伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

春の本場所チャンピオンカーニバルを制覇したのは関本大介・・・全日本制圧宣言!

4月24日 全日本プロレス「2016チャンピオン・カーニバル」エディオンアリーナ大阪第二競技場 793人 超満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝2敗=8点]○崔領二(9分43秒 片エビ固め)[3勝2敗1不戦勝=8点]X吉江豊
※那智の滝


◇第2試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗1分=7点]○真霜拳號(9分22秒 レフェリーストップ)[3勝3敗=6点]Xスーパー・タイガー
※足4の字固め


◇第3試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝3敗=6点]○ボディガー(5分43秒 エビ固め)[3勝3敗=6点]X秋山準
※ラリアット


◇第4試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[5勝1敗=10点]○ゼウス(6分55秒 片エビ固め)[2勝3敗1不戦勝=6点]X青木篤志
※ジャックハマー


◇第5試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝2敗=8点]○関本大介(8分40秒 ジャーマンスープレックスホールド)[3勝2敗1分=7点]X宮原健斗


◇第6試合◇
▼30分1本
○ジェイク・リー(6分48秒 エビ固め)X青柳優馬
※バックドロップ


 
◇第7試合◇
▼30分1本
○野村直矢 佐藤光留 井上雅央 HUB 岩本煌史(15分11秒 ジャックナイフ式エビ固め)大森隆男 中島洋平 ウルティモ・ドラゴン XSUSHI ビリーケン・キッド
※スピアー


◇第8試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」無優勝決定戦/制限1本
[Aブロック1位]○関本大介(24分11秒 ジャーマンスープレックスホールド)[Bブロック1位]Xゼウス


(試合終了後)
関本「最後まで応援ありがとうございます。大日本プロレスの関本大介です。チャンピオン・カーニバル優勝したぞ!もっと精進します。頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」


【関本の話】「優勝したぞ。俺がチャンピオン・カーニバル優勝したということは、三冠に挑戦の権利あるだろ。三冠だ。挑戦させろ、全日本プロレス。それでベルト全部狙っていく。全日本プロレスのベルトを総獲りしてやる。ちょうど今度、アジアタッグ選手権あるしな、4月29日。そのアジアタッグ挑戦にいい最高のお土産ができた。これが由緒正しき全日本プロレスのトロフィーだ。今ここにある。大日本プロレス・関本大介が持ってる。ということは全日本の全てのベルトに挑戦する権利あるよな。全部総獲りだ。全部、大日本プロレスが持っていってやる。(優勝した今の気持ちは?)今は最高の気分だよ。最高の気分。今日はこの余韻に浸ります。決勝でゼウスと戦えたことも感無量だったし、三冠王者・宮原にも3つ獲ったからね。言う権利はあるんじゃないですか俺に。世界タッグも狙っていきますよ。ゼウス&ボディガー。筋肉のことになると熱くなっちゃいますからね。もう一人ウチの団体にも熱くなる奴がいますから。今日はこの余韻に浸ります。チャンピオン・カーニバル優勝者として。(いろんな団体に上がっていろんな勲章を獲ってきたがCCは違う?)チャンピオンたちが、チャンピオン・カーニバルですからね。それで優勝したのは凄くレスラーとしてうれしいですよ。子どもの頃からブラウン管の中でしかみたことがなかったこのチャンピオン・カーニバルのトロフィーが今現在ここにあるわけですから。(胸を張って大日本に帰れる?)そうですね。仲間たちと…途中でケガしてしまった神谷選手の分もと言ったらおこがましいけど、神谷とも僕、負けてるんで勝たなきゃいけないですね」


 【ゼウスの話】「今日は俺の負けや。ゼウスが関本大介に負けたということ。それだけや」


2016チャンピオンカーニバル 野村、リー、青柳
 二日間連続観戦の二日目は全日本プロレス・エディオンアリーナ大阪第二競技場大会「2016チャンピオンカーニバル」最終戦を観戦、チャンカンは四天王プロレス時代から何度も観戦に訪れているが、優勝決定戦を観戦するのは初めて、優勝決定戦ということで会場も東京から訪れたファンもいたせいもあって用意されたイスはほぼ埋まり超満員となった。


 2016チャンピオンカーニバル 最終戦を迎えた2016チャンピオンカーニバル、Aブロックは1位の宮原を筆頭に2位に秋山、関本、S・タイガー、3位に真霜が追いかける展開。真霜にも可能性があるが1~2位にどれかが勝てば事実上の脱落、また真霜自身も西区民センターでK-DOJOの試合に出場するため、場合によってはトリプルヘッダーを強いられる厳しい状況となる。


 2016チャンピオンカーニバル Bブロックは1位がゼウス、2位に青木、崔、吉江が追いかける展開。ゼウスは青木との直接対決を制すれば優勝決定戦へ進出、負けと崔vs吉江の結果次第では巴戦の可能性もあるため、青木戦は絶対に落とせない(PWFルールでは同点の場合優勝戦進出決定戦を行う)


