伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

DOMINION7.5in大阪城ホールまであと1ヶ月・・・初めて生で見たWWE

 2000年に入って大阪城ホールを訪れたのは2004年2月6日「WWE RAW TUOR」の大阪公演、この頃には自分はスカイパーフェクトTVを購入したことがきっかけにTVでWWEを見るようになっていたが、今回はWWE好きの友人に誘われ、またWWEとはどういうものかを生で見たいという興味から観戦を決意した。


 この頃の大阪城ホールは1997年に大阪ドーム(京セラドーム)がオープンしたのもあって、新日本プロレスは大阪ドームや府立体育会館での興行が主になり、ZERO-ONEの「真劇」や大阪プロレス、PRIDEやK-1など格闘技などは開催したが、プロレス興行で定期的に使われる機会はほとんどなくなっていった。


 当時のWWEはRAWとSMACKDOWN(SD)の2ブランド制を敷いており、各ブランドに選手が振り分けられていたが、大阪城大会はHHH、ショーン・マイケルズ、ランディ・オートン、リック・フレアー、バティスタ、クリス・ベノワ、ロブ・ヴァン・ダム、テスト、クリスチャン、ダットリーボーイズ(TEAM 3D)、ケイン、ハリケーンなどRAWブランドの選手が参戦するだけでなく当時RAWのGMだったエリック・ビショフ、セミリタイア状態だったスティーブ・オースチンが来日したが、注目は新日本プロレス時代にはワイルド・ペガサスとして活躍したベノワの凱旋、当初SD所属のべノアはツアーのメンバーに入っていなかったが、この年のロイヤルランブルで優勝すると、HHHの保持する世界王座に挑戦をするために突如RAWへ移籍し急遽ツアーのメンバーとして参戦が決まり、メインカードもHHHvsベノワの世界選手権に変更、急遽レッスルマニアの前哨戦が組まれた。


 久々に大阪城ホールへ来たが、会場の周りにはザ・ロックやケインのコスプレをしているファンもいたりで、日本の団体のファンとの質を感じたが、開場となると意外と空席が目立っていたこともあり、地方ではWWEは厳しいかなと感じさせた。
 試合もTVとは違って日本を意識してか日本スタイルの試合をしていたかなという印象があったが、第4試合後にはにはGMであるビショフが登場し挨拶しつつ理不尽な態度を取り、館内は罵声を浴びせるところでガラスの破裂音と共に“ストーンコールド”スティーブ・オースチンが登場、ビショフを罵倒した後でスタナーでKOしビールパフォーマンスを展開、これぞWWEらしさを堪能しつつ試合はぜすともオースチンのカリスマ性を堪能してしまった。


 メインのHHHvsベノワ、ベノワも日本を意識したのかグラウンド中心のテクニックで仕掛けるも、体格に優るHHHには敵わず、最後はペティグリーの前に完敗。
 試合後にはベノワは英語で「かつてのペガサス・キッドがいまやWWEのスーパースタークリス・ベノワだ。今日は失望させてしまったが、レッスルマニアでは必ずタイトルを獲得する」と約束して大会は終了、試合開始は19時だったが気づいてみれば22時を越えてしまっていた、22時を越えてまでプロレスを見たのはこの時が初めてだったと思う。


 その後ベノワは日本ツアー後に開催されたレッスルマニアでHHH、マイケルズとのトリプルスレッド戦を制して世界王座を奪取し、また同じ新日本で活躍したエディ・ゲレロもカート・アングルを破りWWE王座を奪取した、このときは新日本育ちの二人がレッスルマニアの主役になったと自分らも誇らしげに感じてしまったが、エディは翌年の2005年11月に急死、ベノワも2007年に死去、ベノワは家族と無理心中を図り、アメリカでは無理心中の概念はないため殺人と扱われ、WWEも事件を配慮してベノワの功績を全て抹消、大阪での試合が自分が生で最後に見たベノワの試合となった。


 いよいよ来月5日に新日本プロレスが大阪城ホール大会を開催するが、新しい光景を見せてくれるのか楽しみである。

DOMINION7.5in大阪城ホールまであと2ヶ月・・・前田vs船木、夢と現実を見たUWF

 大阪城ホールでの3度目の観戦は4年後の1990年10月25日、第二次UWFを観戦した。


 、大阪城ホールは新日本は年に1回程度は使用していたが、大阪での動員力が弱かった全日本プロレスは使用しなくなり、1987年に改築工事を終えた大阪府立体育館は大阪府立体育会館としてリニューアルオープンしたこともあって大阪城ホールもプロレス興行で使用されることが少なくなっていた。

