忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

全日本プロレスチケット販売

プロレスリングNOAHチケット販売

ZERO1チケット販売

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
3
12
31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

SUPER J-CUPの優勝決定戦はIWGPvsGHC王者対決!

8月21日 SUPER J-CUP 2016 東京・有明コロシアム 3041人


<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○BUSHI 梶トマト グルクンマスク(7分56秒 片エビ固め)×デビッド・フィンレー 青柳優馬 Eita
※MX


◇第2試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦/時間無制限1本
○タイチ(3分1秒 リングアウト)×獣神サンダー・ライガー


【タイチの話】「かわいそうに、このマイク曲がっちまった。まっすぐでビンビンだったのに、曲がっちまったよ。物に当たるのはよくねぇな、自分が負けたからってよ。コイツにばっかり、触りたくて、触りたくて、気ぃ取られちゃってアレだよ。終わってから怒ったってしょうがねぇんだよ。物に当たって、かわいそうに、俺のマイク。ズラ引っぺがすまでもなかったな。何分だ?2分か3分か4分か。3分? 全然疲れてないよ。ヤバいんじゃないか、他のヤツら。早く試合終わらせて上に上がんないと。俺は全然体力消耗してないぞ。ズライガーが弱すぎた。次誰だ? これからか。次が1試合目みたいなもんだよ。全然こたえてねえ。最後に広がる旗は鈴木軍だぜ。(マネージャーに)次行くよ。控室行って休憩しよ」 


【ライガーの話】「(通路で)タイチはどこだ!タイチの野郎を探してんだ!タイチはどこだって聞いてんだ!これが『J-CUP』なのか?『J-CUP』はこういうもんなのか?今の『J-CUP』はこういうもんなのか! タイチはどこだ! あのクソマネージャーはどこだ! こんな茶番だったら外出やってやるよ!何が『J-CUP』なんだ!『J-CUP』の趣旨が分からないヤツは『J-CUP』に出るな!こんなことするために『J-CUP』始めたんじゃないぞ俺は! 何が『J-CUPの象徴だから出てください』だ! こんな闘いに俺を出させてどうするんだ! 何が象徴だ、口ばっかりじゃねえか! あのクソマネージャーどこ行ったんだ! レスラーに手出して済むと思うなよ! 同じだからって容赦しねえぞ! アイツらの控室どこなんだ! (若手に)おい、どこなんだ控室は!(通路を入っていく)タイチどこだ!(怒号)」


◇第3試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦/時間無制限1本
○KUSHIDA(10分24秒 腕ひしぎ逆十字固め)×拳王


【KUSHIDAの話】「刺激的ですね。一発一発効きましたよ。蹴り、ヤバい。急所を外す術を分かってなかったらいかれてた。あと2つ」 


【拳王の話】「IWGP(ジュニア)王者。美味しい獲物だ。俺がよ、アイツを倒して頂点行くとか、何だかんだ言ってたけどよ、この結果だぞ、オイ。こんなんじゃ、俺、満足できねぇよ。俺がよ、このジュニアの中で1番強い存在にならなきゃいけないんだろ?そうしないと、ジュニア盛り上がんねぇよ。ノアのジュニア、もっと盛り上がんねぇよ。俺はよ、今日はよ、アイツに負けて決心したよ。さらに、さらに努力して、このジュニア、日本のジュニア界、世界のジュニアのトップにいくからよ。テメェら、よく覚えとけよ」 
 
◇第4試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦/時間無制限1本
○金丸義信(9分27秒 片エビ固め)×田口隆祐
※タッチアウト


【金丸の話】「まぁ当然の結果だよ。相手が何してこようと関係ねぇよ。勝ちに行くからな。どんな手を使ってでも勝ちに行く。それだけだ」
 
【田口の話】「(※座り込む)けっこう深い読み合いの試合ができたと思います。ただ、二つスタイルが選択できる中で、真面目な方にしようか、ふざけた方にしようか、中途半端でしたね。迷いがありました。昨日の会見では『近年稀に見る真面目さで』と申しましたが、近年稀に見るアホさで行くべきだったと後悔しています。最後は完全に力負けで、一気に持っていかれました。まだまだです。後悔は先に立たないですけど、アッチの方はまだまだ勃つんで、皆さん待っててください。地方の奥様、待っててください。ということで、これからは不真面目で行きます。不真面目こそ田口ということがよく分かりました。J-CUPは獲れなかったですけど、地方のEカップ、Dカップ、Cカップ、Bカップ、Aカップ…待っててください。僕が獲りに行きます。Fカップもお願いします。Jカップだと持て余すんで」


◇第5試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント2回戦/時間無制限1本
○マット・サイダル(12分45秒 片エビ固め)×ウィル・オスプレイ
※エアサイダル


【サイダルの話】「俺は、“リボーン”マット・サイダル。地球上で、1番のジュニア選手だ。俺は、自分のキャリアの中で、常にベストを尽くしている。絶対に諦めないし、そして必ず戻ってきている。言うなれば、文章の中の『!』マークだ。今、詳しくは語らないけどね。なぜなら、俺はまだ2回、コメントブースに来て話すことになるからね。今はこの辺でやめとこう。ナマステ」 


【オスプレイの話】「正直ガッカリした。自分に自信を持ちすぎたんだ。昨日の記者会見で、自信があるのは見せたけど、『BEST OF THE SUPER Jr.』で初めてのイギリス人として、さらに最年少として優勝したけれど、でも、今回は、俺は自分の力を過信しすぎた。サイダルは、世界の色んな試合で、何回も倒したことがある。だけど、今回は勝手が違った。俺は戻ってくる。2017年の『SUPER J-CUP』は、俺の『SUPER J-CUP』だ」


◇第6試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」スペシャル6人タッグマッチ/30分1本
○ボラドール・ジュニア カリスティコ ティタン(5分21秒 片エビ固め)ウルティモ・ゲレーロ エウフォリア ×グラン・ゲレーロ
※スパニッシュフライ


◇第7試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント準決勝/時間無制限1本
○KUSHIDA(9分52秒 首固め)×タイチ


【タイチの話】
――腕、痛くないんですか?
タイチ「痛くねぇよ。テメェ、俺の方が元気じゃねぇか!くだらないこと聞くな、バカ」


◇第8試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント準決勝
○金丸義信(9分52秒 片エビ固め)×マット・サイダル
※タッチアウト


【サイダルの話】「まず一つ言えるのは、いいパフォーマンスができたということだ。今回初めてJ-CUPに出たが、この意味は非常に大きい。優勝する選手には、今からおめでとうと言っておきたい。だが、来年のベスト・オブ・ザ・スーパーJrとSUPER J-CUPを制するのは、生まれ変わったマット・サイダルだ。ナマステ」


◇第9試合◇
▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合/60分1本
[第27代選手権者]○原田大輔 小峠篤司(12分27秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)[挑戦者/第10回日テレG+杯Jr.タッグリーグ戦優勝チーム]×石森太二 ACH
☆原田&小峠組4度目の防衛に成功


(試合終了後)
小峠「皆様、有明コロシアムに、ご来場ありがとうございます。まぁせっかくいろんな団体の選手が、こうやってリングに上がってる、このチャンスを、俺たち“桃の青春タッグ”は、どんどん活かしていきたいと思います。そのために、このいろんな団体がいる中、俺たち今日防衛したんで、あるチームを逆指名したいと思います。今日どっかで見てるんやろ!邪道!外道!」