 第1試合から公式戦がスタート、Bブロックの吉江vs崔は序盤から吉江が正面からのマッチアップを制し、セントーンなどで押し潰しにかかり、崔はミドルキック、ランニングローと見せかけてのサッカーボールキック、ニーリフトで流れを変えようとするが、吉江が肉弾攻撃の連打でラッシュをかける。崔は串刺しニーからブレーンバスターで投げた後、山折りを狙うが、吉江が体重で潰すとジャンピングボディープレスから超肉弾プレスを狙いにコーナーへ昇る、しかし崔が雪崩式ブレーンバスターで投げると那智の滝で3カウントを奪い、崔は8点目を獲得し優勝決定戦進出に望みをつなげる。
崔領二vs吉江豊 崔領二vs吉江豊 崔領二vs吉江豊 崔領二vs吉江豊 崔領二vs吉江豊 崔領二vs吉江豊
 第2試合の真霜vsS・タイガーは、序盤こそはS・タイガーがグラウンドでリードを奪うも、真霜が場外へエスケープしてS・タイガーを挑発すると、挑発に乗ってしまったS・タイガーは場外戦に挑んでいったが、真霜は岡山大会から外れやすくなっているS・タイガーの右膝を鉄柵を使って痛めつけ、リングに戻っても真霜がレッグロックで右膝攻めを展開、S・タイガーもクロスヒールホールドで切り返すが、真霜は右膝にニードロップを落とすなどプロレス流の右膝攻めで主導権を奪う。
 S・タイガーも二ールキック、チキンウイングアームロック、ニーリフトで流れを変えようとするが、真霜はドラゴンスクリュー、ローキックで返し、S・タイガーも打撃で返すがミドルキックをキャッチした真霜はアンクルホールドで捕獲、S・タイガーも延髄斬りで逃れようとするが、かわした真霜は足四の字固めで捕らえ、S・タイガーは必死で耐えたがレフェリーが試合をストップ、真霜が7点目を獲得し望みをつなげる。
真霜拳號vsスーパー・タイガー 真霜拳號vsスーパー・タイガー 真霜拳號vsスーパー・タイガー 真霜拳號vsスーパー・タイガー 真霜拳號vsスーパー・タイガー 真霜拳號vsスーパー・タイガー
 第3試合の秋山vsボディガーはボディガーが奇襲を仕掛けてラリアットで速攻勝負狙いも、秋山が場外に逃れて追いかけたボディガーを場外エクスプロイダーで投げて応戦する。
 リングに戻った秋山はジャンピングニーの連打からフロントネックロックで捕獲、ボディガーも反撃するが秋山はダイビングラリアットを狙ったところで雪崩式ブレーンバスターで投げ、エクスプロイダー、ランニングニー、リストクラッチ式エクスプロイダーと猛ラッシュをかけるが、ボディガーはクリアし秋山はならばと生膝ニーを浴びせる。
 しかし秋山のジャンピングニー狙いをラリアットで迎撃したボディガーはハイキック、後ろ、前へとラリアットを浴びせ3カウント、秋山が敗れ脱落となってしまう。
ボディガーvs秋山準 ボディガーvs秋山準 ボディガーvs秋山準 ボディガーvs秋山準 ボディガーvs秋山準 ボディガーvs秋山準
 第4試合のゼウスvs青木、ゼウスの勝ちまた時間切れ引き分けだとゼウスが決勝進出となるが青木が勝てば第5試合のあとで4選手(ゼウス、青木、崔、吉江)による決勝進出決定トーナメント、両者リングアウトとなるとゼウスvs崔による決勝進出決定戦となる。
 試合は開始早々から速攻勝負を狙ったゼウスはバイセップスエクスプロージョンを狙うも青木は丸め込み技を連発、しかし回転エビ固め狙いはゼウスがヘッドハンキングで捕らえるとバイセップスエクスプロージョンからパワーで圧倒する。
 青木も頭突き、ミサイルキックと返すがゼウスはフロントスープレックス、チョークスラムからバイセップスエクスプロージョンを狙うも、青木は回転十字固めで切り返し、腕十字へ移行、ゼウスは強引に持ち上げるが青木は回転エビ固めで切り返すもカウント2でクリアされてしまう。
 青木はバイセップスエクスプロージョンはかわすも、ゼウスは今度こそといわんばかりにバイセップスエクスプロージョンを炸裂させ、最後はジャックハマーで3カウントを奪い、ゼウスが優勝決定戦に進出する。
ゼウスvs青木篤志 ゼウスvs青木篤志 ゼウスvs青木篤志 ゼウスvs青木篤志 ゼウスvs青木篤志 ゼウスvs青木篤志
 第5試合の宮原vs関本、宮原の勝利また時間切れ引き分けだと宮原が進出となるも、両リンだと宮原vs真霜による優勝戦進出決定戦となり、関本は負けが許されない状況となった。
 序盤のマッチアップでは横幅のある関本が制するも、場外戦となると宮原が鉄柵を使っての首攻めとラフを織り交ぜ、リングに戻っても顔面へのドロップキックと首一点集中と攻撃を加える。
 劣勢の関本は追尾式バックエルボーからダブルアームスープレックス、アルゼンチンバックブリーカーと猛反撃し、宮原のフロントハイキックに対してラリアット、宮原も関本の串刺しラリアットに対して串刺しブラックアウトを炸裂させる。
 宮原は垂直落下式ブレーンバスターで突き刺すが、関本もジャーマンで応戦、袈裟斬りチョップから延髄斬りを放つも、かわした宮原は後ろ、前へとブラックアウトを炸裂させる。
 しかし関本はバックを奪ってロールスルー式ジャーマン、宮原の後頭部がサードロープに直撃すると、関本はぶっこ抜きジャーマンで3カウントを奪い、優勝決定戦はゼウスvs関本になる。
関本大介vs宮原健斗 関本大介vs宮原健斗 関本大介vs宮原健斗 関本大介vs宮原健斗 関本大介vs宮原健斗 関本大介vs宮原健斗
 優勝決定戦となったゼウスvs関本は序盤から逆水平合戦や手四つでのパワー合戦となるも、上背とパワーに優るゼウスが圧倒、宮原戦のダメージが残る関本は苦しい展開に、場外での鉄柵攻撃で流れを変えた関本はシュミット流バックブリーカーから逆片エビとパワー封じの腰攻めを展開するが、逆水平合戦をまた制したゼウスがバイセップスエクスプロージョン、リフトアップスラムと攻勢をかけ、関本もミサイルキックからアルゼンチンバックブリーカー、サイドバスターからサソリ固めとジワリジワリと攻めにかかる。
 ゼウスはバイセップスエクスプロージョンで関本を場外へ追いやるとノータッチ式プランチャを炸裂させ、場外でのブレーンバスター、リングに戻ってから串刺しボディアタック、フロントスープレックス、ジョン・ウーと攻め立て関本を追い詰める。
 ゼウスはジャックハマーで勝負を狙うが、関本はブレーンバスターで阻止するが、クラッチを放さなかったゼウスがブレーンバスターで返し、雪崩式ブレーンバスターで投げるも、起き上がった関本はゼウスとのラリアット合戦に持ち込むも、ダイビングラリアットでゼウスが制する。
 ゼウスは再度ジャックハマーを狙うが、関本は逆に垂直落下式ブレーンバスターで突き刺すと、投げ放しタイガースープレックスを敢行、後ろ前へとラリアットを炸裂させる。
 関本は延髄斬りを放つが、ラリアットで迎撃したゼウスはジャックハマーを決めるも、ダメージのためかカバーに入れず、再度のジャックハマーを背後に着地した関本は延髄ラリアット、延髄斬り、ラリアット、そしてフロッグスプラッシュからぶっこ抜きジャーマンを決め3カウントを奪い、チャンピオンカーニバル初制覇を達成した。試合後はゼウスがトロフィーを受け取る関本に対して潔く敗戦を認め、関本を肩車して優勝を祝したが、関本への肩車はダメージのあるゼウスなりの意地だったのかもしれない。
関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス 関本大介vsゼウス


