガンがもっと強くなっているなら、俺は受けてやるよ。自然の中でするのはキャンプするのは気持ちいいだろ?だけど、1つ、その気分を台無しにするものがある。それは、虫。モスキート。蚊だ。エルガン、オマエはただのモスキートだ。モスキートは、人間を殺すことはできないけれど、刺されたら、かゆくて、面倒臭くて、我慢できない。オマエは、俺にとってそういう存在だ。モスキートだ。危なくはないけれど、面倒臭い。オマエみたいなヤツが、俺に2回もチャレンジするなんて信じられない。エルガン、前の試合の映像をもう1回見てみろよ?オマエは、俺にただ負けただけじゃなくて、完敗だった。それはお客さんも分かってる。1ミリも勝つ要素が無かった。しかも、オマエと闘うのが、ラダーマッチだなんて。ラダーマッチは俺の得意分野なのに、そこでオマエがチャレンジするなんて、もっと無理だ。オマエは俺に何もできない。グッバイ、グッナイ」


◇第6試合◇
▼30分1本
内藤哲也 ○SANADA EVIL(13分14秒 レフェリーストップ)オカダ・カズチカ 後藤洋央紀 ×YOSHI-HASHI
※Skull End


◇第7試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝3敗=6点]○BUSHI(10分19秒 片エビ固め)[4勝2敗=8点]×田口隆祐
※エムエックス


【BUSHIの話】「さぁ、どうなるよ?この後のKUSHIDA vsサイダル。メインの結果によっては、変わってくるんじゃないのか?これで、最終戦、仙台。仙台だよ、仙台。仙台が、俺の思い通りの結果であれば、並ぶんじゃないのか?数人、並んで、まだまださらに、決勝に上がれる。必ず這い上がるぜ。俺の敗者復活戦は始まったばかりだからさ。Enserio、マジで」
 
【田口の話】
田口「ハァハァ、セイシをかけるだけで十分だよ、リングでは。セイシをかけるだけで、充分だろ?なんだよ、こんなの顔にかけやがって。こんなもん、顔にかけるために試合してるんじゃねぇんだ。初めから、顔にかけるつもりか?そういうつもりか?顔にかけられる気持ちも考えてほしいもんだ。屈辱的だ、顔にかけられるなんて。こんな顔にいっぱいかけれらるなんて。クッソ、瞬間的に何か見えなくなって。なんか酸っぱいの入ってるのかな?酸味が、酸が入ってるのかわからないな。酸っぱいよ。酸っぱいの顔にかけられた。瞬間的に目が見えなくなって、その隙にやられちゃった、クッソ。しかし、セイシだけ十分だろ、リングにかけるのは。セイシだけで十分なんだよ、生き死にだけで。レフェリーも、『抗議するのが遅い』って言ったんでね。しょうがないよ、終わってしまったから。外道、最後」


――最後の外道戦、田口選手が制した姿を待ってるファンもいると思いますが?
 田口「そうっすね。セイシをかけて闘い、試合をセイシて。決勝進出を制止されないように、相手を制して、セイシをかけて。セイシはね、リングにかける。顔にかけるもんじゃない。毒霧もそう。とにかく、セイシをかけてるのに、顔にかけるなど、BUSHIだろ?武士道に反するだろ。以上です」


◇第8試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝2敗=8点]○KUSHIDA(15分59秒 ホバーボードロック)[4勝2敗=8点]×マッド・サイダル


(試合終了後)
KUSHIDA「マット・サイダル、ありがとう。お前は一言言いたいことがあるんじゃないか?」


サイダル「コウラクエンホールのファン、そしてKUSHIDA、お前らはほんとに最高だ。このマット・サイダルのポテンシャルを引き出してくれるのは、お前たちがいるからだ。この『BEST OF THE SUPER Jr.』に、俺は優勝できるかわかないけども、少なくとも、ベルトに挑戦する資格はあるんじゃないか?だから、ベルトに挑戦するチャンスをくれ」


