忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

G1 CLIMAX28出場選手発表!死闘・エルガンvs後藤!後楽園に戻ってきたNEVERにおける"ど真ん中"プロレス!



6月17日 新日本プロレス「共闘ことばRPG コトダマン Presents KIZUNA ROAD 2018」後楽園ホール 1696人 超満員札止め

<アピール、コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼10分1本
△辻陽太(10分時間切れ引き分け)△上村優也

◇第2試合◇
▼20分1本
○永田裕志 中西学(9分6秒ナガタロックⅡ)岡倫之 ×海野翔太

◇第3試合◇
▼20分1本
高橋裕二郎 ○石森太二(7分14秒 Yes Lock)天山広吉 ×成田蓮

◇第4試合◇
▼20分1本
真壁刀義 ○ジェフ・コブ トーア・ヘナーレ KUSHIDA 田口隆祐()矢野通 YOSHI-HASHI ×ロッキー・ロメロ YOH SHO
※ツアー・オブ・ジ・アイランド

◇第5試合◇
▼30分1本
内藤哲也 EVIL SANADA ○BUSHI 高橋ヒロム(10分16秒 片エビ固め)飯塚高史 タイチ 金丸義信 エル・デスペラード ×TAKAみちのく
※MX

◇第6試合◇
▼30分1本
オカダ・カズチカ ジェイ・ホワイト ○石井智宏(13分13秒 片エビ固め)棚橋弘至 ジュース・ロビンソン ×デビット・フィンレー
※垂直落下式ブレーンバスター

【石井の話】「鈴木はどうした⁉ 鈴木は何してるんだ⁉ あの王様の威勢はどこ行ったんだ。自分の興行が忙しいか? オカダ戦の前だから体力温存か? これが逆の立場だったら、鬼の首とった様にギャーギャー言ってくるだろが。目に浮かぶよ。だけど鈴木、俺はそんなこと言わないから、決まったことにグダグダ愚痴たれる気ないから、安心して30周年迎えろよ。そしてオカダにしっかりお祝いしてもらって、3カウント聞いたら俺のところに来い。俺が慰めてやる」

【ジェイの話】「クソッ……どんだけ強く殴られようとも、イスを使おうとも、俺はどんな手を使ってでもお前に勝ってみせる。俺こそが違いを生む男だ。お前の左手は神から与えられたものであり、違いを生む大切なお前の武器だろうが俺が破壊してやる。そして、同じようにお前の夢を破壊してやる。お前はポジティブでファンに愛されるキャラクターだが、サンフランシスコではどうなるか待ってろよ。そして、お前はベルトを賭けた大切な試合になれば、ゴトー、ケニー・オメガ、ナイトーすべてに負けてきた。俺の強さを魅せてやる。サンフランシスコでお前は再びチャンピオンシップで負けるんだ。Breathe With Switchblade」

【棚橋の話】「もういくつ寝ると、『G1 CLIMAX』。第3世代が抜けて、俺が17回の最多出場。歴史を、キャリアを……嬉しいやら悲しいやら。これがアレだな。棚橋弘至が蝶野正洋なるか……ガッデム!」

【ジュースの話】「お前にはどう見える? 俺はドクターじゃない。ドクターでもないけど、(※左手の甲を出し)この骨に異常があることはわかる。中生骨が折れているだろう。俺には206個の骨がある。そのうちの1つを破壊したところで、205個も残ってる。ジェイ、お前の魂胆はわかってるぞ。お前は賢い男だ。そして強い男でもある。でも、俺のパンチだって負けてない。これがお前の顎に当たれば一発だ。すぐにこのパンチをお見舞いしてやる。オイ、まぬけ。俺はケニー・オメガともやりあった男だぞ。お前に、この左腕でパルプフリクションを決めてやることもできる。そうすれば、お前のハートも、急所も震え上がるだろう。腕が一本折れようとも、サンフランシスコでフゥー! アメリカでタイトルマッチだ。お前はアメリカ人じゃない。これは差別するつもりはないけど、お前もケニー・オメガもアメリカでは外国人だ。星条旗も俺に味方している。次は俺の番だ。ついにベルトがアメリカ人の手にわたる。サンフランシスコで星条旗カラーを身に着けて、ベルトを獲ってやる。お前がクソみたいなことをするなら、同じことをお返ししてやるよ。サンフランシスコで会おう。いや、明日でもいいぜ。マタアシタ。マタアサッテ。マタシアサッテ。サンフランシスコに行く前、日本でお前を倒してやる。サンフランシスコでベルトは俺のものになる」