 感想はというと自分的には優勝候補は秋山で関本は優勝候補に押していなかった、理由は関本が大日本の一騎当千を終えた後で、いくら関本でもシングルのリーグ戦の連続では難しいのではと考えたことと、秋山自身が今年最後のチャンカンと位置づけていたことで、諏訪魔不在の全日本のトップとしてまだまだ宮原の前に立ちはだかってほしかったという希望があったからだった。
 結果的には関本がリーグ戦では秋山、宮原を破り、優勝決定戦ではゼウスと現在の全日本のトップ勢を総なめにしての優勝は文句の言いようがなかった。


 バックステージでは関本が三冠王座や世界タッグ王座挑戦など全日本のタイトル総獲りを宣言し、秋山も大日本との対抗戦を示唆したが、今回のもうひとつチャンカンで思ったこと、全日本は諏訪魔不在もあるが、大日本のストロングBJWよりはまだまだ戦力不足、野村やリーは確かに成長はしているが、ストロングBJWと比べてしまうと足りないものが多すぎるし、諏訪魔不在がここに来て響いてしまっている、関本の優勝はその表れなのかもしれない。


 今年のチャンカンは様々な団体の選手が参戦するなどバラエティーに飛んだが、大日本の関本の優勝で時の流れというものを感じた。

2016チャンピオンカーニバル 岡山大会公式戦結果

4月23日 全日本プロレス「2016チャンピオン・カーニバル」岡山県卸センター オレンジホール 316人


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝1敗=8点]○ゼウス(9分22秒 片エビ固め)[1勝5敗=2点]Xジェイク・リー
※ジャックハマー


【ゼウスの話】「チャンピオン・カーニバルいうだけあって、ジェイクも何戦かやってきて、俺がみとった頃のジェイクよりも確実によくなってると思ったな。まだまだやばいとかそういう感じはせんけどな。なかなか鋭い蹴りになってきてるんじゃないかなと思う。あと10年間、あいつがきてもボコボコにしてやろうと思ってるけどな。(4勝1敗の首位で最終戦の大阪を迎えるが?)大阪をチャンピオン・カーニバルの決勝にした時点で、俺に優勝の舞台を与えてくれたんじゃないですか、全日本プロレスは。俺に優勝しろってことでしょ。ファンの期待に明日は絶対応えます」


 【リーの話】「終わった、チャンピオン・カーニバル。俺のチャンピオン・カーニバル終わりだ。けど、アイ・アム・ミー。俺は俺だ。俺ならできる。俺なら絶対に強くなれる」


▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○秋山準(11分23秒 体固め)[1勝5敗=2点]X野村直矢
※エクスプロイダー


【秋山の話】「(3勝2敗で決勝進出の可能性を残したが?)まだね。とにかく失点が少ない奴がいっぱいいるんで。俺はとにかく最後まで勝って、あとは周りの結果をみるだけ。俺は勝つだけですよ。(2連敗から3連勝で巻き返したが、調子が上向いている実感はある?)調子というより気持ちだね。最後(の出場)という点で、このままじゃ終われないというのもあったし。(野村は普段と違った?)あいつも新しいものをいろいろ考えてるし、俺は3人の中で考えてないように見えるけど、あいつが一番考えてると思う。あいつみてても緊張してるんだか、してないんだかわからない、飄々としてるけど、一生懸命、試合のことを考えてる。みてても3人の中で一番考えてるんじゃないかなと俺は思うけどね。まだまだ経験というのはね。絶対あいつの方が俺よりスタミナあるはずだけど、試合になったらあいつの方が疲れてる。どうやってそのスタミナを配分するのか。絶対に休まないといけないところもあるから。ずっと100の力でできないから。そこは経験していけば覚えると思うし、今はヘトヘトになって息も絶え絶えで帰ってくるぐらいがちょうどいいと思う。それでスタミナつくと思うし。俺があいつらにそういうことをさせてあげないといけないなと思ってます」