(邪道、外道登場)
邪道は「随分、鼻息荒ぇじゃねぇかよ。GHCジュニアタッグチャンピオン、お前ら、人を呼びつけておいて、『タイトルに挑戦して来いだ?』顔じゃねぇんだよコノヤロー!邪道、外道はな、いつでもどこでも、anytime、anywhere、お前らの挑戦待ってるからよ」
 


外道「今よ、試合見せてもらったけどよ、まぁまぁだな。確かに、俺たちはよ、個人的な力は落ちてる。それは認める。だがよ、タッグならよ、話は別だ。小峠、原田、オメェらは、絶対に、邪道、外道を倒すことはできねぇ。なんでかわかるか、オイ?レベェェェルが違うんだよコノヤロー!」


小峠「決定ってことでいいんですね。オイ、決定したぞ!“桃の青春”小峠篤司&原田大輔対、“チャレンジャー”邪道&外道!もう2人とも、過去の人間なんで、乗り越えさせていただきます」


【原田、小峠の話】
――タイトル防衛おめでとうございます。
 小峠「ありがとうございます」


――この大舞台で、IWGPジュニアタッグのベルトとも比較される中での闘いだったと思いますが?
 原田「そこは、見てるお客さんが判断することであって、俺たちは、もう全力で、ノアの素晴らしさを届けたつもりです」


 小峠「そうですね。チャレンジャーも、『SUPER J-CUP』と関係なく、世界中どこでもできるようなポテンシャルを持ったレスラーなので。意識していないと言ったら嘘になるんですけど、まぁ僕らのプロレスは見せられたかなと思います」


――試合後には、邪道選手・外道選手への指名もありましたが?
 原田「僕ら、このベルト懸けて1回闘って、その時は3WAYで、勝ちも負けもせず終わったので、今度こそは正式なタッグマッチで、あの2人を乗り越えてやろうと思ってます」


 小峠「やっぱり、あんなリビングレジェンドを呼び出すのは、緊張しますね。まぁでも、今日は美味しい大会なので、団体内では一通り防衛しきったかな?という感じもあるので、このチャンスを活かして、どんどんタッグでは『桃の青春』っていうのを広げていく、良い踏み台になってもらいましょう」


【ACHの話】 「石森選手がコメントブースに来られないので、俺が1人でインタビュー受ける。今日は『ラーニングエクスペリエンス』、まだまだ学ぶ段階、成長過程だったと思う。トップに行けなかったのは残念だが、石森選手と2人で組めば、1+1が2、いや3にでもなるチームだと思う。いつか必ず、ACH、石森組でベルトを腰に巻いてやる」


◇第10試合◇
▼IWGPジュニアヘビー級タッグ選手権試合/60分1本
[第48代王者]○マット・ジャクソン ニック・ジャクソン(15分56秒 片エビ固め)[挑戦者]×クリス・セイビン アレックス・シェリー
※メルツァードライバー
☆マット&ニックが初防衛に成功初防衛戦


(試合終了後)
マット「俺たちが、世界一の“ベスト・タッグチーム”だ!俺たちは、5度もIWGPジュニアタッグ王者になった。そして、次は世界一のヘビー級ベルトに挑戦する!ブリスコブラザース!俺たちは、いつでも、どこでも構わない。挑戦させろ!スーパーキック、バンザーイ!」


【ヤングバックスの話】「10年間ずっと強いままで君臨できるタッグチームがあるか?俺たちはそれを可能にしてきた。俺たちは一つの階級じゃ足りないんだ。このベルトを見ろ。何て書いてある?『ジュニアタッグ・チャンピオン』だ。なぜ階級を分ける?俺たちには階級はいらない。ヘビー級のタッグ王座が欲しい。俺たちは今ベルトを持ってるブリスコ兄弟より強いし、Tシャツの売り上げもヤツらより上だ。チャンピオンvsチャンピオンでやればいいじゃないか。9月の終わりにもビッグマッチがあるだろ? そこにも来るから、そこでチャンピオンvsチャンピオンを組めよ。そしたら会社も金儲けできてトゥースイートだろ?」


【セイビン、シェリーの話】
セイビン「確かに試合では負けたが、気持ちの上では勝ったと思っている。10年前にモーターシティ・マシンガンズが結成されて、一時ブランクはあったが、こうしてまた日本で再結成することができて、それを日本のファンがリスペクトの気持ちをもって迎えてくれたことがとてもうれしかった」


シェリー「10年前、ここ日本の後楽園ホールでモーターシティ・マシンガンズが結成されて、7年前に両国でApollo55と闘った。その後、アメリカのPWGでヤングバックスと毎晩のように闘って、すごく高いポテンシャルを持った兄弟だと認識していた。3年前にはTNAにヤングバックスが来て、そこでも毎晩のように闘っていた。日本に来て、KUSHIDAとタイムスプリッターズを結成したら、今度はヤングバックスも日本に来たので、彼らとは常に競い合っている。またこうしてモーターシティ・マシンガンズとして対戦したわけだが、どちらかというと俺たちが兄貴分、ヤングバックスが弟分のような関係である時は兄が勝ち、またある時は弟が勝つという風に競い続けて、タッグの闘いに革命を起こしてきた」


――タイムスプリッターズはどうするのか?
シェリー「今の新日本にはたくさんのタイトルがある。これはKUSHIDAにも聞いてみなければいけないが、俺とクリス、それにKUSHIDAの3人で“タイムマシン”というチームを組んで6人タッグ王座を狙うのもアリかもしれない」


◇第11試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント決勝戦
○KUSHIDA(19分50秒 ホバーボードロック)×金丸義信
☆KUSHIDAが「SUPER J-CUP 2016」に初優勝


(試合終了後、シェリーがリングに上がると、シェリーがKUSHIDAに、『SUPER J-CUP 2016』優勝のガウンを着させると、2人は抱き合った。さらに、2人はリング中央に座り、言葉を交わす。
KUSHIDA「もう1回だけ、言わせてください。ジュニアヘビー級、KUSHIDAが明るい未来にお連れします!自分のためだけに生きてるのは、長過ぎるので、ジュニアヘビー級に、私KUSHIDA、骨をうずめます。『SUPER J-CUP 2016』ご来場、本当にありがとうございました!」


(そして、『SUPER J-CUP 2016』に参戦した選手もリングに上がり、KUSHIDAは各選手一人一人と握手をかわした。セレモニー終了後、場内に自身のテーマ曲が流れる中、KUSHIDAはアリーナを一周してファンと喜びを分かち合った。
 解説席まで来たKUSHIDA、ミラノコレクションA.T.は握手を交わしたが、丸藤正道は握手を拒否した。)


【KUSHIDAの話】
※KUSHIDAがコメントブースに現れると、続いてBUSHIも現れる。
BUSHI「オイ、オイ、オイ、オイ、オイ。まさかオマエが、優勝するとはな。俺にとって好都合だよ。オマエは、俺に負けてるだろ。悔しいか?悔しくないか?俺を次期挑戦者に指名しろよ。次のIWGPジュニア、次期挑戦者に指名しろ」
※BUSHIがコメントブースを去る


――優勝おめでとうございます
KUSHIDA「ありがとうございます」


――IWGPジュニア王者としての優勝になりましたが?
KUSHIDA「厳しかったですね、3試合。とにかく厳しかったです、3試合。直前にメキシコ遠征が3週間もあった。その中で、自分がデビューした土地でもある、身長体重は全然なくて、一般人と変わらない体格でも、メキシコという国は、僕をプロレスラーにしてくれた。そして、今、こうやって、新日本プロレスのレスラーとして闘える、世界中から呼んでもらえる。これ以上、望むものはないと言っても過言ではないくらい、今日の勝利は、感無量です」


