忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
3
11
20
27 28 29
30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

最終戦を前にして4チームが同点!中嶋はヨネからフォールを奪いGHC獲りを表明!

4月26日 NOAH「グローバル・タッグリーグ戦2014」札幌テイセンホール 800人


<試合後のコメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼「狂乱のエストレージャ vs Growing Bear」/15分1本
○スペル・クレイジー(6分40秒 ラマンサニータ)X熊野準


◇第2試合◇
▼「Battle for the Purpose」/20分1本
小川良成 ○ザック・セイバーJr. (13分38秒 ジムブレイクスアームバー)小峠篤司 X北宮光洋
 

◇第3試合◇
▼「ドンチュウクライ vs 剛拳」/30分1本
○拳王(9分55秒 変型キャメルクラッチ)X平柳玄藩


◇第4試合◇
▼「Frying Star vs 暴走ムイビエン」/30分1本
○石森太二(10分24秒 オースイスープレックスホールド)X大原はじめ


◇第5試合◇
▼「Break through NO MERCY」/30分1本
KENTA ○原田大輔 高山善廣(12分55秒 横入り式回転エビ固め)齋藤彰俊 佐野巧真 X青柳政司


◇第6試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2014」公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]丸藤正道 ○中嶋勝彦(16分48秒 体固め)[3勝3敗=6点]Xモハメド ヨネ 池田大輔
※右ハイキック


<試合後>
中嶋「明日も勝って上り詰めたいと思います。たしかヨネさん次、永田のGHCヘビーに挑戦するんだよね。俺が勝ったから、俺が行ってもいいよね。ヨネさんの返事待ちです」


 【試合後の丸藤&中嶋】
――試合を振り返って?

▼中嶋「気持ち良かったぁ!」

▼丸藤「おいしいところ持ってかれたなぁ。戦りつのハイキックか…恐ろしい」

――GHCをめぐる決意表明もあったが?

▼中嶋「まずは優勝して僕らのチーム力を示すことが第1優先ですけど、今日ヨネさんに勝てたんで。素直な気持ちを言ったまでです。とにかく明日が本当の山場。僕らのチーム力をしっかり示したうえで、上り詰めたいと思います」

▼丸藤「明日は俺が獲ります。明日は俺が頑張ります」


◇第7試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2014」公式戦/30分1本
[2勝3敗=4点]森嶋猛 ○マイバッハ谷口(13分03秒 片エビ固め)[1勝4敗=2点]Xコルト・カバナ クリス・ヒーロー
※マイバッハプレス


◇第8試合◇
▼「グローバル・タッグリーグ戦2014」公式戦/30分1本
[3勝2敗=6点]○杉浦貴 田中将斗(18分33秒 片エビ固め)[3勝2敗=6点]シェイン・ヘイスト Xマイキー・ニコルス
※オリンピック予選スラム

 

 【試合後の杉浦&田中】
――試合を振り返って

▼杉浦「かなり追い込まれたけど、田中さんが入って弾丸エルボー一発で流れを変えてくれたんで」

▼田中「こっちのカタにハマれば、こっちのもんやから。タイミングをズラしてきたり、ウマいところもあったけど、エルボーやったら俺らが一番やからね」

――残るは森嶋&マイバッハ組との一戦だが?

▼杉浦「とりあえず明日勝たないと。勝つしかないから」

▼田中「どういう展開になっても、これまでくぐり抜けてきてるし。デカかろうが、汚いことしようが関係ない」

――改めて優勝に向けて?

▼杉浦「明日、優勝トロフィーをしっかり抱いてね。その後2人で札幌の街に繰り出したいね」

▼田中「キッチリとこのヒジとヒジで片付けて、このガッチリしたヒジで優勝トロフィーを掲げてやりますよ」


 グローバルタッグリーグも終盤、BRAVEvsモハメドボンバーズはヨネと中嶋がサッカーボールキック合戦で意地を張り合うなど火花を散らすが、BRAVEは池田を捕らえて分断に成功、終盤もスピードを生かしたBRAVEはヨネを捕らえるも、モハメドボンバーズも池田がカットに入ってから中嶋を捕らえ、ヨネがハイキックからキン肉バスターで勝負に出るも、着地した中嶋がハイキックで逆転3カウントを奪い6点目を獲得した。モハメドボンバーズは6点どまりで全公式戦は終了となった。

 
 メインではTMDKが弾丸ヤンキースと対戦しTMDKは杉浦の膝に集中砲火を浴びせて先手を奪うも、田中に交代してから流れが変わりニコルスを捕らえ形勢逆転する。TMDKは杉浦にタンクバスターを炸裂させるとニコルスがサザンクロスストレッチで捕獲し勝負に出るが、田中がカットに入ると逆にヘイストに集中砲火を浴びせ、最後は田中のスライデヒングDから杉浦のオリンピック予選スラムが決まって3カウントで6点目を獲得、これでBRAVE、TMDK、NO MARCY、弾丸ヤンキースの4チームが首位という異常事態となった。


 セミでBIG IN USAを降した超危暴軍にもチャンスがあるが最後の相手であるヤンキースを下してもNO MARCYvsBIG IN USA、BRAVEvsTMDKの結果待ちとなるため可能性は低い、やっぱり8点ラインで優勝決定戦にもつれ込む可能性がかなり高いと見ていいだろう。


 また中嶋はヨネを降してGHCヘビー級王座獲りを表明、永田裕志vsヨネのGHCヘビー級選手権の開催は5・17後楽園で決定となっているが、それまでに挑戦者決定戦を行うということなのか・・・


 いよいよ最終戦を迎えるタッグリーグ、優勝チームはどのチームか?

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