 【野村の話】「これで俺のチャンピオン・カーニバルは終わり。やっぱり気持ちだけではどうにもできない。でもこのチャンピオン・カーニバルの公式戦で負けた人にはどんな時間かけても絶対にリベンジする。絶対このままじゃ終わらないし、みとけよって」


▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○スーパー・タイガー(12分11秒 タイガースープレックスホールド)[3勝2敗=6点]X関本大介


 【S・タイガーの話】「ダメージが…試合の途中、ヒザが外れて足の踏ん張りが効かなかったんで、それを読み取られないように。タッグでは何回も当たってますけど、一発逆転で勝ちは勝ちですけど、秋山戦もそうだし、もっと強さを身につけないと。リーグ戦あと2試合。今日の1勝は大きいですね。勝たないことには…。明日頑張ります」


 【関本の話】「あぁ、やっちゃった。クソ。いやぁ、クソ。(この2敗目は痛いのでは?)痛いですね。悔しい。どうなりましたかね? (3勝2敗でまだ決勝進出の可能性はあるが?)OK。その可能性にかけます。1%の可能性が残ってる限り、あきらめません」


▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗1不戦勝=8点]○吉江豊(11分07秒 体固め)[2勝3敗=4点]X大森隆男
※ダイビングボディプレス


 【吉江の話】「よし、よし、よし、よし! きたね、きたね。何だ俺の特異体質は。打たれれば打たれるほど、連戦のきつさが続けば続くほど体がどんどん強くなってる。俺自身、俺の体に惚れ惚れするね。俺も結構なキャリアだけど、まだまだ上がいる。その一人が大森隆男。まだまだ元気じゃねぇか。それ以上に俺の方が元気ってことだ。受けて受けて、全て相手が出し切る前に勝ったかもしれないけど、全て受けきりますよ。その上で俺の体の強さを証明してから勝つ。そして明日の大阪のリング、最後に立ってるのは俺!」


 【大森の話】「まだ俺の春は終わっちゃいねぇ。終わっちゃいねぇんだよ。クソ。チャンピオン・カーニバル、試合も厳しいよ。移動日程も厳しい。でもそれも全て飲み込んで…それがチャンピオン・カーニバルなんだよ。俺はこんなんでへこたれねぇぞ」 

2016チャンピオン・カーニバル 名古屋大会公式戦結果

4月22日 全日本プロレス「2016チャンピオン・カーニバル」愛知・名古屋市露橋スポーツセンター 456人

<コメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○吉江豊(不戦勝)[1勝3敗=2点]×神谷英慶
※神谷が4月18日・会津若松大会でのゼウス戦で右脇腹を負傷、「肋軟骨骨折」で全治1ヵ月の診断を受けため欠場、チャンピオン・カーニバルは棄権となった。

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○崔領二(8分6秒 エビ固め)[1勝4敗=2点]×ジェイク・リー
※那智の滝

【崔の話】「(3勝目で白星先行となったが?)神谷がこういう形になって、誰がどうとか星獲りはわからないけど、今思えば1敗までにしておかないと。青木戦が悔やまれるなと。全勝でいっても4勝2敗? わからないけど。ジェイク・リーは次、若いのが来るとしたらあいつでしょうね。体ええし、できてるしね。ちょっとキャリアは若い奴らより上やけど、いいですね、いろいろ持ってて。ただ雑。全部が雑。あれじゃまだトップじゃ無理。けど磨きゃいける。また凄いの出てきた。開幕の会見で青木選手が言った通り、出ることだけで満足してるっていう気持ちが今日の8分であいつが負けたということじゃないかなと。いいですよ、もし仮に出れただけで満足って気持ちがあったとしても自分の気持ちに嘘つけないから、それはいい。けど自分の心の中に留めておけよ。プロやぞ、ここ。お前を応援しにチケット買ってる人たくさんいる。嘘でも優勝宣言しろよ。俺だって青木さんと同じこと言う。でもやっぱりジェイクと野村と青柳は全日本の宝やと思うんでね、シングルやらせてもらえるのは俺も光栄やし、またぶつかりたいし、ホント向上心があって上目指してええと思う。ただ雑。やり直せ、もう一回。メンタリティからやり直せ。もっと失敗してイチから出直してこい。ちょっと出るに早かったかな。体力的にはいいけど、優しすぎる心が。潰すぐらいの気持ちで来ないと。そういう人しか出ちゃダメですよ。ここの最高峰なんですから、このリーグ戦は。道場破りくるぐらいの気持ちがある他団体の奴とか。俺はそういう気持ちで来てるから。けどみんな凄い。気の抜けないメンバーばかりで、あと1戦やけど、このリーグ戦に呼んでもらって、日に日にいろんなものをこの年で吸収してるなっていうか、いろいろ感じるところが凄くあって、みんなの頑張りとか、裏方さんも含めて、選手も経営者も一丸となってやってる。ただホント優勝。吉江豊に勝って優勝。結末は俺以外は絵にならない。俺はそう思ってるんで。いい優勝のコメント考えておきます」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○スーパー・タイガー(6分32秒 チキンウイングフェースロック)[1勝4敗=2点]×野村直矢

【S・タイガーの話】「あとがないんで、もっと余裕でできるかなと思ったんですけど。わかってるんで、若い人間の必死の力を油断しちゃいけないのは。全日本の若手、殺しにきてるというか、僕も殺しにいってるけど、それ以上に。技でカバーできると思ったけど、最終的にここまで意地張らなきゃいけないぐらい。でも何より明日をみてるんで。今日これで2勝2敗イーブン。明日はいろんな部分でリーグ戦の勝ちもそうだし、物凄い難敵。リアルジャパンのチャンピオンでもありますし、チャンピオン・カーニバルの予選の戦いでもあり、リアルジャパンの場所を変えてのタイトルマッチに近い戦いだと思うんで。リアルジャパンを背負って戦う男として絶対に負けられない。そしてリーグ戦も絶対に優勝して佐山サトルの元に帰ります」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○大森隆男(9分10秒 片エビ固め)[2勝2敗=4点]×青木篤志
※アックスボンバー

