伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
3 5 9
12 16
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

YAMATOが執念の腕十字で清水を降しKING OF GATEを制覇も、鷹木が手荒い祝福で挑戦受諾!

6月12日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2016」福岡・博多スターレーン 1500人超満員札止め

<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第0試合◇
▼5分1本
△エル・リンダマン(5分時間切れ引き分け)△中村風太

◇第1試合◇
▼20分1本
○望月成晃 ドン・フジイ(10分43秒 エビ固め)山村武寛 ×石田凱士
※ハイブリットブラスター

◇第2試合◇
▼20分1本
○斎藤"ジミー"了(8分49秒 片エビ固め)×サイバー・コング
※斎了ロケット

◇第3試合◇
▼20分1本
堀口元気H.A.Gee.Mee!! ○ジミー・神田(5分50秒 エビ固め)Kotoka ×問題龍
※琉’s

◇第4試合◇
▼30分1本
Gamma パンチ富永 ○Eita(12分15秒 Numero Uno)B×Bハルク ×Kzy ヨースケ・サンタマリア

(試合終了後)
CIMA「Eita、見事なジャベやったよ。素晴らしい。オーバージェネレーション結成してもう7カ月経つけど、今までひとつも成績を残してない。キング・オブ・ゲート、1カ月半に渡るリーグ戦やったけど、ほかのブロックはさておき、同じBブロックやったんや。Bブロックで昨日、戸澤陽には負けてしまったけど、Eitaは本戦では戸澤と引き分け、CIMAとススムには勝ってます。Eita、俺はお前より年長者やし、経験もいろいろ積んでるから今このタイミングで言わせてもらうけど、Eita、お前は今ブレイクせなアカンぞ。絶対にお前はステップを駆け上がるためにブレイクせなアカンのや。でもな、そのステップを駆け上がるための最高の舞台がひとつあるんや。8月に新日本プロレス(とNOAH)が主催するスーパーJ‐CUPというシリーズがあるんや。その昔、このCIMAもお前と同世代の時にそのJ-CUPに出たんや。そのJ-CUPに出た先輩から言わせてもらう。ドラゴンゲートの代表として、Eitaどうですか!(大歓声とEitaコールが起こる)」

Eita「CIMAさん、ありがとうございます!! ドラゴンゲートのひと枠、俺がいきます。皆さんどうですか(大歓声)。キング・オブ・ゲートでは結果は負けましたが、でも、このキング・オブ・ゲートで自分は何かをつかんだ気がします。その、勝ってきた成績で、この今までの勢いで、スーパーJ-CUPもバッチリといい結果を残したいと思います。皆さん、応援よろしくお願いします!」

◇第5試合◇
▼30分1本
鷹木信悟 ○土井成樹(14分54秒 V9クラッチ)×ジミー・ススム ジミー・カゲトラ

◇第6試合◇
▼30分1本
CIMA ○ドラゴン・キッド ピーター・カッサ(18分27秒 ウルトラ・ウラカンラナ)吉野正人 戸澤陽 ×T-Hawk

◇第7試合◇
▼「KING OF GATE 2016」優勝決定戦/時間無制限1本
[Aブロック代表]○YAMATO(24分15秒 腕ひしぎ逆十字固め)[Dブロック代表]×ビッグR清水
☆YAMATOがKING OF GATE2016を制覇

(試合終了後)
YAMATO「おい博多、キング・オブ・ゲート決勝トーナメント優勝決定戦はこの俺、YAMATOが勝ったぞ! 清水、お前、なんて強いヤツだよ。お前、聞いたところによると、お前今23歳らしいな。俺は今年で35歳。24歳11カ月でドラゴンゲートでデビューした。俺はお前の年の頃は、まだ入門間もない練習生だった。俺はお前の若さがうらやましい。もうここまできたんだ。俺ら現世代と言われてる6人と、お前もT-Hawkも、そしてEitaもマリアちゃんも入れておこうか。俺ら現世代と何の差もない。これからは切磋琢磨してお互いこのドラゴンゲートのリングを盛り上げていこう」

清水「正直、俺は試合前のインタビューからガチガチで緊張しまくってたよ。まだデビュー3年しか満たないこの俺がこんな大きな舞台で、それもメインで試合するなんて、夢にも思ってなかったからさ。でもYAMATO…いやYAMATOさんと試合できて、俺はひとつ上の段階にステップアップできたと思います。ですから、これからも皆さん、ビッグRを応援よろしくお願いします。そして次回、YAMATOさんとシングルで闘う時は砲丸投げスラムで3カウントを取るのはこの俺、ビッグR清水だ!」

YAMATO「清水、今日の決勝戦、これはウソでもなんでもなく紙一重だったと思ってるよ。今の清水のマイクにちょっとだけ心を動かされた。また次お前とぶつかるのを楽しみにしてるぞ」