 
 そしてUWFが大阪城ホールで初開催したが、当時のマット界は大きく揺れていた、UWFの大会スポンサーだったメガネスーパーがSWSを旗揚げ、新日本だけでなく全日本プロレスから天龍源一郎らを含めた選手が大量に離脱してSWSへ移籍、週刊プロレスがSWSを『金権プロレス』と批判しネガティブキャンペーンを起こし、また大仁田厚がFMWを旗揚げ、ターザン後藤とノーロープ電流爆破デスマッチを敢行し大きなインパクトを残した。


 SWSの旗揚げはUWFにも大きな影響を及ぼしていた、メガネスーパーがUWFの大会スポンサーだったことで、フロントがSWSとの提携話を進め、話を聴かされていなかった選手らとの不協和音が生じ、またフロントの会社経理における不正疑惑が発覚したことで、選手とフロントの溝はますます深まっていったが、フロントと対立していた選手らも一枚岩ではなく、船木は1989年に新日本からUWFへと移籍したが、UWFの方向性を巡って高田延彦ら他の選手らとも対立し鈴木みのると共に孤立していた。
 その状況の中で船木が山崎一夫、藤原喜明、高田延彦と得意の掌打で連破し前田日明戦となっていたが、そういった状況の中でセメントマッチになるのではと噂されていた。


 試合は序盤から船木が得意としていた掌打、前田がキックと打撃戦を展開、船木が掌打を中心に攻め立てるが、前田が力でねじ伏せにかかる、そして前田が久しぶりにジャーマンスープレックスホールドをを決めるとミスター空中レフェリーがフォールカウント、UWFはKOかギブアップが中心だったがフォールという概念はまだ残っていた、船木は掌打やローキックで前田を追い詰めていったが、前田は体格を生かしてグラウンドでリードを奪い、終盤ではミドルキック、首相撲からの膝蹴り、キャプチュードと猛ラッシュをかけ、最後は前田がスリーパーで捕らえ船木はタップ、前田が勝利を収めた。


 試合後には前田が船木と握手を交わした際に何か囁いた、そして自分は観戦していたターザン山本氏に声をかけたが、山本氏は「UWFは終わりだよ」とつぶやいていたが自分はその意味をわからないまま会場を後にするも、バックステージで事件が起きていた、前田がマスコミに対してのコメントで「船木のような選手をリング外でゴチャゴチャさせたくないんだよ。妨害やちょっかいをかけるヤツは容赦なく叩き潰す」と発言したことで、フロント側は体制批判と判断、後日前田に対して『会社への背任行為』として五ヶ月間の出場停止を通達するが、後になってわかったことだがフロント側は前田、高田、山崎をUWFから追放し船木をエースに据えるつもりだったという。


 週刊プロレスや東京スポーツなどで事件を知った自分は愕然、UWFはどうなるのだろうかと思った、そして12月の長野大会で船木が試合後に前田を呼び出し、前田がリングに登場して選手らも全選手が揃って一致団結をアピール、船木をエースに据えようとしたフロント陣は船木が前田を支持したことによって総退陣、UWFもフロントを一新して再出発するはずだった。


 ところが全選手を集めたミーティングで安生洋二と宮戸優光が今までの不満を前田にぶつけると、前田が反発と受け止め怒り解散を宣言、UWFはリングス、UWFインターナショナル、藤原組と三つに分裂した。


 UWFは自分らにとって理想郷というか“馬場、猪木時代を変えてくれと”いう一つのムーブメントだった、しかし理想郷としたUWFに待ち受けていたのは現実だった・・・、今でもUWFと前田日明は青春の一ページである。

DOMINION7.5in大阪城ホールまであと3ヶ月・・・猪木vsブロディ、60分フルタイムの死闘

 大阪城ホールで新日本プロレスを観戦したのは1986年9月16日、メインカードはアントニオ猪木vsブルーザー・ブロディ、新日本(藤波辰己、木村健悟、星野勘太郎、ジョージ高野)vsUWF(前田日明、藤原喜明、木戸修、高田伸彦、山崎一夫)5vs5イリミネーションマッチだった。


 長州力ら維新軍団をジャパンプロレスを通じて全日本に引き抜かれた新日本プロレスは巻き返しにブロディを引き抜いたが、プロモーターとトラブルを起こすブロディは新日本ではコントロール出来ず、昨年12月に開催された『IWGPタッグリーグ戦』を優勝決定戦進出を決めながらも新日本側とトラブルを起こして試合をボイコット、ブロディは新日本から追放され日本マットから締め出された、それと同時に団体としての活動が行き詰まったUWFが業務提携という形で新日本にUターン、新日本軍との抗争が勃発していた。
 そしてブロディと猪木が1986年8月のハワイで遭遇、ブロディの新日本復帰と猪木vsブロディが決定となったが、ブロディが再び新日本に接触したのは「IWGPタッグリーグ戦」で支払われなかったギャラの清算を求めての参戦だったという。