【大森の話】「俺が残るんじゃねぇんだよ。俺が主体的に俺自身が勝ち残るんだ。他の試合で勝った負けた、そんなの関係ねぇ。俺が俺の力で這い上がる。リーグ戦だろ。チャンピオン・カーニバルだろ。スキをみせたら誰だって蹴落とされることがあるんだ。その蹴落とす側か、蹴落とされる側か。俺は俺以外の奴を全員蹴落とす。それだけだ。明日は吉江、待っとけ」

【青木の話】「大阪、大阪だけ。最後3つあるからね」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○関本大介(13分1秒 グラウンドコブラツイスト)[2勝2敗1分=5点]×真霜拳號

【関本の話】「危ねぇ。危なかった。いやぁ危ないですね。打っても打っても倒れない。さすが真霜拳號。何とか3つ獲れました。完全にKOすることは、ギブアップ獲ることはできなかったけど、何とか3つ獲ることができました。凄ぇな真霜拳號、ホントに。充実した戦いができました。完全に攻撃をブロックされてたんで、今日勝って次やったらどうなるかわからない。右ヒジがバカになりそうですね。明日もスーパー・タイガーとの戦いがありますから、気を取り直してというか、今日勝った勢いで明日も臨みたいと思います。(白星も3つ目だが、決勝進出の手応えは?)明日勝てばね、もういけるでしょう。点数状況はわからないけど、とりあえず俺がトップですか。この勢いで優勝まで突き進みたいと思います。(ボディガー戦での敗北は引きずっていない?)やっぱり痛かったですよ。精神的にもちょっと痛かったですけど、気を取り直して頑張ります。一つずつ、一つずついきます」

【真霜の話】「最後の何だあれ!? クソー! 知らねぇもん、こんなとこで出してきやがって!」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗1分=7点]○宮原健斗(8分59秒 シャットダウン・スープレックスホールド)[2勝3敗=4点]ボディガー

【宮原の話】「俺のチャンピオン・カーニバル残すところ大阪のみ。今日勝って、大阪で2試合する準備万端なんでね。今日、チャンピオン・カーニバルで初めてシャットダウン・スープレックスが出た。大阪の前触れとしてはもってこいだ。準備は整った。2016年チャンピオン・カーニバル優勝者・宮原健斗の名前を歴史に残すまであと1戦ですから。(Aブロック単独首位となったが?)もう僕のイメージは優勝決定戦に出てるイメージしかない。もうそれしかないでしょう。三冠チャンピオンとしてチャンピオン・カーニバルも制して、宮原カーニバルを最高の結果で締めくくりたいと思います」

2016チャンピオン・カーニバル 福島大会公式戦結果

4月18日 全日本プロレス「2016チャンピオン・カーニバル」福島・鶴ヶ城体育館 320人

<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗=4点]○吉江豊(10分52秒 体固め)[1勝3敗=2点]×ジェイク・リー
※ジャンピングボディープレス

【吉江の話】「予想通り足は狙われるね。俺を打開するにはピンポイントでこの宝物の体を支える足、そこしかないよ。大したもんだよ、ジェイク。いいじゃねぇか、いいじゃねぇか。あいつも俺の大好きな戦いを仕掛けてくるんで、俺もそれに乗せられて、いつも以上にウキウキ試合を楽しみましたよ。でも順当でしょう、今日は。当たり前。ここでつまずいてどうするんだよって。最後に立ってるのは俺。大阪のリングで最後に立ってるのは俺ですから、皆さん楽しみにしててください。自分でも楽しみにしてます」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○ゼウス(12分46秒 片エビ固め)[1勝2敗=2点]×神谷英慶
※ジャックハマー

【ゼウスの話】「まぁ、チャンピオン・カーニバルというリーグ戦の中、神谷っていう若いホープが大日本から出てきたってことを知って、これは前々から全力でやったらんとアカンと思ってな。彼の技も全部受けて。これからもっともっと強くなる選手やと思ったから、またやりたいね。このまま連勝で進んでいって、決勝、チャンピオン・カーニバル優勝。そのトロフィーに名前を刻みたい」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○ボディガー(13分35秒 片エビ固め)[2勝1敗=4点]×関本大介
※ラリアット

【ボディガーの話】「よっしゃ! みたかオイ! 関本大介に真っ向勝負で勝ったぞ。しかも小細工なしのぶつかり合いで関本大介に勝ったぞオイ。この1勝はでかいぞ。これでチャンピオン・カーニバル2勝2敗、タイに持ち込んで、ええ感じでこれから残り後半、しかも俺の地元の大阪も入れて関西や。こっから俺に流れが向いてきてるな。(今日の勝利がいい追い風になると?)あの関本大介に真っ向勝負で打ち勝ったというのは、この1勝は本当に10勝に値するぐらいの大きな1勝や。もうこれで後半戦、絶対流れつかめると思うんで、関西のみんな待っといてや。絶対大阪府立体育会館で俺が優勝決めてみせるから、楽しみにしといてくれ。まぁ、そういうこっちゃ」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○秋山準(17分19秒 片エビ固め)[2勝1敗1分=5点]×真霜拳號
※リストクラッチ式エクスプロイダー

