忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

中邑がたぎらせて飯伏に狂気が宿った!石井が必死で生き抜き柴田に勝つ!

8月4日 新日本プロレス 大阪・ボディメーカーコロシアム「G1 CLIMAX 23」6700人(超満員札止め

 

◇第1試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝3敗=2点]○矢野通(7分04秒 赤霧)X高橋裕二郎[3勝1敗=6点]

 

◇第2試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○カール・アンダーソン(9分55秒 片エビ固め)X天山広吉[1勝3敗=2点]
※ガンスタン


◇第3試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○シェルトン・X・ベンジャミン(8分17秒 アンクルホールド)X永田裕志[2勝2敗=4点]


◇第4試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○デイビーボーイ・スミスJr. (11分43秒 エビ固め)X小島聡[2勝2敗=4点]
※ブルドッグボム


◇第5試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○石井智宏(12分17秒 片エビ固め)X柴田勝頼[2勝2敗=2点]
※垂直落下式ブレーンバスター


◇第6試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○後藤洋央紀(8分35秒 後藤式)Xランス・アーチャー[2勝2敗=4点]


◇第7試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○内藤哲也(16分19秒 片エビ固め)X鈴木みのる[1勝3敗=2点]
※スターダストプレス


◇第8試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○プリンス・デヴィット(11分07秒 体固め)X棚橋弘至[1勝3敗=2点]
※ブラディサンデー


◇第9試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○真壁刀義(13分54秒 片エビ固め)Xオカダ・カズチカ[1勝3敗=2点]
※キングコングニードロップ


◇第10試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝2敗=4点]○中邑真輔(19分18秒 片エビ固め)X飯伏幸太[3勝1敗=6点]
※ボマイェ


バックステージでの石井、柴田(新日本公式より)
石井「俺からは(話すことは)ないよ。いつものように(キッパリ)」
――まさに、正面からのぶつかり合いだったと思うんですが?
 石井「いや、いつもでしょ!? 俺、いつもやってるじゃん!? 何が違うの!? 柴田だから特別じゃねぇだろ?いっつもあれじゃねぇか? なにも変えてねぇよ」
――お互いがすべてを受け止めてというのは、何か2人に通じるところがあったのかと思うのですが・・・。
 石井「(※さえぎるように)いや、だから俺いっつもじゃん! 柴田にかぎってじゃないだろ!? だから、俺の全試合を見ろっつうんだよ! ビッグマッチだけ見に来てよ、俺のスタイルどうのこうの言われる筋合いはねぇんだよ」
――棚橋選手から勝利をあげ、この勝利もかなり大きいかと思うのですが?
 石井「大きくない。いまの勝ちは俺にとってなんでもねぇよ。スタートラインにも立ってねぇよ。俺はこれから長い目で見て行くから。目先のことじゃねぇよ。あと、柴田にひとことだけ言っといてやるよ。これから新日本に上がんのかわかんねぇけど、まあ、俺の知ったこっちゃないけど。もし上がんだったらよ、俺がプロレスっちゅうモンを教えてやるよ」


※インタビュースペースのバック幕を引き剥がし、間仕切りのパネルを蹴り倒す。
 柴田「これ以上ない屈辱だよ(と言って控室へ)」

 

試合後の中邑「たぎったか?たぎったよな?どうだ飯伏、おまえたぎったか?しょうがねえな。一回しか言わねえぞ・・・イヤアォ!」


バックステージでの飯伏
飯伏「すいませんでした……。いや、自分は、ホントに、全力を、出し尽くしました。でも、向こうにまだ余裕が見えたというか、勝てなかったです。今できる限りのすべてを、ずべてを出したんですけど、勝てなかったです。団体とか関係なく、僕個人として、中邑さんを、これからも追いかけて行きたいと思います。ありがとうございました」
――実際闘ってみて、中邑選手という存在、どういう風に感じました?
 飯伏「予想通り、別格で、面白かったですよ!」
――完全に、飯伏選手がキレたシーンがあったと思うのですが?
 飯伏「キレてもダメでしたね。……ダメでした。すべてを出し尽くしたんですけど、ダメでした……」
――またリベンジしたいという気持ちが強まったんじゃないですか?
 飯伏「もちろん、それもありましたよ。まだまだですよ」

 

 「G1 CLIMAX23」大阪大会をPPVで視聴、第5試合の石井vs柴田は試合開始から互いに突進し正面からのシバキ合いを展開、互いに意地を張り合う、柴田のキックの前に石井は後ろへ下がるシーンもあったが石井は前進する姿勢を崩さず、柴田はスリーパーで心を折りにかかるも石井は口から泡を吹きながらも眼が死んでない懸命に耐える、柴田がミドルキックに対し石井はラリアットを連発すると、最後は垂直落下式ブレーンバスターで勝利、石井のタフネスさというか生き抜く力を見せつけての勝利だった。


 メインの中邑vs飯伏は、序盤は中邑が得意としているグラウンドや膝蹴りで先手を奪うも、飯伏はオーバーヘッドキックから流れを変えるとスワンダイブ式カンクントルネードなど得意の空中戦を展開、飯伏は中邑の想定外の攻めで攻め込み、切り札のハイキックからシットダウン式ラストライド、フェニックススプラッシュの必勝パターンに持ち込むが中邑が剣山で迎撃、後頭部へのボマイエを炸裂させると、何かスイッチが入ったのか“オマエはここまでなのか”と何度も飯伏を蹴り倒しにかかり、これに飯伏も“狂気”というスイッチが入ったのか掌打の連打、ナックルで殴り倒す、飯伏は顔面蹴りを浴びせると中邑の後頭部を何度も蹴り、コーナーへ中邑を乗せ“最大の奥義”であるフェニックススープレックスを狙ったところで、中邑がジャンピングカラテキック、コーナーからのボマイエを浴びせてからボマイエで3カウントを奪い勝利、中邑がたぎれば飯伏に狂気が宿った、緊張感があり再戦を見たい試合だった。


 G1の星取はAブロックはオカダが真壁、棚橋がデヴィットに敗れ3敗目を喫し、小島もスミスに敗れ、後藤はアーチャーを破ったことで、Aブロックは後藤とデヴィットがトップとなった。Bブロックはアンダーソンが天山、裕二郎が矢野に敗れて土がついて、内藤が鈴木、ベンジャミンが永田を破り全勝がなくなり、飯伏と裕二郎、アンダーソンの3人がトップグループとなった。


 大阪という天王山が過ぎ、いよいよG1も後半戦に入る・・・

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