KUSHIDA、「棚橋さんが欠場するって聞きました。でも、全然大丈夫。新日本プロレスには、『BEST OF THE SUPER Jr.』がある。ジュニアがある。そして、KUSHIDAがここにいます。仙台で必ず2連覇して、また後楽園に戻ってきたいと思います。また会いましょう。ありがとうございました」


【KUSHIDAの話】
KUSHIDA「やっぱり1つは、マット・サイダルと闘えて、凄く光栄。試合後、マイクを握ってる姿なんか見ると、アレックス・シェリーそっくりで、間違えちゃうかなとも思っちゃうけど、アメリカでは超大物っすからね。最大限のリスペクトを込めて、闘いました」


――ファンもタイトルを懸けての再戦に期待していると思いますが?


KUSHIDA「もうそれは、望むところですね。KUSHIDAの売名行為と受け取ってもらっても構わないですよ。このベルトを世界で広めるためには、マット・サイダルの、何万フォロワーいるのかな?そういうところ、私は貪欲ですから。あとは、BUSHIですね。ちょっと出足つまずいて、成績は振るわなかったけど、内容はタイトルマッチ級の、誰にも文句言わせない、それだけのものを残してきた自負があるんで。闘う前からBUSHIには言っておきますよ。中途半端な手使ったら、本当に、タダじゃ済ませないぞ」


――ベルトを持ちながら、リーグ戦優勝というのは厳しい道だと思いますが?
KUSHIDA「思った以上にキツいですね。やっぱりタイトルマッチ、ここで実績残せばタイトルマッチに進めるっていう、対戦相手の意図をビンビン感じてきましたね。ただ、リングでも言った通り、棚橋さんが欠場。控室でしっかり聞いてました。揺るがないです、新日本プロレス。全部とはいかなかったかもしれないですけど、2つ、3つかな?しっかりメインイベント、ジュニアが張って、観客動員数も会社的に文句ないでしょ?大丈夫です。KUSHIDAにお任せくださいと、胸を張って言いたいですね。新日本プロレスには、ジュニアがいるんだ。『BEST OF THE SUPER Jr.』があるんだ。新日本プロレスにはKUSHIDAがいる。それだけで充分でしょ?あと、もう1つ。必ず、仙台、BUSHI、全然油断してないですよ。公式戦最終戦は何かあるって、しっかり肝に銘じて、大会前のインタビュー、金沢さんにも、オフィシャルのインタビューでも、散々言われましたから。『公式戦最終日は何かある』って。何も、何もというか、KUSHIDAが3年連続、決勝に上がります。以上です」
 


【サイダルの話】「今日の試合は負けてしまったが、ベストを尽くした。良い試合ができたと思う。今日に関しては、KUSHIDAがベストだ。ベストな俺を倒したからだ。でも、『BEST OF THE SUPER Jr.』、諦めたわけではない。まだ試合は残っている。最後に勝って、『SUPER Jr.』を制するのは俺だ。Bブロックには、オスプレイ、そして、ベストフレンドのリコシェもいる。必ず決勝まで進んで、『SUPER Jr.』を制する。今日は確かに負けてしまった。だけど、これで終わったわけじゃない。俺は、リボーン、マット・サイダル。必ず生き返る。(手を顔の前に合わせて)ナマステ」


 本題に入る前に、6月19日大阪城ホール大会での復帰を予定していた棚橋が休憩後に登場、正式に復帰を発表するはずだったが、一転して全治2ヶ月と診断され、ドクターストップがかかり大阪城大会は欠場となった。
棚橋は前日にはマスコミに向けて大阪城大会での復帰をアピールし、大阪城大会のPRにも動いていたことから、復帰のメドが立ったと思われていた、棚橋の左肩はおそらく今までのダメージが蓄積されたものと思われるが、それだけ今までの激闘が半端ではなかったということだと思う。


