忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

途中リタイアから1年…曙が諏訪魔を降し春の祭典を制する!

4月25日 全日本プロレス「2015チャンピオンカーニバル」後楽園ホール 1401人 満員

<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第0試合◇
▼20分1本勝負
○野村直矢(7分1秒 逆エビ固め)×青柳優馬

◇第1試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 30分1本
[3勝1敗1分=7点]○潮崎豪(14分33秒 片エビ固め)[1勝4敗=2点]×吉江豊
※豪腕ラリアット

◇第2試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦 30分1本
[3勝1敗1分=7点] ○宮原健斗(10分2秒 片エビ固め)[3勝1敗=6点]× 秋山準
※ブレイクハート

◇第3試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 30分1本
[3勝1分1両リン=7点] ○諏訪魔(10分30秒 体固め)[3勝1敗=6点] ×大森隆男
※ラストライド

◇第4試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦/30分1本
[4勝1敗=8点]○曙(4分13秒 体固め)[3勝1敗=6点]×ジョー・ドーリング
※ヨコヅナインパクト

◇第5試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック優勝決定戦進出者決定戦/無制限1本
[Aブロック1位]○諏訪魔(5分35秒 レフェリーストップ)[Aブロック1位]X潮崎豪
※万力スリーパー

◇第6試合◇
▼タッグマッチ 30分1本
真霜拳號 ○ゼウス(15分27秒 片エビ固め)×KENSO ボディガー
※ジャックハマー

◇第7試合◇
▼10人タッグマッチ 60分1本
青木篤志 渕正信 佐藤光留 入江茂弘 石井慧介(15分5秒 片エビ固め)×鈴木鼓太郎 金丸義信 ウルティモ・ドラゴン SUSHI 中島洋平
※ニールキック

◇第8試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバル優勝決定戦 時間無制限1本
[Bブロック1位] ○曙(16分25秒 体固め) [Aブロック1位]×諏訪魔
※ヨコヅナインパクト
曙がチャンピオンカーニバルを制覇!

(試合後)
「今日はたくさんご来場いただき、本当にありがとうございます。去年、三冠チャンピオンとしてチャンピオン・カーニバルに出たんですが、途中リタイアで…。もう2度とプロレスはできないかなと思いながら、毎日毎日努力しました。
そして皆さんの応援があって、この努力の結果が、チャンピオン・カーニバル優勝に繋がりました。本当にお客さんの皆様、ありがとうございます。まあ、こんなところでこんなことを言うのは失礼なんですが…潮崎! 俺が預けたベルトを獲りに行くぞ、オラ!お客さん、次の三冠挑戦権は文句なしでしょ、これから僕ら選手一丸となって力を合わせてもっともっと面白い試合をしたいと思っています。これからも全日本プロレスを応援よろしくお願いします。全日本、バンザイ!」

【試合後の曙】
(※渕、吉江、SUSHIが曙の優勝を祝福。缶ビールで乾杯する)

▼曙「いやあ、いいものですね」

――昨年はリタイアに終わっていただけに、並々ならぬモチベーションがあった?

▼曙「意外とね、そういうものがないんですよ。つらい時こそ頑張れる。自分が優勝したから言うわけじゃないんだけど、自分が決めたことは何があってもやり通さなきゃダメですね。すぐに結果は出ないかもしれないけど、1年後にまさか中心の選手に戻ってくるとは。自分の中では思っていたんですけど、お客さんも思ってなかっただろうし。たぶん今の曙は三冠を持っていた時よりも強いですよ」

――諏訪魔が「バックドロップは手応えがあった」と言っていたが?

▼曙「それも手応えあったかもしれないですけど、諏訪魔選手はたぶん俺のバックドロップを初めて食らったから、ビックリしてたんじゃない? こういうリーグ戦をやっていると、こういう時こそ成長したものを出さないとなかなか通れないんですよ。僕がバックドロップに行った時に、たぶん彼の計算がちょっと崩れたと」

――最後は河津落としからフィニッシュに持っていったが?

