忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

全日本プロレスチケット販売

プロレスリングNOAHチケット販売

ZERO1チケット販売

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
4 7
9 12 13
16 18 22

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

投票ありがとうございました

3月の月間MVP、ベストバウト、ベスト興行&シリーズ賞の投票受付は午前0時をもって終了しました、投票ありがとうございました。


 

投票結果は10日の20時00分にツイッター上で先行発表

当ブログでは10日午後22時00分に発表します。

PR

面白話満載!「UWAI de NIGHT Vol.3」に行ってきました!

UWAI de NIGHT Vol.3 今日は「UWAI de NIGHT Vol.3」に参加するために大阪府茨木市福祉文化会館を訪れたが、19年間大阪に住んでいたが全日本プロレスで観戦した四条畷同様、茨木を訪れるのは初めて、今回も愛車に乗って名阪国道~西名阪道~近畿自動車道と乗り継ぎ、インターを降りてから渋滞に巻き込まれて2時間、やっと会場に到着した。


UWAI de NIGHT Vol.3 2時に開場となったがスクリーンには昨年12月2日に開催された「STORONG STYLE HISTORY~Go For Broke!Forever~」の模様が公開されたが、スクリーンに映し出されたマサ斎藤の姿を見て、改めてマサさんがこんな状態になっていると思っても見なかった。しかし海賊男姿となった武藤敬司のストンピングに耐える姿はまさしくプロレスラーだった、またマサさんは筋力低下を防ぐためにスクワット300回を欠かさず行っているという。


15時に田中秀和リングアナ、上井文彦氏、武藤敬司の順で登場してトークショーを開催するも、武藤は朝出演していた「サタデープラス」では社会の窓を開けたままでTV出演したことと、トークショーまで時間があったことから一杯飲んでしまった状況で望んでいたことを暴露、田中リングアナがMCを務める予定だったが、酔っていたせいか饒舌となっていた武藤がMCとなってしまい仕切ってしまっていた。
UWAI de NIGHT Vol.3 UWAI de NIGHT Vol.3 UWAI de NIGHT Vol.3


トークの内容は3人がなぜ新日本をやめたのか?「STORONG STYLE HISTORY~Go For Broke!Forever~」の裏側で武藤にオファーかけるまでの経緯、長州力がなぜマサさんと和解できないのか、武藤自身が年々足がしんどくなっていることから入場が疲れること、マサさんはラーメンを食べていることを忘れることがある。猪木事務所社長だった倍賞鉄夫氏の容態。橋本真也の選手会費の使い込みだけでなく猪木のカードも使い込んでいた、旅館破壊事件の新しい事実と後日談、ストロング小林さんのホモ疑惑に新たなる疑惑、無我ワールドは藤波辰爾を社長にするつもりはなかった、若手時代の武藤が見た猪木の裏話と、先輩に騙されてアンドレ・ザ・ジャイアントに殴られたこと、アントニオ猪木がIGFに欲しかったのは上井さんだったことなど、プロレス総選挙のネタバレ・・・面白い話が満載だった。上井さんは「猪木は24時間アントニオ猪木である」を力説していたが、猪木は常に見られていることを意識しているのは納得、これは自分の持論でもあるが猪木は引退した現在でもプロレスラーである意識が強いのかもしれない。


トーク終盤にはに上井さんが新日本の独走は面白くない、全日本やNOAH、WRESTE-1が団結して対抗すべきだと武藤に呼びかけ、武藤もレスリングマスターズに誰を呼んで欲しいかリクエストを求め、蝶野正洋やエル・サムライ、スーパー・ストロング・マシンなどが名前に挙がったが蝶野は呼びかけたが断られ、マシンは新日本との話し合いになるため難しく、サムライに関しては連絡がつかなかったため難色を示した。田中リングアナはグレート・ムタの登場だけでなく、ペンティングしたムタをリクエストしたが、これも武藤が難色を示した。UWAI de NIGHT Vol.3
トーク終了後は休憩を挟んでプレゼント抽選会、ファンとの記念撮影で幕となったが、今回のトークショーは有意義であり、充分に楽しめた。また機会があれば参加したい。

悔やむことも人生である…泉田純さんへの手紙


常々こう思うことがある、悔やむことも人生である。


泉田が三宅綾に「(どん底になったお陰で、当たり前の事に“有り難み”を感じる事が出来て)感謝しています」 「相手を憎んで恨んでばかりではダメだと言う事に気付きました」と答えたときは自身のしてきたことに後悔ばかりしてきたんじゃないのかと


怒りや恨みに任せて、また自分の正義だと示そうとして本を出したとしても何が残ったのか、かつての仲間たちを悪くいっても何が残ったのか、金を取り戻そうとして詐欺師を訴えても何が残ったのか、結局何も残らず虚しさだけが残ったのではないだろうか…


しかしすべてを失って気付いたこともあったのではないだろうか、「相手を憎んで恨んでばかりではダメだと言う事に気付きました」は全てを失い、虚しさだけが残ったことでやっと気づいたことだったのではないだろうか…かつての自分も同じようなものだったからわかるような気がしてならない。


自分はこの場で謝罪する
泉田純さん、ごめんなさい


そしてゆっくり休んでください

2016年度伊賀プロレス大賞のお知らせ!

