伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
25
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

ライガーのNWA王座挑戦が決定するも第2試合・・・権威失墜を嘆くのは馬場さんかも・・・

☆9/29(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール『DESTRUCTION』16:00開始


◇第0試合◇
タイガーマスク BUSHI 渡辺高章(1/20)飯塚高史 高橋裕二郎 YOSHI-HASHI


◇第1試合◇
▼スペシャルタッグマッチ
アレックス・シェリー KUSHIDA(1/30)タイチ TAKAみちのく


◇第2試合◇
▼NWA世界ヘビー級選手権試合
[王者]ロブ・コンウェイ(1/60)[挑戦者]獣神サンダー・ライガー


◇第3試合◇
▼スペシャル8人タッグマッチ
 真壁刀義 本間朋晃 キャプテン・ニュージャパン CMLL選抜選手(1/30)カール・アンダーソン  タマ・トンガ レイ・ブカネロ バッドラック・ファレ
 

◇第4試合◇
▼スペシャルシングルマッチ
鈴木みのる(1/30)矢野通


◇第5試合◇
永田裕志 中西学(1/30)桜庭和志 柴田勝頼
 

◇第6試合◇
▼スペシャルシングルマッチ
棚橋弘至(1/30)プリンス・デヴィット


◇第7試合◇
▼東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦&NEVER無差別級選手権試合
[初代NEVER王者]田中将斗(1/60)[権利証保持者/G1 CLIMAX 23優勝者]内藤哲也
※田中5度目の防衛戦


◇第8試合◇
▼IWGPインターコンチネンタル選手権試合
[第6代王者]中邑真輔(1/60)[挑戦者]シェルトン・X・ベンジャミン
※中邑初防衛戦


◇第9試合◇
▼IWGPヘビー級選手権試合
[第59代王者]オカダ・カズチカ(1/60)[挑戦者]小島聡
※オカダ4度目の防衛戦


 新日本プロレス9月29日神戸大会の全カードが発表され、第5試合では桜庭との再戦を狙う永田が中西と組んで桜庭、柴田組と対戦。3月の尼崎大会でも同じカードが組まれたが、この時は永田より中西の活躍が目立ち、敗れはしたが野人パワー全開で桜庭組を大いに苦しめた。

 ライガーのNWA世界ヘビー級王座への挑戦も決定したが第2試合に組まれた、4月の両国ではダブルメインイベントの第1試合、6月の大阪では第4試合、そして9月の神戸では第2試合とは、NWAの権威が昔ほどではないというもの改めて痛感させれてしまった。


 NWAはアメリカ合衆国のプロレスプロモート連盟で王座も世界最高峰とされ、全日本プロレスも旗揚げしてすぐに加盟、自分がプロレスを見始めた頃である昭和56年もまだ世界最高峰とされていたが組織力が低下し始めていた。


 昭和59年にはNWAに加盟していたWWF(現・WWE)が脱退、豊富な資金とケーブルテレビの活用をし全米に侵攻を開始、NWAに加盟していた各プロモーションは団結力と資金力が衰えていたこともあってたちまち飲み込まれてしまう。NWAはノースカロライナ州シャーロッテのプロモーターだったジム・クロケット・ジュニアがNWA会長に選出されると、WWFに対抗して次々とプロモーションを買収することでNWAの実権を握り、NWA王座はクロケットプロモーションのベルトとして扱われるが、WWFの圧倒的な力や経費の増大と内部の統率の乱れでクロケットプロは資金繰りが苦しくなる、そこでテッド・ターナーにプロモーションの経営権を売却しWCWが誕生、NWAはクロケットが会長だったことでWCWの傘下となりNWA王座も世界的権威を低下させてしまってしまった。

 
 NWA王座は権威は低下するも、全日本は馬場さんがNWA第一副会長に就任していたのもあってNWA王者を招聘していたが、1989年3月に王者としてリッキー・スティンボードが全日本に来日し全日本がジャンボ鶴田か天龍源一郎を挑戦させようとするが、NWA側が「鶴田と天龍の挑戦は認めない」と勧告、これに怒ったジャイアント馬場が「今後NWAのベルトはウチのベルトより下と扱わせてもらう」とタンカを切ってNWAとの関係を見直し副会長の座を辞したことで、全日本も内での戦いにシフトチェンジを余儀なくされていった。


 先月G+の「プロレスクラシック」で馬場さんがハーリー・レイスを破り3度目のNWA王座奪取した試合が放送されたが、NWA王座の権威失墜を一番嘆くのは王者となった馬場さんなのかもしれない。

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