伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

本間朋晃復活!真壁がキングコングニーで復帰に華を添え「こけし・イズ・ハッピー!」


6月23日 新日本プロレス「共闘ことばRPG コトダマン Presents KIZUNA ROAD 2018」山形ビックウイング 1807人超満員札止め

<アピール、コメント、写真などは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼15分1本
○海野翔太(8分33秒 逆エビ固め)×辻陽太

◇第2試合◇
▼20分1本
○高橋裕二郎 石森太二(9分32秒 片エビ固め)KUSHIDA ×成田蓮
※ピンプジュース

◇第3試合◇
▼20分1本
○永田裕志 中西学(9分19秒 バックドロップホールド)天山広吉 ×岡倫之

◇第4試合◇
▼20分1本
金丸義信 ○エル・デスペラード TAKAみちのく(10分48秒 片エビ固め)×ロッキー・ロメロ YOH SHO
※ピンチェ・ロコ

◇第5試合◇
▼30分1本
石井智宏 ○YOSHI-HASHI(11分26秒 反則勝ち)飯塚高史 ×タイチ

【YOSHI-HASHIの話】「確かにケガの個所があるかもしれないけど、タイチ、お前みたいなカスにやられてたまるかって。それだけだ、お前。次、『G1』もう始まって、お前がなにか言いたいのか? でも、俺はまったく、お前に何されようが、まったく効いてないよ。お前みてぇなカスにやられるほど、まだまだ俺はそんな…………(※しばらく間があって)終わってないから。それだけだ、タイチ。次、あと1戦、盛岡、誰が待ってようが必ず『G1』、必ず勝ってみせるから」

【タイチの話】「あ、わりぃ(悪い)、わりぃ、やり過ぎちまった。わりぃ、わりぃ。なんでかって? ムシャクシャしてやった。それだけだ。ムシャクシャしてやった……。なんだあのぶざまな姿はよ……。エントリーされてたな? 笑わすな。全然、権利ないヤツがエントリーされてよ。だったら(※某記者を指差して)テメェでもエントリーできんだよ。あんなヤツ、エントリーできんだったら。始まるまで、もう1回、お前らに思い知らせてやる。1人ひとりエントリーされてるヤツ、消してやろうか。怖えだろ? フハハハハハ」

◇第6試合◇
▼30分1本
マイケル・エルガン ジュース・ロビンソン ジェフ・コブ ○デビット・フィンレー(12分41秒 片エビ固め)後藤洋央紀 ジェイ・ホワイト 矢野通 ×外道
※Prima Nocta

◇第7試合◇
▼本間朋晃復帰戦/30分1本
本間朋晃 棚橋弘至 ○真壁刀義 トーア・ヘナーレ 田口隆祐(18分30秒 片エビ固め)内藤哲也 EVIL SANADA ×BUSHI 高橋ヒロム
※キングコングニードロップ

(試合終了後)
真壁「オーイ、テメェら! 復活したぞーー!!オイ、本間! テメェが話せ!」

(これで場内が大「本間」コールに包まれる)
本間「ただいまー(※大歓声&『本間』コール)。首をケガして、人生、諦めてました。でも、こうやって、また新日本プロレスのリングに戻って来ることができました(※大拍手)。応援してくれたファンの方々には、感謝してもしきれません。本当にありがとうございました(※と言って頭を下げると大『本間』コール)。このケガで、一番頑張ったのは、僕じゃないんです。奥さんなんです(※大歓声&大拍手)。(※涙声になり)プライベートなことで申し訳ないんですが、言わせて下さい。(場内で応援していた千恵夫人に向かって)千恵、ありがとう(※大拍手&大『千恵』コール)。千恵、愛してるよ(※大歓声&大拍手、ここで千恵夫人がヤングライオンに連れられてリングへ入り、本間と抱き合うホントにすみません。ありがとうございます。俺は最高に幸せです(※大歓声&大拍手)。皆様がもっともっと幸せでいられますように、こけしis happy! 幸せになろうぜ!(※大歓声)」