――決勝は、GHCジュニア王者とIWGPジュニア王者の対決になりました。
KUSHIDA「1回戦、石森太二から始まって、フタを開けてみれば、4人ともノア勢ですよ。『SUPER J-CUP』と言いながら、俺の目の前に立っていたのは、今、ノアで活躍している、ノアを主戦場としている選手たちだった。チャンピオンとして、より、気が引き締まりましたね。まぁ、7年振りですか。その頃は僕、カナダで、全然お金、プロレスで稼げてなくて、YouTubeなんかで、指加えて見てて。羨ましいなぁって思ってた『SUPER J-CUP』。最初は、第1回は、両国国技館の1番後ろで見てましたから、その頃の『SUPER J-CUP』と違うのは、当然だと思います。でも、本音を言えば、沖縄、グルクンさんですか。あと、ドラゲーのEita選手だったり、そういう選手とやってみたかったなぁ、っていうのは正直なところですね。ただ、でも、石森選手も、拳王選手も初めてやったんで、スゲェ刺激的でした。タイチ、どうでもいいですけど。拳王選手、Eita選手も、きっと、僕が言うのもおこがましいけど、新日本プロレスっぽいな、っていうのは感じました。やっててゾクゾクしましたね。改めて、もう1回やりたいです」


――さっそくBUSHI選手がやってきましたが?
KUSHIDA「ちょっとよく聞き取れなかったですけど、チャンピオンなんで、対戦相手を光らせて、団体も光らせて、上げていくのが、理想のチャンピオンですからね。CMLL、ROHでやってきた自負が僕にはありますから。この後、今週にはROH行って、いつも(タイガー)服部さんから、『ユー、海外決まったから』って言われるのは、もう1ヵ月とか、何週間前とか、それくらいなんですけど、オファー頂ければ、IWGPジュニアヘビー級チャンピオン、KUSHIDAは、世界中、日本中、どこの団体でも行きます。元々それが、世界中飛び回る、世界で通用するレスラーになりたい、っていうのが、僕のレスラーとしての夢なので。新日本プロレスジュニアだけじゃなくて、ヘビー級、ジュニアヘビー級、すべて明るい未来にお連れします」


――今日、シェリー選手と久々の再会でした。KUSHIDA選手、シェリー選手、セイビン選手の3人で、“タイム・マシンガンズ”を組んでもいいかも、という話がシェリー選手からありましたが?
KUSHIDA「新日本プロレスには、6人タッグのベルトもあるし、色んな夢が詰ってましたね。『SUPER J-CUP』には。今年、あと1つ、『G1 CLIMAX』に出ると言って。これは目標じゃなくて、ジュニアヘビー級を上げる手段として考えていたんですけど、その後に、この『SUPER J-CUP』が決まったので、見送り、叶わなかったですけど。ぜひとも、来年の『G1 CLIMAX』には、ジュニアヘビー級を代表して、『G1 CLIMAX』にケンカ売りたいですね。大丈夫ですか?」


※と言って、ビールを持って立ち上がる。
KUSHIDA「アレックス・シェリーとも、今来たBUSHIとも、あとは、メキシコで負けっぱなしのボラドール、カリスティコ。あと、カイル・オライリー。『BEST OF THE SUPER Jr.』で負けてますんで。次のシリーズでも、アメリカでも、どこでもやります。自分でビールかぶります」


※ビールを2缶開けて、自分の頭にかける
KUSHIDA「ハァー、美味い。ハイボールが良かったですけどね、本当は。痛風を患ったんで」


※記者一同笑い
KUSHIDA「次はハイボールでお願いします。マスコミの皆さんも、『G1』の後にありがとうございました。これからも、ジュニア、よろしくお願いします」


【金丸、タイチの話】
※金丸はセコンドについていたタイチと共に、コメントブースに現れる


タイチ「汚ねぇよ、アイツら。汚ねぇよ」


金丸「オイ、なんだよ、アレ。このままじゃ終わらせねぇからな」


タイチ「汚ねぇぞ、コラ」


金丸「KUSHIDA。田口。ライガーもいたな。このままじゃ終わらねぇからな。追いかけてやるよ」
タイチ「俺ら2人に恥かかせやがってよ。KUSHIDA。田口。ライガー。テメェら、終わると思うなよ。鈴木軍ジュニアが、このまま黙ってると思うなよ」


金丸「見とけよ、コノヤロー」


タイチ「オイ、こうなっちまったの、どうしてくれんだよ。何でか分かるか?今日、賞金出たのか?出てねぇんじゃねぇか?賞金なかっただろ。さっきそれ聞かされて、だから、こんなんなっちまっただろ。ノブ、やる気なくなっただろ。賞金ねぇから。賞金ねぇから負けたんだよ。それだけだ」


金丸「次は、金持ってこい!」


タイチ「金ねぇと、こんなもんだよ、ノブはよ。終わったと思うなよ、新日本!」


 SUPER J-CUPの2回戦から決勝戦が行われ、2回戦第1試合では戦前からディーバ・あべみほさんをめぐり舌戦を展開していたライガーとタイチが対戦するが、開始直前でエル・デスペラードが乱入してライガーを襲撃、タイチは場外戦に持ち込むとあべみほさんがライガーにビンタを放つと、ライガーは怒るが相手は素人の女性ということで手を出すわけにはいかず、代わりにデスペラードに八つ当たりする。
 リングに戻ったライガーはデスペラードはパワーボム、タイチには風車式バックブリーカーを決めるが、ライガーが場外戦に持ち込むとデスペラードに場外での垂直落下式ブレーンバスターを狙うと、タイチがトラースキックでカットしデスペラードが倒れたライガーにしがみつき、タイチはリングに戻ってカウント20となりリングアウト勝ちをせしめ、勝ったタイチは高笑いもアイガーはイスやタイチのマイクスタンドを投げつけるなど大荒れとなった。
 


 KUSHIDAvs拳王は拳王がミドルキックで先手を奪ったかに見えたが、KUSHIDAは拳王の左腕をバトンキックで蹴り上げてから腕攻めを展開、しかし拳王は腕を極めたKUSHIDAを強引にノーザンライトボムで叩きつけると、KUSHIDAの背中にダイビングフットスタンプ、ランニングダブルニーからアンクルホールドと猛反撃する。
 しかしKUSHIDAがコーナーに乗り、拳王が追いかけて競り合いとなるとKUSHIDAは雪崩式ジャンピングアームブリーカーを敢行、飛びつき逆十字を極めるが、拳王はアンクルホールドで切り返す。
 拳王はKUSHIDAのマサヒロ・タナカをかわすとドラゴンスープレックスからダイビングフットスタンプ、蹴暴から羅喉を狙うと、KUSHIDAはホバーボードロックで切り返しを狙い、拳王は一旦逃れるも、KUSHIDAはホバーボードロックの体勢から腕十字で捕らえて拳王はギブアップ、KUSHIDAが準決勝に進出する。


 田口vs金丸は田口が中邑真輔ばりの脱力ポーズで牽制してからエルボー合戦を展開し、ヒップアタックを狙うが、金丸はドロップキックで迎撃し場外戦に持ち込むも、鉄柱攻撃を逃れた田口はオーマイ&ガーファンクルポーズで牽制、しかし金丸はかまわず場外へ引きずり込み場外DDTで大ダメージを負わせる。
 リングに戻った金丸は田口の尻を何度も蹴りつけ主導権を握っていくも、田口はヒップアタックで反撃して、腿パットからヒップアタックを連発、そしてギタってからスライディングヒップアタックを決めるが、勝負を狙ったどどんは金丸がDDTで切り返す。
 エルボー合戦から田口がヒップアタック、どどんを決めるも、クリアした金丸が急所蹴りで応戦し、延髄斬りで応戦した田口が抱えあげたところでリバースDDTで切り返す。
 勝負に出た金丸はディープインパクトを決めると、タッチアウトで3カウントとなり準決勝に進出する。


