忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

ビジャノⅢ


 新日本プロレスに来日し初代タイガーマスクとも何度も対戦したビジャノⅢ(本名 アントゥーロ・ディアス・メンドーサ)さんが脳卒中で死去した、享年66歳。

 父はアメリカでUNヘビー級王者になったレイ・メンドーサで1973年に現在の兄のビジャノⅠ、ビジャノⅡにならってビジャノⅢに変身、初代タイガーマスクとは1981年6月24日の蔵前国技館と対戦。この試合は「水曜スペシャル」の特番枠で放送され(新日本プロレスワールドでも視聴できます)、その後も新日本に来日して初代タイガーと対戦した。

 自分が印象に残った試合は昭和57年9月2日、福岡で行われた初代タイガーとの試合で、タイガーが保持していたWWFジュニアヘビー級王座がかけられた。初代タイガーがWWFジュニア王座を奪取後は、ビジャノⅢはなかなかベルトへの挑戦する機会が与えられなかったこともあって、やっと巡ってきたチャンスだった。

 試合は初代タイガーが序盤から飛ばしてリードを奪ったが、側転してからのクロスボディーを放った際にタイガーは足を負傷、これを逃さなかったビジャノⅢは猛反撃してタイガーを苦しめたが、最後はタイガーがジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪い勝利、薄氷の防衛だったが、ビジャノⅢが最もタイガーを苦しめ、あと1歩まで迫った試合だった。

 その後ビジャノⅢは11月に地元メキシコで初代タイガーの保持するWWFジュニア王座に再度挑戦したが王座は奪取ならず、初代タイガーとも対戦することはなかった。

 ご冥福をお祈りします。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。