 そして挨拶中にケニーらBULLET CLUBが現れて棚橋を襲撃すると、ケニーらの対戦相手である小島組も駆けつけて棚橋を救出して、そのまま試合へと突入、試合はエルガンがエルガンボムでオーエンズを降したが、試合後にエルガンがケニーのラダーを持ち出して、リング中央に設置して登り、ケニーを挑発し棚橋の代わりにインターコンチネンタル王座への挑戦を表明した。
 ケニーvsエルガンは4・28博多で対戦し、このときは激戦ながらもケニーが片翼の天使でエルガンを降しインターコンチ王座を防衛したことから事実上の再戦となる。


 新日本大阪城大会は棚橋抜きで行われることが決定となったが、棚橋の欠場は新日本的には手痛い、おそらくG1も出場回避は必至とみなければならない、だが中邑真輔が新日本を去り、棚橋も欠場で、これまで新日本を牽引してきた二人はいなくなってしまった、その状況の中で新日本がオカダと内藤の時代になったのかどうか、大阪城大会は試される大会になると思う。


 本題のスーパージュニア公式戦は6点のオライリーが2点でリーグ戦から脱落しているフィンレーと対戦し、フィンレーはマフラーホールドで先手を狙うも、打撃のコンビネーションから腕攻めでオライリーが主導権を奪い、フィンレーはエルボースマッシュ、フライングフォーアーム、カミカゼで反撃するも、打撃のコンビネーションから低空ニーでフィンレーを黙らせたオライリーがシャープシューターで捕獲する。
 劣勢のフィンレーは膝へのキックからマフラーホールドを決め、オライリーの腕十字狙いを切り返してジャーマンで投げる。
 フィンレーは再びカミカゼを狙うが、背後にまわったオライリーがスリーパーで捕獲、そしてラリアットから垂直落下式ブレーンバスターで突き刺した後、頭へのストンピングから三角絞めで捕獲しフィンレーはギブアップ、オライリーが2敗をキープする。


2敗の田口vs3敗のBUSHIは田口がBUSHIと同じく骸骨マスクで登場し、マスクを脱ぐと唇を緑色に塗りたくって、"ときめき”ポーズでBUSHIを牽制する。
試合開始も田口が押し込んだ際に“ときめき”ポーズで牽制すれば、BUSHIも同じポーズで牽制し、田口が逆ときめきポーズを取るとBUSHIが強襲、田口を場外へ追いやってからトペを発射、リングに戻ってからもBUSHIは突進する田口の股間をトップロープへ叩きつけ、鉄柱を使った電気アンマ攻撃で田口を悶絶させる。
 Tシャツをやっと脱いだBUSHIはTシャツを使ってのチョーク攻撃を敢行、更にアトミックドロップからクロスフェースで田口のスタミナを奪いにかかる。
 劣勢の田口は回転エビ固めを狙うBUSHIの顔面を低空ドロップキックで捕らえ、ヒップアタックで場外に追いやった後でノータッチトペコンを炸裂、リングに戻ったところで田口は尻をBUSHIの顔面に擦り付けてからヒップアタック連射、ランニングヒップアタック連射。そこからリングを降り、場外からドロップキックと攻勢をかけ、スリーアミーゴズも3回目でBUSHIが着地するが、田口はアンクルホールドで捕獲する。
 BUSHIはバサーダから急所蹴りを放つと、ヒップアタックをキャッチしての急所蹴りからBUSHIロールで丸め込むも、フェイント式ニールキックは田口がキャッチしてアンクルホールドで捕獲、だが田口のどどん狙いをBUSHIは回転エビ固めで丸め込み、田口が逆に丸め込んだ
決めたところでBUSHIが毒霧を噴射してからエムエックスで3カウントを奪い、田口は2敗目でリーグ戦から後退してしまう。


