忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

大谷が痛恨の2連敗!火祭り名古屋大会公式戦結果


7月10日 ZERO1「ZERO1第18回真夏の祭典火祭り2018」愛知・露橋スポーツセンター 330人

▼火祭り2018Aブロック公式戦/30分1本
[1勝1分=8点]○田中将斗(9分12秒 片エビ固め)[2敗=0点]×岩崎永遠
※スライディングD

【田中の話】「火祭りに出ている以上はね最年少で火祭り出場とかデビュー間もないとか、そんなの関係ないし、目の前に立つ以上はすべて叩きのめす。そうじゃないとこのリーグ戦は勝ち上がれないからね。(シングルで闘ってみた岩崎選手の印象は?)体がある分、一発一発いいもん持ってるとは思うけど、まあでももう少し元気があればもっと出てくるんじゃないですかね。でも本当火祭りで勢いで出た、がんばってます、それじゃ本当に生き残れないから。勢いだけでは上の人間食えないよ。(初勝利ですが)開幕戦、引き分けてね、本当に黒星はついてないかもしれへんけど、満点取れなかったっていうのは自分の気持ち的な部分におごりがあったのかわからないですけど、本当気持ちもそうだし、肉体も体作りもそうやし。パーフェクトでこの火祭りに来てるんで、何が足りないかって言ったら何やろな、イケメンさん、そういうのに、なめてた部分じゃないけど、確実に勝てるだろうなっていう気持ちはぶっちゃけあったんで。だから、そういうのがあったからこそ今日は全力で点数を取りにいったんでね」

【岩崎の話】「火祭り2戦目、チャンピオンで昨年の覇者だった田中将斗、やっぱりわかってたことだけど、強いのは当たり前だし、自分よりすべて、すべてを兼ね備えている選手なんで、まだまだもっと自分も努力して強くならないといけないと思います。でも公式戦はまだ2戦目。まだ続くのでここからまだまだ始まったばっかり。次は青森でWRESTLE-1の黒潮“イケメン”二郎選手。次は絶対勝って公式戦、1点でも多く星を取りたいと思います」

▼火祭り2018Bブロック公式戦/30分1本
[2勝=10点]○ハートリー・ジャクソン(9分29秒 体固め)[1敗=0点]×スーパー・タイガー
※ソウルキラー

【ジャクソンの話】「オレが勝った。これで2連勝だ。10ポイントゲットだぜ。ジャクソンナンバーワン。スーパー・タイガーを倒した。次は誰だ? 誰でもかかってこい」

【Sタイガーの話】「ジャクソンとは何度もやってるけど、今日の技は研究はしてたんですけど、その前のたたみ込みに…いやあ悔しい。去年もそうだでしたけど、初戦を落とすのはすごく悔しい。次、次、次いきます」

▼火祭り2018Bブロック公式戦/30分1本
[2勝=10点]○SUGI(10分12秒 片エビ固め)[1敗=0点]×大和ヒロシ
※630°スプラッシュ

【SUGIの話】「難なく勝利。これで2戦2勝。全優勝見えてきたんじゃないでしょうか。もっと熱くなれる選手をよろしくお願いします」

【大和の話】「今日SUGI選手が、今日というよりもこの火祭りでたぶん一番軽い階級ですよね。階級的には一緒かもしれないですけど。だからナメてたってわけじゃないですよ。でもね、本当今日最低ですよ。何もできなかった。本当に。SUGI選手に対して何もできなかったですよ。いまフリーになっていろんな団体に上がっていろんな選手とやって、それで少しでも前よりも自信がついたかなって。どんな相手でもやれるようになったのかなと思いましたけど、最低ですよ、今日。本当に全部空回りです。このままじゃね、もし本当にこのままこんな試合続けるようだったらね、オレ自分自身で火祭りに上がる資格ないと思います。その時は自分からしっかり棄権しますから。今日みたいな試合は絶対しないです。本当最低でした。気持ちを切り替えて次の2試合目、臨みたいと思います。以上です」