(清水はリングを下りて退場。)

YAMATO「あらためまして博多の皆さん、約1カ月半に及ぶドラゴンゲートナンバーワン決定リーグ戦、キング・オブ・ゲート2016は、この俺、YAMATOが制した。これでひとつの頂点は極めた。そしてもう一つの頂点、俺がほしいのは通算4度目の戴冠、ドリームゲートのベルトだ。おいチャンピオン、鷹木信悟! どっかで見てるんだろ!?」

(鷹木登場。)

YAMATO「見ての通り、俺はキング・オブ・ゲート2016、ひとつの頂点を制したぞ。これでお前の持つドリームゲートのベルト、この俺が次の挑戦者に異論はないだろ。おいドリームゲートチャンピオン!」

鷹木「まさか予選リーグでこの俺に負けたYAMATOが優勝するとは思わなかったぜ。今年のキング・オブ・ゲートは個人的には、ザコに散々足を引っ張られて、俺の結果は最悪だったぜ。それで最終的にお前が優勝か。本当最悪だな。それで優勝したからこのベルトに挑戦させろだと? なるほどなるほど。結論から言うぞ、YAMATO。答えはノーだ。(ブーイングに対して)ブーじゃねえよ、当たりめえだろ。1カ月前の予選リーグでシングルマッチして負けてるんだぞ。そんなお前に挑戦する資格があるわけねえだろ。何がキング・オブ・ゲートの覇者だ。キング・オブ・ゲートの覇者なんかよりもドリームゲート王者の方が上だよな!?」

YAMATO「鷹木信悟、リーグ戦っていうのはそういうもんだ。さっきも言ったよな。俺はキング・オブ・ゲート2016の覇者、ひとつの頂点は制した。俺は個人的にそのドリームゲートとキング・オブ・ゲート、俺は同格だと思ってるぞ。もしそのドリームゲートの方が格上だと言うのなら、お前自身がそれを証明してみろ、ドリームゲートチャンピオン、鷹木信悟!」

鷹木「まあ確かに今年のキング・オブ・ゲートは過酷だった。俺は予選で敗退したがな、およそ1カ月半も開催していたから、せっかく俺がベルトを持っているのにまったくもってタイトルマッチはやっていない。だからよ、このキング・オブ・ゲートが終われば、ちゃんとした場所で俺も防衛戦をやろうと考えていた。お前がそこまで言うんだったらひとつ条件を出そう。お前もよ、YAMATO、YAMATOなんてニッポン男児みたいな名前を背負ってんだ。ここは男らしく潔く、俺に挑戦させてください、とみんなが見てる前で土下座しろ。それでどうだ。その条件が飲めるならお前の挑戦受けてやってもいいぜ。やらねえのかよ。やらねえなら俺はもう用はねえぜ。じゃあな、お疲れさん」

YAMATO「待て」

鷹木「じゃあな」

YAMATO「待て! お前にはほとほと呆れる…」

鷹木「おう、いいね(と言ってYAMATOにパンピングボンバー)。バーカ。お前は甘すぎるんだよ。闘いはもう始まってるんだよ。俺はなキング・オブ・ゲートの覇者、誰だろうと次のタイトルマッチはその覇者とやると決めていたんだ。それで相手がYAMATOだったら願ったり叶ったりだ。八木本部長、次のドリームゲート戦はこのクソのYAMATOとやってやるぞ。決めてくれ」

八木本部長が「ドリームゲートチャンピオンとキング・オブ・ゲートの覇者、どっちが本当に強いのか決めてもらおうじゃねえか(7・24神戸ワールドのメインでの開催をアナウンス。)」

鷹木「よーし、よしよし。そういうことだ。おいどうした。何寝てるんだ。いよいよ決着の時だぞ。お前はそれにしても運がいい奴だよな。5月5日の愛知県ではせっかくヴェルセルクを追放したのに、そこにいるクソみたいな仲間に助けられて、それでオマケにクソみたいなKOGもマグレで優勝しちまうんだからよ。だがな、お前の運も今日で尽きるぞ。7月24日の神戸ワールドのリングではもう好き勝手にさせん。いつも通りだ。ワールドのリング上では鷹木信悟の世界、そう、非情なる現実をお見せしよう。いいか、博多のお前らには神戸のことは関係ねえかもしれねえけどよ、また8月にここスターレーンで試合があるんだろ? その時も必ず俺はチャンピオンとして帰ってくるからな。それに俺はこのドリームゲート4度も戴冠しているんだ。ミスタードリームゲート、鷹木信悟の防衛にお前らバカなファンどもも期待しとくんだな」