 サイダルvsオスプレイは、その場飛び合戦から両者は空中戦を展開、サイダルのヘッドシザースホイップを着地したオスプレイは卍固めで捕らえるが、脱出したサイダルはニールキックで応戦、串刺し攻撃から鎌固めで捕らえる。
 オスプレイはスワンダイブ式フライングフォアアームからサイダルを場外へ追いやると、コークスクリュー式ケブラータを発射し、リングに戻ってからレインメーカーを狙うが、サイダルはアフターショックで切り返す。
 オスプレイはフランケンシュタイナーを決めるが、ハイキックはサイダルがキャッチすると、逆にハイキックを浴びせてからジャンピングニーを放ち、ラリアットを狙うも、空中で回転したオスプレイはコークスクリューキックを浴びせる。
 勝負と見たオスプレイはコーナーへ昇るも、サイダルは雪崩式リバースフランケンシュタイナーで突き刺すと、最後はエア・サイダルを決め3カウントを奪い準決勝に進出する。


 準決勝第1試合のKUSHIDAvsタイチは、先入場のタイチが後入場のKUSHIDAを襲撃し、KUSHIDAのジャケットを奪ってチョーク攻撃を展開する。
 KUSHIDAも低空ドロップキックから、セルフ式タイムスプリッターズコンビネーションと反撃し、ハンドスプリングエルボーでタイチを場外へ追いやるが、コーナーからのトペコンはタイチがあべみほさんを盾にして阻止すると、背後からデスペラードが襲撃し実況席にKUSHIDAを叩きつける。
 リングに戻ってもタイチはラフでKUSHIDAを痛めつけるが、KUSHIDAはスワンダイブ式ミサイルキックで再びタイチを場外へ追いやると、デスペラードもろともトペコンで倒し、リングに戻ってからタイチの左腕をバトンキックで蹴り上げるとホバーボードロックで捕らえ、タイチがギブアップと思いきや、レフェリーはデスペラードに気を取られてしまい、ギブアップは無効となってしまう。
 KUSHIDAはデスペラードに向かっていくが、その間にあべみほさんからイスを手渡されたタイチはKUSHIDAに一撃を浴びせ、タイチ式外道クラッチ、タイチ式ライガーボムでKUSHIDAを追い詰める。
 クリアしたKUSHIDAはマサヒロ・タナカを炸裂させると、ホバーボードロックを狙うが、タイチが堪えようとすると、KUSHIDAは首固めで丸め込んで3カウントを奪い決勝に進出する。


 金丸vsサイダルはサイダルが人口衛星ヘッドシザース、ウラカンラナと金丸を翻弄するも、金丸は場外へのショルダースルーで流れを変え、サイダルの顔を踏みつけながらの逆エビ固めから腰攻めで動きを止めにかかる。
 劣勢のサイダルはニールキックからローキック、ローリングソバットを放っていくと、コーナーからのダブルニーからエアーサイダルを投下するが、金丸は剣山で迎撃する。
 それでもサイダルは串刺しニーから飛びつきフランケンシュタイナーを狙うが失敗してしまうと、これを逃さなかった金丸がディープインパクトで突き刺し、タッチアウト狙いはサイダルは逃れるも、金丸はラリアットから改めてタッチアウトを決め3カウントを奪い決勝する。


 IWGP、GHCのジュニア王者対決となった決勝戦は、KUSHIDAのハンドスプリングエルボー狙いをキャッチした金丸がバックドロップで投げてから、タイチ戦で痛めたのかKUSHIDAの痛めている首攻めを展開。断崖式DDTからDDTを連発し首四の字を締め上げるなどして痛めつけていくが、シェルショックで流れを変えたKUSHIDAは倒立式ニールキックで金丸を場外へ追いやってからトペコンヒーロを炸裂させる。
 リングに戻ったKUSHIDAはムーンサルトプレスを投下するが、金丸がかわすとKUSHIDAは着地し、金丸のディープインパクト狙いを腕十字で切り返す。
 KUSHIDAはアームブリーカーからホバーボードロックを狙うが、金丸は首固めで切り返し、急所攻撃からラリアットを放ってからムーンサルトプレスを投下するも、KUSHIDAはかわして自爆させるとドラゴンスープレックスからハンドスプリングエルボー、久々にミッドナイトエクスプレスを投下してカバーするが、セコンドのデスペラードがレフェリーの足を引っ張りカウントを阻止する。
 これに激怒したライガーがTAKAとデスペラードをバックステージへ連行するが、今度はタイチが乱入してブラックメフィストを決めると、金丸がディープインパクトからエプロンでの垂直落下式ブレーンバスター、そしてディープインパクトとKUSHIDAの首に大ダメージを与える。
 勝負と見た金丸はタッチアウトを狙うが、着地したKUSHIDAがマサヒロ・タナカを炸裂させてから、介入するタイチを蹴り上げながらホバーボードロックで捕獲、再度タイチが乱入を試みたが田口がヒップアタックで阻止すると、金丸はギブアップしSUPER J-CUPを制した。


 
 試合後はシェリーが駆けつけてKUSHIDAの優勝を祝福、KUSHIDAも歓喜のアピールをしてJ-CUPの幕を閉じたが、アリーナを一周した際に実況席で解説をしていた丸藤正道と握手を交わそうとしたが、丸藤はにらみつけるだけで握手を拒否した。


 J-CUPの感想は現在の新日本の勢いがそのままJ-CUPに現れたような感じで、決勝戦も新日本vsNOAHのジュニア頂上対決となったが結果的に新日本の勝利、試合内容は悪くはなかったものの物足りなささというものがなぜか残ってしまった。自分的には急遽IWGP、GHCのダブルタイトル戦というサプライズもあっても良かったのではとも思ってしまう。
 またかつての「NOAHのジュニアは最強です」というものが過去のものになってしまったということ、NOAHジュニアの最強は丸藤やKENTA(イタミ・ヒデオ)などがいて成り立っていたが、鈴木軍に属しているものの、その中の重鎮だった金丸が敗れてしまったのは、最強伝説を誇っていたNOAHジュニアも時代の波に飲まれたのかという印象も受けた。


 またGHCジュニアタッグ選手権は挑戦者組が開始早々桃の青春に同時トペを放てば、石森もコーナーから場外へのムーンサルトアタックとエンジンを全開させ、原田を捕らえて試合の主導権を握り、交代した小峠もACHに攻撃を見切られてしまうなどしてペースを奪えない。
 しかし挑戦者組は勝負を狙った630°スプラッシュの同時投下を桃の青春が剣山で迎撃すると、桃の青春が石森を捕らえて猛反撃し、原田がローリングエルボー、小峠がトラースキックの同時攻撃から小峠がキルスイッチ、原田が片山ジャーマンで3カウントを奪い王座防衛、試合後は桃の青春が挑戦者に邪道、外道を指名する。


 IWGPジュニアタッグ選手権はヤングバックスが久々に再結成されたモーター・シティー・マシンガンズを分断、シェリーを捕らえて試合の主導権を握る。
 劣勢のMCMだったがシェリーがシェルショックとDDTの同時攻撃からやっと流れを掴むと、ヤングバックスを場外に落としてフェイントをはさんでからシェリーがジャンピングニー、セイビンがトペコンを放つ。
 しかしMCMの誤爆を誘発したヤングバックスはセイビンを捕らえ、モア・バング・フォー・ユア・バックを狙うが、セイビンがかわして自爆となり、今度はMCMが合体攻撃でマットを捕らえ、ASCSラッシュからメイドイン・デトロイトを決めるが、ダブルインパクト式ミサイルキックはマットが着地しニックが入ってダブルトラースキックを炸裂させる。
 ヤングバックスはモア・バング・フォー・ユア・バックを炸裂させ、更にシェリーを場外でのインディーテーカーでKOすると、最後は孤立したセイビンにメルツァードライバーを決め3カウントを奪い王座防衛。
 試合後にはヤングバックスはヘビー級進出を宣言しブリスコブラザーズの保持するIWGPタッグ王座への挑戦をアピールした。
 

PR

SUPER J-CUP 2016が開幕!1回戦で新日本ジュニアがNOAHジュニアに完勝!

