忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

望月と近藤が歴史的握手!Jr.TAG BATTLE OF GLORY新木場大会公式戦結果


8月9日 全日本プロレス「2018 SUMMER EXPLOSION GLOWIN' UP vol.14」新木場1stRING

(アピール、コメントなどはプロレス格闘技DX詳細版より)
<「Jr.TAG BATTLE OF GLORY」公式戦 20分1本勝負>
【2勝=4点】○丸山敦 竹田誠志(9分19秒 首固め)【1勝2敗=2点】Xブラック・タイガーVII ブラックめんそーれ

<「Jr.TAG BATTLE OF GLORY」公式戦 20分1本勝負>
【1勝1敗=2点】○鈴木鼓太郎 近藤修司(15分25秒 エビ固め)【2敗=0点】望月成晃 Xシュン・スカイウォーカー
※三沢魂タイガードライバー

【試合後の近藤&鼓太郎】
――リーグ戦初白星となったが?

鼓太郎「まぁ初戦を飾るにはいい流れだった。今日は役割分担がしっかりしてたんで、俺は俺のやることをしただけ」

近藤「これがこの二人の本来の形。誰がこようが何も計算しなくたって、その都度その都度、計算が出せる良質コンピューター。前回は初戦、気持ちで向こうが上回っただけで、普通にいけば優勝できる」

――近藤選手は久しぶりに望月と戦ったが?

近藤「全日本は関係ないからね。全日本プロレスに関係ない話だから。まぁ何かまた続きがあるんであれば、今日リング上で示したことが全て。どうなるかわかんないよ、プロレスやってりゃ。10何年もやってりゃ何が起こるかわからない。ただ、俺の周りがザワザワしてる。とりあえず今日は今日、二人で勝ったから1勝」

 【試合後の望月&シュン】
望月「まぁ、開幕戦、黒星スタートという結果で、毒霧あったとはいえ俺自身が獲られてさ。今日も負けたの俺のせいだってしてくれていいよ。正直2戦目、リーグ戦的には絶対負けられなかったけど、近藤と熱くなりすぎたというかね。シュン、申し訳ない。リーグ戦ってことを忘れる戦いをね、してしまいました。でも何か、何だかわかんないけど、試合終わったら握手する気になって。実際ね、あいつとは離れてる期間の方が長いんだけどさ。戦ったのはほんの2、3年だし。でもこうしてさ、昔を覚えててくれるファンも来てくれてさ、昔と変わらぬ試合がこの王道・全日本プロレスのリングでね、お互いどちらも所属ではないリングでできたことに俺は意義があったように思います。そんな中でもシュンが鈴木鼓太郎という強豪相手に食い下がってたし。確かにこいつはまだ2年、3年のキャリアだけど、飛び技でも丸め込みでも貪欲に勝ちにいく気持ちだけは持ってるからこそ俺はパートナーに指名したし。俺がちょっと自己中な試合をしてしまった中、こいつがね、鈴木鼓太郎という相手に物凄く頑張ってくれたから。ただ2敗なんでね。どうなんだお前? あと4試合だろ? 全勝ないだろ?」

シュン「優勝狙いますよ。4勝狙っていきますよ。今日は正直、望月さんが近藤選手にガッチリいってましたけど、その勢いもらって自分はめちゃくちゃ鈴木選手にいけたんで自信にもなりました。最後負けてしまいましたけど」

望月「ちょっとリップサービスしとこうかな。せっかくね青木選手、何か俺を世界ジュニアの防衛戦の相手に指名してくれたらしいからさ。次防衛戦あるらしいけど、堂々応えようじゃないですか。もしそれが実現して、俺が世界ジュニアチャンピオンになったら、近藤修司指名してやるから。お楽しみに」

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。