忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

高橋奈七永が世IV虎移籍説に猛反論…決着の行方

<高橋奈七永=NANARACKA PASSION DIARYより>
先ほどのツイキャスにて世IV虎の引退の件について少し話ししたのですが、こちらに記しておきます。

 現在発売されている週刊プロレス誌上にて世IV虎の引退に関する編集長の記事が掲載されていました。
その内容について、、私が思うことと、自分自身が動きこの目で見た事と聞いたことで
認識している部分を全てではありませんがここでお伝え述べさせてもらいます。
私自身はスターダムを5月半ばで退団し夏樹とふたりで「SEAdLINNNG」という会社を立ち上げてまた新たな道が始まりましたが世IV虎との関係性が退団したことだけで消えるわけはありません。

報道などでも度々出ていましたが、2/22以降本当に世IV虎はしゃべらなくなった。
私の知る限り2/22の次の日から必要な連絡事項、謝罪の言葉、これ以外は誰にも何もしゃべらなかったのです。
電話やメールには応えるように伝えました。だけど、それが返ってこなくなっていった、、心配でした。

ご飯は食べているのか、つらい気持ちを誰かに言えているのか。つらい、そう言えるだけで救われることもあります。
でも連絡がつかない。
幸い実家に帰っていたのでひとりではないことはわかってはいたけど、顔が見たかったので実家には何度も足を運びました。
それでも、会話は全くできなかったです。

ここまで何を背負い込んでいるのか、ここまであきらめさせてしまったのか。
日が経つにつれ、一言、二言、と少しずつ話してくれるようにもなりました。それでもプロレスの事は一切しゃべらない。
そんな姿を見ていることしかできないのは嫌なので、〝無期限出場停止処分〟撤回のために署名を集めていただきました。(協力してくださったファンの皆様ありがとうございました!!)
リングで起きたことなのだから、そのリングをいつも見て支えてくださるファンの方々の声でこそ会社の決断も世IV虎本人の頑なな気持ちも動かせるのではないかと思ったからです。
その思いは会社に通じませんでしたが1ヶ月ほど経ったころでしょうか。世IV虎とは波はあれどやっと普通に話せるようにもなりました。
世IV虎の言葉を聞けるようになりました。それと同時にまたプロレスをやって欲しい気持ちやみんなが待っていることも伝えました。何度も何度も伝えに足を運びました。

だけど、1度〝できない〟って思ってしまった世IV虎の気持ちはかわりませんでした。プロレスのリングは中途半端な気持ちの人間が上がっていい場所じゃないしプロレスをやっていたからこそ、その大変さをわかっているからこんな気持ちではリングに上がれないから。スターダムでプロレスをやりたくないけど、スターダムでしかプロレスをやりたくないから。
そう言っていました。その気持ちをを引き戻す事はできなかったです。
ならば。
ならばですよ。
世IV虎が笑顔で毎日を過ごせる事のほうが本人のためには絶対的にいいことなのです。
できればプロレス界にいて欲しい人材です。
でもそのプロレスが彼女から笑顔を奪っていたこともまた事実。
「辞めないで」と引き止めたり、無責任な言葉を並べるなんてしてはいけないことだと思いました。
仁義を重んじる姿勢はリング上のみならず彼女自身の姿勢そのものです。〝引退〟してプロレス界にけじめをつけたい、そして応援してくれたファンの方には自分でしっかり挨拶をしたい、そんな彼女のまっすぐな気落ちを傷つける事なく送り出したい、その一心で引退の挨拶の日も見守ることにしていました。

そのために世IV虎と〝川崎葛飾最強伝説〟というユニットを組んでいた夏樹は6月14日当日も会場入りからずっとそばにいました

4ヶ月ぶりにみなさんの前に現れるのは相当の緊張もあったし覚悟が見てとれました。テーマ曲がなり、夏樹とハグをし、さらにひとりで手を合わせ祈ってから皆さんの前に出たそうです。
ファンの方々の熱い気持ちも感じたからでしょう。笑顔もありました。そして涙もありました。
 

とにかく一生懸命伝えようとしていました。なのに。

 

