伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

ブログランキング

RSS

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

マスターズが見せた真夏の夜の夢…馳 浩が一夜限りの復帰!

7月26日 PRO-WRESTLING MASTERS 後楽園ホール 1626人 超満員札止め


<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第1試合◇
▼FIRST MASTERS スペシャルシングルマッチ/15分1本
○大矢剛功(8分30秒 片エビ固め)×リッキー・フジ
※バックドロップ


◇第2試合◇
▼ルチャマスター・ザ・ベスト スペシャル6人タッグマッチ/30分1本
ザ・グレート・サスケ 獅龍 ○SATO(17分14秒 片エビ固め)NOSAWA論外 MAZADA ×FUJITA
※ダイビングセントーン


◇第3試合◇
▼WONDERFUL MASTERS WORLD スペシャルタッグマッチ/45分1本
獣神サンダー・ライガー ○佐野巧真(12分3秒 体固め)藤原喜明 ×冨宅飛駈
※ダイビングフットスタンプ
 


◇第4試合◇
▼MASTERS BATTLE!平成維震軍vs大日本プロレス スペシャル6人タッグマッチ/60分1本
○越中詩郎 齋藤彰俊 AKIRAwith青柳政司(15分35秒 片エビ固め)×グレート小鹿 関本大介 岡林裕二
※ミサイルヒップアタック


(試合終了後)
小鹿「てめえら、これが終わりじゃねえんだ! 始まりだコノヤロー!(青柳に)なんだこのインチキ野郎は! 詐欺師かコノヤロー! ニセモノのなんか刀見たいなの持ってコノヤロー! もっといいもの持ってこんかコノヤロー! なんだこのインチキがコラ! おい越中、越中てめえコノヤロー! 偉そうにしやがってコノヤロー! 新弟子のころオレの胸で泣いただろコノヤロー! いまなんだこの悪党が!(小鹿がマイクを投げて退場)」


越中「いくぞ! やってやるって!」


【越中、彰俊、青柳の話】
越中「(熱くなっているようだったが?)いや、いつもと一緒。そこのけ、そこのけだって。維震軍のお通りだって。オマエら相手じゃないって。小鹿がガタガタ言ってんじゃないって。ふざけんなって」


彰俊「勢い止まらないですね、維震軍は」


青柳「新日本のときよりも勢いがいいからな、コノヤロー。どこのリングにも上がってやるからな」


越中「ますますだって。見とけよ。見とけ!」


【小鹿、関本、岡林の話】
小鹿「彼らの言う通り、プロレスの世界というのは年功序列じゃない。実力主義。維震軍はリング内のコンビネーションはすごいベテランで長けてる。相撲じゃないけど、負けて覚えるプロレス。悔しいのは悔しいけども、この借りは返しましょう。あれだけメンバーが、維震軍、最強と思うから。いろんな部分で。オレはちょっとわからんけど、関本と岡林は大日本プロレスの最高ですから、これは相手にとって不足はない。まだまだいかせてもらう。お客さんに長い目で見てほしい。どうだ、関本?」


関本「会長の言う通り。だけど、なんだ青柳。3対3じゃねえだろ。3対4になっちゃうだろ。でも、負けは負けですからね。またもう一回チャンスがあるならいきたいです」


岡林「ただ単純に悔しいですね。もっともっとやり合いたいです。試合したい。そういう気持ちでした。悔しい」


◇第5試合◇
▼北斗の流星復活!そして“魔界の達人"見参! スペシャル6人タッグマッチ/時間無制限1本
藤波辰爾 長州力 ○馳浩(15分35秒 ノーザンライトスープレックスホールド)グレート・ムタ ザ・グレート・カブキ ×TNT


(試合終了後)
馳「今日、今日を夏の夜の夢に終わらせないようにしたいと思います。長州さん、藤波さん、ありがとうございました。よし、最後に『1、2の3、レジェンド』で締めさせてください。立って。みんな立って。オマエらみんなに感謝を込めてやるよ。1、2、3、レジェンド!」