7月20日 SUPER J-CUP 2016 東京・後楽園ホール 1606人 超満員

<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○マット・サイダル(7分56秒 片エビ固め)×梶トマト
※エアーサイダル

【サイダルの話】「間違いなく戦争だ。これこそ、まさに俺が求めていた闘いだったと思う。自分のキャリアの中で、俺は『絶対に勝つ』という目標を掲げて、この『SUPER J-CUP 2016』に出場している。そして、息子が生まれて、この『SUPER J-CUP』での闘いは、ファンのみんな、自分自身のためでもあるが、息子のために、本当に捧げたいと思う。(※掌を合わせて)ナマステ」
 
【梶の話】
――試合には敗れましたが、かなりインパクトを残したのでは?
トマト「インパクト残すことは、凄い大事ですよ。僕はね、今回の『J-CUP』、勝利はもちろん、1番目立ってやろうと思ってましたよ。だけどね、悔しい。負けたのが、凄い悔しい。最後に、マット・サイダルに、このミニトマト渡して、日米でまた何かあった時に、『トマトタッグでやろうよ』って挨拶したつもりだったんですけどね。まぁ(ミニトマト)返されたんでね。でもね、今日負けたけど、お客さんに僕、梶トマトがどう伝わったのか分からないけど、1つだけ、1つだけ言わせてください。ハイテンショントマト!梶トマトの!勢いは!トマ!らない!」

◇第2試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○拳王(11分33秒 エビ固め)×グルクンマスク
※羅喉

【拳王、大原の話】
拳王「まぁよ、俺の実力で言えばこんなもんだろ。俺はよ、こんなよ、1回戦?そんなところ見てねぇんだよ。俺はよ、この『SUPER J-CUP』、頂点に行くんだよ。俺はよ、2016年、『SUPER J-CUP』、覇者になるからな。オメェら、よく覚えとけよ」

大原「(拳王の言葉に拍手して)というわけで、今日は拳王が勝って、ムイ、ビエン」
 
【グルクンマスクの話】
――――試合には敗れましたが、かなりインパクトを残したのでは?
グルクンマスク「いやぁ、でもやっぱり沖縄から来てるんで、インパクトは当たり前なんですよ。やっぱ勝たないといけないんで。勝って次にいかないといけないのに。まぁでも、別にこれが、ノアとうちの差、新日本とうちの差とは、まったく思ってないんで。俺は、現にアイツを倒したし、追い込んだと思えるんでね。僕たちが、日本の端っこの沖縄でやってることが、何にも間違いがなかったと、証明できたんじゃないかなと思います」

――試合後、拳王選手からアピールがありましたが?
グルクンマスク「アイツ何喋ってるのか、わかんないですよ、全然。なんかゴチャゴチャゴチャゴチャ言ってたみたいですけど。なんかね、アイツも沖縄ルーツがあるんだか、ないんだか、わかんないですけど、沖縄に対しての思いは、アイツもあると思うんで。また、うちのリングに呼べたら呼んでね、勝負したいっすね。クッソ……ライガーさんに辿り着けなかったのが、一番悔しいなぁ。もうそれにつきますね。あと、やっぱり今日出ました。試合しました。ありがとうございましたで、終わりたくないんですよ。ここから、僕のあとに続く人間が、新日本プロレス、ノア、メジャーの団体に上がるように、僕が道つくっていかないといけないんで。まぁその一歩になったかどうかは、ちょっとあとになってみないとわかんないんですけど。あぁ、クソ悔しいですね。まぁでも、自分の力は、8割がたは出せたんじゃないかなと思います。これでお客さんが、『俺たち見に、沖縄行こう』と。マスコミのみなさんが、『じゃあ沖縄に、コイツら取材しに行ってやろう』と思ってもらえるように、まだまだやっていかないといけないなと思いました。みんな来いよ(※琉球ドラゴンプロレスのメンバーを呼び込む)。うちの選手の一部ですけど、仲間連れてきたんで、コイツらと、このベルトがあったんで、心強かったです、ほんと。これがスタートなんでね、まだまだこれからです。またチャンスください!お願いします!ありがとうございました(※※琉球ドラゴンプロレスのメンバーとガッチリ握手)」

◇第3試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○タイチ( 12分5秒 エビ固め)×青柳優馬
※タイチ式ラストライド

【タイチの話】
タイチ「(※持っていた杖を投げて)だから、『あんな小僧当てるな』って言ってんだろ、コノヤロー。何ができんだよ?アイツによ。ふざけてんのか?こんなところに出て、俺とやれるレベルじゃねぇんだよ、あんなヤツはよ。だから、『渕正信にしろ』って言ってんだろ、最初から。あんなヤツ出て、何になんだよ?何かアイツが残せたかよ?ふざけんなよ。なめんのも大概にしろ、コノヤロー。危うく殺すとこだったぜ、アイツのこと。よく考えて人選しろよ。どこの誰だよ、アイツは?どこの団体だ?」

――全日本プロレス
タイチ「はぁ?」

――全日本プロレス
タイチ「知らねぇな。そんなクソみたいな団体。何プロレス?」

――全日本プロレス
タイチ「知らねぇな。そんなクソみたいな団体に入門するから、こんなことになんだよ。早くやめちまえ。俺が知ってるのは、渕正信。だから、こういうことになんだよ。死ななくて良かったな。これは俺からの情けだ。次は覚悟しとけよ。(※ディーバのあべみほを呼んで、肩を抱きながら)俺はコイツと一緒に、有明、最後まで残るから。最後まで残ったら、色んなものくれるって言うから、もらってやるよ。『SUPER J-CUP』、全部、すべて、俺がもらっていく。今日でますます、俺の怒りに火がついたな。後悔しろ、コノヤロー」
 
【青柳の話】
――先日、この試合については、「インパクトを残す」という風におっしゃってましたが、実感としていかがですか?
青柳「まったくです」

――今日、初披露となる技もありましたが?
青柳「自分の中で、この大会に向けて、温めていた技があったんですけど、それを出しても、相手にはまったく効きませんでした。僕が『SUPER J-CUPに出たい』とお願いした時に、秋山さんが快く『青柳、いってこい』という風に言ってくれたのに、こんな不甲斐無い結果で終わってしまった。ほんとに悔し過ぎます」

――青柳選手は、身長からいっても、将来的はヘビー級だと思いますが、まだまだジュニアでの経験は必要ですか?
青柳「まだまだ。まだまだ全然やらないといけないことが、ジュニアにしかないプロレス、それを学ぶために、僕はジュニア戦士としてやっています。またこういったジュニアのトーナメントに必ず出場して、もっと技を磨いて、お客さんを魅了するようなジュニア選手を目指します。もう『SUPER J-CUP』はトーナメント戦なので、ここで僕の『SUPER J-CUP』は終わりましたけど、まだまだ狙っていきます。7年ぶりに開催ということは、必ず来年もあるということ。来年もあると思っていますので、その時はまた、全日本プロレスの代表として、このリングに立って、相手がタイチ選手であろうと、誰であろうと、必ず倒して、『全日本プロレスのジュニア、ここにあり』というのを、プロレス界に見せつけたいと思います」

