忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

全日本プロレスチケット販売

プロレスリングNOAHチケット販売

ZERO1チケット販売

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
7
15
24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

プロレス多事争論「時の止まった空間」

 今年旗揚げ10周年を迎えたIGFの内紛劇は昔のプロレスならではの出来事で、企業プロレス化した現在ではまず起こることもなく、また懐かしくもある事件でもあった。


 騒動の根本はアントニオ猪木という大スターの奪い合い、最終的には現在の側近はIGFからコーラルZが取って代わったということ、猪木は今まで新間寿氏や永島勝司氏、上井文彦氏、そして猪木事務所と側近を変え、IGFでは娘婿であるサイモン・ケリー氏を側近に据えたが、猪木の側近としてずっといた人間は誰もいなく、今回の一件でサイモン氏も例外ではなかったのだ。


 猪木がIGFを見限った理由はIGFが大事にしているのは猪木ではなく、アントニオ猪木というブランドだったことに気づいたことと。IGFのブランドであるNEWが脱猪木を掲げながらも、猪木というブランドを利用し続けようとしていたことだ。だから猪木はIGFから猪木ブランドを取り上げようとしたが、IGFは元々ファンを大事にせずスポンサーを大事にしてきた団体なだけに、サイモン氏らIGFが一番怖れているのは猪木がいなくなったことでスポンサーが離れること、だから脱猪木に舵を切れず、煮え切らないどころか、署名もファンや選手と共に猪木に訴えれば、"今後とも猪木ブランドだけでもを使わせてもらえるのでは"ということを考えて敢えて楽観した態度を取っているのかもしれない。
 
 だが自分はそう長くは続かないと見ている。猪木の姿はなく名前だけと、猪木の存在そのものでは大きな違いがある。IGFのスタッフがいくらIGFこそ猪木イズムの継承者と謳っても、猪木がIGFを認めない以上、名前だけを使っても猪木の存在そのものには絶対勝てるわけがないのだ。


 IGFがNEWをスタートさせたのは権利上の問題で使えないということもあったのかもしれないが、脱猪木を掲げれば新日本プロレスのようにV字回復が出来ると考えていたからではないだろうか、だが新日本プロレスがV字回復できた理由は、猪木自身が新日本を離れたことで遠慮なく脱猪木に踏み切り、ユークスやブシロードの力を借りて新日本プロレスというブランドを高めたからで、IGFの考える名前だけの脱猪木は甘いとしかいいようがない。


 新日本プロレスだけでなく各団体が企業プロレス化することで時代を進めているのにもかかわらず、猪木の周辺は現在のプロレス界とは全くの別世界で時の止まったままの空間になっている。また猪木も現在の居場所は本当に自身が求めた居場所なのか、今後を見定めるしかない。

PR

プロレス多事争論「紙一重」

5月3日新日本プロレス福岡大会でIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカが王座を防衛した際に「激しくなるからこそ、みんなが、全力で闘うからこそ、ケガをする人も出ます。でも! プロレスラーは超人です! どんな技を食らっても立ち上がります! 最後まで諦めないのが! プロレスラーです」と危険な技への警鐘に対してアピールした矢先の4日のDDTの大阪・豊中大会で高山善廣が仕掛けた回転エビ固めが失敗して脳天から落ち、救急搬送される事態が起き、頸髄損傷および変形性頚椎症という診断の重傷を負ったことがDDTから発表された。


高山の仕掛けた回転エビ固めも基本中の基本的な技で危険度がないものの、高山自身が普段あまり使わないことから、仕掛けた際にタイミングを誤ったのか、また高山自身も首に蓄積されたダメージもあったことから、更なるダメージを負ってしまったのかもしれない。


この事態でプロレスの技云々言われるだろうが、プロレスの技も安全というものはなく、常に危険と隣り合わせで紙一重みたいなもの、新日本福岡大会ではバットラック・ファレがショルダースルーを見せていたが、ショルダースルーも見た目は簡単そうでも、仕掛ける人間や受ける人間次第では危険な技にもなる。 


プロレスの技だけでなく、自分ら日常や身の回りでも安全そうに見えても、使い方によっては危険なものになる。それを考えていると人間とは常々紙一重の中で生きているのかもしれないし、当たり前のことに気づかないのかもしれない。以前にも言ったが危険な技への警鐘を促しているが、本当の意味での安全があるのか?自分は逆に問いたいと思っている。