【馳、藤波、長州の話】
馳「(11年ぶりのリングはどうだった?)尊敬する藤波さんと長州さんがそばにおられて、思う存分やらせていただきました」


長州「少し心配はしてたけど、全然心配する必要なかった」


藤波「人のことよりも自分のことであれだったけど、(馳は)持ってる技も出し切って、このまま第一線のリングに立てるんじゃない(笑)」


馳「(現役時代と変わらぬように技を決めていたが?)無我夢中ですよ。全盛期の後楽園で、全盛期の藤波さんと長州さんがそばにいた後輩として、先輩はこんなにスゴいんだと、足手まといにならないようにやりました。(久々のプロレスのリングはどうだった?)お客さんのおかげだよ。リングにいるときは政治家、馳浩はなし! 国会にいるときは、プロレスラー、馳浩はなし!」


藤波「やっぱり発言にすごく慎重になる立場だと思うけど、今日、会場入りして一番早くリングに上がって、ウォーミングアップも一番早かったからね。一番最後までウォーミングアップして。やっぱりリングがいいんだろうね(笑)」


馳「(リングは)気持ちいいですね。相手も良かったからね。ムタ、カブキ、TNT。自然と気持ちが入りますよね」


長州「後輩がいっぱい応援に来てたな」


長州「(馳には今後もリングに上がってほしい?)国会で素晴らしい仕事をしてほしいですね。リングに上がると彼、器用だから、こなせるけど。まさにいま(国会で)活躍してほしいなって思いますよね」


馳「(10月に金沢で実行委員長に名を連ねている興行が開催されるが?)金沢の興行なので、お世話させていただきますけど、国会始まってますから、そこはケジメをつけて、興行のお手伝いはしても、リングには上がりません。国会中ですから。(継続的に上がっていきたいという思いは?)そんな色気も出さないし、いま自分がやることをしっかりやります」


長州「いまだから余計期待してるよ」


馳「安倍政権も文科省もいろいろと足元が揺らいでいるなかで、わたしも中堅を超えてベテランになりましたから、若い国会の後輩諸君を育てないといけないし。自分自身、裏方で支えることも大事ですし。そこが大事なことだと思いますね。オレの仕事はたくさんありますから、そこをしっかりやります。(ジャイアントスイング20回転については?)20回まわした?(お客さんが)優しいね(笑)。精一杯やっただけです。(この日に向けてどれぐらいトレーニングした?)武藤に頼まれたのが2月だったかな。一日1時間と決めて、朝早く起きたり、国会の合間を見つけて。休みなく、一日1時間ずつ体は作ってきました。せっかくリングに上げてもらってるのにさ、政治家のにおいがあったらイヤじゃん。それが自分のプライドだからさ。


(今日の試合で政権にカツを入れたい気持ちはあった?)スゴい意味のあることだと思うんですよね。プロレスはさ、みんなスターじゃダメなんだよ。国会もいっしょ。スターは安倍さん一人でいいんだよ。やっぱり裏方になって、泥まみれになって、汗を流して、黙って仕事をしなきゃダメだよ。ピーチクパーチクしゃべってるようじゃダメだよ。総理が方向を決めたなら、それに向けて協力し合ってやっていかないと。犠牲の精神がないと自民党もダメだよ。今日も長州さんと藤波さんのおかげだし、ムタとカブキとTNTといい相手もいたから、やれたと思いますよ。オレがオレがっていうのは、ダメだよ。


(試合後のマイクで続きを予感させるような言葉もあったが?)続きはあるだろ。武藤がやるべき話であって、リングの上は。オレは今日一番のMVPは小鹿さんだと思う。小鹿さんいくつ? 神様だよな、オレたちからしたら。覚悟を決めてやってるね。表彰なんかしなくてもいいけど、このリングがあるだけでオレたちにとっての真夏の夜の夢だよ。そこにリングさえあって、お客さんがいれば最高だよ。日本のプロレスの殿堂、そのものだよ。表彰状もなにもいらない。これが(殿堂)そのものだよ。オレたちが背広着てさ、表彰状はいどうぞって、それはつまんないよ。この汗が一番の勲章だよ。(自身も今日リングに上がったことで殿堂入り?)なに言ってんだよ。オレは今日デビュー戦だと思ってリングに上がったんだよ。また、会う日まで、by馳。以上、よし!」