◇第4試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○獣神サンダー・ライガー(9分12秒 体固め)×Eita
※垂直落下式ブレーンバスター

【ライガーの話】「『J-CUP』面白いじゃないか。やるのは大変だけども、新日本のファンも知らなかったと思う、Eita選手のこと。知ってても、それは少ないファンだと思ってる。今日の試合後のあのコール、あれが『J-CUP』だよ。拳王とやったグルクン、彼もそんなに新日本のファンに知名度があるわけじゃない。けど、試合が終わってみれば、“グルクン大合唱”だよ。これが、『J-CUP』なんだ。これが、『J-CUP』の意味するところなんだよ。ファンのみんなも7年ぶりということで、初めて『J-CUP』を生で見る人も多いと思う。その人たちに言っておいてくれ。『これがJ-CUPだ』って。だから言っとけ、タイチのクソ馬鹿に。『お前は、J-CUPに出て、何がしたいんだ?』。あのお嬢さんに言っとけ、『俺の対角線に立つ以上、俺の対角に、コーナーに、お嬢さんがいる限り、俺は敵とみなすからな』。女だろうが、子供だろうが、関係ないっすよ。これも言っとけよ。『リングは闘うところだ』って。俺は、男も、女も、子供も、年寄りも、関係ねぇ。それは親族であろうが、実の母親であろうが、俺のコーナーの対角に立つ以上、すべて敵だ。『J-CUP』をなんだと思ってる。タイチのクソ馬鹿に言っとけ。本気だぞ。女でも、容赦しねぇぞ。俺がクラクラくんのは、マリア様だけだ。笑ってくれ、俺がツラい。やるからには、優勝狙うよ。優勝狙えば、またIWGPジュニアの挑戦権もみえてくるし。ぞれは、IWGPジュニアの挑戦の予選ではないけども、そういうことを言ってもいいと思う。それぐらいの資格はあると思う。だから、優勝を狙う、出る以上はね。出る以上は、優勝狙うし。さっき言ったように、対角に立つものは、すべて敵だ。カッコ、マリア様以外。笑ってよ」

【Eitaの話】 
――試合には敗れましたが、確かな爪痕は残したと思いますが、いかがですか?
Eita「全然、全然まだまだです。クソ……でも、この『SUPER J-CUP』で、ライガーさんと闘えたことが、1番嬉しいです。何も、何も言うことないです。あとは、4日後の、DRAGON GATE年間最大のビッグマッチで、今日のことは気持ち切り替えて、必ずブレイブゲートのチャンピオンになります」

◇第5試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○ウィル・オスプレイ(9分14秒 片エビ固め)×ティタン
※オスカッター

【オスプレイの話】「(上機嫌で歌いながらコメントブースに現れる)『SUPER J-CUP』が遂にやってきた。俺は、この大会に出るのは初めてだけど、ここでイギリス人として歴史を創りたい。『SUPER J-CUP』初のイギリス人レスラーであり、そして、初めて優勝する、なおかつ、1番若くして優勝する、イギリス人レスラーになってやる。世界中でこういうトーナメントはたくさんあるけれど、俺はこの大会に出たいと思っていた。だから、ここで必ず優勝する。(ベンチに寝転がって、後ろに貼ってある『SUPER J-CUP』の旗を見ながら)それに、この『SUPER J-CUP』は俺のことを選ぶさ。(再び上機嫌で歌いながらコメントブースを後にした)」
 
【ティタンの話】「もう負けてしまったのは、事実。これは残念で仕方ないけど、自分の名誉にかけて闘った。でも、彼は本当に凄い選手だ。メキシコとイギリスの名誉にかけて、闘った。そこで、俺は負けてしまったが、どこであろうが、もう一度彼とやりたい。俺は、100%の力を出して、いつも闘っていたが、今回負けてしまった。でも、どこであろうと、彼ともう一度闘いたいし、あんな素晴らしいレスラーが、ここにいたということは、ほんとに嬉しいことです」

◇第6試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○金丸義信(10分25秒 片エビ固め)×BUSHI
※タッチアウト

【金丸の話】「今やっていること、今までやってきたこと、アイツとはレベルが違うよ。格が違うんだよ。こんなの当たり前の結果だ。ところで、この大会は、優勝したら賞金は出るのか?誰か分かるか?賞金。このリーグ戦に出たのは、金のためだよ」
 
【BUSHIの話】「ハァハァ、7年ぶりの『SUPER J-CUP』こんなはずじゃねぇ。こんなはずじゃねぇんだ、俺は。相手は、ノアのチャンピオンだろ?俺が今、一番興味あるのは、新日本のIWGPジュニア。ノアのベルトじゃねぇ。俺が目指してるのは、新日本のIWGPジュニア。これに繋がるんだったら、こんなクソみたいな大会でよ、優勝でもしない限り、挑戦権は手に入んねぇんだよ。まだまだだよ。終わっちゃいない。俺は諦めない」

◇第7試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○田口隆祐(14分56秒 片エビ固め)×原田大輔
※どどんスズスロウン

【田口の話】
――懐の深さを見せつけての勝利でしたが?
田口「そうですね。アソコの大きさで勝ったって感じですかね」

――2回戦では、金丸選手と対戦しますが?
田口「金丸さんは、先輩ですけども、先輩とね、プロレス界でも結構キャリアがある方になってしまって。ベテランの域に達してしまいましたけど、まだ気持ちは若いんで、全然。ちょっと最後、息があがってしまったんですけども、中盤までほとんど、ペースを乱すことなく試合ができたんで。金丸さんとの“極上のマットさばき対決”をご覧いただければと思います。熟女の皆さんも、ギャルの皆さんも、奥様も、是非テクニシャンのマットさばきを、とくとご覧あれといった感じです」

――試合後には、タグダンスも披露しましたが?
田口「そうですね。タグダンスを現役バリバリでやっていた、2006年7年8年9年ぐらいですか?今まで、パッとしなかったものが、お客さんのウケもいまいちだったものが、無駄にキャリアを積むと、このようにウケるという。やり続けること、たまに出すこと、いつも出し続けるとね、やっぱり薄くなってしまうんでね。たまに出すってことが、やっぱり秘訣じゃないですか。たまに出せば、当たるんじゃないですか?」

――次にタグダンスを披露するのは?
田口「次に出すのは、優勝決定戦の後。勝利の舞を披露したいと思います」

――対戦相手の原田選手はいかがでしたか?
田口「そうですね。ゴツゴツ、太くて、硬くて、若くて、生きのいい。硬い、太い、黒い、3拍子揃った立派なモノを持っておられました。体の話ですよ。体の一部の話じゃないですよ。全体の話です。硬くて、太くて、黒い」

――黒い?
田口「体の色が黒いって話ですよ。別に、使い過ぎて黒いってわけじゃないですよ。こう饒舌になるぐらい、今日の試合は凄く楽しかった。この無口な私が、このように饒舌なるって、それは試合が大変ワクワクしたからです。『J-CUP』もありますけど、私は“一人『G1 CLIMAX』”という大事な、来年の『G1』に向けての闘いもありますんで。幸い次は、“一人『G1』”が終わった後なんで、『J-CUP』2回戦は。ここからは、とりあえず“一人『G1』”に集中して。惜しくも、優勝ならずというところで、終わるかと思いますが、“一人『G1』”もどうぞお楽しみください。なんのこっちゃわからない新日本プロレス以外のファンは、新日本プロレスオフィシャル携帯サイト、金曜田口日記ご覧ください。“一人『G1』”について、詳細が書いてあります。以上ですが?もう充分ですが?あと30分ぐらいいけますけど。無駄にキャリアを積んでしまいまして、すいません」
 
