忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

締めの言葉は「See You Next Time!」SANADAがチャッキーとの接戦を制して1回戦を突破!

3月11日 新日本プロレス「NEW JAPAN CUP 2018」香川・高松市総合体育館・第1競技場 1365人


<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼20分1本
金丸義信 ○エル・デスペラード(8分49秒 ヌメロ・ドス)田口隆祐 ×成田蓮


◇第2試合◇
▼20分1本
バットラック・ファレ ○高橋裕二郎 タンガ・ロア(7分54秒 片エビ固め)永田裕志 ×海野翔太 八木哲大


◇第3試合◇
▼20分1本
後藤洋央紀 ○YOSHI-HASHI(9分38秒 バタフライロック)マイケル・エルガン ×岡倫之


◇第4試合◇
▼30分1本
内藤哲也 ○BUSHI(8分49秒 エビ固め)ザック・セイバーJr, ×TAKAみちのく
※MX


◇第5試合◇
▼30分1本
鈴木みのる ○ランス・アーチャー 飯塚高史 タイチ(11分41秒 片エビ固め)棚橋弘至 ジュース・ロビンソン デビット・フィンレー ×トーア・ヘナーレ
※ブラックアウト


◇第6試合◇
▼30分1本
○オカダ・カズチカ 石井智宏(9分46秒 コブラクラッチホールド)飯伏幸太 ×チェーズ・オーエンズ


◇第7試合◇
▼「NEW JAPAN CUP 2018」1回戦/時間無制限1本
○矢野通(12分52秒 リングアウト)×デイビーボーイ・スミスJr.


【矢野の話】「(※インタビュースペースにたどり着くなり崩れ落ちて)ダメだ、きつすぎる。ダメージが……。ダメだ、次は棄権かもしれない。ダメだ、こりゃ……」
 


【スミスの話】「(※股間を押さえて苦悶の表情。痛みをこらえるように)オオ……オオ……ウウッ……ウウッ……ヤノ、やりやがったな! クソッ」


◇第8試合◇
▼「NEW JAPAN CUP 2018」1回戦/時間無制限1本
○SANADA(21分31秒 体固め)×チャッキーT
※ラウディングボディープレス


(試合終了後、リングを下りたSANADAはバックステージに戻ると思いきやマイクを握って、再度のリングイン)
SANADA「オイ! この『NEW JAPAN CUP』。なんの波乱もなく、俺が優勝してやるよ!(と語ると、耳に指を当てて、場内の歓声を要求)オカダのIWGPにリベンジしてやるよ。オイ、高松! See You Next Time!」


【チャッキーの話】「このトーナメント、負けて終わってしまったな。実はチャッキーTの首は万全でなかった。左腕にまで影響あったし。最後、あそこまで(首を)絞めあげられては、タップするしかなかった。無理するわけにはいかないからね。万全なら、あそこでタップアウトせずに闘いを続けられたんだけど……。『NEW JAPAN CUP』に出場できたのはよかった。いい経験をさせてもらったよ」


 NJC1回戦、高松大会のメインは単独メインでは初登場となったSANADAがチャッキーと対戦、チャッキーがモルタルからSANADAを場外へ追いやるが、SANADAが場外戦で逆襲、だがパラダイスロックが不発となると、チャッキーも逆襲して鉄柵攻撃で反撃、テーブルを持ち出すも、テーブル貫通ブレーンバスターはSANADAが投げ返して未遂になり、リングへ戻ったSANADAは腰へのエルボーで腰攻め、コーナーでストンピングと先手を奪う。
 SANADAはテーブル貫通ブレーンバスターを狙い、チャッキーはエプロンに不時着も、SANADAはロープ越しのSkull Endで捕獲、リングに戻ってSANADAは串刺しエルボーから高速ブレーンバスター、スリーパーも、逃れたチャッキーはエルボー、突進するSANADAにパワースラムで叩きつけ、連続ラリアットからミサイルキック、ファルコンアロー、足四の字固めで流れを変える。
 チャッキーのカナディアンドライバー狙いはSANADAが阻止して連続リーブロックからドロップキックでチャッキーを場外へ追いやり、プランチャを命中させ、リングに戻るとTKO狙いはチャッキーが阻止し、リーブロックを狙うSANADAにスパインボム、場外に逃れたSANADAにチャッキーがノータッチトペコンから鉄柵攻撃の連打、客席へ出してチャッキーは鉄柵越えのトペコンを炸裂させ、イスを持ち出してその上にSANADAをボディースラムから、鉄柵越えのスワンダイブを狙うがSANADAがキャッチしてテーブル貫通パワーボムで叩きつける。
 リングに戻ったSANADAはスワンダイブ式ミサイルキックからバックドロップ、Skull Endはチャッキーが逃れて、突進するSANADAにニー、エルボー合戦ではSANADAがエルボースマッシュも突進はチャッキーがハリケーンドライバーで叩きつけ、ムーンサルトプレスを投下も自爆となる。
 SANADAの突進をかわしたチャッキーはバックの取り合いからソーフブートも、SANADAもTKOで応戦しラウディングボディープレスを投下したが、SANADAが着地し、串刺しを狙ったところでチャッキーがオーフルワッフルが決まったが、カバーが遅れてカウント2、チャッキーはもう1回を狙うが、SANADAが不時着しジャパニーズレッグロールから旋回式Skull Endで捕獲、チャッキーがサムソンクラッチで切り返し、トルネードクラッチも、キックアウトしたSANADAがアサイDDT式Skull Endで捕獲しm絞めあげてからラウディングボディープレスで3カウントとなって1回戦を突破、試合後も優勝宣言をして「See You Next Time!」で締めくくった。
 IWGPヘビー級王座に初めて挑戦したSANADAだったが、敗れはしたものの、シングルプレーヤーとしてもやっていける自信をつけつつある。締めの言葉の「See You Next Time!」はEVILを意識したものなのかもしれないが、今までノーアピールだったSANADAも自己アピールをすることで変わりつつあるのかもしれない。
 
 矢野vsスミスは矢野がTシャツで目隠しして丸め込むなどYTRワールドへと引きずり込もうとするが、長年に渡って煮え湯を飲まされているスミスは徹底してYTRワールドの封殺にかかり、場外戦でも深追いは避け、レフェリーのチェックの厳しさもあって矢野は自身の世界に引きずり込むことが出来ない。
 矢野のイスを持って突進はスミスがビックブーツで迎撃し、コーナーにイスをセットして、突進する矢野は直撃させ、崇コーナーにも直撃させてからバックドロップホールド、クロスフェースで捕獲して追い詰めにかかるが、ブルドックボムを狙いは、阻止した矢野はシーソーホイップで崇コーナーに直撃させ、矢野は急所蹴りから裏霞はカウント2、スミスはロープ越しのブレーンバスターは矢野がスタンガンで阻止し、テーピングを持ち出してスミスを足をロープに固定はスミスが蹴って阻止する。
 スミスは場外の矢野に頭突きも鉄柵攻撃からのビックブーツは矢野がかわし、鉄柵に股間を直撃させたスミスを矢野が鉄柵を持ち上げて悶絶させると、そのままリングに戻ってリングアウト勝ちとなり、1回戦を突破した。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。