 今回のプロレスリングマスターズのメインは2006年8月に議員活動に専念のため引退した馳が11年ぶりに復帰を果たし、藤波、そしてかつての師匠である長州と組んで、ムタ&カブキの親子タッグと久しぶりの来日となったTNTと6人タッグで対戦。
 馳は『Two Herat』のテーマに乗って登場、コーナーに昇ってTシャツを投げ込むなど、お馴染みだったパフォーマンスを久しぶりに展開した。
 先発は長州とムタが先発も、ムタは早くもリング下に潜って何かを探すも、リングに戻ると長州はロックアップからムタや藤波のお株を奪うドラゴンスクリューを披露、藤波は日本プロレス時代尊敬する先輩の一人であったカブキがと対峙、慎重な攻防を見せ、交代を受けた馳はTNTと対峙、TNTが押し込んでもブリッジで押し返し、TNTもブレーンチョップやトーキック、地獄突きを放つ。
 交代したムタは馳をアームロックを狙うが、馳はカブキ相手にリストロックで捕らえ、交代した長州も地獄突きやブレーンチョップを放つTNTに対し、チョップから首投げ、エルボースタンプ、スリーパーと攻め込む。
 しかしTNTは藤波に首絞めから捕らえにかかると、ムタがスリーパーからヘッドロック、カブキもアッパーカットで続くも、藤波が張り手で反撃して馳交代すると、馳せはカブキ相手にジャイアントスイングで18回転と大回転、終えた後はムタに腰フリポーズで挑発、しかしTNTの援護を受けたムタが馳にドラゴンスクリューを決めるとアキレス腱固めで捕獲、場外へと連行してイスで殴打するも、リングに戻ると馳はエルボースタンプからランニングネックブリーカーで反撃すると、交代を受けた長州がリキラリアットを一閃、ムタもドロップキックで反撃を狙うが、かわした長州は元祖サソリ固めを狙うと、ムタは毒霧を噴射して阻止する。
 交代を受けた藤波はムタに本家ドラゴンスリーパーを狙うが、今度はカブキがアッパーカットでカットも、藤波はTNTにドラゴンスクリューを決め、馳もミサイルキックで続いて、少し崩れたがヘッドスプリングまで披露する。
 逆水平を放っていく馳に対しTNTはスピンキックで応戦、カブキとムタが入ってトレイン攻撃から、ムタが串刺し閃光魔術を炸裂させ、ドラゴンスクリューから閃光魔術と馳を追い詰める。
 そしてTNTが馳にニールキックを放つが、援護を狙ったカブキの毒霧がTNTに誤爆してしまうと、続いてムタの毒霧もカブキに誤爆、親子の混乱振りの隙を突いた馳がTNTに裏投げを決めると、ノーザンライトスープレックスホールドで3カウントを奪い、11年ぶりの試合を勝利で飾った。
 今では政界で活躍し文部科学大臣にもなった馳だが、想像以上の動きにまだまだ健在ぶりを見せつけた。プロレスのリングは一期一会の場でもあるが、ムタとカブキの親子タッグも再現され、長州と馳もタッグも久々に実現した。
  PRO-WRESTLING MASTERはいろんな夢を見せてくれるが、次回はどんな夢を見せるか?武藤の手腕に期待したい。


 セミでは復活・平成維震軍vs大日本プロレスが組まれ、小鹿は維震軍のセコンドである青柳相手に乱闘を展開、リング上でもAKIRA相手にヘッドロックを決めながらクローで締め上げるなど、古典的なヒール技も披露する。
 終盤には小鹿が越中の額に噛み付くも、青柳が刀でカット、関本&岡林のサンドウィッチラリアットも同士討ちになると、孤立した小鹿を維震軍が捕らえ、最後はAKIRAのムササビプレスから越中がミサイルヒップで3カウントも、収まりがつかない小鹿は維震軍を挑発、越中も再戦をアピールした。
 

武藤が久しぶりにムーンサルトプレスを投下!達人らの競演もプロレスならではのファンタジー!

