伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3
19 20 21
25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

プロレス多事争論「危険な技への警鐘」

こういうニュースがYhoooニュースに出ていた
(デイリースポーツより)
ブレーキを踏むときが来たのだろうか。今年に入り新日本プロレスのリング上で事故が相次いだ。


 3月3日には本間朋晃が中心性頸髄損傷、4月9日にはIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに挑戦して38分を超える激闘の末に敗れた柴田勝頼が硬膜下血腫。日本最大手団体での出来事ということもあって、業界に少なからぬ衝撃を与えている。


 そして先日、昨年4月から世界最大の団体WWEで活躍している元新日本プロレスの中邑真輔からも、この事態を憂う言葉を聞いた。中邑は先日に行われた日本のメディアとの合同電話インタビューで、「最近の日本のスタイルというかトレンドというか、危険な技の応酬で、立て続けに重傷者が出てきている。各レスラーが危険な技、リスクを顧みない試合の構成についてもう一度考える時期なんじゃないかと思う」と、日本のプロレス界が危険な傾向にあると指摘し、自制の必要性を唱えたのだ。


 その危険な傾向を象徴するような試合が、1月4日の新日本プロレス・東京ドーム大会で王者オカダにケニー・オメガが挑戦したIWGPヘビー級選手権試合ではないだろうか。46分を超える激闘は両者が終始エンジン全開。大技やアクロバティックな空中殺法が飛び交い、オカダがオメガを高々と放り上げてリング下の机へ落とす、目を疑うような場面もあった。死力を尽くした戦いには心を打たれたが、危険と隣り合わせのような激しい攻防の連続には恐怖すら感じた。


 中邑の発言の後、新日本プロレスの永田裕志にも考えを聞いた。今年でデビュー25年を迎える大ベテランも「このところ、いい試合、壮絶な試合と言われるものが、そのような傾向になりつつある。いい例が1月4日のオカダとケニー。あの試合はすばらしいと思う。ただ、あれを目指してはダメ。あの試合は世界的にも話題になっているけど、違うととらえてほしい」と語り、中邑と同意見だった。


 言うまでもなく、プロレスは5秒以内の反則が許される、極めて特異で制限の少ないスポーツだ。それ故に自由で多様な戦い方が創造され、進歩を遂げてきたが、それ故に安全対策という制限をかけにくいとも言えるだろう。残念なことにプロレス界には過去にいくつかの事故があり、安全性が議論されることもあったが、具体的な動きはほとんどない。


 中邑と永田の言葉が考え方を変えるきっかけになってくれることを願う。


1・4東京ドームで行われたオカダvsケニー戦を槍玉に挙げ、危険な技を使うプロレスのあり方に警鐘を出していたが、オカダvsケニーに関しては永田の発言は、あれだけが新日本プロレスの試合ではないということを指しているに過ぎず、オカダは鈴木とも泥臭い試合をしているし、柴田とはバチバチの試合もやった、オカダvs柴田戦は四天王プロレスのスタイルと混同するファンもいたが、自分は全日本とNOAHと三沢らの試合を見ていることから断言できるが、オカダvs柴田は四天王プロレスの試合ではない。
 
 気になるのは新日本だけが槍玉に挙げられて他団体が叩かれないのか?それだけ新日本が目立つ存在となっているが、目立つ分叩かれやすくもなってきているからでもある。新日本プロレスは将来的に株式上場を狙っているが、上場となると一般の株主達の声も聞かなければならないし、評判についても株主達は突っ込んでくると思う。新日本はそういった声に対応できるか、課題になってくると思う。


 中邑の発言に関してはWWEは新日本より先に上場している企業でもあるから、そういった声に反応せざる得なく、獣神サンダー・ライガーもWWEに遠征した際には普段フィニッシュにしている垂直落下式ブレーンバスターはNGとされたのか、ライガーボムをフィニッシュにしていた。また時折りハウスショーでは制約がある中で選手たちがいかに試合を組み立てていくか、NG技を設定して試合をさせることもあるという。危険な技が問われる中で選手たちがいかに試合を組み立てていくのか、これからは頭脳も試される時代になっていくのかもしれない。

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