▼曙「自分の中では1回か2回ぐらい使ったことはあるんですけど、毎日毎日出してももったいないし、こういう時こそバーンと出したら。だから、相手は予想外だったんですよね。ただの3つだからね。カバーしなきゃいけないのは。ああいうのをバーンとやったら、だいたい1は獲れるんですよ。あとの2つは必死に押さえ込むだけですよね。昔はスプラッシュをやったら誰も動けなくなったんですけど、みんな慣れちゃってすぐに返されるし、ヨコヅナインパクトも1年ぐらい使っているのでだんだん…。今日も1試合目でジョーに逆にやられて。やっぱり相手も考えてきますから、自分もその上で考えないと、なかなか優勝というものに繋がらないですよ。いやあ、楽しいですね。やっている時は本当にしんどいけど、結果がこうやって繋がったら楽しいですね。もう1つ大事なものがあるんですけど。今日は潮崎って言ったんだけど出てこなくて。潮崎と次の三冠をやりたいですね」

(※ここで潮崎と宮原がコメントブースに登場する)

▼潮崎「喜んで挑戦をお受けします。よろしくお願いします」

▼曙「おお! こちらこそよろしくお願いします」

▼潮崎「自分のワガママも聞いてもらっていいですか? 健斗と世界タッグへの挑戦、受けてください」

▼吉江「俺らは何も怖くないでしょ」

▼曙「喜んでやりますよ」

▼潮崎「全日本プロレスを引っ張る戦いをやりましょう」

▼曙「ぜひ!」

(※4選手で握手を交わすと、潮崎たちは去っていく)

▼吉江「おお! 楽しくなってきた」

――勝てば五冠王が見えてくるが?

▼曙「もちろん勝ちたいんですけど、それ以上のものがありますね。みんなをドカーンとさせたいんです。ドカーンとさせますよ。ねえ、吉江さん? やるね?」

▼吉江「やりましょう」

(※曙が肩から吊っているタイツを脱いで、上半身をあらわにすると)

▼曙「やばいな、しぼった分、ポンポン投げ飛ばされて。220キロに戻さないと」

――今の体重はどのぐらい?

▼曙「今は180キロを切っているぐらいですよ。わからないですけど。たぶん230キロぐらいありますよ(笑) とにかく体重というよりコンディションですね。今日みたいな試合ができるように。僕がどうのこうのじゃなくて、相手がいることなんで。明日も朝起きて練習をやります。皆さん今日はありがとうございました。マスコミにバンザイ!(笑)」

【諏訪魔の話】「(あと一歩のところで敗退となったが?)昔からもう一歩なんだけどさ。また今、こういう形で横綱とぶん殴りあってやれるというのは楽しいけど、今日は特別に強かったというか。今日は負けを認める。負けを認めてから、またこれから次のステップに進まなきゃいけないんだよ。(バックドロップを完璧に決めたが?)相手は首を痛めてたしね。気持ちも高ぶっているから、投げも決められたというか。いつもは決まらないんだけど。クラッチを組んだ時にやばいなと思ったけど、何とかいけたんでね。調子はいいんだけど、それ以上に横綱が今日は強かった。まだまだ俺もいろいろ頑張って、もっともっと自分の名前なりさ、実績を高めていかなきゃいけないな。じゃないとみんな認められねえよ」


 いよいよ最終戦を迎えた「2015チャンピオン・カーニバル」まずAブロックは5点の潮﨑が2点で既に脱落している吉江と対戦、試合は吉江が巨体を生かした攻撃で先手を奪い、場外戦でも吉江が潮﨑を腹部から鉄柵に叩きつける。
 しかし潮﨑はリングに戻ろうとしてエプロンに立った吉江の左膝に豪腕ラリアットを浴びせると逆水平からの膝攻めで流れを変えようとするが、潮﨑のフライングショルダーを吉江が弾き返すと、串刺し攻撃の連打からスチームローラーで圧殺し、潮﨑のローリング袈裟斬りも裏拳で迎撃した吉江は空中胴締め落としからコーナーへ昇り、潮﨑も追いかけて雪崩式ブレーンバスターを狙うが、吉江が体重で押し潰し、潮﨑はアバラを痛めてうずくまってしまう。
 吉江はダイビングボディーアタックを狙うが、潮﨑がカウンターの豪腕ラリアットで迎撃すると、もう一発を決めて逆転3カウントを奪い、諏訪魔vs大森の結果待ちとなるが潮﨑はアバラを押さえたまま立ち上がれず、館内は一時騒然となる。