【原田の話】「負けたままでは終わらんぞ。新日本ジュニアと、ノアジュニアは、まだまだ続けるぞ」

◇第8試合◇
▼「SUPER J-CUP 2016」トーナメント1回戦/時間無制限1本
○KUSHIDA(16分25秒 ミスティカ式ホバーボードロック)×石森太二

(試合終了後)
KUSHIDA「Jr.ヘビー級を愛する、親愛なる日本のプロレスファンの皆さん、ご来場、本当にありがとうございます(※大拍手)。新日本プロレスを飛び越えて、“プロレス界のJr.ヘビー級の顔”となれるよう、『SUPER J-CUP』、必ず優勝するのはKUSHIDAです(※大拍手)。石森選手、またやりましょう。来月、有明(8月21日『J-CUP』優勝決定戦)でまた会いましょう。ありがとうございました(※大拍手)」

【KUSHIDAの話】
――まずは1回戦突破おめでとうございます。
KUSHIDA「2日前の札幌、レインメーカーが丸藤選手に敗れて、ちょっと気を引き締めた部分はありますね。やっぱチャンピオンは狙われる。『SUPER Jr.』でわかりきったことだから。それを経て、もっとも勢いのあるオスプレイ、そして環境の厳しいメキシコ、また一つ、二回り、いや何回りもKUSHIDAは剥けて帰ってきました」

――今日の試合から、「IWGPチャンピオンは負けらない」という気持ちがかなり伝わってきましたが?
KUSHIDA「この『J-CUP』は、お祭りなのか、潰し合いなのか、団体同士の威信をかけた、団体対抗戦なのか。はたまた、新日本プロレスが『BEST OF THE SUPER Jr.』参戦権、レギュラー権をかけた闘いなのか、レスラーそれぞれあると思います。もちろんチャンピオンとして優勝。ただ、チャンピオンだから、次元の違うところで、物事考えてないと。良かったです、有明。とりあえず、退けられて。ほんとギリギリでした」

――世界を経験してるという意味では、KUSHIDAにはアドバンテージがあると思いますが?
KUSHIDA「いや、そんなことないと思いますよ。石森選手、最初“闘龍門”でしょ?僕、アレナメヒコの駐車場で、向こうが闘龍門生。ウルティモ・ドラゴンの一番弟子。凄い高級車に乗った、浅井さんが出てきて、付き人をやってました。それは、今のレインメーカーも、石森選手もそうっす。ただ、俺はそん時、凄く遠くの方から、アレナメヒコの薄暗い駐車場で、『いつか絶対ひっくり返してやるぞ!』と。ほんとこれは超個人的な、女々しい勝手なジェラシーですけど。やっぱり直前に、メキシコ遠征があったのが大きかったですね。また俺も、人を押しのけてでも、上に上がろうとするレスラーならではのハングリー精神を、ルチャドールから盗んできましたよ。良かった、直前にメヒコ遠征があって」

――IWGPジュニアヘビー級のベルトを持ってる今、世界中のレスラーからジェラシーの対象となってると思いますが?
KUSHIDA「まぁ『新日本のトップが、KUSHIDA?』、『日本のジュニアの顔は、KUSHIDAじゃねぇ』って、誰かが言うかもしれないですけど、今まで一つ一つ証明して来たんだ、俺は。誰かに背中押されて、今ここにいるわけじゃないから。たとえ一つのつまずき、階段から落ちたとしても、どんなちっちゃいものでも、自分のチャンスに変える自信ありますんで。まぁ甘く見てくれた方が、僕にとってはやりやすいっすね。リング上でも言った通り、有明3つありますけど、一日3試合やってきましたよ、何日もメキシコで。その点は大丈夫。間に『G1』挟まってますけど、たしかにビッグイベント『G1』、まだ敵わないけど、いつか絶対ひっくり返す、この(IWGPジュニアヘビー級の)ベルトを持っている限り。有明、必ず新日本プロレスジュニアの、いやプロレス界、新日本プロレスだけじゃない枠を飛び越えて、プロレス界ジュニアの顔に、KUSHIDAがなります」

 
 7年ぶりに「SUPER J-CUP」が開催され、まずROH代表のサイダルとK−DOJO代表の梶が対戦、序盤から梶が仕掛けてドロップキックでサイダルを場外へ落とすとプランチャ、リングに戻るとウルトラタイガードロップと先手を奪うが、サイダルが変型ギロチンドロップから鎌固め、その場飛びムーンサルトと流れを変える。
 梶はセカンドロープからのミサイルキックやサイダルのラリアットをマトリックスでかわしエルボーや低空ドロップキックで反撃、コーナーからの攻撃は雪崩式フランケンシュタイナーで阻止されるも、オースイスープレックス、タイガースープレックスと畳み掛けていく、そして丸め込み技の連打からレッドアイを狙うが、阻止したサイダルはジャンピングバックキック、ジャンピングラリアット、ダイビングダブルニーリフトと畳み掛け、最後はエアーサイダルで3カウントを奪い1回戦を突破する。

 NOAH代表の拳王vs琉球プロレス代表のグルクンは両者共キック合戦を展開、そして拳王を場外に追いやった後でグルクンはロープへ走るが、背後からセコンドの大原はじめが竹刀で一撃し、拳王が逆片エビなどグルクンの動きを止めにかかる。
 劣勢のグルクンはハイキックで反撃するとラリアットで大原を蹴散らし、雪崩式フランケンシュタイナーで拳王を場外へ追いやった後でノータッチトペコンを炸裂させる。
 リングに戻ってからもグルクンは空中戦を繰り出していくが、蹴り足をキャッチした拳王はアンクルホールドで捕獲、グルクンがロープに逃れた後でキック合戦からグルクンがラリアット、リバースゴリースペシャルボム、ムーンサルトプレスと畳み掛ける。
 拳王はオーバーヘッドキックで動きを止めた後、ドラゴンスープレックスから蹴暴、羅喉と畳み掛けて3カウントを奪い1回戦を突破する。

 鈴木軍代表のタイチvs全日本プロレス代表の青柳はタイチはデスペラードにタッチするなど散々焦らしにかかり、焦れた青柳が突っ込むも、タイチはロープにブレークするなど焦らしまくる。
青柳はドロップキックから場外戦を仕掛けるが、デスペラードの介入の遭ってからタイチにイス攻撃を喰らい、木槌攻撃や、デスペラードのイス攻撃と青柳を翻弄しまくる、主導権を奪われた青柳は反転しながらのボディープレスで反撃、場外に追いやった後でトルニージョを披露、リングに戻っても青柳はフライングボディーアタック、トペ・アトミコ、その場飛びシューティングスターも披露してフィッシャーマンズスープレックスを決めるが、ジャーマン狙いはタイチがレフェリーにしがみついて阻止し、アックスボンバーを浴びせる。
 タイチはトラースキックを狙うが、かわした青柳は丸め込みを連発も、川田利明モードとなったタイチはジャンピングハイキックを浴びせ、トラースキックからタイチ式ラストライドで3カウントを奪い1回戦を突破する。