 メインは1敗のサイダルが2敗のKUSHIDAと対戦し、サイダルはリバースインディアンデスロックから鎌固めと足攻めを狙うが、KUSHIDAは腕十字で切り返し、ロープを使ったアームブリーカー、鎌固めとグラウンドで主導権を奪い、サイダルもフランケンシュタイナーで流れを変えようとするが、KUSHIDAは逆エビ固めで切り返してからから、しゃちほこ固めへと移行しサイダルの動きを止める。
 劣勢のサイダルはニールキックで反撃し、ローリングソバット、串刺しラリアット、三角飛びジャンピングニーアタックと畳み掛け、KUSHIDAのホバーボードロック狙いも阻止して、ギロチンドロップからその場飛びムーンサルトを投下する。
 だがKUSHIDAはハンドスプリング式ニールキックで反撃してサイダルを場外へ追いやると、コーナー最上段からトペコンヒーロを発射、だがリングに戻ってからの腕へのバトンキックをかわされてしまうと、サイダルはヒア・イット・イズ・ドライバーで返す。
 サイダルは雪崩式フランケンシュタイナーを決めるが、KUSHIDAが回転エビ固めで切り返してマサヒロ・タナカを狙うも、サイダルはかわしてジャンピングニー、KUSHIDAも浴びせ蹴りで応戦も、ハンドスプリングエルボーはサイダルがリバースフランケンで切り返す。
 サイダルはエアーサイダルを狙うが、KUSHIDAがかわすとサイダルは着地、だがKUSHIDAはシェルショックからホバーボードロックで捕らえるが、サイダルが肩関節の柔らかさを生かして脱出しハイキックを浴びせる。
 しかしKUSHIDAが再びホバーボードロックで捕らえると、ポジションを変えて絞り、粘るサイダルからやっとギブアップを奪い2敗を堅守、試合後はサイダルがベルトをかけての再戦を要求してリングを後にして、KUSHIDAは2連覇をアピールして大会を締めくくった。


 BEST OF THE SUPER Jr.XXIII これでAブロックは残り1試合となり、2敗のKUSHIDA、田口、サイダル、オライリーがトップのままで仙台大会を迎えることになった。6日の仙台大会ではKUSHIDAはBUSHI、田口は外道、サイダルはフィンレー、オライリーはロメロと対戦する。田口に勝ったBUSHIは可能性は残ったものの、サイダル、オライリーに敗れ、BUSHIがKUSHIDAに勝ったとしても二人が勝ってしまえば脱落となることから、組み合わせ的にはサイダルが有利か、果たして7日の優勝決定戦には誰が進出するのか?

リコシェがBブロック単独トップで終盤戦へ・・・タイガーを速攻で降したライガーに奇跡が起こるか?

6月2日 新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」愛知・名古屋国際会議場 イベントホール 1450人 満員


<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○YOSHI-HASHI ロッキー・ロメロ(8分8秒 バタフライロック)田口隆祐 デビット・フィンレー


◇第2試合◇
▼20分1本
○柴田勝頼 KUSHIDA ジュース・ロビンソン キャプテン・ニュージャパン マット・サイダル( 11分16秒 体固め)永田裕志 天山広吉 中西学 ×ジェイ・ホワイト カイル・オライリー
※PK


◇第3試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○ボラドール・ジュニア(10分28秒 片エビ固め)[2勝3敗=4点]×チェーズ・オーエンズ
※雪崩式フランケンシュタイナー


【ボラドールJr.の話】「これでまだまだ可能性はある。1対1なら負けない。マスクを取ったらどうなるか、わかったはずだ。俺はCMLLを代表して、ルチャドールを代表して、メキシコを代表して、ここに来てるんだ。必ずや最後まで勝ち残る。俺が優勝しないと思ってるヤツに、まだまだ予想しないことを見せつけてやる」
 
【オーエンズの話】「これで俺をやっつけたと思ってるのか? これで2勝3敗か……。でもまだ2試合残ってる。この2試合に勝てばいいだけだ。確かにこれでさらに大きなプレッシャーが押し寄せてくる。だけど、そんなプレッシャーに押し潰されるわけにはいかない。そのプレッシャーをも味方につけてやる。これはチェーズ・オーエンズがさらに高みに行くために避けられない道なんだ。そのために最高のパフォーマンスを見せつけてやる。こんなプレッシャーなんか跳ね除けて、この『BEST OF THE SUPER Jr.』に優勝する。ボビー・フィッシュ、リコシェ、お前ら2人とも、パッケージパイルドライバーの餌食になるんだ」