プロレス多事争論「危険な技への警鐘」

こういうニュースがYhoooニュースに出ていた
(デイリースポーツより)
ブレーキを踏むときが来たのだろうか。今年に入り新日本プロレスのリング上で事故が相次いだ。


 3月3日には本間朋晃が中心性頸髄損傷、4月9日にはIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに挑戦して38分を超える激闘の末に敗れた柴田勝頼が硬膜下血腫。日本最大手団体での出来事ということもあって、業界に少なからぬ衝撃を与えている。


 そして先日、昨年4月から世界最大の団体WWEで活躍している元新日本プロレスの中邑真輔からも、この事態を憂う言葉を聞いた。中邑は先日に行われた日本のメディアとの合同電話インタビューで、「最近の日本のスタイルというかトレンドというか、危険な技の応酬で、立て続けに重傷者が出てきている。各レスラーが危険な技、リスクを顧みない試合の構成についてもう一度考える時期なんじゃないかと思う」と、日本のプロレス界が危険な傾向にあると指摘し、自制の必要性を唱えたのだ。


 その危険な傾向を象徴するような試合が、1月4日の新日本プロレス・東京ドーム大会で王者オカダにケニー・オメガが挑戦したIWGPヘビー級選手権試合ではないだろうか。46分を超える激闘は両者が終始エンジン全開。大技やアクロバティックな空中殺法が飛び交い、オカダがオメガを高々と放り上げてリング下の机へ落とす、目を疑うような場面もあった。死力を尽くした戦いには心を打たれたが、危険と隣り合わせのような激しい攻防の連続には恐怖すら感じた。


 中邑の発言の後、新日本プロレスの永田裕志にも考えを聞いた。今年でデビュー25年を迎える大ベテランも「このところ、いい試合、壮絶な試合と言われるものが、そのような傾向になりつつある。いい例が1月4日のオカダとケニー。あの試合はすばらしいと思う。ただ、あれを目指してはダメ。あの試合は世界的にも話題になっているけど、違うととらえてほしい」と語り、中邑と同意見だった。


 言うまでもなく、プロレスは5秒以内の反則が許される、極めて特異で制限の少ないスポーツだ。それ故に自由で多様な戦い方が創造され、進歩を遂げてきたが、それ故に安全対策という制限をかけにくいとも言えるだろう。残念なことにプロレス界には過去にいくつかの事故があり、安全性が議論されることもあったが、具体的な動きはほとんどない。


 中邑と永田の言葉が考え方を変えるきっかけになってくれることを願う。


1・4東京ドームで行われたオカダvsケニー戦を槍玉に挙げ、危険な技を使うプロレスのあり方に警鐘を出していたが、オカダvsケニーに関しては永田の発言は、あれだけが新日本プロレスの試合ではないということを指しているに過ぎず、オカダは鈴木とも泥臭い試合をしているし、柴田とはバチバチの試合もやった、オカダvs柴田戦は四天王プロレスのスタイルと混同するファンもいたが、自分は全日本とNOAHと三沢らの試合を見ていることから断言できるが、オカダvs柴田は四天王プロレスの試合ではない。
 
 気になるのは新日本だけが槍玉に挙げられて他団体が叩かれないのか?それだけ新日本が目立つ存在となっているが、目立つ分叩かれやすくもなってきているからでもある。新日本プロレスは将来的に株式上場を狙っているが、上場となると一般の株主達の声も聞かなければならないし、評判についても株主達は突っ込んでくると思う。新日本はそういった声に対応できるか、課題になってくると思う。


 中邑の発言に関してはWWEは新日本より先に上場している企業でもあるから、そういった声に反応せざる得なく、獣神サンダー・ライガーもWWEに遠征した際には普段フィニッシュにしている垂直落下式ブレーンバスターはNGとされたのか、ライガーボムをフィニッシュにしていた。また時折りハウスショーでは制約がある中で選手たちがいかに試合を組み立てていくか、NG技を設定して試合をさせることもあるという。危険な技が問われる中で選手たちがいかに試合を組み立てていくのか、これからは頭脳も試される時代になっていくのかもしれない。