2月8日 PRE-WRESTLING MASTERS 後楽園ホール 1589人超満員札止め


◇第1試合◇
▼STRONG MASTERSスペシャルシングルマッチ/30分1本
○稲葉大樹(11分45秒 #178)×高岩竜一


◇第2試合◇
▼恐れを知らないWILD MASTER襲来!スペシャルタッグマッチ/30分1本
大森隆男 ○征矢学(13分30秒 片エビ固め)高山善廣 ×佐野巧真
※ワイルドボンバー


【1ヶ月ぶりのワイルド劇場】
征矢「ストマックが…。いきなりこんな話をするけど、佐野さんと初遭遇なんだよ、これで。初めて当たったけど、やっぱ凄えな。昔のベテラン選手っていうのは…」


大森「いや、Uインタールールだったら、完全にロストポイントを取られてるよ。あのソバットでロストポイントじゃねえか?」


征矢「じゃあ、Uだったら、Cインターとかあるのか? そんなにUインターって言うんだったら」


大森「いやいや、完全にロストポイントだろ?」


征矢「なんでいきなりUになるんだ? Aインターから始まってくれ、大森さん」


大森「それは俺たちが決めることじゃない。見ていることが決めることだ」


征矢「Aインター、Bインター、Cインター。そのうち、高速の何とかインターが出てくるぞ」


大森「ああ、わからなくなるな、チクショウ」


征矢「向こうは元GHCタッグチャンピオン。そのタッグチャンピオンから俺たちが勝てたってことは、やっぱりまだまだこのまま突き進む勢いがあるってことでしょ? 違うんですか、大森さん?」


大森「間違いねえだろ」


征矢「もう終わったことはいいんだ。俺たちのタッグが世界タッグを獲れなかったかもしれないけどさ、次だよ、次。次はなにタッグだ?」


大森「なんだよ、次はもう照準絞っているって言うのか?」


征矢「なにタッグに行くんだ?」


大森「もう照準絞ってるのか?」


征矢「全部の団体のタッグのベルトを獲りに行きましょうよ!」


大森「マジかよ!」


征矢「それしか方法ねえだろ!」


大森「ユー、そんなこと言っちゃうの?」


征矢「ユー、言っちゃうよ。でも、そういう気持ちが必要なんですよ! 大森さん。いいですか? 確かに全日本プロレスの世界タッグ、アジアタッグ必要かもしれない。W-1のタッグのベルトも必要かもしれない。でも、他の団体のベルトも、タッグというものは全部俺たちの手の中に入れてやりましょうよ。あとはそれをオファーするか。俺たちの参戦を快く引き受けてくれる団体があるなら、タッグならいつでもいいぞ。なあ、大森さん」


大森「いや、でもさ、向こうはUインターだろ? もしかしたら、ひょっとしてよ、1億円積んでくるかもわからねえぞ?」


征矢「宝くじで当てる感じじゃねえか」


大森「あそこは1億円積んでくるぞ」


征矢「大森さん、1つ思ったんだけどよ。今日のポスターを見て…MASTERS、達人集結。達人っていうのはどの業界も20年以上その業界にいる人間だよな」


大森「達人集結…俺は逆から読むんだと思ってた。結集人達(けっしゅうじんたつ)かと思ってた(笑)」


征矢「中国とか、韓国とか、そういうんじゃねえんだ。こっち側から読むんだよ」


大森「今日の大会は結集人達かと思って、なんだかわからなかったんだよ」


征矢「1つだけ言っていいか。武藤さんプロデュースかもしれねえけど、俺はまだ20年経ってないんだよ。まだ9年目なんだよ」


大森「ホントだ。でも、それだけ濃いプロレス人生を歩んでいるんじゃねえか」


征矢「でもな、大森さん。だから俺はマスターじゃねえんだ。だけど、(大森は)25年でしょ? マスターの領域じゃねえのか?」


大森「マスターじゃなかったら、店長じゃねえか!」


征矢「どういうことだ?」


大森「ユーは店長だよ」


征矢「店長にしてくれ…」


◇第3試合◇
▼GREAT GRAND MASTER降臨!スペシャルタッグマッチ/30分1本
○藤原喜明 芦野祥太郎(17分48秒 脇固め)グレート小鹿 ×熊ゴロー