【秋山の話】「(右足を攻められて苦戦したが真霜の実力はどう感じた?)初日、宮原との試合をみてるし、しっかり気を引き締めていったんだけど、結構、攻めの手数があるなと。たぶん他のKAIENTAI DOJOの子たちとは一枚も二枚も違うのかなと。(その真霜に勝ったのは大きい?)彼も点数が俺より上だから。とにかく俺より点数が上の奴は全部土つけないと、俺の自力の優勝がなくなっちゃうんで必死ですよ。本当に俺が全日本で今までやってきた選手と何も変わらないぐらいの攻めしてたし、ハートが強い。面白い選手だよ。(過酷な3連戦を2勝1敗で勝ち越したが?)本当は3連勝したかったんだけど、立て直せてよかったです。あと公式戦2つあるんで、優勝します」

▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗=1分=5点]○宮原健斗(9分42秒 片エビ固め)[1勝2敗=2点]×スーパー・タイガー
※ブラックアウト

【宮原の話】「まぁ順当な勝ちでしょう。右腕攻められたけど、ちょっと危ない場面あったけど、そこはイメージ通りかなというのがありますね。昨日負けて危機感満載ですけど、俺らしいかなって。今からいくからね。ここから大逆転ですよ。優勝、俺がやんないと、2016年チャンピオン・カーニバル、俺が主役じゃないとだめでしょ」

【S・タイガーの話】「負けました。それは認めます。でも頂はもうみえました。ただ僕の持ってる全ての技を今回、出したつもりです。全力でぶつかりました。出し惜しみなく。それを受けて受けて返すチャンピオン、僕は強い男に会えて、まだまだ自分の伸びしろ、これだったらいけるぞと。プロレスが物凄く好きになりました。チャンピオン・カーニバルまだ続きますけど、僕がまた狙ってるリアルジャパンのベルトを持つ関本大介、野村君もそう。物凄く勢いあります。真霜選手もそう。残り3戦、またいったん東京に戻って作戦を練って、しっかりと実戦につなげる。ただ今回、頂はみえた!」

秋山が宮原を降し公式戦初勝利で巻き返し宣言!リーは大森を降す大金星!

4月17日 全日本プロレス「2016チャンピオン・カーニバル」新潟・サン・ビレッジしばた 342人

<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝1敗=2点]○吉江豊(11分29秒 体固め)[2勝1敗=4点]×青木篤志
※ダイビングボディープレス

【吉江の話】「よし、よし、よし! 勝ち、勝ち、勝ち! 大したもんだよこれだけの体重差があるのに。足狙われるのはこっちも予想通り。この間も言った通り、俺は相手の技を受ける。青木の足攻め耐えて耐えて。耐えられる体をくれた両親とプロレス界に感謝ですよ。それをプロレス界で活かさなくてどうするんですか。(1勝1敗となったが?)まだ始まったばかりですからね。足攻められようが、どこ攻められようが、最後に立ってるのは俺。その気持ちがあれば最後に俺が決勝のリングに立ってる。その気持ちの強い人間が立ってるってこと。それが俺だと信じて、これからも試合を楽しみますよ」

◇第2試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝2敗=2点]○ジェイク・リー(10分41秒 エビ固め)[1勝2敗=2点]×大森隆男
※バックドロップ

【リーの話】「勝ったよ。勝ったよな? 勝ったぞ。どんな形であれ、連敗止めたぞ。俺が連敗止めたぞ。負けて悔しくないわけねぇだろ。勝ちに行くぞ俺は!」

◇第3試合◇
▼3WAYマッチ/30分1本
○佐藤光留(9分44秒 体固め)×井上雅央
※良寛のラリアット、もう一人はビッグ・THE・良寛
 
◇第4試合◇
▼30分1本
○ゼウス 青柳優馬(11分53秒 体固め)中島洋平 ×SUSHI
※チョークスラム

◇第5試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○崔領二(17分41秒 片エビ固め)[1勝1敗=2点]×神谷英慶
※那智の滝

【崔の話】「なめてたわけじゃないけど、神谷、凄いし、ベーシック、基礎がある。けど、若いからどっかでいけんだろうと思ったけど、このリーグ戦、休まるところがない。本当に。あと2勝2敗になって、ここからかなと。だけど俺の手応えやけど、みんな凄いけど、俺もついていくの精一杯やけど、俺、ここの団体でいけるんじゃないかなという感覚が芽生えてきたんで。そう思ったら急に反対ブロックにいる、リーグ戦で対戦することのない秋山、宮原、みんな対戦したくなった。欲がどんどん出てきた。でも目の前の試合を一つ一つ片づけていかないと。だけど、その一人ひとりのレベルが高い。俺が24の時、あんな試合まったくできてない。さすがチャンカー。だけど、これだけは言わせてもらうけど、背負ってるもんが違うよ。俺は後ろ盾も何もないから。自分で今頑張らないと未来はないから。俺、倒れたら死ぬから。生きていけない。けど、間違いなく俺、引退する時、自分のランズエンド帝国作ってるから。俺は日本のスポーツ界のトップ、いや世界のトップに上り詰めることを頭に置いてやってるから。悪いけど、適当にやってる奴がおるんなら志が違うよ。この村社会のしょうもない奴の人間なんかほっとけ。今現在、俺が一番魅力的。そう思ってるから。あとは結果だけ。だけどチャンカー、リーグ戦、大好きですね。決勝いって結果出しますよ」

◇第6試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝2敗=2点]ボディガー(9分12秒 片エビ固め)[1勝1敗=2点]×スーパー・タイガー
※ ラリアット

【ボディガーの話】「今日は初めての相手ということなんで、打撃とか関節を絶対仕掛けてくるのはわかってたんで、そこで対抗しても自分の持ち味出せないと思ったんで、一発狙ってました、ずっと。最後まで我慢して我慢して、最後に一発狙ってて、うまくいってよかったです。やっと一つ勝てて、まだまだあきらめたわけじゃないんで、とりあえず明日、俺にとっての一つのヤマ場である関本大介に絶対勝つ。真っ向勝負や。まぁ、そういうこっちゃ」