◇第4試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○獣神サンダー・ライガー(1分11秒 グラウンドコブラツイスト)[2勝3敗=4点]×タイガーマスク


【ライガーの話】
ライガー「誘い水、しっかりはまったね。いきなりトペきた瞬間に、勝ったなと思いました。へへへへ。もうたぶん、タイガーの性格ならイケイケ、押せ押せで来るとわかってたし、あそこで俺が(リング下に)落とされて、彼が待ってる状態ならグラウンド(の展開)に入ってたと思う。あれで飛んできた時点で、俺の勝ちだ。まあ、そういう感じだよ。俺は『どんな手を使ってでも勝ちにいく』って言ってる。その言葉通りよ。ちゃんとこれで勝ち星先行。3勝2敗。次はオスプレイ。その次、(リーグ戦)最終戦がバレッタ。曲者が続くけど、キッチリ勝って、この2敗を守って、このキャリアで決勝に上がって行ってやるよ。みんなビックリするぞ。へへへ」


 --史上最年長優勝を狙いますか?
ライガー「当たり前だ!」


【タイガーの話】
タイガー「チクショー……。何か(質問は)?」


 --してやられたって感じですか?
タイガー「まさか俺でやってくるとは思わなかったですね。悔しいわ。1勝1敗なんですよね、タイトルマッチでは。で、この名古屋という会場で、断然、俺の方が声援多かったわ。で、これだよ。ほんとに……。『SUPER Jr.』は怖い。俺は今日、ライガーさんとの試合、もっといい攻防というかね、を考えてたんで、自分の中では。まさか、あそこでくるとは思わなかった」


 --そこをつけ込まれた感じ?
タイガー「だから負けちゃったんだよ。悔しいわ。まあ、『SUPER Jr.』は前から言ってる通り、最後に立ってる者が一番なんですよ。今、見てて、どの選手もどんぐりの背比べなんですよ。あいつに勝って、あいつに負けてって。ただ、こういう試合になってしまったのは、ものすごく悔しいですね。ほんとに悔しい。飛ばなきゃよかった」


 --あれは考えてた作戦ですか?
タイガー「まあ、(リング下に)落ちたから。チャンスだと思ったから飛んだ。今日はフェンスもないし、勢いつけてって思ったんだけど、ちょっとロープに(体が)触っちゃったかな。空回りしちゃった……」


◇第5試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝3敗=4点]○ウィル・オスプレイ(11分22秒 片エビ固め)[2勝3敗=4点]×ボビー・フィッシュ
※オスカッター


【オスプレイの話】
オスプレイ「このオフィスでは、タフな試合が続く。どんどんハードになっていく。今日の相手であるボビー・フィッシュも、ベストレスラーの1人。なぜなら彼はROHのTVチャンピオンなんだから。でも、そのチャンピオンに『ワン、ツー、スリー』を聞かせたぞ。俺が彼を打ち負かしたんだ。彼の打撃技は強烈だった。ヒザを何度も攻められて、次第に動きが遅くなっていったのが自分でもわかった。今もダメージが残ってる。だけどリングでは闘い続けないといけない。今夜、ボビー・フィッシュに勝った。また闘いたいほど素晴らしい相手だ。また足を痛めつけられるかもしれない。それでもまた勝ってみせるさ。あと2試合、あと2勝。残りはジューシン・サンダー・ライガーとボラドールJr.。どちらも厳しい相手だ。でも、それはこの舞台にふさわしい相手。彼らをやっつけて、『SUPER Jr.』の勲章をこの手でつかむ」


 --ボビー・フィッシュの印象は?
オスプレイ「リスペクトするに値する素晴らしいレスラーだ。何回もダメだと思った。でもグラウンドでも渡り合えたし、十分対抗できる手ごたえもつかんだ。腕を攻められることも、足を攻められることも、想定していたしね。その通りの試合になった。そのなかでチャンスを見つけてものにできた。確かにラッキーだったかもしれない。だけど、それもまた勝負さ。ただ、ヒザのダメーイが心配だけどね」
 