 諏訪魔vs大森は諏訪魔が優勝戦進出決定戦を想定してか開始早々ラリアットからラストライドを狙うが大森はリバース、諏訪魔が再び狙うが今度はフランケンシュタイナーで切り返し、エプロンに逃れた諏訪魔にアックスボンバーを決める。
 しかし速攻勝負にこだわる諏訪魔は万力スリーパーから再度ラストライドを狙うが、防いだ大森は雪崩式バックドロップ、アックスギロチンドライバーと畳み掛け、アックスボンバーを狙うも、追走した諏訪魔は大☆中西ジャーマンを連発、ローリングラリアットからラストライドで3カウントを奪い、大森は二連覇はならず、諏訪魔は潮﨑と同点となったため、優勝戦進出決定戦を行うことになった。

 休憩明けに優勝戦進出決定戦が行われたが、潮﨑の脇腹には分厚いバンテージが巻かれ、手負いの状態で諏訪魔戦に挑むも、諏訪魔は勝ちを優先して容姿なく潮﨑の脇腹に集中砲火を浴びせる。
 諏訪魔はラストライドを狙うが、潮﨑はフランケンシュタイナーで切り返そうとするも、諏訪魔は強引にパワーボムで叩きつけると、万力スリーパー、投げっぱなしジャーマン、ローリングラリアットと圧倒する。
 潮﨑も逆水平から豪腕ラリアットを放つが、力が入らないためか通じず、諏訪魔は再度万力スリーパーで捕獲し絞めあげると潮﨑は失神して試合はストップ、諏訪魔が優勝戦進出を決める。

 Bブロックは6点の秋山が5点で優勝戦進出に可能性を残す宮原と対戦、序盤から秋山が先手を奪い、エプロンでDDTからランニングニーの連打で圧倒、宮原のノーザンライトスープレックス狙いをフロントネックロックで捕獲し絞めあげる。
 秋山はエクスプロイダーで状態にでるが、意地で立ち上がった宮原かジャーマンで応戦、バイシクルキック、串刺しニー、ライガーボムと畳み掛ければ、秋山も後頭部ニー、エクスプロイダー、ランニングニーと返す。
 しかし宮原が飛び膝蹴りが炸裂するとブレイブハートを決め3カウント、宮原が7点目となり優勝戦進出に可能性を残す。

 曙vsドーリングは、ドーリングが優勝戦進出を想定してか、開始早々フライングボディーアタックを決め、昨年8月30日愛知大会でのフィニッシュになったパイルドライバーで突き刺し速攻勝負を狙う。
 しかし曙が場外に逃れ、追いかけたドーリングはラリアット、曙はショルダータックルと互いに鉄柱に誤爆し合うが、リングに戻ったドーリングのフライングボディーアタックをキャッチした曙がアバランシュホールドで叩きつけてからヨコヅナインパクトを決め3カウントを奪い優勝戦進出を決める。

 曙vs諏訪魔による優勝戦は僅か4分でドーリングを降した曙と3試合目となる諏訪魔ではスタミナの差が出てしまい力比べでも曙が圧倒、諏訪魔の攻撃を受け流し張り手を駆使して主導権を握る。
 流れを掴めない諏訪魔はエプロンに逃れるが、曙はぶつかましで諏訪魔を場外まで吹き飛ばし、ショルダータックルを狙うも諏訪魔は間一髪かわし鉄柱に誤爆すると、諏訪魔は後頭部エルボーから倒れる曙にニーを落として首攻めを展開する。
 諏訪魔は袈裟固め、チンロック、ラリアットからDDTと曙の首を攻め、フロントスープレックスを狙うが、体勢を入れ替えた曙は上手投げで返し、串刺しボディーアタック、エルボードロップと猛反撃する。
 曙は勝負と見てヨコヅナインパクトを狙うが、諏訪魔が阻止してラリアット、しかしブロックした曙はバックドロップを決める。
 曙はランニングボディープレスを狙うが、諏訪魔がかわして自爆させるとフライングショルダーからラリアット、コンプリートショットと畳み掛け、万力スリーパーで捕獲するも、曙はコーナーに押し込んで脱出すると、ランニングネックブリーカー、ダブルチョップ、ラリアットからバックドロップで投げる。
 諏訪魔はラリアットを狙うも、曙はノド輪でキャッチ、しかし諏訪魔は背中に飛びつき万力スリーパーで捕獲すると、曙は後方に倒れ込んで脱出し、ランニングボディープレスで圧殺する。
曙は河津掛け、張り手の連打で諏訪魔をねじ伏せると、最後はヨコヅナインパクトを決め3カウント、曙がチャンピオンカーニバル優勝を果たした。