【S・タイガーの話】「油断したつもりはさらさらないですし、パワーファイターはある程度想定して、僕なりに今まで何人かパワーファイターやってきましたけど、考えてたものと別物だったなと。世界タッグのベルトの重みもわかりましたし。何発か死んでもおかしくない蹴りを入れても、それだけ耐えられる強靭な肉体、格闘技の選手が失神してもおかしくないような、もん絶してもおかしくないようなソバット入れて、今さらですけどラリアットで沈むという、プロレスの基本的な技の重みに負けたと思ってます。明日またすぐ心切り替えて宮原。経験するつもりで戦ってるわけじゃないんで。僕なりにリアルジャパンの誇りとストロングスタイルに対する思いもあるんで。今日の1敗を明日にすぐ転換させて、心を入れ替えます」

◇第7試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝=4点]○関本大介(14分9秒 ジャーマンスープレックスホールド)[1勝3敗=2点]×野村直矢

【関本の話】「野村選手、若いと思うんですけど、体格的にも気持ちの上でも強かったと思います。でもまだまだ自分はこのチャンピオン・カーニバルで結果を残したいんで。明日も公式戦、ボディガー選手、筋肉のごつい選手ですから、ぶつかり合ってどっちの筋肉が強いのか勝負したいと思います」

【野村の話】「クソ! このままじゃぜってぇ終わんねぇからな。いつか絶対、俺が関本大介から3カウント獲る。その日は近い。そう思います。このままじゃ絶対終わらない。みとけよ、オイ」

◇第8試合◇
▼「2016チャンピオン・カーニバル」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝2敗=2点]○秋山準(9分48秒 片エビ固め)[1勝1敗戦1分=3点]×宮原健斗
※リストクラッチ式エクスプロイダー

(試合終了後)
秋山「三冠チャンピオンに勝ったぞ!でも俺はまだ1勝。この新発田から立て直して絶対に優勝します!」

【秋山の話】「(やっと1勝という感じでは?)1勝獲るのにこんなに難しいカーニバルもない。(しかも三冠王者からというのは大きいのでは?)大きい。(巻き返しへの手応えもつかめた?)二つ負けてるんでね。どこまで巻き返しできるかわからないけど、とにかく残り全部勝って。あとは本当に周りの人間、人任せのところがあるけど、俺のやるべきことはあと全部勝つということ。たぶん引き分けも許されないんで勝つだけです。(短期決戦を仕掛けた?)たぶんあいつが短期決戦を狙ったと思うんだけど、短期決戦のいろんなこととか、ここは経験かな。要所要所で止めるところは止めて。短期決戦は一気にギアチェンジしないといけないから、なかなか難しいと思うし。そこはちょっとみれるだけ少し余裕があったのかなと。逆にあいつに長いことやられてたら俺のスタミナがなくなってたと思うし。(今の三冠王者をどう評価する?)もう俺が何も言うことがないぐらいよくやってると思うし。ただ今、俺が勝って、あいつが負けた。それは事実だから。そこはあいつがどう考えるのか。(その差はどこにある?)それはあいつが考えること。(今年のメンバーは厳しい相手ばかり?)そうだと思うよ。普段通りいこうと思ってたけど、気が焦る、そういうこともあったし、何とかしないといけない気持ちもあったし、それでタイガーにいい打撃を入れられて、こっち(鼓膜が破れた左耳)があんまり聞こえないから、そこから自分のリズムというのが今でもいいかと言ったらそうでもないんだけど、これに慣れてきた。最初は片方が聞こえないから何か違和感があったけど、それに慣れてきた。治ってないけど慣れてきた。それも今までの(経験からくる)強みといえば強み。ケガした時はこういうふうにやるとか順応して、何とか折り合いつけてやってきただけのことはあるし。骨折して試合やったこともあるし、脱臼してやったこともある。休めばいいと思うけど、俺の中では『あの人あんなのでもやってるの?』というのが俺はプロレスラーだと思ってたから。『えっ、肩脱臼して出れるの?』、でも出てくるのがプロレスラー。今、若い子たちがそうなったらすぐ休ませるけど、俺の中ではそう。そのおかげでやれてる。今のチャンピオンとの違いはそこかもしれないね。それは表面の一部。でももう宮原、そこまできてるんじゃないかな。今日は俺の経験勝ちだけであって、全ての面であいつが上回ってる。でもその経験というのがうるさいから。これからも(宮原は)それで悩むこともあると思う。俺も悩んだし。俺、全部勝ってんじゃねぇかよ、だけど何でこうなんだよというのは今まで何回も経験してるし。そっちの方が体調悪いのに、何で俺負けてんだよというのもあったし。三沢さんの時もそう。試合前、絶対体調悪いんだけど、その体調悪いペースに俺が引き込まれて最終的に負けてる。そういうもんだよ。(中盤3連戦は今のところ1勝1敗だが?)まだ1回しか勝ってないから。明日勝ってやっとタイだから。もうかなり危ないとこまできてる。勝つしかない? そう。引き分けなんかするつもりないし、30分なんてやるつもりさらさらないし」


