忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

諏訪魔がIGF用の交渉役として上井文彦氏と合体!

(東京スポーツより)
 全日本プロレスの暴走専務・諏訪魔(38)が1日、まさかの“参謀”をつけた。かつて新日本プロレスのフロントとして手腕を振るった上井文彦氏(61)と緊急合体を果たしたのだ。IGFとの対抗戦交渉が暗礁に乗り上げるなか、今後は上井氏を全日本側の交渉役とする方針。野獣・藤田和之(44)との一騎打ち実現に向け、新展開を迎えた。
 

 諏訪魔はこの日、都内でスーツ姿の男と長時間の会談を持った。その相手が驚きだ。新日本プロレス時代にG1クライマックス両国7連戦や総合格闘技大会などを手がけ、その後はビッグマウス、上井ステーションをプロデュースした上井氏だった。同氏は2007年12月を最後に表舞台から姿を消していた。
 

 会談後、諏訪魔は「IGFのことを上井さんに任せることにした」と説明。4月18日の全日本・大阪大会後に対面し、急接近するに至ったという。諏訪魔にとっては、最後の頼みの綱になる。今年に入り全日本とIGFは3回、交渉の席についた。だが「難航してる。正直、決裂寸前。俺は当たり前のことを言ってるんだけど、向こうはワガママを言うし…。最大のネック? 臆測だけど向こうのプライドじゃないかな。馬場、猪木という2大巨頭が交じり合わなかった歴史があったから」と明かすように、いまだ進展がない。有力視された5日のIGF大阪府立体育会館大会出場も絶望的だという。
 

 それでも「一レスラーとして藤田和之と試合がしたい。1年前に(チャンピオン・カーニバルで)向き合って、俺も追求している強さがにじみ出ていたし、触れたい気持ちがあった。歴史を取っ払い、ファンが見たいものを実現すべき」という思いから、上井氏に託すことにした。
 

 その上井氏は「久しぶりにケンカしているなと思った。俺はケンカが好きだから、これはやるべき。スタートラインにつかせたい」と引き受けた。新日プロではIGF総帥・アントニオ猪木氏の“参謀”役を務めたこともある。サイモン猪木IGF取締役とは以前からラインがあり、さっそく2日に直接会談する予定だ。“劇薬”の投入により、停滞ムードは打ち破られるのか


 IGF参戦が取り沙汰されている諏訪魔が対IGFの交渉役として上井文彦氏と合体、今後は上井氏が全日本また諏訪魔の代理人としてIGF側との交渉を任されることになった。

 
 諏訪魔と上井氏の組み合わせも意外と思われるが、上井氏のFacebookによるとFacebookで知り合った知人が諏訪魔を応援しており、知人が経営している店に上井氏が訪れた際に諏訪魔も来ていた、この時は少しだけ話をしたとしているが、これをきっかけに二人は意気投合、諏訪魔はIGFのことも含めて上井氏に相談したと思われる。


 諏訪魔のIGF参戦に関してはIGF側がマスコミを通じて参戦を呼びかけるだけの一方通行の状態、交渉がこじれている理由はIGF側の一方的なの態度に諏訪魔側が不快感を示しているからと見ているが、全日本とIGFはジャイアント馬場さんとアントニオ猪木の因縁の関係だけでなく、諏訪魔とIGFとの遺恨も絡んでいることから難航するのは必至だった。


 諏訪魔が外部の人間である上井氏に頼ったのは、I全日本も渉外を担当する有力なフロントがいないというのもあったと思う、今後上井氏と全日本がどういう風に関わっていくのかわからない、上井氏は渉外としてはうってつけの人材だが新日本OBも含めて敵も多い人物だけに、今後どう扱っていくのか・・・・


<上井文彦氏のFacebookより>
昨日発売の東京スポーツさんの記事の通り、ちょっとしたご縁を頂いた全日本プロレスの諏訪魔選手と、東京にてお会いし、長時間にわたり〜対藤田和之、対IGFについて諸般の事情などを聞かせてもらいました。

その話をお聞きて、今回の東京スポーツさんの記事になったように、これから私が真剣にこの問題に取り組むにあたり、私の一言一句や軽率な行動で、全てが白紙に戻ったりする事もありますので、諏訪魔選手と藤田選手が何らかの形でリング上で対峙するまで、私のFacebookのこの記事を書く事を差し控えたいと思います。

...

本当にデリケートな問題なので、どうかご了承下さい!

先ずは、両団体そして両者のプライドを尊重して、IGFの関係者と向き合いたいと思います。

皆さん、この二人の熱い闘いが実現するよう応援して下さい!よろしくお願い致します。

尚、前の記事にこの問題に関するコメントを頂いた方には、このような事情もあり、返信は控えさせて戴きます。ご了承下さい!

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