2016年度の伊賀プロレス大賞の詳細と投票受付日が決定しました。


今年もMVP、ベストバウト、ベストシリーズ&興行、ベストタッグ、ベストユニット、ベストジュニアヘビー級、女子プロレスMVP、ベストキャラクターの投票受付します 


今回は期間限定で投票サイトを設けます!


2015年度MVP
鈴木みのる(鈴木軍/パンクラスMISSION)


2015伊賀プロレス大賞ベストバウト
新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 9」1月4日 東京ドーム
▼IWGPインターコンチネンタル選手権試合/60分1本
[第10代王者]○中邑真輔(20分20秒 片エビ固め)[挑戦者]X飯伏幸太
※ボマイェ
☆中邑が2度目の防衛に成功


2015伊賀プロレス大賞ベストシリーズ&興行賞
天龍プロジェクト「~天龍源一郎最終興行~革命終焉Revolution FINAL」11月15日 両国国技館 10552人 超満員札止め


2015伊賀プロレス大賞・最優秀タッグチーム賞
岡林裕二 関本大介(大日本プロレス)


2015伊賀プロレス大賞・最優秀ユニット賞
鈴木軍(鈴木みのる、タイチ、TAKAみちのく、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.、シェルトン・X・ベンジャミン、飯塚高史、エル・デスペラード、杉浦貴)


2015伊賀プロレス大賞・最優秀ジュニアヘビー級賞
タイチ(鈴木軍)


2015伊賀プロレス大賞・最優秀新人賞(デビューから5年以内の選手が対象)
樋口和貞(DDT)


2015伊賀プロレス大賞・女子プロレスMVP
里村明衣子(センダイガールズ)


2015伊賀プロレス大賞・最優秀ベストキャラクター賞
田口隆祐(新日本プロレス)


過去の伊賀プロレス大賞はこちら


投票開始は2016年1月13日の午前0時から~27日の午前0時まで


投票よろしくお願いします

MVPは内藤哲也!2016年度「プロレス大賞」発表!

2016年度の東京スポーツ新聞制定『プロレス大賞』が発表された


【最優秀選手賞(MVP)】内藤哲也


【年間最高試合賞(ベストバウト)】
オカダ・カズチカvs丸藤正道(7月18日、北海道立総合体育センター・北海きたえーる)


【最優秀タッグチーム賞】関本大介&岡林裕二


【殊勲賞】宮原健斗


【敢闘賞】中嶋勝彦


【技能賞】ケニー・オメガ


【新人賞】橋本千紘


【女子プロレス大賞】紫雷イオ


【功労賞】ハヤブサ(江崎英治) 


 MVPは内藤、オカダ、ケニーと今年新日本で活躍した3人がノミネートされ、圧倒的多数で内藤、ベストバウトはマスコミからも最も評価が高かったケニーvs内藤ではなく丸藤vsオカダが選ばれたのは意外、MVPにノミネートされなかった宮原は殊勲賞、敢闘賞は中嶋と柴田の争いになったが中嶋、タッグは関本&岡林がロスインゴを圧倒的に押さえ、女子プロレスはイオ、新人賞はマスコミだけでなくファンからも評価が高かった橋本、功労賞は今年死去したハヤブサと受賞した。


 例年ならなぜ“この選手が受賞されない”というファンからのクレームが多かったが、今年は自分的には妥当、特に宮原に関してはここ数年全日本プロレスがゴタゴタ続きで、選手らが頑張っても誰も受賞されなかったことを考えると、宮原の受賞はやっと全日本プロレスが復権したということなのかもしれない。
 
 また3賞のうち2選手が元DIAMOND RINGの選手で敢闘賞候補にはマサ北宮も入っていたことから、引退直前には元弟子のブログから告発を受けていた佐々木健介だったが、育てた選手たちが全日本、NOAHのトップに立ったことで改めて間違いではなかったことが立証された。授賞式には中嶋と宮原が揃うことになるが、健介にしてみれば愛妻である北斗晶の回復とTV復帰に続いて愛弟子たちの受賞は二重の喜びだと思う。


 来年もあと半月、これは告知になりますが年明けには2016年度伊賀プロレス大賞の投票受付を開始します。詳細は後日!お楽しみに!

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