(優勝セレモニーのあと、あらためてYAMATOはマイクを持つ)
YAMATOは「今日の俺も最高にカッコよかっただろ」


 いよいよ優勝決定戦を迎えた「KING OF GATE 2016」。試合の先手を奪ったのはYAMATO、清水がマッチアップの攻防でショルダータックルで制するも、YAMATOは前日の望月戦で痛めた清水の腕に照準を絞り、キックからグラウンドで右腕攻めを展開、清水も逆水平で反撃を狙うが、右腕のダメージで威力が落ちてしまい、起死回生には至らない。
清水はならばとアバランシュホールドから力技で反撃し、腰に照準を絞って亀有公園前固めで捕らえる。
 YAMATOはドロップキック、ミサイルキックと繰り出すが、清水は倒れず、ダイビングボディーアタックもキャッチされてバックフリップで叩きつけられるが、清水のラリアットをブロックして飛びつき腕十字で捕獲、清水は強引に持ち上げるが、YAMATOはフロントネックロックで捕らえ、チキンウイングアームロックへと移行する。
 ロープに逃れた清水はエルボー合戦でYAMATOからダウンを奪うが、タックル狙いはYAMATOが全知全能のフランケンシュタイナーで切り返そうとするも、清水は踏ん張ってパワーボムで叩きつけ、ライガーボムも決めてYAMATOを追い詰める。
 勝負と見た清水は砲丸投げスラムを狙うが、YAMATOはスリーパーで捕獲、清水はコーナーに上がってからのバックプレスで脱出し、コーナーからのダイビングボディープレス、串刺しプレスと畳み掛けた後で雪崩式ブレーンバスターを狙うが、脱出したYAMATOはパワーボムで叩きつける。
 YAMATOは串刺しドロップキックから垂直落下式ブレーンバスター、延髄斬りの連発からギャラリアを決めるも、清水はクリアするとベイダーアタックからネックハンキングボム、投げ放しジャーマンの連発から砲丸投げスラムを狙う。
 しかしYAMATOは腕十字で切り返すと、そのまま清水の腕が伸び切ってギブアップとなり、YAMATOがKING OF GATEを制覇した。
 試合後はYAMATOが清水の健闘を称え、清水も潔く敗戦を認め、YAMATOはドリームゲート王者の鷹木を呼び出して改めて挑戦を表明すると、鷹木も受諾、挑発するYAMATOにバンピングボンバーを放ち、八木本部長も7月24日に開催される神戸ワールド記念ホール大会でのドリーム選手権開催を発表した。

 リーグ全体の感想は大本命のYAMATOが優勝したものの、準優勝に終わった清水、Bブロック代表進出決定戦に敗れたEitaなど新しい選手が次々と台頭し始めていると改めて感じさせられたが、意外だったのはVerserkからは誰も決勝トーナメントに進出できなかったこと、鷹木はKzyや富永に足元をすくわれ、土井はスタートから躓き、サイバーも早々に脱落するなど、YAMATOが抜けてからユニットとしては強さを感じられなくなってきている。

 そして恒例の7月の神戸ワールド大会で鷹木vsYAMATOのドリーム選手権が決定したが、鷹木は余裕の防衛をアピールしているものの、独走ぶりには翳りが見え始めている、そういった意味ではYAMATOに風が吹き始めているのか…。

 鷹木の独走を阻むのはYAMATOなのか?それとも鷹木が独走を続けるのか?

 また第4試合でKzyをNumero Unoで降したEitaにCIMAが7月20日から開催される「SUPER J-CUP」にDRAGON GATE代表として出場を促す、Eitaも出場することを決意しDRAGON GATE代表として「SUPER J-CUP」に出場することが決定した。

決勝はYAMATOvs清水…KING OF GATE2016を制するのはどっちだ?

6月11日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2016」福岡・博多スターレーン 950人


<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第0試合◇
▼10分1本
サイバー・コング ○問題龍(5分3秒 エビ固め)山村武寛 ×石田凱士
※プロブレム


◇第1試合◇
▼20分1本
CIMA ドラゴン・キッド ○ピーター・カッサ(10分47秒 エビ固め)×堀口元気H.A.Gee.Mee!! 斎藤"ジミー"了 ジミー・神田
※カッサ・トルネード1


◇第2試合◇
▼「KING OF GATE 2016」Bブロック代表者決定戦/時間無制限1本
○戸澤陽(14分44秒 パッケージ・ジャーマンスープレックスホールド)Eita


(第2試合後のリング上。戸澤の勝利後すぐに、公開組み合わせ抽選へ突入。この決勝トーナメントの公開組み合わせ抽選は、八木本部長が手にするボックスに赤、青、2色のボールが2組入っており、同じ色を引き立てた選手同士が対戦する仕組み。その結果、YAMATO対戸澤、望月対清水の組み合わせとなる。)


望月「おいビッグR清水、まあリョーツ時代ならいざ知らず、ビッグR清水とはシングル初対決だな。まあ、お前とはちょっと前まで同じチームにいたとか、そんなことは一切関係ない。出てくる杭は最年長の俺が叩きつぶしてやるからな、覚悟しとけ」