◇第7試合◇
▼NEVER無差別級選手権試合/60分1本
[挑戦者]○後藤洋央紀(30分57秒 片エビ固め)[第18代王者]×マイケル・エルガン
※GTR
☆エルガンが初防衛に失敗、後藤が第19代王者となる。

(試合終了後、コブが登場し、エルガンを介抱。そんな中、海野レフェリーが後藤の手を挙げ、NEVERベルトを肩にかけた。ここで後藤はニュートラルコーナーへのぼり、NEVERベルトを掲げてファンの大歓声に応える。そこへコブが近づき、両者が額を突き合わせて激しく睨み合う。
 そして、コブがマイクアピールで後藤に挑戦表明し、NEVERベルトを指差して挑発。すると、後藤もマイクアピールを敢行し、受けて立つ構えを見せた。)

後藤「(※『後藤』コール)引き続き、俺は誰の挑戦でも受ける(※大拍手)。こんなトコで終わってられねぇんだよ。このベルトを、俺がテッペンまで上り詰めてやる。以上!!(※大歓声)

【後藤の話】「いち早くこのベルトを獲り返すことが出来て、いまはホッとしています。俺はこんなところで終わってられないので。このベルトとともに新日本のトップに躍り出たいと思います。引き続き誰の挑戦でも受けるよ。あの(※試合後)出てきた外国人。いつでもOK。タイチもやり足りないだろ? いいだろ、タイチ。暇になったら相手してやるよ。以上」

【エルガンの話】「俺は“ファイティングチャンピオン”だと言ったが、今日の試合も自分にとっては大変な試合だった。ジェフ、自分はこの(NEVER無差別級の)ベルトを防衛することができなかったけど、お前ならば勝ち取ることができるだろう(※コメントブースを去る)」

【コブの話】「エルガンは最高のファイティングチャンピオンだった。ベルトは取られてしまったけど、次は俺が挑戦する。俺が闘って勝ち取ってみせる。あのベルト、俺の肩にあったらすごく似合うんじゃないかな」

 第4試合終了後 7月14日 大田区総合体育館から開幕する「G1 CLIMAX28」の出場選手が発表された。

<G1出場決定選手>内藤哲也 オカダ・カズチカ 棚橋弘至 ケニー・オメガ ジェイ・ホワイト、マイケル・エルガン 鈴木みのる 後藤洋央紀 矢野通 真壁刀義 石井智宏 ジュース・ロビンソン EVIL SANADA  ザック・セイバーJr.YOSHI-HASHI、バットラック・ファレ タマ・トンガ ハングマン・ペイジ 飯伏幸太

 今年も総勢20選手がエントリーとなったが、メンバーは初出場のペイジを除くと昨年とほぼ同じ、第3世代は永田は昨年卒業、小島聡は負傷欠場中もあって誰もエントリーしなかった。今年はヘビー級へ転向したタイチ、ウィル・オスプレイのエントリーに期待したが、オスプレイは6・9大阪城大会後に痛めている首の治療を示唆しており、事実上の辞退かもしれない。自分的には肩だけでなく腰も痛め満身創痍となっているYOSHI-HASHIを外してタイチでも良かったのではと思ってしまったが、シングルでの実績が足りないとされたのか…、なおブロック分けは18日の後楽園大会で発表される。

