忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

デスマッチの怪物同士のぶつかり合いは石川修司が制しデスマッチ王座を防衛!

大日本プロレス~Endless Survivor~ 5月5日 横浜文化体育館 1442人


◇第1試合◇
▼20分1本
○橋本和樹 高橋匡哉(9分12秒 フロントネックロック)X神谷英慶 小幡優作


◇第2試合◇
▼30分1本
○谷口裕一 松田慶三 ベアー福田(11分40秒 横入り式エビ固め)X石川晋也 忍 円華


◇第3試合◇
▼30分1本
○アブドーラ・小林  シャドウWX 佐々木貴(12分16秒 源之助クラッチ)X佐々木義人 河上隆一 岡林裕二


◇第4試合◇
▼Murderride Show ブリング・ザ・ウエポンズマッチ〜凶器持ち込みタッグデスマッチ ジャンキーvsカミソリ〜/30分1本
○葛西純 “黒天使"沼澤邪鬼(14分12秒 片エビ固め)X塚本拓海 竹田誠志
※十字架ボード上へのマーダーライドボム


◇第5試合◇
▼トリプルメインイベント/BJW認定タッグ選手権試合/30分1本
[第27代王者組]宮本裕向 ○木高イサミ(15分46秒 片エビ固め)[挑戦者組]X星野勘九郎 稲葉雅人
※鉄檻上からのダイビングダブルニードロップ
☆ヤンキー二丁拳銃が5度目の防衛に成功


◇第6試合◇
▼トリプルメインイベント/BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合/30分1本
[第3代王者] ○関本大介(14分02秒 ジャーマンスープレックスホールド) [挑戦者]X大森隆男
☆関本が3度目の防衛に成功


◇第7試合◇
▼トリプルメインイベント/BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合 蛍光灯+ガラスボード+剣山611個デスマッチ/30分1本
[第27代王者]○石川修司 (20分54秒 エビ固め) [挑戦者/2013一騎当千優勝者]X伊東竜二
※クロスアーム式スプラッシュマウンテン
 ☆石川が2度目の防衛に成功 

 

 今日は大日本プロレス「Endless Survivor」横浜文化体育館大会をSAMURAIでの生放送で視聴。


 メインのデスマッチ選手権の石川vs伊東は今回は剣山611個が使われた、試合は場外戦で互いに蛍光灯で殴り合うも出血量は伊東の方が多く、更に耳からも出血しているということもあって出血が止まらなかったのか、かなりスタミナ的にはロスしていたと思う、ガラスボードも使われたが、メインはやっぱり611個集まった剣山、互いに頭の上に刺し合って叩き合うなど壮絶な試合と化していく、終盤には互いに剣山やガラスボード、蛍光灯を使った大技を炸裂させるが、伊東が青い鯉のぼりをイラストした蛍光灯束を投入するも、逆に奪った石川は伊東をコーナーに逆さ吊りにしてから蛍光灯束を設置してからのニーリフトが炸裂、出血が止まっていなかった伊東にしてみれば逆さ吊りは堪えたはず、最後は石川がヘッドバットの連打から剣山の上でのスプラッシュマウンテン、クロスアーム式スプラッシュマウンテンで3カウント、伊東も木高イサミとの一騎当千決勝戦での3本勝負のときは怪物化していると感じたが、石川もそれ以上の怪物と感じさせ、デスマッチのキャリアでは伊東の方があるのだが、その伊東をも越えてしまった、デスマッチの怪物王者となった石川はどこまで行くのだろうか・・・


 ストロングヘビー級選手権の関本vs大森は関本が右肩を鉄柱に激突してから大森の右肩殺しでパワーが半減するなど苦しい展開となる、しかし大森が勝負を急いだのが幸いしたのか、関本もやっと活路を見出して、パワーが落ちた右腕でのチョップやラリアットでたたみかけ、最後はぶっこ抜きジャーマンで3カウントを奪い王座防衛、なんとか強引に勝ったという印象が強い試合だった。


 あと注目の試合は045邪猿気違'svs竹田、塚本で、045邪猿気違'sの得意アイテムであるカミソリを使うということで塚本がどこまで狂えるかに注目していた、試合は竹田組が奇襲で先に塚本が葛西の額をカミソリボードに擦り付けたが、アイテムを使い慣れている045邪猿気違'sにしてみれば想定内、その後は045邪猿気違'sからカミソリボードなど次々と洗礼を浴びせられていく。
 それでも塚本は葛西の垂直落下式リバースタイガードライバーやパールハーバースプラッシュなど喰らってもクリアするなど懸命の粘りを見せるが、最後はカミソリ十字架の上でのマーダーライトボムを喰らって力尽きてしまった。
 試合後は葛西が「オイ塚本、以前オマエと一騎打ちで闘ったとき、俺っちオマエに言ったよな? オマエの好きなようにやっていいんだぞって。伊東と組んでいようが、会社の方針であろうが、オイ、きょうの試合でオマエがカミソリ十字架ボードを持ち込んだ意味…それがオマエの本音だと思うよ。ただ単にきょうの試合を盛り上げるためにカミソリ持ち込んだわけじゃねえよな? オマエよ、俺らと一緒にやりてえんだろ!? オイ、登坂社長がここで聞いていようが、伊東が裏で聞いていようが関係ねえ! てめえの本音いま言ってみろ!」と問いかけたのに対し、塚本は「そうだよ、葛西さん。俺は次のステップに進むためには、アンタ方の力が必要なんです。自分が思うようにいかないっていうのは、自分が一番わかってるんです。それが悔しいんですよ! だから自分と一緒に組んでください。自分の覚悟だってあります! よろしくお願いします」と045邪猿気違's入りを決意、045邪猿気違'sにしてみれば勢力拡大となったが、塚本も045邪猿気違'sに入ったからには今まで以上に狂うことを求められるだけに、塚本が狂えることが出来るか?注目していきたいと思う。


 今回の感想は昨年はアブドーラ小林が王者だったことで“愛”を訴えてきたが、今年は怪物に同士のぶつかり合いで改めてデスマッチの凄さというものを実感させられた大会だった。ただ今日はみちのくプロレスに出場していたのかバラモン兄弟が参戦しなかったのが残念だった・・・

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