清水「望月さん…いや望月成晃! ディアハーツの時は世話になったかもしれないけどな、今はモンスター・エクスプレスのビッグR清水だ。誰もこの俺が決勝トーナメントに残るなんて思ってもみなかったかもしれねえけど、その空気をこの砲丸投げスラムで、すべてブチ壊してやる。望月成晃! 明日の決勝トーナメントにコマを進めるのはこの俺、そう、ビッグR清水だぁぁぁっ!」


YAMATO「戸澤…いや戸澤さん。俺との試合でアンタは今日2試合目になる。すでにボロボロじゃないですか。そんなんで俺に勝てると思ってるんすか? 俺の目指す場所は優勝のさらにその上にある。容赦はしない。とことんいくんで覚悟しといてください」


戸澤「おいYAMATO…いや小野寺君。とことん来てもらわなきゃ困るんじゃ、コラッ。容赦なんかいらんぞ。俺はな、リーグ戦のBブロック全員の気持ちを背負ってるんや。今闘ったEitaの気持ちやって全部背負ってるんや。俺はBブロック代表としてこのキング・オブ・ゲート、絶対に優勝せなアカンのや。福岡の皆さん! 俺が絶対に優勝します。応援よろしくお願いします!!」


◇第3試合◇
▼20分1本
ドン・フジイ エル・リンダマン(8分56秒 ロコモーション式タイガースープレックスホールド)Gamma パンチ富永


◇第4試合◇
▼30分1本
ジミー・ススム ○ジミー・カゲトラ(13分13秒 影縫)吉野正人 ×T-Hawk


◇第5試合◇
▼30分1本
B×Bハルク Kzy ○ヨースケ・サンタマリア(12分35秒 狙い撃ち)鷹木信悟 土井成樹 ×Kotoka 


◇第7試合◇
▼「KING OF GATE 2016」決勝トーナメント/時間無制限1本
[Dブロック代表]○ビッグR清水(14分25秒 片エビ固め)[Cブロック代表]×望月成晃
※砲丸投げスラム


(試合終了後)
望月「おい清水、今さらよ、俺も感傷に浸るつもりはねえけど、まあな、今の流れはもしかしたら決定戦を勝ち進んだ戸澤、そして公式リーグ戦でメチャメチャ苦労して上がってきたYAMATO、この2人に波がきてるかもしれない。でもな、そういう空気をぶっ壊して、すべてぶっ壊せるのはお前みたいなレスラーだよ。明日どっちが上がってくるかわからねえけど、このまま一気に優勝してやれ」


【望月の話】「うーん、なんなんだろう。最後の体力なのかな。これで何回目の準決勝負けだって話だね。まあどこも痛いところとかさ、ケガしたところはなかったけど、やっぱ最後の踏ん張りがね、清水の方があったのかなと。それだけ。また来年の、優勝じゃなく出場を目指して謙虚にがんばりますよ。また明日」


【清水の話】「準決勝の望月成晃、ハッキリ言って俺の母親と同い年だが、あんなのに俺の右腕、破壊されてたまるか。そして明日の決勝は何が何でもこの俺が砲丸投げスラムで3カウントを取って、2016年キング・オブ・ゲート覇者となってやる! うぉぉぉぉぉぉっ!!!」


◇第8試合◇
▼「KING OF GATE 2016」決勝トーナメント/時間無制限1本
[Aブロック代表]○YAMATO(18分53秒 片エビ固め)[Bブロック代表]×戸澤陽
※ギャラリア


(試合終了後に清水が登場してYAMATOと睨み合いに)
YAMATO「おい博多、この俺、YAMATOがキング・オブ・ゲート2016、決勝までたどり着いたぞ。ビッグR清水、お前とこうやって2人で対峙するのは初めてかもしれないな。俺たちいわゆる現世代の6人、土井、吉野、鷹木信悟、ハルク、戸澤、そしてこの俺。俺たちは事あるごとにリング上でそれぞれの主義主張をぶつけてきた。もっと言えばその上のCIMA、モッチー、フジイも含めてな。お前とこうして対峙するのは初めてだが、明日のキング・オブ・ゲート決勝戦では、お前のプロレスか、そしてこのドラゴンゲートをどこへ導きたいのか、肉体と肉体で語り合おうじゃじぇねえか」


清水「おいYAMATO、流れは完全にお前かもしれない。お客さんもみんなそう思ってるかもしれない。だがな、俺には砲丸投げスラムがあるんだ。明日の決勝戦はお前の技をすべて受け止めて砲丸投げスラムで3カウントを取るのはこの俺、そう、ビッグR清水だ!」