ここで場内に本間の入場テーマ曲が鳴り響き、本間がチームメイトたちと抱擁。そして、千恵夫人を中心にして記念撮影に納まり、本間&真壁&ヘナーレ&田口がコーナー、棚橋がリング中央でポーズを決める。そして最後は、本間と棚橋がファンと交流しながら退場した。)

【バックステージでの本間、棚橋、真壁、ヘナーレ、田口】
真壁「まずはとりあえず、復帰戦はした。だけど、これがスタートだ。リスタートだよな。また次の段階、その次の段階、その次の段階……どんどんシフトチェンジして、最終的にはまたタッグ(王座)だ。タッグの頂をテメェと獲るからな。覚悟しとけよ、コノヤロー。これは冗談でもないでもない。本気で言ってることだ。いいか。テメェを待ってたヤツがいるんだ。そいつらのためによ、テメェ、もうひと踏ん張り頑張れ。とりあえず、帰って来たってことで。まずはこっからだ。まずはこっから。今日の試合見てまた勉強することがあると思う。みんながフォローしたからな、今日はな。次はもう、フォローなくてもいけるように。あとはまた、夢の続きだ」

田口「ほんと、これがリスタートですね。リスタートです」

--何の?
田口「えー、復活の。これからも頑張って……。僕(のコメントは)はもう……。今日は本間さんの言葉を……」

ヘナーレ「また1勝。でも、この1勝はとても重要なものだ。どの相手よりも、どんな試合よりも、これまで見てきたどの試合よりも重要だった。自分はいつものように100パーセントの力で闘った。戦士としての闘いを貫いた。この試合を楽しみにしてくれてたファンのみんなの期待を裏切らないように闘った。ホンマサン、おめでとう。また、次に……」

棚橋「今日の試合は、ほんとにいろいろ大切なことを教えてもらいました。これが絶対、根になると。こけし、ありがとう」

本間「長かった……。ホントに長かった……。ダメだって思った時、ホントにたくさんあったですけど、でも必ずね、新日本プロレスのレスラーが、仲間が励ましてくれた。こんな仲間がいるなんて、ホントに思ってなかったんですけど。今日、プロレスは個人競技だと思ってたんですけど……。ホント俺は、調子乗ってましたよ。人のありがたみなんてわかんなかった。わかってたつもりだったけど、わかんなかった。今日の試合、メチャクチャしょっぱかったですけど、次やる時、次、リングに上がる時、今日以上のもの、絶対見せてやりたいと思います。一つ言えるのは、しょっぱかったけど、今日、ケガなく、無事に笑って終われたことは、収穫です。次はそうはいかない。こんなお祝い事は今日までなんで、次はお客様の目も厳しくなってくると思うんで、もっと、もっと、トレーニングして、もっと、もっと、クオリティーの高い試合を見せたいと思います。それはやっぱり、プロレスラーですから。今日、試合できて、皆様に感謝しかないです。ありがとうございました(※と言って頭を下げる)」

--入場時に大量の黄色のボードが掲げられてましたけど、あの光景を見てどう思いました?
本間「いやぁ、もう、こんなクソッたれみたいな俺でも、待っていただけた。もう感謝、感謝、感謝しかないです。俺はほんとに、幸せ者です。日本一、いや世界一、いや宇宙一の幸せ者です」

--実際にリングで闘ってみて、体のダメージは……。
本間「(※質問を遮るように)全然、全然違ったんですよ。もう、固まっちゃって。ホントに……こんなこと言ってもしょうがないですけど、練習じゃこんなんじゃなかったんですよ。やっぱり、心のダメージっていうか、緊張っていうか、そういうのは計り知れなくて。ホント、こんなんじゃなかったんです。ホント、ホントごめんなさい。しょっぱくてすいません、ホントに」

--その中で小こけしを出しましたけど……。
本間「……真壁さんに居場所、こけしの居場所、作ってもらいました。ありがとうございます」

--あらためて本間選手にとって、リングの上っていうのは、どういう場所ですか?
本間「………………(※しばらくの沈黙ののち)天職……職じゃないから、趣味ってなんていうんですか?」

--じゃあ、僕らは趣味を見せられてるんですか?
本間「そうなるとなんだ……誰にも譲りたくない最高の空間です。ずっと、ずっと、上がり続けていきたい空間だなと思います」