プロレス多事争論「夢と現実」

昨夜に「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」がテレビ朝日系列で放送された。


順位
 1位アントニオ猪木
 2位ジャイアント馬場
 3位初代タイガーマスク
 4位オカダ・カズチカ
 5位力道山
 6位棚橋弘至
 7位ジャンボ鶴田
 8位獣神サンダー・ライガー
 9位三沢光晴
10位スタン・ハンセン
11位長州力
12位武藤敬司
13位小橋建太
14位天龍源一郎
15位ケニー・オメガ
16位橋本真也
17位蝶野正洋
18位ハルク・ホーガン
19位真壁刀義
20位アンドレ・ザ・ジャイアント


 昨夜は番組前で放送されたWBCが試合時間が4時間46分にわたっておくなわれたことで、放送開始は3時間遅れで0時13分からスタートとなった。


 順位は新日本や全日本関連が主になったが1~6位に関しては妥当といったところ、特に誰をきっかけにプロレスファン、またレスラーになったかを考えると猪木、馬場、初代タイガー、力道山の名前が挙げられて当然、その中にオカダや棚橋の名前が入ったのはレスラーだけでなくプロレス女子層を考えると、世代というものを考えさせられてしまう。
 90年代のレスラーのトップになったのは三沢を抑えてライガーとなったが、ライガーも知名度の高さを考えると納得でもある(武藤本人は不満だった)
 
 残念だったのは外国人選手も対象にあったためか藤波辰爾、前田日明、高田延彦、大仁田厚などが圏外になったこと、藤波と前田に関しては現在のレスラー達とは共演NGではないはずだが、高田は本人が共演にNGを出したのか、大仁田は出演していたレスラーだけでなく猪木からもNGが出されたのかもしれない。


 最後に1位である猪木が登場したが、収録が5時間に渡った影響か他のレスラー達との共演はなかった。共演NGなのかというと最近の猪木は武藤や小橋などと写真に納まり、棚橋とも対談するなど歩み寄りを見せ、またIGFから独立したのもあって決して共演NGではないはずだが、これは双方の都合が合わなかったとしか思うしかない。


 自分的には猪木が新日本プロレスから飛び出して10年・・・もうそろそろ和解してもいいのではと思っていたし期待していた。だが「プロレス総選挙」がその場ではなかったのが残念である。

プロレス多事争論「日本と世界との距離」

 先日新日本プロレスの木谷高明オーナーがたWWEの戦略は公表資料及び決算資料等を読んだ感想をTwitterにて公開した。

 WWEが狙うのは本当の意味でのネットの力を使っての世界侵攻、WWEが現在のビンス・マクマホン体制となってからはケーブルTVの力を駆使して、NWA系の体力のなくなっていったテリトリーを次々と飲み込んでいき、あわよくば日本をも飲み込もうとしていた、このときはまだジャイアント馬場さんとアントニオ猪木が力を持っていた時代で飲み込まれることはなかったが、馬場さんが亡くなり、猪木もかつてほどの力がなくなったことで企業プロレスへの時代となり、WWEもケーブルテレビからネットへの転換していった。


 自分は木谷オーナーの見解を読み、その感想を述べるに過ぎないが、WWEがやろうとしていることは金銭面を含めてリスクを伴うもの、ハイリスクハイリターン的なものだと思う。木谷オーナーは「プロレス界はグローバル規模のWWE連合vsアンチWWE同盟の時代になる」としているが、肝心の日本はそういう視点でプロレスを見ようとせず、中には新日本を足を引っ張ろうとするマスコミもあり、また体力のなく時代に乗り遅れている団体もグローバルな視点で見る余裕のなく、WWEから紐付きにならないかと持ちかけられたとしても、ハイなりますと簡単に飲んでしまうのが現状だと思う。


 WWEのネットを使った世界侵攻は日本にどう影響を及ぼすのか?また来年はいよいよDDTもネット配信に進出するだけに、世界中のプロレスファンに日本のプロレスを知られることが多くなる、これからのプロレスは次第にTVからネットへと時代は変わることから2017年度のマット界はまたどう変化していくのか…?


 さて今年の伊賀プロレス通信「日常茶飯事」の更新もこれで終了、私事になるが11月から転職、仕事も昼間になりTVやネットでもプロレスをライブで見る機会が増えました、来年は現場に出る機会も少し増やしたいと思います。といってもこのブログの更新はこれまで通りでやめへんで〜(by月亭方正)


来年最初のブログ更新は元旦からです、良いお年を…

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