 メインでは6・9大阪城でNEVER王者となったエルガンに前王者の後藤が挑戦、大阪城ではエルガンに王座を明け渡したがルールはタイチを交えた3WAYで敗れたのはタイチ、後藤は前王者の権利だけでなくフォール負けを許していないまま王座を明け渡したということで挑戦となった。
 序盤から肉弾戦を展開したが、後藤が不用意にヘッドロックで捕らえると、エルガンが高速バックドロップで投げ、後藤は場外へ逃れるも、前かがみになっているところで、エルガンが背中にエプロンからフットスタンプを投下、リングに戻ってフットスタンプ、早くもエルガンボムを狙いにコーナーへパワーボムで叩きつけるも、逃れた後藤は牛殺しで反撃、後藤はミドルキックからエルボーと繰り出すが、スリーパー狙いはバックを奪ったエルガンがジャーマンからエクスプロイダーで投げる。
 エルガンは強烈な逆水平を浴びせ、後藤は張り手の連打から突進も。エルガンが打点の高いドロップキック!た逆水平、片手で滞空ブレーンバスター、串刺しエルボー、セカンドロープからのセントーンとパワーで圧倒するが、エルガンのビックブーツをかわした後藤がローリングラリアットで反撃し、串刺しラリアットから村正、バックドロップと畳みかけるも、牛殺し狙いは逃れたエルガンが串刺しラリアットからラリアット&逆水平のコンポ攻撃、リフトアップからアバランシュホールドと後藤にペースを渡さない。
 エルガンは前後からショートレンジのラリアット、そしてラリアット狙いは後藤がキャッチして牛殺しを決め、フロントネックロック狙いはエルガンがコーナーへ押し込むも、焦ったのか海野レフェリーと交錯してしまい、海野レフェリーがダウンしているのにも係わらず、エルガンは構わずファルコンアローを決め、エルガンがエルガンボムで勝負を狙ったが、タイチが乱入し、タイチは二人をマイクスタンドで殴打する。
 ここでコブが現れてジャーマンでタイチを排除、そのままバックステージへ連行すると、二人は膝立ちのままでエルボー合戦、スタンディングになったエルガンが競り勝って突進も、追走合戦から後藤がジャーマンで投げ、後藤が串刺し狙いはエルガンが延髄斬りで迎撃し、スーパーキック、延髄斬り畳みかけてコーナーへ昇るが、後藤がエルボーでエプロンに落とし、エプロンの攻防でエルガンがビックブーツからエプロン上でのデスバレーボムを狙う。
 逃れた後藤はエルガンを場外へ落とすとエプロンからのランニングローキックを狙うが、エルガンがキャッチして場外フィッシャーマンズバスターで投げ、リングに戻るとエルガンがビッグマイクフライフローからエルガンボム狙いは後藤がリバース、ラリアット合戦から後藤が追走ラリアットを浴びせるも、エルガンはローリングエルボーの連打から投げ放しのミラクルエクスタシーで叩きつけ、後藤をコーナーにセットしてからバーニングハンマー狙う。
 後藤が逃れようとするが、エルガンがトップコーナーの後藤にラリアットが炸裂で叩き落し、今度はダイハード関西を狙うが狙いはこれも後藤が堪える。エルガンはトップコーナーの後藤にジャンピングハイキックから雪崩式ファルコンアローを狙うが、後藤が念を込めて雪崩式回天で叩きつけ、GTR狙うがエルガンがサムソンクラッチも、キックアウトした後藤は顔面へノーモーション頭突きから昇天・改、両者ダウンから後藤が起き上がって念を込めるとミドルキックを放つ。
 しかしエルガンがキャッチしてエルボーを浴びせるとデスバレーボムを狙うが、背後に着地した後藤がスリーパーで捕獲、エルガンは近藤修司ばりのKUBINAGEで脱出し、右、左とラリアット、ラリアットの相打ちもエルガンが打ち勝ってスプラッシュマウンテン、そしてエルガンボムを狙いにコーナーに叩きつけるが、後藤がラリアットを浴びせる。
 後藤は顔面への頭突きからラリアット、GTR狙いはエルガンが逃れてバーニングハンマーは後藤が着地してPK、GTR狙いはエルガンが切り返そうとするも、後藤が裏GTRからGTRで3カウントを奪い王座奪還に成功。試合後はコブが挑戦表明した。
 内容的にもエルガンがパワーで押し切っていたが、海野レフェリーとの交錯からエルガンが焦り始め、再三勝負を狙ったがほとんど不発に終わり、最後は後藤の持ち前の強引さで押し返した。
 また全体的な内容としてもタイチの乱入はあったものの、ロープブレークは一切なしの久々のNEVERの本来のテーマである"ど真ん中"プロレスの試合で、二人が正面から真っ向からぶつかり合った。

 またセミファイナルではIWGP US選手権の前哨戦が行われ、試合は石井がフィンレーを降し勝利も、試合後にジェイが退場するジュースを襲撃、鉄柱攻撃から鉄柵攻撃の連打、リングに上がってジュースの左拳をイスで挟んで、もう一つのイスで殴打を狙うも、起き上がったジュースはナックルでイスごと射抜き、ジェイは退散となった。二人の対戦は7・7サンフランシスコで実現する。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。