開幕戦でSタイガー、先日の上尾大会で関本に敗れ2連敗スタートとなり、早くも崖っぷちの状況に立たされた秋山は、三冠王者で3点の宮原と対戦。
序盤はエルボーのラリーから秋山が頭突きを炸裂させるも、エルボードロップは自爆すると、宮原はフロントハイキックで秋山を場外へ追いやり、秋山を担いで鉄柵ホイップで叩きつけてから首攻めを展開。
リングに戻っても低空ドロップキックから顔面への低空ドロップキックと首攻めが続くが、串刺しブラックアウト狙いを秋山がジャンピングニーで迎撃すると、串刺しジャンピングニーからランニングニー、そしてフロントネックロックで捕獲、しかし宮原もスネークリミットで切り返し、秋山が逃れてもフロントハイキックで追撃する。
宮原はコーナーに昇るが、起き上がった秋山は雪崩式ブレーンバスターで投げるが、宮原も起き上がりフロントハイキックを繰り返すも、キャッチした秋山はエクスプロイダーで投げれば、宮原もジャーマンで応戦して両者ダウンとなる。
先に起きた宮原は串刺しブラックアウトを狙うが、秋山はフロントネックロックで捕獲し、そのままニーリフトを突き上げてからランニングニーを狙うも、かわした宮原は秋山の後頭部にブラックアウトを炸裂させ、正面からのブラックアウトからジャーマンを狙う。
しかし秋山はのけぞるような頭突きでそしてするとニーリフトの連打を浴びせ、生膝ニーを連発すると、最後はリフトクラッチ式エクスプロイダーで3カウントを奪い公式戦初勝利を収める。試合後はマイクで巻き返しを宣言して大会を締めくくった。

 4点の青木vs2点の吉江は、吉江のショルダータックルに青木が弾き飛ばされるなど体格差に青木が苦しむ展開となり、青木は低空ドロップキックから足攻めに活路を見出す。
 しかし青木のカニバサミを踏ん張った吉江はエルボードロップを投下すると、ボディーアタックやエルボードロップ、逆エビ固め、スチームローラーと重爆攻撃で青木を圧倒する。
 青木は回転エビ固めを狙い、吉江が雷電ドロップで潰そうとしたところで、青木がかわして回転十字固めで丸め込むも、クリアした吉江は空中胴絞め落としからセントーン、ダイビングボディープレスで圧殺して3カウントを奪い4点目、青木は公式戦初黒星を喫する。

 2点の大森vs0点のリーは、互いにフロントハイキックから足攻 めを狙うも、大森のブレーンバスターを狙いを着地したリーはミドルキックを打ち込み、サイドスープレックスからバックドロップを狙うが、大森は阻止する。
 大森はフロントハイキック、二ールキックから、後頭部へのショートレンジアックスボンバーを炸裂させ、串刺しアックスボンバーから雪崩式バックドロップを決める。
 大森は勝負を狙ってアックスボンバーを狙うが、リーがラリアットで迎撃すると、ミドルキックからランニングニーで突き刺し、ボディーブローからニーリフト、そしてラリアットと浴びせ、最後はバックドロップを連発して3カウントを奪い、リーは番狂わせの金星で公式戦初勝利=2点目を獲得した。

共に2点同士の崔vs神谷はアキレス腱固めの極め合いを崔が制するが、神谷はショルダータックルで反撃、だが崔もフロントハイキックで返し、サッカーボールキックで場外に追いやってから、追いかけた崔がミドルキックで追撃し先手を奪う。
リングに戻っても崔のミドルキックに苦しんだ神谷はフライングショルダーで反撃し、アバランシュホールドで叩きつけると、胴絞めスリーパーで絞めあげる。
崔はフロントスープレックスからシドマスを狙うが、神谷は阻止するも、崔はミドルキックからブレーンバスター、ミドルキックで攻め込み、神谷も串刺しショルダータックルからラリアットを浴びせ、バックドロップを狙うも、崔が膝蹴りで阻止、神谷はならばとショルダータックル、ラリアットと串刺し攻撃の連打からコーナーへと昇る。
しかし崔がジャンピングハイキックで阻止すうると、串刺しニーから那智の滝で3カウントを奪い、崔は4点目、神谷は公式戦初黒星を喫する。

2点のSタイガーvs0点のボディガーは、パワーでボディガーが先手を狙うもSタイガーはミドルキックからレッグロックと足攻めで先手を奪い、スリーパーで絞めあげるが、そのまま起きたボディガーはSタイガーをターンバックルにぶつけて脱出する。
Sタイガーのフルネルソンも力づくで脱出したボディガーはハンマーパンチ、ハイキック、ショルダータックル、ラリアットと猛攻をかけ、Sタイガーもニードロップからチキウイングアームロックで捕らえ、ランニングニー、ミドルキック、掌打、ローリングソバットと猛反撃する。
Sタイガーはローキックからハイキックを狙うが、かわしたボディガーが隙を突いてラリアットを浴びせ3カウントを奪い、公式戦初勝利を収める。

セミの2点同士の関本vs野村は、野村がキーロックを仕掛けても関本は力づくで持ち上げてで脱出し、アトミックドロップからボディースラム、そして何度もカバーを奪い野村のスタミナを奪いにかかる。
更に関本は逆エビ固めで捕らえるが、串刺し攻撃を野村はミサイルキックキックで迎撃し、串刺しジャンピングエルボーからノーザンライトスープレックスで投げる。
しかし野村のドロップキックが自爆になると、関本はフロッグスプラッシュから再び逆エビ固めで捕らえ、野村も関本の串刺し攻撃をかわして丸め込み、ラリアットもかわしてスピアーを炸裂させるが、勝負に出たフロッグスプラッシュは関本は剣山で迎撃する。
関本はバックブリーカーから再びフロッグスプラッシュを投下するが、野村もジャーマンで食い下がり、打撃戦も野村がジャンピングエルボーからスピアーを狙う。
しかしキャッチした関本はハーフラッチでぶっこ抜き、ショートレンジのラリアットを浴びせると、最後は延髄斬りからぶっこ抜きジャーマンで3カウントを奪い、4点目を獲得した。
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