【フィッシュの話】「この『BEST OF THE SUPER Jr. 23』、テーブルの上で考えた通りにはならない。今夜の試合が終わったけど、何が起こったんだ? 俺は、自分が勝ってここに戻ってくることを頭に描いていた。あいつを倒してな。まあ、まだ2試合残っている。もうこのような結果にはならない。残りのを勝って、『BEST OF THE SUPER Jr.』の栄冠は、必ずやこのボビー・フィッシュが手にする」


◇第6試合◇
▼「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝1敗=8点]○リコシェ(13分13秒 十字架固め)[2勝3敗=4点]×バレッタ


【リコシェの話】「いやあ、参った。でも、勝ちは勝ち、ピンフォールはピンフォールさ。とにかく勝ったのは俺だ。彼が勝ったわけじゃない。これで俺はまた一つ前進した。俺はいつだろうとも、勝つことだけを追い求めてる。それをみんなに分け与えたいと考えてる。トーナメント、『BEST OF THE SUPER Jr.』だけになおさらだ。2016年の『BEST OF THE SUPER Jr.』は俺にとって、また一つ大きな経験を積ませてくれている。そのなかで俺はベストを尽くしている。みんなの声援のためにも、このトーナメントを制するよ。アリガト、ゴサイマシタ」
 
【バレッタの話】「ああ、リコシェに負けて、俺は脱落か? もうチャンスはないのか? いつもいつも、こうなるんだ。違う結果を残したいのに。毎度毎度……。ああ、何も言うことなんてないよ。じゃあ、またな」


◇第7試合◇
▼30分1本
小島聡 ○マイケル・エルガン ヨシタツ(11分21秒 エビ固め)ケニー・オメガ バットラック・ファレ ×高橋裕二郎


◇第8試合◇
▼30分1本
内藤哲也 ○SANADA EVIL BUSHI(16分42秒 skull End)オカダ・カズチカ 後藤洋央紀 石井智宏 ×外道


 いよいよ終盤を迎えた「BEST OF THE SUPER Jr. XXIII、名古屋大会ではBブロック公式戦が行われ、まず4点同士のボラドールとオーエンズが対戦、ボラドールはハンドスプリングやバク宙フェイントで翻弄した後、ティヘラからトペ・スイシーダで先手を奪うが、オーエンズがボラドールの軸足を蹴って転倒させてから反撃し、バックブリーカーから場外ボディースラムなどで腰攻めを展開、更にボラドールのマスクを奪って被りファンのブーイングをあおる。
 試合の主導権を握ったオーエンズはムーンサルトプレスを投下も、ボラドールがかわして自爆となり、オーエンズの顔面にトラースキックを浴びせてマスクを吹き飛ばす。
 しかしバッククラッカーからのスワンダイブ狙いは、オーエンズがジャンピングハイキックで阻止すると、パッケージドライバーで勝負に出るが、ポラドールがエビ固めで切り返すも、ライオンサルトはオーエンズが剣山で迎撃する。
 オーエンズはプリンスズスロウンから変型パッケージドライバーで突き刺し、コーナー最上段へ昇るも、ハイキックで動きを止めたボラドールが雪崩式フランケンシュタイナーで3カウントを奪い逆転勝利、ボラドールは6点目、オーエンズは3敗目を喫する。


 こちらも4点同士のライガーvsタイガーのレジェンド対決は、2連敗で後のないライガーが速攻勝利を狙ってか、いきなり掌底を狙うも、これを読んでいたタイガーはドロップキックで迎撃し場外へライガーを追いやった後、トペ・スイシーダを炸裂させる。
 リングに戻ったタイガーも速攻勝負を狙ってタイガードライバーを決め、ライガーの風車式バックブリーカー狙いも着地してローリングソバットを炸裂させるが、ハイキックをかわしたライガーがグラウンドコブラで丸め込んで3カウントを奪い、速攻勝利でライガーが6点目を獲得、タイガーは3敗目となる。