【YAMATOの話】「過酷なこの今年のキング・オブ・ゲート2016、ついに決勝戦までたどり着きました。ボクはこの、Eitaを含めれば、決勝トーナメントに残った5人の中で最低勝ち点、最低得点で上がってきたんで。ボクは一回死んだようなもんでしょ。死んだようなものだからもう怖いものなんかない。ビッグR清水、相手にとって不足はないんでね。アイツはボクのすべてを受け止めて勝つとか言ってたけど、逆だろって言うんだよ。俺に攻撃力なんかねえんだから。俺がアイツのすべてを受け止めて、必ず俺がこのキング・オブ・ゲート2016、優勝します。こうご期待! センキュー!」


【戸澤の話】「いいわけはしたくないですね。ただ自分の実力不足だったということです。でも今年のキング・オブ・ゲートで得たものはすごい自分の経験値になりました。Bブロックで闘った選手全員に感謝したいですね、問題龍以外。特にEitaには感謝したい。2回も当たると思わなかったし、アイツの熱い気持ちもすべて伝わってきたし、たぶん俺の熱い気持ちもアイツに伝わってると思うし。Eitaには感謝したいです。あとYAMATO、容赦なく俺を攻めてくれてありがとうと言いたいですね。まあまだトライアングルのベルトも持ってますし、落ち込んでられないんで、すぐに切り替えて次の目標に向かっていきたいと思います」


 第2試合では同点トップのまま全公式戦を終えた戸澤とEitaによる代表者決定戦が行われ、試合は序盤の打撃戦を戸澤がバイシクルキックで先手を奪うが、ナックルを狙った戸澤の腕をEitaが脇固めで捕らえ、ここから腕攻めでEitaが形成を逆転させる。
 しかしEitaの串刺し攻撃狙いを戸澤が再びバイシクルキックで迎撃すると、場外に逃れたところでミッション・オブ・ポシブルで追撃、リングに戻ってからバイシクルキックを連発するが、Eitaは低空ドロップキックで迎撃する。
 Eitaはその場飛びムーンサルトプレスを投下するが、戸澤が剣山で迎撃すると投げ放しジャーマン、しかし着地したEitaはイダルゴ、エルボー合戦もEitaがジャベで捕らえにかかるが、バックを奪った戸澤がデットリフトジャーマンを決める。
 戸澤はもう一発を狙うが、EitaがNumero Unoで丸め込むも、強引に脱出した戸澤がジャーマンで投げ、ぶっこ抜きジャーマンからパッケージジャーマンで3カウントを奪いBブロック代表となった。


 そして試合終了後に決勝トーナメントの公開抽選が行われ、望月vs清水、YAMATOvs戸澤に決定した。


 トーナメントは望月vs清水の元ディアハーツ対決でスタート、序盤から望月が張り手、清水が逆水平と打撃戦でスタートするが、マッチアップは清水がショルダータックルで競り勝つ。
 エプロンでの攻防となると望月がサッカーボールキックを連発して場外へ追いやるが、トペ・マサアキ狙いは清水が阻止してコーナーへ叩きつけ、ダイビングショルダーから亀有公園固めで捕らえる。
 劣勢の望月はミドルキックを炸裂させると清水は脇腹を押さえだし、串刺し攻撃もかわされると今度は右腕を痛めてしまうと、望月は脇固めやアームブリーカー、キーロックと腕攻めを展開、だが清水は強引に持ち上げて望月をコーナーに設置すると、望月はすかさずミサイルキックを右腕に発射する。
 清水はショルダータックルやジャイアントスイングで流れを変えようとするが、望月は脇固めで捕獲、しかし清水は串刺しスプラッシュで圧殺してからベイダーアタック、バックフリップと攻勢をかける。
 清水はパワーボムを狙うが、リバースした望月は再び打撃戦へと持ち込むも、清水はネックハンキングボムで黙らせてから砲丸投げスラムを狙う。
 望月は清水の右腕を蹴り上げて阻止し、脇固め、ローキックの連打と右腕を攻めてからランニングミドル、顔面蹴りからツイスターで突き刺す。
 望月は三角絞めで捕らえるが、清水は強引に持ち上げて砲丸投げスラムを狙うも、望月は脇固めで切り返してから腕十字、イリュージョン、真最強ハイキックと畳み掛ける。
 しかし清水はラリアットで望月の攻勢を断ち切ると砲丸投げスラムを決め3カウントを奪い、決勝へ進出する。