◇第4試合◇
▼ルチャマスター競演!スペシャル6人タッグマッチ~ルチャリブレルール/30分1本
○ウルティモ・ドラゴン 獅龍 アンディ・ウー(19分51秒 ラ・マヒストラル)×NOSAWA論外 MAZADA ディック東郷


◇第5試合◇
▼プロレスリングマスターズ集結!甦る平成維震軍スペシャル8人タッグマッチ~60分1本
武藤敬司 長州力 藤波辰爾 獣神サンダー・ライガー(15分23秒 片エビ固め)越中詩郎 ザ・グレート・カブキ ×AKIRA 斎藤彰俊
※ムーンサルトプレス


【試合後の武藤&長州&藤波&ライガー】
※4人で握手を交わすと
武藤「今日は諸先輩方のおかげで何とか勝つことができて。最後のムーンサルトなんて普通恐怖心でいけないところだったんだけど、両サイドからゲキを飛ばされたら、いかざるを得ないというか、本当に昔を思い出したというか。本当に諸先輩方には感謝しています。ありがとうございます」


――長州選手はどうだった?


長州「こうやってお客がいっぱいになって、敬司の努力が報われたんじゃない? これを続けていくのが大変だよな。よかったんじゃないですか」


――リングに立つのは約1年ぶりだったが、リングに上がった感覚は?


長州「やっぱりしんどいですよ」


――藤波選手は?


藤波「みんなこれだけ揃えばね。みんなにつられて動かされたみたいな。自分自身はちょっと最初はなにもできなかったけど、最後はライガーがいろいろと飛んだり跳ねたりしてくれるもんだから。こっちも乗せられました」


武藤「味方に蹴られたのは何年ぶりだろう」


ライガー「お前がいつまでもガンガンやられているからだ!」


武藤「ライガーに蹴られて、これ、全員は敵かなと思ったんだよ」


藤波「全員で蹴ろうと思ったんだから」


ライガー「また次、お願いします。ありがとうございました!」


藤波「まだまだムーンサルトは健在じゃん」


※武藤以外の3人は去っていく


――興行全体を振り返ると?


武藤「試合をトータルで見てないからわからないけど、俺からしたら尊敬できる先輩方の名前というものをプロレス界に残していきたいというか。前も言った通り、時と戦っても勝てないからな。力道山でさえも忘れ去られるような時代だから、今は。その中で、ふと思ったけど、やっぱりアメリカじゃないけど、プロレスの殿堂、そういうものを作ってもいいかなって。ちょっと企画してみようかなと思いますよ」


――7月26日に次回大会も発表されたが?


武藤「この人たちね、重い腰を上げるのに時がまたかかるんですわ。やる気がない時とか、波があるからさ。いい形でやる気がある時に声をかけないと、もう無理だから。そういうのは気心が知れた仲だから、そのタイミングだけは熟知してますので。また7月26日よろしくお願いします。何がともあれ楽しかった。肉体はしんどかったけど」