 

 これだけのカードを揃えながらも大阪城ホール大会はノーテレビ、このとき『ワールドプロレスリング』は金曜8時から月曜8時に移行することが決定し、また『ブロディがまたドタキャンするかもしれない』という事情も絡んでTV中継が組めなかったという。


 そして開場となったがパンフレットの対戦カード欄には猪木の対戦相手は空欄となっていた、この時は自分も事情を飲み込めていなかったが、ブロディはまた新日本側と揉めドタキャンする構えを見せていたという。


 猪木vsブロディは予定通り行われ、猪木が延髄斬りや卍固め、バックドロップと当時の全てを出し切ったがブロディを仕留めることが出来ず60分フルタイムのドロー(この試合は新日本プロレスワールドでも視聴できます)。


 イリミネーション戦は最後はIWGPジュニアヘビー級王座をかけて抗争していた越中と高田が残り、高田が越中を降してUWF軍が勝利となった。


 ブロディは3日後の福岡大会で藤波と対戦したが両者リングアウトのドロー、ブロディは11月に来日を予定し前田やアンドレ・ザ・ジャイアントとの対戦が決定していたが、、また新日本と揉めて追放、藤波戦が新日本でのラストマッチとなり、『ワールドプロレスリング』も福岡大会をもって金曜8時の枠から去った。


 そしてブロディが日本マットに復帰したのは1年後の全日本プロレスだったが、これはまた別の話である。

DOMINION7.5in大阪城ホールまであと4ヶ月・・・初めての大阪城ホール

 7月5日、大阪城ホールで新日本プロレスが「DOMINION7.5in大阪城ホール」を開催する。


 大阪城ホールでプロレスが開催されるのはWWE RAWツアー以来で11年ぶり、新日本プロレスは21年ぶりとなる。


 大阪城ホールがオープンしたのは1983年(昭和58年)プロレスが初開催されたのは昭和59年3月21日の新日本プロレスでメインカードはアントニオ猪木、坂口征二vsディック・マードック、アドリアン・アドニスと長州力vs藤原喜明、当時の新日本は新間寿氏がUWFを設立、前田日明やラッシャー木村らが離脱し移籍したが、猪木の新日本正規軍と長州率いる維新軍団との抗争で全盛期よりは翳りを見せていたが、まだまだ勢いを見せていた。


 この時点では大阪城ホールは旧大阪府立体育館が常打ち会場だったこともあって頻繁に使われることはなかったが、府立体育館が老朽化のため改築工事に入り、プロレス興行は大阪城ホールへと移るも、マット界に激震が走り新日本の看板だった長州率いる維新軍団や永源遙ら中堅、若手がこぞって新日本を離脱して全日本プロレスと提携していた新日本プロレス興行(後のジャパンプロレス)へ移籍、提携ラインで全日本プロレスに参戦するようになった。


 全日本もジャパンプロレスの主催で昭和60年2月21日に大阪城ホールへ進出、長州vs天龍源一郎、谷津嘉章vsジャンボ鶴田、キラー・カーンvsジャイアント馬場で12000人を動員した。

 
 自分が大阪城ホールでプロレス観戦したのは昭和61年3月4日の全日本プロレスで、まだジャパンプロレスとの抗争が続き、最終戦の武道館大会では全日本vsジャパン7vs7シングル対抗戦が控えていた。
 メインはインターナショナルタッグ選手権(王者)長州力 谷津嘉章vs(挑戦者)ジャンボ鶴田 天龍源一郎、タイガーマスクvsザ・グレート・カブキ、キラー・カーンvsタイガー・ジェット・シンで、長州と谷津は鶴龍コンビを降しインタータッグ王座を奪取、カブキは全日本軍に叛旗を翻していた。
 カーンvsシンはほとんど試合にならず、カーンのクロスチョップがレフェリーに誤爆したため反則負け、タイガーvsカブキはタイガーは場外のカブキにプランチャを放ったがカブキが毒霧で迎撃したため反則負けに、メインのインタータッグ戦は4選手が入り乱れる混戦となるが両者リングアウトの引き分けでジャパン側が防衛となった。
 そしてジャイアント馬場さんは大熊元司と組んでハーリー・レイス、クラッシャー・ブラックウェルと対戦、試合はレイスがダイビングヘッドバットで大熊を降したが、実況席での解説を終え控室へ引き揚げようとする馬場さんを間近で見たが、初めて見る馬場さんは改めてデカイという印象を受けた。


 大阪城ホールは大阪府立体育会館が改装工事中の2年間、大阪でのプロレス常打ち会場となり、その間に藤波辰己vs前田日明、ジャンボ鶴田vs長州力など様々な名勝負が生まれていった。
  

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