 2敗のフィッシュvsオスプレイはフィッシュの腕狙いをオスプレイがハンドスプリングで逃れてから、後転を繰り出したフィッシュを前方宙返りで飛び越えてから、ラ・マヒストラル、ヘッドシザースホイップ、変型卍固めと攻め込み、左足を捕らえようとするフィッシュを場外へと追いやり、トペを浴びせる。
 フィッシュも風車式バックブリーカーからムーンサルトプレスを投下するが、オスプレイがかわしたところでフィッシュは着地、場外戦に持ち込んでエクスプロイダーを決めたフィッシュはミドルキック連射、膝蹴り連射、トップロープ越しのローリングセントーン、ブレーンバスターと猛反撃するが、オスプレイもハンドスプリングスピンキックで応戦しスワンダイブフライングフォーアーム、その場飛びトルニージョ、サスケスペシャルトップロープ越えの飛びつきDDTと猛ラッシュをかけリードを許さない。
 エプロンの攻防でオスプレイが競り勝ったかに見えたが、フィッシュは場外からのミドルキックで足を刈ってオスプレイを転倒させると、リングに戻ってからエクスプロイダーでコーナーに直撃させ、オスプレイのレインメーカーをかわしてからファルコンアローを狙うも、オスプレイはスタナーで切り返す。
 フィッシュは後頭部へのローキックからファルコンアローを決めてから雪崩式を狙うが、オスプレイは顔面へのトラースキックで阻止し、フィッシュのドラゴンスクリュー狙いも、その場飛びフットスタンプで踏み潰すと、最後はコークスクリューキックからのオスカッターで3カウントを奪い、フィッシュは3敗目で大きく後退してしまう。


 1敗で単独トップのリコシェは2敗のバレッタと対戦、試合はリコシェがバレッタを場外へ追いやってからハンドスプリング&バク宙でフェイントをかけたつもりが、すぐさまリング内にバレッタが戻ってラリアットを浴びせ、逆にハンドスプリング&バク宙でフェイントで威嚇する。
 これでバレッタがペースを掴んだかに見えたが、リコシェはフロントハイキック、飛びつきDDT、コーナーを利用した619、スワンダイブフライングフォーアームと猛反撃し、バレッタもフットスタンプからスイングDDTを狙うが、回転をこらえたリコシェが変型ノーザンライトスープレックス→ブレーンバスターの連続攻撃、その場飛びシューティングスタープレスとペースを奪ってしまう。
 リコシェはシューティングスタープレスで勝負に出るが、かわしたバレッタがジャンピングニーを浴びせるも、リコシェはバックスライドドライバー、変型みちのくドライバーで突き刺す。
 リコシェは再びコーナーへ昇るが、バレッタは雪崩式ジャーマンを敢行、ところが着地したリコシェはジャンピングスピンキックからペナドリラーを狙うが、阻止したバレッタがリバースデュードバスターを決め、エプロン上でのドラゴンスープレックスでリコシェに大ダメージを与える。
 バレッタは低空ランニングニーを狙うが、かわしたリコシェが十字架固めで丸め込んで3カウントを奪い勝利を収めた。


 
 BEST OF THE SUPER Jr.XXIII そして公式戦は残り2戦となり経過を振り返るとBブロックはリコシェが単独トップとなり、ライガー、ボラドールが追いかける展開となった。リコシェは5日の高崎でボラドールと直接対決が行うが、ライガーはリコシェ、ボラドールとの公式戦は終えているものの敗れているだけに、例えライガーが残り2試合に全部勝ちリコシェvsボラドールの勝者と同点に並んだしても優勝決定戦には進出できないという厳しい状況となった。


 BEST OF THE SUPER Jr.XXIII Aブロックは田口とサイダルがトップでKUSHIDAとオライリーが追いかける展開となるも、4点のBUSHIやロメロにも可能性が残っていることから、まだ予断は許されない。


 果たして7日の仙台で行われる優勝決定戦には誰が進出するのか?

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