 武藤プロデュースこの一環として、キャリアを積んだ達人を中心とした興行「PRE-WRESTLING MASTERS」の第1回興行が開催された。


 メインは武藤率いる元新日本本隊が復活・平成維震軍と対戦し、維震軍のセコンドには青柳政司が着き、田中ケロ(秀和)リングアナウンサーが各選手をコール、田山正雄レフェリーが試合を裁いた。
 先発は1年ぶりの試合となる長州が先発で登場、越中が腿パットを連発しドロップキックを狙うが、かわした長州は早くもリキラリアットが炸裂、元祖サソリ固めを狙うが彰俊にカットされてしまう。
 長州は藤波と共にカブキを捕らえて二人がかりの股裂きを決め、武藤も彰俊にブラッシングエルボーからSTFで捕らえ、越中が腿パットでカットに入り場外へ追いやるとイス攻撃、AKIRAだけでなく青柳まで加勢し乱戦となる。
 維震軍は武藤を捕らえにかかり、越中がヒップアタックから腿バット、フェースロックで追い詰め、長州がカットを狙うと越中は彰俊に交代し、AKIRAと共に集中攻撃を加えるが、たまりかねたライガーがカットに入り「しっかりしろ!」と劣勢の武藤にストンピングを落として激を飛ばす。
 これで蘇生した武藤は突進する彰俊にドロップキックを放ち、交代を受けた長州がブレーンバスターからリキラリアットを炸裂させてから元祖サソリ固めで捕獲、交代を受けた藤波も本家ドラゴンスクリューから足四の字で続くと、武藤も越中にドラゴンスクリューから足四の字を決め競演を完成させる。
 AKIRAとカブキがカットに入るが、藤波はAKIRAのドロップキックをかわすと本家ドラゴンスリーパーで捕獲、交代を受けた武藤もシャイニングウィザードで続こうとするが、AKIRAにブロックされると維震軍が雪崩れ込みトレイン攻撃で捕らえにかかる。
 勝負に出た維震軍はカブキのアッパーカット、越中のヒップアタックの援護を受けたAKIRAが武藤にムササビプレスを投下するも、越中のヒップアタックが彰俊に誤爆すると、カブキの毒霧もAKIRAに誤爆、維震軍の足並みの乱れをついた元本隊が長州のラリアットを援護を受けてから武藤が久しぶりにムーンサルトプレスを投下して3カウントを奪い勝利を収め、試合後は武藤の「HOLD OUT」のテーマが流れて武藤コールとなって全選手がノーサイドとなった。


 2008年に蝶野正洋が中心となって「PREMIUM」という興行が開催され、藤波や長州だけでなくZERO1勢などが参戦したが次第に藤波が参戦しなくなり、ZERO1との関係も切れたため第5回を最後に開催されなくなった、今思えば「PREMIUM」もキャリアの積んだ達人が集まった興行だった。
 武藤は石井和義氏と組んで第1期のWRESTE-1をスタートさせようとしたときに「K-1とPRIDEがリアルファイトを謳うとなればWRESTLE-1は真逆のファンタジー」と答えたことがあったが、PRE-WRESTLING MASTERSはそういった意味では映画でいう「フィールド・オブ・ドリームス」的なファンタジーなのかもしれない。
 新日本の1月5日後楽園大会では天山広吉、小島聡、ヒロ斎藤、スコット・ノートンが組んでT-2000を再結成した、次回開催するときは蝶野正洋も何だかの形で絡んで欲しい。 


 第2試合でGET WILDがGHCタッグ王者にもなった高山&佐野組の元Uインターコンビと対戦、久々に高山とタッグを組む佐野は征矢相手にヘッドスプリグからローキックの連打を浴びせれば、高山は征矢相手にチョップ、エルボーの打撃戦を展開するが、Uインターコンビが征矢を捕らえて主導権を握る。
 劣勢の征矢が高山にスピアーを浴びせると、交代を受けた大森が二ールキック、高山のビックブーツをかわしてバックドロップを決めるが、高山も串刺しジャンピングニーからダブルアームスープレックスで応戦。
 交代を受けた佐野が得意のソバット、セカンドロープからのフットスタンプ、ソバットからパワーボムを狙うが、リバースした大森は征矢に代わり、征矢は串刺しバックエルボーからブルドッキングヘッドロック、ネックブリーカードロップと攻め込むと高山がカットに入り、高山の援護で佐野がソバットの連発からダイビングフットスタンプを投下する。
 しかし大森がカットに入ると征矢と共にクロスボンバーを炸裂させ、最後はソバットで抵抗する佐野に征矢がワイルドボンバー、ブレーンバスター、ワイルドボンバーと畳み掛けて3カウントを奪いGET WILDが勝利も、試合後はノーフィアーの盟友だった高山と大森が睨み合いを展開していた。

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