 新日本プロレス代表のライガーはDRAGON GATE代表のEitaと対戦するが、Eitaが第1回JーCUPでのライガーvsハヤブサ戦を意識したのか、奇襲を仕掛けてライガーを場外へ追いやった後でノータッチトペコンを決め、怒ったライガーも鉄柱攻撃でEitaを流血させるも、追撃の掌打が鉄柱に誤爆してしまうと、Eitaは変型の腕固めで左腕攻めを展開する。
 しかしライガーは風車式バックブリーカーで流れを変えると場外戦を仕掛け、場外マットを剥がしたライガーはその上での垂直落下式ブレーンバスターを敢行、Eitaに大ダメージを与える。
大ダメージを負ったEitaはやっとリングに戻るもライガーはパワーボム、ロメロスペシャルと徹底的にかわいがるが、Eitaはロープ越しのハイキックやミサイルキックで流れを変え、その場飛びムーンサルトを決める。
 ライガーは掌打を狙うが、Eitaはかわして脇固めで切り返し、ライガーは掌底を放つも、EitaはトラースキックからNumero Unoで捕獲しライガーを追い詰める。
 ロープに逃れたライガーは突進するEitaにフライングボディーシザースドロップを決めると掌底から垂直落下式ブレーンバスターで突き刺して3カウントを奪い1回戦を突破、試合後はライガーが介抱しEitaの健闘を讃えた。

 CHAOS代表のオスプレイはCMLL代表のティタンと対戦し、序盤は両者共慎重に出方を伺うが、ティタンがティヘラを仕掛けてから空中戦となるも、オスプレイがオーバーヘッドキックでティタンを場外へ追いやるとエプロンダッシュのシューティングスタープレスを炸裂させ、リングに戻っても変型卍固めと主導権を握る。
 先手を奪われたティタンはオスプレイを場外へ追いやるとラ・ケブラータで反撃しスワンダイブ式ボディープレス、ドラゴンスクリューからの変型足四の字とオスプレイの動きを止めにかかるが、オスプレイはティタンをコーナー最上段に固定してからのトラースキックを放つと、場外へ落ちたティタンにサスケスペシャルを炸裂させる。
 リングに戻ったオスプレイはスワンダイブ式フォアアームから一気に勝負に出て、コークスクリューキック、ハイキックからオスカッターと畳み掛け3カウント、完勝で1回戦を突破する。

 X枠でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン代表のBUSHIは鈴木軍代表でGHCジュニアヘビー級王者の金丸と対戦、後入場のBUSHIはコーナーでの水しぶきパフォーマンスからミサイルキックで奇襲をかけるも、場外へ逃れた金丸への追撃のトペは金丸はイスで迎撃、南側客席へなだれ込んだ両者は金丸のブレーンバスター狙いをDDTで切り返したBUSHIはデスペラードもろとも入場ゲート上からのプランチャを浴びせる。
 リングに戻ったBUSHIはSTFやTシャツを使ったチョーク攻撃と攻勢に出るが、デスペラードに気を取られた隙を突いた金丸が低空ドロップキックで反撃、BUSHIはトップロープを利用したバク宙キックからコーナーダイブを狙うも、かわした金丸はラリアット、しかしムーンサルトプレス狙いはBUSHIが阻止し、串刺しダブルニーから変型ネックブリーカーを決める。
 BUSHIはコードブレーカーからエムエックスを狙うが、ドロップキックで迎撃した金丸はフロントハイキック、延髄斬り、トルネードDDTと畳み掛け、垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、背後に着地したBUSHIが金丸とマーティ浅見レフェリーを交錯寸前にしてからBUSHIロール、フェイント式ニールキックから毒霧を噴射も、かわした金丸は急所蹴りからタッチアウトを決め3カウントを奪い、1回戦を突破する。

 新日本プロレス代表の田口vsNOAH代表でGHCジュニアタッグ王者の原田は、マッチアップを制した原田がスリーパーやエルボーで先手を奪い、アトミックドロップを決めるが、田口はヒップアタック、腿パットで反撃、更に雷電ドロップで足攻めを展開する。
 劣勢の原田はフロントスープレックスで反撃すると、串刺しエルボーの連打、デスバレーボムと畳み掛けるが、田口はリバースパワースラムからギダるも、原田は田口の尻めがけてドロップキックを放つ。
 原田はノーザンライトスープレックスからバックを奪うも、切り返した田口はドロップキック、原田のニーアッパーを田口がアンクルホールドで捕らえ、ロープに逃げられてもヒップアタックを連発、しかしエプロンでの攻防で原田がデスバレーボムを敢行する。
 両者はエルボー合戦から原田がローリングエルボーを狙いと、かわした田口がどどんを狙うが、阻止した原田はダブルニーを浴びせ、片山ジャーマン狙いからニーアッパーを炸裂させる。
 原田は片山ジャーマンを狙うが、田口はアンクルホールドで切り返し、原田も同じ技で切り返すと、田口も切り返してからどどんを決め、最後はミラノ作どどんスズスロウンを決め3カウントを奪い1回戦を突破し、試合後に田口が久々にタグダンスを披露する。

 メインは新日本プロレス代表でIWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDAvsNOAH代表の石森、両団体ジュニア頂上対決が組まれ、グラウンドではKUSHIDAがリードを奪い、ロープワークの攻防でも両足キックで迎撃し、石森が反撃して場外に追いやられ、トペフェイントで威嚇されても涼しい顔をするなど、キャリアのある石森相手に余裕の態度を見せる。
 主導権を奪ったKUSHIDAは腕へのバトンキックから側転から腕固めと腕攻めを展開、なかなか反撃できない石森もロープ越しのハイキックからスワンダイブミサイルキックで反撃し場外へ追いやってからノータッチプランチャを炸裂させる、流れを変えた石森は串刺しダブルニー、エムエックスを繰り出すも、ハンドスプリングをKUSHIDAが左腕への低空ドロップキックで迎撃し、たまらず場外へ逃れた石森にコーナー最上段からトペコンを炸裂させる。
 KUSHIDAはリングに戻る石森を側頭部へのスライディングキックで追撃してからムーンサルトプレスを投下も、剣山で迎撃した石森はコーナーへ昇るが、両足キックで動きを止めたKUSHIDAが雪崩式腕十字で捕獲、しかし石森は持ち上げると剣山式コードブレーカーで突き刺す。
両者膝立ちからエルボー合戦を展開し、KUSHIDAがマサヒロタナカを放つが倒れない石森はラリアットを炸裂させ、コーナーでの競り合いから雪崩式ブロックバスターを決めると、450°スプラッシュを投下もKUSHIDAは剣山で迎撃する。
 KUSHIDAは勝負と見てホバーボードロックを狙うが、石森は阻止すると、KUSHIDAはラ・ミスティカからのホバーボードロックで石森からギブアップを奪い、完勝で1回戦を突破、試合後はKUSHIDAがJーCUP制覇を宣言して幕を閉じた。

 感想はというとメインとセミは新日本vsNOAHの図式となったが、両試合ともNOAHが敗れ、NOAHジュニアのエースとされた石森がKUSHIDAに完全に飲まれての敗戦はショックとしか言いようがない。オスプレイvsティタンはリコシェ戦の再戦を期待されたが、技のバリエーションの差で期待はずれに終わった、ライガーに敗れたEitaは24日の神戸ワールドでヨースケ・サンタマリアの保持するブレイブゲート王座挑戦が決まっているだけにライガーとの戦いで何かを掴めた
?タイチに敗れた青柳は技のバリエーションは増えたがキャリア不足を露呈も、今後は楽しみな存在になることを感じさせた。

2回戦は1ヶ月後の有明コロシアム、組み合わせもサイダルvsオスプレイ、ライガーvsタイチ、田口vs金丸、KUSHIDAvs拳王となった、果たしてJーCUPは誰が制するのか?
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