 試合後は曙が潮﨑の保持する三冠ヘビー級王座に挑戦を表明して大会を締めくくったが、昨年のチャンピオンカーニバルでは曙は肺炎が充分に完治してない状態で臨むも、体調を悪化させてしまいリーグ戦は途中リタイア、長期欠場を余儀なくされ保持していた三冠ヘビー級王座も返上となった。
 曙にしてみれば途中リタイアしたチャンピオンカーニバルにリベンジを果たす意味で優勝を果たした、本人も感慨深かったと思う。
しかし曙の真のリベンジは三冠ヘビー級王座を奪還を果たしてから、曙vs潮﨑は曙の2連勝、昨年2月沖縄で行われた三冠ヘビー級選手権では曙が巨体を生かして潮﨑をねじ伏せ完勝を収めている。
 曙もvs潮﨑には確固たる自信を持っているが、潮﨑も長期政権を狙うためには苦手としている曙との戦いは避けて通れない。
 また敗れた諏訪魔は潔く敗戦を認めるも、IGF参戦についてのコメントはなかった、現在は3試合をこなしたことで答える余裕はなかったのだろうが、チャンピオンカーニバルを終えてから明日からということだろうが、IGF側は既に臨戦体勢に入っている、諏訪魔はIGF参戦へと動くのか…
PR

チャンカンもいよいよ終盤・・・諏訪魔は真霜に大暴走で両リン、大森はAブロック単独首位!

4月22日 全日本プロレス「2015チャンピオン・カーニバル」長野・上田創造館 240人


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○中島洋平(6分45秒 エビ固め)X青柳優馬
※ダイビングフットスタンプ


◇第2試合◇
▼30分1本
○ジョー・ドーリング 青木篤志(10分54秒 エビ固め)秋山準 XSUSHI
※レボリューションボム


◇第3試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗1分=5点]○宮原健斗(14分08秒 パッケージジャーマンスープレックスホールド)[5敗=0点]XKENSO


【宮原の話】「もうここまできたら…もうここまできたら4月25日、後楽園で秋山さんに勝って、俺が優勝するしかないよ。ここまできたら、もう優勝以外みえてないよ。チャンピオン・カーニバル決勝戦に上がるための最後が秋山さんというのが俺の中で大きい。潮崎さんが前に、秋山さんに第一線から退いてもらうと言ってたけど、俺は言ってないけど常に思ってる。別に隠居して下さいとは言わないよ。あの人の立ってる場所を奪い取って、必然的に俺がいないといけない状況を作るから。チャンピオン・カーニバルに優勝すれば確実につかめると思う。アグラをかいてるなら確実にあの場所を奪う。チャンピオン・カーニバル優勝して全日本プロレス、俺が先頭に立ってみせる」


◇第4試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦/30分1本
[2勝1分1両リン=5点]▲諏訪魔(9分14秒 両者リングアウト)[2勝2敗1両リン=4点]▲真霜拳號


【諏訪魔の話】「何だ、あのヤロー! 久々に相手してやったら、いきなり元気になってんじゃねぇよ。クソガキむかつくな。何だ、ありゃ。やり足りねぇんだ。リーグ戦何か度外視して、次覚えとけ。続くぞ。あのカッパ面、ゆで卵みたいな顔しやがって。むかつくな」


 【真霜の話】「何だよ。あいつのやり方は。暴走してるだけだろ。俺のリーグ戦どうなった? 終わりか? むかつくな。ノーフォールでも凶器ありでも何でもいいから組めバカヤロー!」


◇第5試合◇
▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○大森隆男(15分42秒 片エビ固め)[1勝3敗=2点]X吉江豊
※スライディングアックスボンバー


