忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

戸澤を降してドリーム王座死守!長期政権でますます進化するCIMA

DRAGON GATE「DEADor ARIVE2013」 5月5日 愛知県体育館 6500人超満員札止め


◇第1試合◇
堀口元気H.A.Gee.Mee!! ○斎藤“ジミー"了 ジミー・神田 (9分18秒 片エビ固め)スペル・シーサー  サイバー・コング  X三代目超神龍
※ダブルクロス


◇第2試合◇
○K-ness.琴香(7分12秒 光の輪)Mr.キューキュー“谷嵜なおき"豊中ドルフィン Xジミー・カゲトラ


◇第3試合◇
○ジミー・ススム(13分47秒 ジャンボの勝ち!固め )Xリコシェ


◇第4試合◇
[王者組]○土井成樹 しゃちほこBOY リッチ・スワン(20分45秒 V9クラッチ)[挑戦者組]望月成晃 ドン・フジイ XHUB
☆土井&しゃちほこ&スワンが初防衛に成功


◇第5試合◇
▼オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
[挑戦者]○吉野正人(19分06秒 エビ固め)[王者]Xドラゴン・キッド
※ライトニングスパイラル
☆キッドが10度目の防衛に失敗。吉野が第23代王者となる


◇第6試合◇
▼オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
○YAMATO 鷹木信悟(23分32秒 片エビ固め)[王者組]XBXBハルク ウーハー・ネイション
※ギャラリア
☆ハルク&ネイションが初防衛に失敗。鷹木&YAMATOが第25代王者組となる


◇第7試合◇
▼オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
[王者]○CIMA(30分21秒 ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールド)[挑戦者]X戸澤陽
※CIMAが13度目の防衛に成功

 

 DRAGON GATE5月5日愛知県体育館大会をPPVで視聴ではなく、同じ日に開催されていた大日本プロレス横浜大会を視聴(大日本は午後3時スタート、ドラゲーは午後4時スタート)だったこともあって、大日本を視聴し終わるとすぐドラゲーを視聴、幸いメインのオープン・ザ・ドリーム選手権のCIMAvs戸澤を視聴することが出来た、メインだけだったがドラゲーのビッグマッチを視聴するのは久しぶりである。


 試合の先手を奪ったのは戸澤、CIMAが爆弾を抱えているといわれる膝ではなく腕殺しを展開しつつ、ピンポイントでCIMAの古傷である首も攻めて揺さぶりをかけるが、CIMAもパッケージジャーマン封じを狙ったのか膝殺しで形成を逆転していくが、いつもならCIMAはメテオラを使って試合を流れを変えていくのだが、今回はメキシコでジャベの勉強をしてきたということで泥臭い攻めで主導権を握るなど試合の幅が広くなっていることを感じさせた。


 それでも戸澤は場外戦に持ち込んでエルボースイシーダの連発で流れを変えると、イス盛りの上での垂直落下式ブレーンバスターやイスを使っての腕殺しとルードらしくラフを織り交ぜての腕殺しで再びリードを奪うが、CIMAは徹底してジャベで足殺しと泥臭さを崩さない。


 終盤にはCIMAがパーフェクトドライバーからのメテオラと勝負に出るが、戸澤は仰向けにしたCIMAにイスを設置してからのダイビングセントーンと捨て身の攻撃で応戦、だがCIMAもジャガー式バックドロップホールドなど引き出しを出してゴリースペシャルからのシュバインを敢行するが、切り札のメテオラの連打は戸澤がクリアし、さすがのCIMAも動揺、この隙を突いた戸澤はバイシクルキックからのパッケージジャーマンの連発で勝負に出るが、CIMAがクリアすると今度は戸澤が動揺、戸澤は再度パッケージジャーマンを狙うもバックの奪い合いを制したCIMAが奥の手のジャパーニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドで3カウントを奪い王座を防衛、戸澤も確かに追い詰めたが引き出しの多さでCIMAが優った試合であり、ジャパーニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドは豊田真奈美の代名詞的な技でもあるが、3月の大阪では吉野を同じ技で降すなど今ではCIMAの奥の手になりつつある、そういった意味ではメテオラよりマークすべき技なのではと思う。


 試合後は実況席でゲスト解説をしていた土井が観客に握手しながら退場するCIMAを「オレがいつでもいったんからな!」と挑発したが、誰も挑戦に名乗りを挙げずに大会が幕となったが、おそらくトーナメントであるKING OF GATEの覇者が挑戦者になると思う、CIMAも気がつけば13度の防衛で長期政権、ベテランの部類と言われるが今日の試合ではグラウンドで中心で試合を組み立てていき、後半から大技をラッシュするなど試合の幅が広くなっていったという印象を受けた、CIMAの独走を止めるのは容易ではなさそうだ・・・

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