 YAMATOvs戸澤は戸澤のインターバルを考慮してメインで行われ、YAMATOが低空ドロップキックからドロップキックとの脚攻めで先手を奪い、ドラゴンスクリューを連発するだけでなく、両足にもドラゴンスクリューを決め戸澤の動きを封じにかかる。
 それでも戸澤がYAMATOを場外へ出すとトペ・スイシーダを発射、YAMATOがローキックで戸澤の脚を攻めても、戸澤もセントーンやナックル、膝蹴り、エルボーと譲らない。
 戸澤は串刺しエルボーからブレーンバスターを狙うが、脚に踏ん張りがきかないせいか不発、またバイシクルキックも威力が落ちているせいかキャッチされてドラゴンスクリューを決められるなど苦しい展開となる。
 YAMATOの延髄斬りを凌いだ戸澤はブレーンバスターを決めてコーナーも、YAMATOは下からのドロップキックで動きを止めてから肩に担ぐと、脱出した戸澤はコーナーへのジャーマン、雪崩式ブレーンバスターと反撃する。
 両者ダウンの後で打撃戦、バックドロップ合戦となるが、戸澤は高速ジャーマンからもう一発を狙うも、YAMATOはアンクルホールドで切り返し、デットリフトやパッケージジャーマン狙いもYAMATOはしっかり阻止する。
 YAMATOは垂直落下式ブレーンバスターからギャラリアを狙うが、切り返した戸澤は掟破りのギャラリアを狙う、だがYAMATOはスリーパーで捕獲してからスリーパースープレックスで投げ、起き上がった戸澤も高速ジャーマンで応戦しバイシクルキックを狙って突進、だがキャッチしたYAMATOはギャラリアを連発して3カウントを奪い決勝へ進出した。


 決勝戦のカードはYAMATOvs清水となったが、YAMATOは裏切った鷹木らVerserKに対する恨みもあるが、清水は鷹木だけでなく先輩らをフォールを奪ったのにも係わらず、いまだにドリーム王座への挑戦はない、それを考えると互いに負けられない一戦になるのは必至、果たして初めて総当りリーグ制となった「KING OF GATE 2016」、どちらが制するのか…? 

全公式終了…YAMATO、清水が決勝トーナメントに進出も、Bブロックは同点で進出決定戦へ

6月10日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2016」福岡・北九州市立小倉北体育館 650人

<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第1試合◇
▼20分1本
ドラゴン・キッド ○ピーター・カッサ(9分40秒 片エビ固め)望月成晃 ×ジミー・ススム
※スーパー・ヒューマンハリケーン

◇第2試合◇
▼「KING OF GATE 2016」Aブロック公式戦/20分1本
[2勝2敗1分=5点]○ジミー・神田(9分9秒 キャンディ・マジック)[2勝2敗1分=5点]×Kzy

【神田の話】「かなりやられちゃいましたね。キツかった。このリーグ戦、本当に勝ち星はアレやったけど、自分の中ではようがんばったかなと。最後の最後、攻められて攻められて、もうフジイさんもそう、Kzyもそう。最後キャンディーマジックが決まったんで、これからキャンディーマジックをガンガン使っていきたいと思います」

【Kzyの話】「クソー。絶対に行けると思ったのに。ツメが甘かったというしかないのかもしれない(YAMATO「あまり大一番を経験してないからね。ツメが甘い」)本当にほぼ初めてと言っても過言ではないこのキング・オブ・ゲート出場でツメ跡をもっと残すようにがんばったんですけど、最後の最後にやはり今まで経験してなかった部分も仇が出たんじゃないかなと。やはり最後、KZ timeが決まって少し安どした部分があったというか、これでもう勝ったと自分で勝手に思ってしまったところがあったから最後、ああいう神田選手の執念に負けてしまったんじゃないかなと思います。

(最後YAMATOと争うことになったが)あのリーグ戦のカードは、YAMATOがたぶんもうボクらと一緒にやるっていうことになったときにはもう決まってたんじゃないですかね。だから逆に同じチームになってああやってああいう舞台でYAMATOと久しぶりにシングルマッチができたというのもいい経験になったと思います。

(今日勝てばYAMATO選手ではなく自身が1位通過だったわけだが)まあそこはね、勝負の世界ですから。ボクだってこの舞台で決勝トーナメントに出れるなんてことになればやっぱり大きいチャンスだと思いますから。これはどっちがいこうが、どっちかはしっかりサポートしていこうよと、そういう話ではいたつもりです。

(明日からはYAMATOをサポートする?)そうですね。もう終わってしまって結果も出てしまったんで、今度はYAMATOが優勝できるようにサポートしていきたいなと。ただ最終戦、やっぱYAMATOファンのプレッシャーがすごかったかなと。やっぱりアイツの人気はすごいなとあらためて感じました」

◇第3試合◇
▼「KING OF GATE 2016」Cブロック公式戦/20分1本
[2勝2敗1分=5点]○斎藤"ジミー"了(3分45秒 サイクリング・ヤッホー)[2勝3敗=4点]×Kotoka

◇第4試合◇
▼30分1本
鷹木信悟 ○土井成樹(13分42秒 V9クラッチ)CIMA ×Gamma

◇第5試合◇
▼「KING OF GATE 2016」Bブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗1分=7点]○Eita(2分31秒 飛び付き式回転エビ固め)[5敗=0点]×問題龍

