忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

山本KID徳郁

 

HERO'S DREAM、そしてUFCで活躍した山本KID徳郁が死去した。享年41歳。山本は先月ガンの闘病中であると公表しており、海外にて療養生活を送っていた。

 山本KIDは修斗で総合格闘家としてデビュー、HERO'Sに参戦して宇野薫や須藤元気を降し、また宮田和幸戦でか開始早々から飛び膝蹴りを浴びせて4秒殺と速攻勝利を挙げることで、たちまちHERO'Sの看板選手となり、またMMAの枠組みにもとらわれず、K-1 MAXにも出場、2004 Dynamite!!では魔裟斗とも対戦、レスリング出身だったこともあって2008年の北京オリンピックに出場するためにレスリングに出場するなど幅広く活躍するなど、格闘技界の大スターにのし上がっていった。

 HERO'SがDREAMになると、山本は下火になる日本の格闘技界に見切りをつけるようにして、UFCと契約するも、負傷も重なって思うような活躍が出来なかったが、今思えばUFCと契約した時点で実力的にピークが過ぎていたのかもしれない。

 その後東日本大震災チャリティーイベント『NIPPONFIGHT』で魔裟斗と対戦したが、UFCと契約したまま干された状態となり、沖縄に移り住んでからは事実上のセミリタイアとなっていた。

 41歳での死は早すぎるとしか言いようがないし、山本KID自身も引退しておらず、後進の指導も含めて、やりたいことはいっぱい残っていたと思う。山本KID徳郁は格闘技界の大スターであり、格闘ブームの立役者の一人だった。

ご冥福をお祈りします

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。