忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

全日本プロレスチケット販売

プロレスリングNOAHチケット販売

ZERO1チケット販売

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
3
7
15
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

2009年6月13日

 2009年6月13日の土曜日、9時ごろだったと思う。プロレス・格闘技DXでNOAH広島大会の速報を見ていた、そしてメインのGHCタッグ選手権の結果の下に“心肺停止”という文字があった、三沢光晴が斎藤彰俊のバックドロップを受けて立ち上がれなくなり試合はストップしたというのだ、この時はまだ自分は事の重大さを認識していなかった、今までどんな技を喰らっても三沢は立ち上がってきていた、また気がついて起き上がると思っていた。だが少し“もう三沢は疲れているし、選手らの決起を促す意味でしばらく休ませてたら”と思っていた。


  2009年5月3日、自分はNOAH「グローバルタッグリーグ2009を観戦するために京都KBSホールを訪れていた、2時ごろに選手達が会場入りしていったが、いつも渋々ながらもサインや記念撮影などファンサービスに応じる三沢がしんどそうな顔を浮かべてファンを寄せ付けず、そのまま会場の中へと消えていった。当時のNOAHは日本テレビの地上波中継が打ち切られたばかり、また三沢自身も長年の激闘のツケがきて練習不足が体に現れるようになっていた、三沢はこの年のリーグ戦では潮崎豪と組んで参加し、京都大会ではメインでリーグ公式戦として高山善廣、杉浦貴組と対戦、試合も三沢は潮崎を前面的に出してあまり出ようせず、試合も杉浦がオリンピック予選スラムで潮崎を降して勝利、内容的にも三沢の調子の悪さがモロに出ていた試合だったが、自分が生で見る三沢のラストマッチになるとは思っても見なかった。それでも三沢、潮崎組は最終戦で森嶋猛、佐々木健介組を破りタッグリーグ戦を優勝、次期シリーズである6月13日広島大会では斎藤彰俊、バイソン・スミス組の保持するGHCタッグ王座への挑戦が決定した。


 13日の夜の10時から11時ごろだったと思う、Yahoo!のニュース欄に三沢死去の一報が更新された、見た瞬間どう受け止めていいのかわからなかった、当時更新していたブログ(現在は自分の都合で削除)で三沢死去の一報を更新すると、最後に出た言葉は「ふざけんな!」だった、なぜこの言葉が出たのかわからない、三沢光晴は自分の中ではプロレスの凄さを伝えてくれた誇りだった、自分の中の誇りが崩れ去ったのかもしれない、「ふざけんな!」は自然に出た言葉だった。

 
 午前0時頃の「スポーツうるぐず」で三沢死去のニュースを改めて確認、その後は眠れない夜を過ごした。翌朝の午前8時「THE・サンデー」にて試合後の映像が放送され、改めて三沢の死を受け止めた。そして午後4時ごろだったと思う、やっと三沢に本当に言いたかったことを更新した、『三沢光晴、ありがとう』という感謝の気持ち、体を張って激闘を繰り広げ、凄いプロレスを見せてくれた感謝の気持ちを、生きているうちに言いたかったことを更新した。


 あれから4年後、NOAHは経営危機、内部スキャンダル、秋山準らの離脱、小橋建太の引退という様々な出来事が起きた。そして5月11日「旗揚げ新章」で新しいコンセプトとして「心に残るプロレス」を掲げた、三沢が目指していた方向性とは違うかもしれない、しかし丸藤らが「自分らが見せたいプロレス」というものを示せれば、三沢は納得してくれるかなと楽観的だが思っている。


 明日は6月13日、忘れられない日がやってくる。

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