(試合終了後)
戸澤「おいEita、お前が勝ち上がってくるのはだいたい予想できたんや。まあな、明日の博多でお前と決勝トーナメント進出の決定戦をやる。お前とはリーグ戦で引き分けてるからな。遅かれ早かれ、お前とは決着をつけなアカンかった。でもな、俺の目標は決勝トーナメント進出じゃないんや。このキング・オブ・ゲート2016の優勝なんや。お前ごときで俺は止まってられへん。小倉の皆さん、俺は絶対に勝ちます。応援よろしくお願いします」

Eita「おい戸澤、俺の目標も決勝トーナメント進出じゃなくてよ、キング・オブ・ゲート優勝なんだよ。明日の博多は俺が必ず勝ってやるからな。おい戸澤、覚悟しとけよ」

【問題龍の話】「チクショー、ぜってーEitaの決勝進出を阻止してやろうと思ったのによ、やられちまったじゃねえか。キング・オブ・ゲート全敗? まあ俺様はみんなにマークされてるから仕方ねえか。またこのキング・オブ・ゲートの輝かしい歴史の1ページを刻んじまったぜ。じゃあな」

◇第6試合◇
▼「KING OF GATE 2016」Dブロック公式戦/20分1本
[4勝1敗=8点]○ビッグR清水(8分29秒 エビ固め)[2勝3敗=4点]×堀口元気H.A.Gee.Mee!!
※砲丸投げスラム

【堀口の話】「結果は2勝、4点のみということで。僕はキング・オブ・ゲート2012を制覇して、そこまで絶好調で今年も体の調整、整えてきたし、2012年の吉野に勝ったところまでは、ああ2012年もこんな風が吹いてきたなと思ってたんだけども、結果は4点…上出来です!!」

【清水の話】「北海道で1年越しの吉野さん超えはできなかったですけど、Dブロックの代表選手になったからにはやっぱりほかの負けた選手の気持ちも全部自分が背負ってDブロック代表として恥じない試合をしていこうと思います」

◇第7試合◇
▼30分1本
○YAMATO B×Bハルク ヨースケ・サンタマリア(16分24秒 エビ固め)吉野正人 戸澤陽 ×T-Hawk
※全知全能のフランケンシュタイナー

【YAMATOの話】「他力本願とはいえ、決勝トーナメント進出と。今日はさっきKzyと神田の試合に、もちろんKzy側としてセコンドについたけども、心中穏やかざるものがあってですね、Kzyを応援したい気持ち半分、神田を応援したい気持ち半分みたいな、複雑だったんですけども、結果的にKzyが負けて、Kzyの分も、もっと言えば神田の分も、さらに言えばほかのブロックも含めて予選落ちした全員の気持ちというか、ボクが背負ってというか。間違いなく5・5以降に、絶対ボクに流れは、追い風は絶対に吹いていると思うんで、これを無にはできないでしょう。そういう気持ちです。

(メンバーが全員出揃った。BブロックはEitaと戸澤の決定戦の勝者)まあまだ戸澤とEitaが決定戦? モッチーに関しては散々やり合ってきた仲だし、っていうのもあるし、手の内は分かってる。向こうもボクも手の内わかってるだろうしね。それよりもビッグRとか、本当、シングルで当たったことなんてたぶんないんじゃないですかね。リョーツの時もあるかどうかわかんないけども。まあもしこれでEitaがもし仮に上がってきたとしたらEitaともそんなにシングルでやるなんてことはほとんどない。戸澤が上がってきたら、戸澤もボクの、やっぱりお互いに手の内は知ってると思う。なんか全体を通して新しい芽がどんどんリング上を賑やかすようになってきたのかなっていうのはすごく感じます。まあね、モッチーが決勝トーナメントに残ってるのにボクがベテランぶるのもおかしいんでね、まだまだ若いヤツらには負けない気持ちで。

仮にEitaが上がってきたとしたら、モッチーとは別に今さらねえ。まあビッグRだろうが、Eitaだろうが、戸澤だろうが、モッチーだろうが、相手が誰だろうが変わらないですよ、ボクのスタイルは。とにかく明日。決勝に残って。優勝するっていうのが最低目標ですから。そのさらに向こう側に目標があるわけだから。ヘイ、センキュー」


 いよいよラストスパートを迎えた「KING OF GATE 2016」公式戦、Cブロックは8日の佐世保大会でT-HawkがKotokaにまさかの敗戦を喫し6点で全公式戦終了、7点で全公式戦を終えた望月が決勝トーナメント進出1番乗りを果たした。