--最後、奥さんが……。
本間「(※質問を遮るように)なんで(リングに)上がんの? そんな、上がんなくて……。ただ俺、一方的に感謝の気持ち、述べただけだから。そんな上がんなくていいのに。出しゃばりやがって……(苦笑)。ホントに今日は、ホントに皆さんによくしてもらって。ホントに幸せ者です、僕らは。俺も、奥さんの千恵も、ホントに幸せです。ホントに感謝しかないです。選手個人個人皆さんにも感謝です。新日本プロレスの会社にも感謝です。ホントにありがとうございました」

--欠場期間で一番つらかったことは何ですか?
本間「やっぱりそれは、体が動かなくて、リングに上がれなかったことです。……ありがとうございました!」

--入場した時、リングを前にして、怖さはなかったですか?
本間「ああ……でも、お客様の声援があって、行けました。ありがとうございました」

 3月3日の沖縄大会で邪道のグリーンキラーを喰らった際に首を負傷し、中心性顎髄損傷で長期欠場を余儀なくされてうた本間が地元・山形大会から復帰、館内には有志達が配布した黄色い応援ボードが客席を被いつくし、本間の復帰を歓迎した。
 先発出た本間は、かつての盟友である内藤と対峙するが、内藤がロープに押し込んだところで、復帰祝いの唾を吐き捨て挑発、本間も内藤相手にエルボー合戦に挑み、顔面攻撃から小こけしを狙うも、内藤は制御不能らしく場外へ逃れ未遂に終わる。
 本隊がEVILを捕らえ、田口の"回れ回れ"サインからトレイン攻撃を決め、田口がジャンピングヒップアタックを決めれば、本隊の選手だけでなく本間もヒップアタックで続き、EVILに再度小こけしを狙うが、今度はリング下のロスインゴ勢が足をすくって転倒させて場外へ引きずり込み、場外で徹底的に本間を痛めつける。
 大ダメージを負った本間はBUSHIに攻め込まれるも、ロスインゴが連係を狙ったところで、本間がEVILにラリアット浴びせて窮地を脱し、棚橋にやっと交代、本間の粘りに本隊の選手らも応えて試合を盛り返す。
 そして終盤にヘナーレがロスインゴの連係に捕まり、窮地に立たされるが、BUSHIのMX狙いをヘナーレがかわすと、即座に棚橋が入ってスリングブレイドを決め、交代を受けた真壁がEVILとSANADA、内藤とヒロムにラリアットを浴びせて排除すると、真壁の援護から本間がやっと小こけしを決め、最後は真壁がキングコングニーで3カウントを奪い、弟分・本間の復帰に華を添えた。
 試合後には真壁が本間に締めを任せると、アピール中に先だって結婚を発表した千恵夫人がリングに上がり、本間の復帰を祝福、最後は千恵夫人が中心となって記念撮影に収まり、試合を締めくくった。
 復帰するまでの1年3ヵ月、長いようで短かった、いや長く感じたのは本間自身だったのかもしれない。欠場している間に本間の身辺は変わり、よみうりテレビ「ダウンタウンDX」で結婚を公表し千恵夫人を公開し守るものも出来てしまった。大日本プロレスから本間を見ている人間とすれば、今回の試練を良く乗り切ったし、復帰おめでとうだけど、失われた1年3ヵ月を取り戻す戦いがこれから待っている。本間の奮起に期待したい。

 第5試合のタッグマッチではアイアンフィンガーを狙う飯塚にYOSHI-HASHIはしゃちほこラリアットを浴びせ、バタフライロックで追い詰めたところで、タイチがマイクスタンドで殴打、マーティー浅見レフェリーを突き飛ばしたため反則負けとなるも、タイチは構わず石井や浅見レフェリーをマイクスタンドで殴打した後、YOSHI-HASHIをマイクスタンドで暴行し続けKOする。
 タイチは『G1 CLIMAX28』の出場選手から漏れたことで不満を露わにし、テロ行為を匂わせる発言をしていたが、タイチは満身創痍のYOSHI-HASHIに目をつけたようだ…

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。