▼火祭り2018Aブロック公式戦/30分1本
[2勝=10点]○宮本裕向(10分21秒 片エビ固め)[2敗=0点]×菅原拓也
※ムーンサルトプレス

【宮本の話】「菅原に勝ったぞ。2勝目だ。爆破王ナメんじゃねえぞ。まだまだ始まったばっかりだけど、このまま全勝だ、全勝。全勝してやる。宣言するよ。負けなければオレは1位通過できるんだ。絶対に負けねえ。今日の勝利を自信にして、次の試合もやってやるって!」

【菅原の話】「あーヤバい。2敗目でしょ。もうあとないよ。あとがない。次、仙台、将軍でしょ? アイツをオレの罠にはめてキッチリ3つ取る。あークソッ」

▼火祭り2018Aブロック公式戦/30分1本
[2勝=10点]○クリス・ヴァイス(3分18秒 体固め)[1敗=0点]×将軍岡本
※パッケージドライバー

【クリスの話】「将軍よ、残念だったな。これで2連勝。10ポイントを獲得したぞ。このままファイナルまで突っ走る。ファイナルではブードゥ・マーダーズ対決だ」

【岡本の話】「もうあれだな、痴漢の野郎が悪いんだよ。あれからだよ。流れが変わったよ。ダメだ。次からまた流れ取り戻せるようにね、何か考えますよ。ダメだ、こりゃ」

▼火祭り2018Bブロック公式戦/30分1本
[1勝=5点]○火野裕士(13分2秒 体固め)[2敗=0点]×大谷晋二郎
※FuckingBomb

【火野の話】「一発目大谷晋二郎ね。自分ね、実はね、尊敬するレスラーの一人でもあるんですよ。今日シングルマッチやってみて、もちろんおもしろかった。見てるのもね、あの人の試合を見るのも結構実は好きで興味ある選手の一人ではあるんですよね。ずっとそんな感じであの人のことを見てて、タッグマッチではやったことあるけど、シングルでやるのは初めてで。タッグとシングルで、全然ちゃうじゃないですか。シングルはシングルでまたあの人のすごさというか、動きのテクニックというか、プロレスのテクニックっていうのがまたあるんですよね。あの人の間みたいな。作るじゃないですか。ムチャクチャダメージあるのかなと思っていたら、そのダメージを見せている間にお客さんを自分のペースに持っていくというか、お客さんを仲間につけて。で、気づいたらあの人のペースになってるみたいなね。自分はそういうのあまり試合でやろうとは思わへんけど、あれはあれですごいなと思うし。年齢も結構いってるんですよね、あの人。何歳ですか? 45超えて若いうちからプロレスやってるでしょ。キャリア的にも長いし、体も結構ボロボロやと思うんですよ。あれだけ動いて、自分みたいのは絶対に強いと思うけど、決して一方的に自分が勝ってたわけでもないし、ハッキリ言ってヤバいなっていうシーンもあったわけやし。一発目にあの人とやっていい刺激になりましたね。
(あらためて火祭り初戦白星で、今後に向けてもお願いします)勝つのは当然ぐらいで思って試合はせなアカンので、今日の勝利も別にビックリすることもないし、当然くらいに思ってますよ。でもすごくいい刺激になったし、あの人の熱いプロレス見たら。で、自分も熱くなりながら、火祭りらしい熱い試合を今後もやっていって、決勝戦、できたらブードゥ同士でね。ヒールやけども熱い試合もやっちゃうよ、みたいな。そんな試合をやりたいですね」

【大谷の話】「負けた。体が痺れながら3カウント聞こえたよ。しかし、あのバケモノと、火野と真正面からぶつかって負けたんだ。みなさんの言う点数は0点かもしれないけど、火祭りに密かにかかっている熱闘ポイント、本日の熱闘ポイント、大谷5点、火野裕士4点、大谷晋二郎単独トップだ。チクショー。よし、開幕と今日、2敗したかもしれねーけど、よし、あと公式戦10試合あるんだよな? そうだろ? あと10個勝ったら10勝2敗だ。残り集中して全部勝つぞ。そして得点でも熱闘ポイントでも大谷晋二郎が単独トップで優勝してやる」

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。