 AブロックはYAMATOが6点で全公式戦終了し、この時点で鷹木の脱落が決定、だが5点のKzyも神田戦を残しているため、YAMATOの決勝トーナメント進出はKzyvs神田戦待ちになった。

 Bブロックは戸澤が7点で全公式戦を終了したものの、Eitaが5点で問題龍戦を残していることから、Eitaが勝利となっても戸澤とは同点、場合によっては決勝トーナメント出場決定戦になる可能性も出てきた。

 Dブロックは吉野が7点で全公式戦を終えたが、6点の清水が堀口戦を残していることから、こちらも優勝決定トーナメント進出は結 果待ちとなった。

 まずCブロックのKzyvs神田は試合開始からいきなり丸め込み合戦を展開、場外戦を制した神田が攻め込むが、KzyもエルボースマッシュからB-BOYと反撃するも、BEAT-BOMをかわした神田はジョン・ウーを発射して譲らない。
 神田はパワースラムから下剋上エルボーを投下も、かわしたKzyがダイビングボディープレスからKZtime、だがかわした神田はジョン・ウーから琉'sを決めるが、耐えたKzyはスカイデ・スクールボーイで丸め込む。
 カウント2でクリアした神田は裏投げを連発も、エルボー合戦をエルボースマッシュで競り勝ったKzyはBEAT-BOM、スワントーンボム、KZtimeと畳み掛けるが、カバーに入ったところで神田がキャンディマジックで丸め込み3カウント。これでKzyがリーグ戦から脱落し、AブロックはYAMATOが決勝トーナメント進出を決める。

 BブロックのEitavs問題龍は、試合前に高速ネックブリーカーで練習生を制裁した問題龍が奇襲を仕掛け、開始早々から高速ネックブリーカーを連発し、Eitaが反撃するもKotokaがボックスで一撃し主導権を奪えない。
 問題龍は再び高速ネックブリーカーを狙うか、Eitaが回転エビ固めで逆転3カウントを奪い7点で全公式戦を終了、トップの戸澤と並んだため、11日の博多大会で戸澤と決勝トーナメント進出をかけて対戦することになった。

 Dブロックの清水vs堀口は、堀口がドロップキックで奇襲するも、ボディースラム狙いは押し潰されしまい、清水がパワーで圧倒する。
 堀口が場外戦に持ち込んで鉄柱に清水の右腕を打ちつけるも、流れを変えるまでには至らず、三角絞めも清水が持ち上げて叩きつける。
 清水は砲丸投げスラムを狙うと、堀口に髪が宿ってバッグスライド・フロム・ヘブンで丸め込むが、クリアした清水が改めて砲丸投げスラムで3カウントを奪い、モンスターエクスプレスの同門である吉野を差し置いて決勝トーナメント進出を決めた。

 これでリーグ戦は全公式が終了、「KING OF GATE 2016」もいよいよラストスパートの博多2連戦を迎える…

KING OF GATE 2016 佐世保大会公式戦結果

6月8日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2016」長崎・佐世保市体育文化館 623人満員

▼「KING OF GATE 2016」Bブロック公式戦/20分1本
[2勝3敗=4点]○ヨースケ・サンタマリア(10分9秒 狙い撃ち)[2勝1敗1分=5点]×Eita

▼「KING OF GATE 2016」Bブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗1分=7点]○戸澤陽(6分50秒 高速ジャーマンスープレックスホールド)[4敗=0点]×問題龍

▼「KING OF GATE 2016」Cブロック公式戦/20分1本
[2勝2敗=4点]○Kotoka(8分5秒 首固め)[3勝2敗=6点]×T-Hawk
※急所打ちから
☆Cブロックは望月成晃が決勝トーナメントに進出が決定

▼「KING OF GATE 2016」Aブロック公式戦/20分1本
[3勝2敗=6点]○YAMATO(14分26秒 エビ固め)[1勝2敗1分=3点]×ジミー・神田
※全知全能のフランケンシュタイナー

KING OF GATE 2016 岡山大会公式戦結果

6月5日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2016」岡山コンベンションセンター


▼「KING OF GATE 2016」Cブロック公式戦/20分1本
[4勝1敗1分=5点]望月成晃(8分19秒 片エビ固め)[1勝2敗=2点]×Kotoka
※真・最強ハイキック


▼「KING OF GATE 2016」Dブロック公式戦/20分1本
[2勝3敗=4点]土井成樹(9分44秒 片エビ固め)[4敗1分=1点]×エル・リンダマン
※バカタレ・スライディングキック


▼「KING OF GATE 2016」Bブロック公式戦/20分1本
[3勝2敗=6点]○CIMA(0分14秒 片エビ固め)[3敗=0点]×問題龍
※メテオラ


▼「KING OF GATE 2016」Cブロック公式戦/20分1本
[3勝1敗=6点]○T-Hawk(12分35秒 首固め)[1勝4敗=2点]×サイバー・コング

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