引退の挨拶中に選手がリングに上がってしまった。

前日に聞いていた進行以外の事が起きない事を社長に約束してもらっていたと後で聞いて驚きましたが、、こういう事が起きてしまった。

世IV虎の挨拶中の言葉で「スターダムを引退します」という言葉のせいでプロレスを辞めるんじゃないんだ、ともとれるような言葉になってしまったわけですが、前述したようにプロレス=スターダムとしっかり考えていた彼女のことです。心中察することができるのではないでしょうか。

ファンのみなさんはレスラーの決断を見守ってくれているわけで、最後の言葉を最後まで聞きたかったはずだし、もっと笑顔を見たかったはずだと思います。

 

それが事実です。ですが、、夏樹がそばにいたからということでなのか〝世IV虎が今後「SEAdLINNG」に合流することは考えられる〟と週刊プロレス編集長に書かれてしまいました。。〝引退とは軽々しく使う言葉ではない〟とも、、。軽々しく使ったように見えたのでしょうか。事実と明らかに違う言葉の数々。。
 

軽々しく使っているわけはありませんし10カウントをできれば聞きたかったと後日口にしています。

でも社長と約束したわけなので選手たちを責めることも一切しませんでした。そういう子です、、。
 

いろんな意見はあるでしょう。

しかし覚悟をもって決断をし、最後のリングに上がった彼女の純粋な気持ちはどこで報われるのでしょうか?

プロレスと真摯に向き合ってきた彼女の誠意、彼女の最後の10カウントを見にきたファンの皆さん、お母さんや支援者の方々の気持ちを安易な憶測で逆なでした言葉。
 


プロレスとは何でもありではないんです。

プロレスが人を悲しませるものになってしまってはいけないです。

 

極端にいえばまた彼女が業界に戻りたくなるようなものにしてみせたい。

 

業界唯一の週刊誌のこの一連の対応が本当に残念でならず、、

 

またファンの方はどれを何を信じればいいか分からない状況になってしまっている事を懸念しまして世IV虎本人に了承を得たうえで私の言葉でお伝えさせていただきました。
 

表現の自由があるとしても全く根拠のないあの言葉で最後の最後まで悲しんでいたのはよしこ本人だということも。

 
 高橋奈七永(奈苗改め)がオフィシャルブログにて世IV虎問題のことに触れ、世IV虎の心情を語り、『スターダム退団=「SEAdLINNNG」入り』とコラムで書いた週刊プロレスの佐藤正行編集長を批判した。



 自分も高橋のスターダム退団してからすぐ世IV虎の引退は一つの線で繋がっているし世IV虎が続けたいのであれば、スターダム退団=「SEAdLINNNG」入りになるのではと思っていた。結果的に否定したわけだが世IV虎が挨拶だったとはいえリングに立った以上、いろいろ書かれるのは仕方がないことであり、例え専門誌の週刊プロレスが書かなくても騒ぎになった以上他の雑誌が違う憶測記事を書いていたと思う。


 世IV虎に関しては高橋の見解を見る限りでは、そんな簡単な問題ではない、世IV虎自身がスターダムだけでなくプロレス全体に対しての不信を抱いている感じだった。これも自分勝手な想いだが世IV虎は「何かに裏切られた」気分じゃないかなと思う、自分も長年プロレスを見ているがプロレスは綺麗事ばかりじゃない、イヤな部分も何度も見てきたが結局プロレスというものを長年見てきてしまっている。 


 事件に関しては世IV虎がどう傷ついたのかわからない、キツイことを言うけど世IV虎の気持ちはわかるけど、見ている側としてはこれでいいのか?という疑問が出てしまう。世IV虎の心情を考えるとすぐに解決できない問題なのかもしれない。言えることは避けていてもいずれは向かい合わなければいけないし決着をつけなければいけない。


 高橋が「プロレスが人を悲しませるものになってしまってはいけないです」と述べているが、悲しませるものになってはいけないというものを世IV虎自身が考えるべきだったし、リングを去るのはその答えを出してからの方が良かったのではないだろうか・・・

 プロレスは選手だけでなくファンを最終的にハッピーにさせるものでなくてはいけない、プロレスは人間達の喜怒哀楽がこもっているものなのだ。

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