【大森の話】「言っただろ。俺はどんなに道が険しかろうが前に進むって。チャンピオン・カーニバル開幕前に言った通り、チャンピオン・カーニバル必勝法などない。だが、ぶっ倒れるまで前に進み、倒れる時は前のめりだ。俺にはチャンピオン・カーニバルにかける執念、いや怨念は誰にも負けない。とりついてるんだ。諏訪魔、後楽園で待っとけ。諏訪魔に勝って優勝戦に進んで、勝つのは俺だ!」


 【吉江の話】「まだ終わってねぇぞ。終わってねぇ。公式戦まだ残ってるんだ。人生と同じ。あきらめたらそこで終わり。最後に一番でかい獲物、チャンピオンじゃないですか。終わりよければ全てよしじゃないけど、チャンピオン相手に必ず勝つ。今回いろんな気づきがあったから。気づきなり勉強になったことを全てぶつける。人生は常に勉強だから。俺はまだまだ発展途上。最終戦のでかい獲物に向けて、心も体も120%に整えて臨みたいと思います」


◇第6試合◇
▼60分1本
○潮崎豪 鈴木鼓太郎(15分21秒 体固め)曙 X金丸義信
※ゴーフラッシャー


<星取表=プロレス格闘技DXより>
 
◇Aブロック◇
 
チャンピオンカーニバルAブロック
[1]大森隆男
┗6点(3勝1敗)

 [2]諏訪魔
┗5点(2勝1分1両リン)

 [2]潮崎豪
┗5点(2勝1敗1分)

---以下脱落---

[4]真霜拳號
┗4点(2勝2敗1両リン)

 [5]吉江豊
┗2点(1勝3敗)

 [6]ボディガー
┗2点(1勝4敗)


◇Bブロック◇
チャンピオンカーニバルBブロック

[1]秋山準
┗6点(3勝1敗)

 [1]曙
┗6点(3勝1敗)

 [1]ジョー・ドーリング
┗6点(3勝1敗)

 [4]宮原健斗
┗5点(2勝1敗1分)

---以下脱落---

[5]ゼウス
┗3点(1勝3敗1分)

 [6]KENSO
 ┗0点(5敗)


 いよいよ終盤を迎えた「2015チャンピオンカーニバル」、まずBブロックは3点の宮原が白星なし0点のKENSOと対戦、白星の欲しいKENSOはエル・アギラ・インペリアルから場外戦で先手を奪うも、宮原はバイシクルキックで反撃し流れを変える。
 劣勢のKENSOはGAORAベルトを持ち出しGAORAリアットを放つと、ベルトの上でのブレーンバスターを決め、ダイビングエルボーを狙うが起き上がった宮原はジャンピングフロントハイキックで阻止し串刺しニーを浴びせる。
 膝蹴りで攻勢にでる宮原をKENSOは苦し紛れに地獄の首攻めを狙うが、宮原が素早くバックに周ると二段式ジャーマン、パッケージジャーマンと畳み掛けて3カウントを奪い5点目を獲得で優勝戦進出に可能性を残すがKENSOは全敗で全公式戦を終了、DK軍のリーダーとすれば不本意な結果だが、KENSOも私的事情もあってリーグ戦に集中できなかったか・・・


 Aブロックは5点の諏訪魔と4点の真霜が対戦、試合はエルボーを中心とした打撃戦を展開するも、場外でのイス攻撃から流れを掴んだ真霜はチョークスリーパー、クロスフェースで絞めあげ、ミドルキックを放つも、キャッチした諏訪魔はキャプチュードからラリアット、フロントスープレックスと繰り出しラストライドを狙うが真霜は踏ん張ると諏訪魔はジャーマンを狙う。
 ところが真霜は急所蹴りで脱出すると腕十字で捕らえ、諏訪魔はロープに逃れるも真霜はブレークを無視し追撃を狙う。
 しかし諏訪魔が場外へ追いやるとブチキレモードとなり、客席へ出てイスで殴打し、テーブルを投げつけ馬乗りになって殴りあい、レフェリーは場外カウントを数えても戻る気配がないためカウント10となり両者リングアウトで両者は無得点、真霜は4点で全公式戦を終え脱落となったが、三冠挑戦の観点で言うと諏訪魔もブチキレさせて自滅させたのは大きかったと思う。


 Aブロックもう1試合の大森vs吉江は大森の左足攻めに対し、吉江は自身の体格を生かしてヒッププッシュ、スティンクフェース、雷電ドロップなどで大森を押しつぶしにかかる。
 しかしボディープレスを自爆させた大森はバックドロップ、後頭部アックスボンバーからアックスボンバーを狙うが、吉江は空中胴締め落としで迎撃してからダイビングボディプレスを狙うも、雪崩式ブレーンバスターで叩き落した大森が後頭部アックスボンバー、アックスボンバー、吉江は裏拳で抵抗も大森は再度アックスボンバーからスライディングアックスボンバーを決め3カウントとなり、6点でAブロック首位に立つ。


 いよいよ最終戦の後楽園大会を迎えるがAブロックは潮﨑、大森、諏訪魔に絞られ、後楽園では潮﨑vs吉江、諏訪魔vs大森が組まれた。
 潮﨑vs吉江は順当でいけば潮﨑だが、吉江も世界タッグ王者だけに意地を見せるか、諏訪魔vs大森は大森の二連覇に期待したいが、もう一度全日本の中心に立つことを考える諏訪魔に風が吹いているか・・・
 Bブロックは秋山、曙、ドーリングが6点、宮原が1点差の5点で追いかける展開のまま最終戦を迎えるが、宮原の優勝戦進出は厳しい状態、6点の3選手は場合によっては昨年同様1日3試合を強いられるか、宮原も秋山を食えるようになってきているだけに、宮原が鍵を握っているか?


 春の祭典も25日で最終戦、果たして誰が優勝するのか?

2015チャンピオン・カーニバル宇都宮大会 公式戦結果

4月21日 全日本プロレス「2015チャンピオン・カーニバル」栃木県総合文化センター・サブホール 131人

<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼2015チャンピオンカーニバルAブロック公式戦 30分1本
[2勝1敗=4点]○真霜拳號(10分50秒 回転十字固め)[1勝2敗=2点]×吉江豊
真霜の無道を吉江はこらえるも、真霜はそのまま丸め込んで勝利!

【真霜の話】「でけぇな、あいつ。何キロあるんだ? 苦しい…。でもよ、頭が違うんだよ。プロレスは真っ正面からいくだけじゃない。頭使って先の先読むのもプロレスだ。まだ可能性あるよな。つながったな。それともうひとつ、あいつタッグチャンピオンだよな。得点1と同時に世界タッグ挑戦も決まったんじゃないの。挑戦受けろよ。誰かパートナー連れてくるからよ」

【吉江の話】「ピンピンしてる。ピンピンしてるのに、まだまだやれるのに負けた。あぁ悔しい! でもしょうがない。真霜、確かにいい選手だよ。いつでもやってやる。やってやるじゃないな。またやろうぜ。もうあとがない。残り2つありますが、潮崎、大森、凄い相手が残ってるけど、今日の負けで気を引き締めて、世界タッグチャンピオンの名に恥じない内容と結果を残したいと思います」

▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=4点]○ジョー・ドーリング( 10分41秒 エビ固め)[4敗=0点]×KENSO
※レボリューションボム
KENSOのラフ、足攻めを耐えたドーリングがパワー全開で勝利!

【ドーリングの話】「KENSOめ、汚い手を使いやがって。レフェリーはクソだ。どこみてたんだ!? (これで秋山、曙と並ぶ首位タイとなったが?)曙が残っているが、何度も倒したことがある。チャンピオン・カーニバルのゴールは見えている」

<星取表=プロレス格闘技DXより>
◇Aブロック◇
チャンピオンカーニバルAブロック
[1]諏訪魔
┗5点(2勝1分)

 [2]潮崎豪
┗5点(2勝1敗1分)

 [3]大森隆男
┗4点(2勝1敗)

 [4]真霜拳號
┗4点(2勝2敗)

 [5]吉江豊
┗2点(1勝2敗)

---以下脱落---

[6]ボディガー
┗2点(1勝4敗)


◇Bブロック◇
チャンピオンカーニバルBブロック

[1]秋山準
┗6点(3勝1敗)

 [1]曙
┗6点(3勝1敗)

 [1]ジョー・ドーリング
┗6点(3勝1敗)

 [4]宮原健斗
┗3点(1勝1敗1分)

---以下脱落---

[5]ゼウス
┗3点(1勝3敗1分)

 [6]KENSO
 ┗0点(4敗)

2015チャンピオン・カーニバル名古屋大会 公式戦結果

4月19日 全日本プロレス「2015チャンピオン・カーニバル」愛知・名古屋国際会議場 615人 満員

▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗=4点]○ジョー・ドーリング(12分4秒 エビ固め)[1勝2敗1分=3点]×ゼウス
※レポリューションボム
ドーリングがゼウスのコーナーダイブを阻止し、フライングボディーアタックからレボリューションボムで勝利

【ドーリングの話】「オー、イタイ! ゼウスはベリーストロングだ。だが、何度でも言う。俺は暴走機関車。誰も止めることはできないんだ。俺を痛めつけやがって。(2勝1敗と白星先行となったが?)ベリーグッド。俺はファイナルに勝ち上がってチャンピオン・カーニバルに優勝する。そしてトリプルクラウンチャンピオンになる。それが俺のネクストチャレンジだ」

▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦/30分1本
[2勝1分=5点]○諏訪魔(11分17秒 レフェリーストップ)[1勝4敗=2点]×ボディガー
※万力スリーパー
諏訪魔が万力スリーパーでボディガーを絞め落とし首位浮上、ボディガーは脱落!

【諏訪魔の話】「(ボディガーは)前より当たりもきつくなってきてるし、力も増してる。全日本に上がってパワーつけてるのはわかるけど、こういう時にスリーパーの効果が出るね。いかにシングルでスリーパーが活かせるか、勝負に徹せられるかというのが俺にとって積み重ねがきいたと思ってる。あと真霜、大森隆男。覇気がない真霜、そんな奴ボコボコにして、最後の大森隆男という一番ネックになる戦いに集中しますよ」

▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○曙(11分20秒 体固め)[3敗=0点]×KENSO
※ヨコヅナインパクト
KENSOが地元での公式戦初勝利を狙うも介入した南野が返り討ちにされ、曙がヨコヅナインパクトで勝利、KENSOは脱落!

【曙の話】「(3勝1敗で首位タイとなったが?)関係ない。全て終わってからの結果なんで。今日勝ったどうこうは関係ない。多少心配してたことがちょっと起きたけどね。いきなりドンドンドンと(公式戦を)やって、間が開いたんで、勝負勘、タイミングがよくなかった。(次戦まで)1週間近く開くんで、とにかく汗かいて体動かす。勝ち負けだけじゃなく、三冠獲って今、世界タッグチャンピオンだから内容も求められる。光る人間になるにはただ勝つだけじゃなく強さ、凄い内容も求められるんでね。曙プロレスをもっともっと磨いていきますよ」

▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗1分=5点]○潮崎豪(21分56秒 体固め)[1勝1敗=2点]×真霜拳號
※ゴーフラッシャー
真霜が腕攻めで追い詰めるも、真剣を豪腕ラリアットで迎撃した潮﨑がゴーフラッシャーで勝利、試合後は真霜が三冠をかけての再戦を要求。

【潮崎の話】「(腕攻めに苦戦したが勝利できたのは三冠王者の意地?)このベルトにかけて気持ちは折れないし、誰も折ることはできないよ。真霜拳號、強敵だよ。奴もあれだけの攻撃があるから、俺はその上をいける。奴にそれがなかったら、俺もその上にはいけない。ヘビー級戦線に入ってきても面白いんじゃないの。三冠、このベルトがかかったら今日とは違う力でくるだろうし、すかした奴は好きじゃないけど、今日は気持ちよかったね。今回のチャンピオン・カーニバルは俺にとって三冠チャンピオンとしての真価が問われる大会だし、もうワンランク上の高みに昇っていければ。リング上でも言ったように、これからまだまだ全日本プロレス、突き抜けていくから。それを楽しみに観に来て下さい。俺ら選手、社員、スタッフみんなで全日本プロレスを作り上げていくよ。(右腕のダメージは尾を引きそう?)今日連戦が終わって一日オフがあるからね。回復するよ。でもきつかった」



<星取表=プロレス格闘技DXより>
◇Aブロック◇
チャンピオンカーニバルAブロック

[1]諏訪魔
┗5点(2勝1分)

[2]潮崎豪
┗5点(2勝1敗1分)

[3]大森隆男
┗4点(2勝1敗)

[4]吉江豊
┗2点(1勝1敗)

[5]真霜拳號
┗2点(1勝2敗)

---以下脱落---

[6]ボディガー
┗2点(1勝4敗)

◇Bブロック◇
チャンピオンカーニバルBブロック

[1]秋山準
┗6点(3勝1敗)

[1]曙
┗6点(3勝1敗)

[3]ジョー・ドーリング
┗4点(2勝1敗)

[4]宮原健斗
┗3点(1勝1敗1分)

---以下脱落---

[5]ゼウス
┗3点(1勝3敗1分)

[6]KENSO
┗0点(3敗)

2015チャンピオン・カーニバル大阪大会 公式戦結果

4月18日 全日本プロレス「2015チャンピオン・カーニバル」大阪・ボディメーカーコロシアム第2競技場 711人

<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより> 
▼2015チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦
[1勝2敗=2点]○ボディガー(12分0秒 片エビ固め) [1勝=2点]×真霜拳號
※ラリアット 
真霜のトラースキックをハイキックで返したボディガーがラリアットで勝利!

【ボディガーの話】「このチャンピオン・カーニバル、噂以上に過酷やっちゅうことがわかった。一つ白星獲るのにどれだけ体消耗するかもよくわかった。今日のこの勝ちを明日の諏訪魔戦につなげる。それだけ」

▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦
[1勝1敗=2点] ○ジョー・ドーリング(13分11秒 エビ固め)[1勝1敗1分=3点]×宮原健斗
※レボリューションボム
宮原が二段式ダルマジャーマンを決めるも、パワーで押し切ったドーリングがレボリューションボムで勝利!

【ドーリングの話】「確かに宮原はオールジャパンの未来だ。だが、俺はこれ以上負けられない。Evolutionファイナルを実現させるためだ。諏訪魔、ファイナルで会おう」
  
▼2015チャンピオン・カーニバルBブロック公式戦
[3勝1敗=6点]○秋山準(19分25秒 体固め)[1勝2敗1分=3点]×ゼウス
※リストクラッチ式エクスプロイダー
大阪ダービーマッチはゼウスのジャックハマー狙いを、秋山がフロントネックロックで捕獲し、ランニングニーの連打からリストクラッチ式エクスプロイダーで勝利!

【秋山の話】「(2年連続同ブロックとなったゼウスを破ったが成長は感じた?)成長はそりゃしてるだろうけど、前回(ゼウスが)ほぼ何も考えず技をやってきたから怖かった。今日はちょこっと考えるようになって怖くなかった。それが今日の結果だよ。考えるならしっかり考えないと。体力も全てあいつの方が上。でも先にスタミナ切れてる。それが何なのか寝れないぐらい考えないと。俺は若い頃寝れなかった。不眠症だったよ。(これでBブロック単独首位となったが?)最後まで気を抜かずいく。決勝に進むまで、いや優勝するまで気を抜かない。(開幕戦は調子の悪さを実感していたようだが復調の実感はある?)どうなのかわからない。自分の頭の中の俺と、実際の俺がかけ離れていくのはしょうがない。妥協点をみつけて考えないといけない。俺が考えるということは、他の奴らはもっと考えないと。いくら練習しても頭使わないと。プロレスはアホにはできないから。アホでトップに立った人はみたことないよ。ひらめきと言うけど、その人はひらめいてないんだよ。しっかり考えて動いてるんだよ」

得点状況<星取表はプロレス格闘技DXより>

◇Aブロック◇
[1]大森隆男
┗4点(2勝1敗)

[2]諏訪魔
┗3点(1勝1分)

[3]潮崎豪
┗3点(1勝1敗1分)

[4]真霜拳號
┗2点(1勝1敗)

[4]吉江豊
┗2点(1勝1敗)

[6]ボディガー
┗2点(1勝4敗)
 チャンピオンカーニバルAブロック
◇Bブロック◇
[1]秋山準

┗6点(3勝1敗)
  
  [2]曙
┗4点(2勝1敗)

[3]宮原健斗
┗3点(1勝1敗1分)

[4]ゼウス
┗3点(1勝2敗1分)

[5]ジョー・ドーリング
┗2点(1勝1敗)

[6]KENSO
┗0点(2敗)
チャンピオンカーニバルBブロック
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