伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

秋山準ら選手・スタッフが白石伸生から“円満”独立、新団体設立へ・・・秋山に定められた避けられない運命

デイリースポーツより>
 全日本プロレスの秋山準(44)、諏訪魔(37)、曙(45)ら所属選手が6月30日の契約満了をもって、2012年11月からオーナーを務めていたレッドウォールジャパンの白石伸生社長(41)のもとを離れ、“独立”することが4日、分かった。和田京平名誉レフェリー(59)らスタッフも追随し、7月から新会社を設立、秋山が社長を務める。企業の支援は見込んでいるものの、親会社は持たないという。新体制での初戦は7月12日の大阪・ボディメーカーコロシアム第2競技場大会となる。

  昨年6月いっぱいで前オーナーの武藤敬司(51)、武藤に追随する選手と残留組に分裂した全日本が、1年後に再び新局面を迎えた。昨夏以降の新生・全日本は試合内容は充実していたものの、リングを離れた部分でトラブルもあった。選手サイドは今春には“独立”の考えで一致。白石オーナー側と話し合いを続け、円満な形で契約を終了することが決まった。

  ファンが目にするリング上の光景に変化はない。世界タッグなどのベルト、横浜市内の道場は創設者の馬場家が管理しており、継続して使用予定。昨年10月からリニューアルされた3冠ヘビー級ベルトは、状況によって以前の3本(旧インターナショナル、PWF、UNヘビー)に戻る可能性があるという。ただ、「全日本」の看板は流動的で、関係者は「新たな団体名を名乗ることもある」とした。

  “新体制”は秋山を諏訪魔、渕正信(60)らが支えていく形になるとみられる。親会社がなくなることから、これまで以上にファンに愛される団体を目指していく。なお、8・30名古屋(愛知県体育館)など、発表済みの大会はすべて行われる予定。


 秋山準ら全選手、スタッフが全日本プロレスシステムズとの契約が終わる6月30日をもって退団し秋山を社長とした新団体を設立することが報じられた。秋山の新団体には創業者である馬場元子さんの支持も受けているという。


東京スポーツより>
 全日本プロレスの秋山準(44)が7月1日から新会社をスタートさせ、社長として団体を運営していくことが3日、明らかになった。

 所属全13選手も追従する模様で、現在は秋山が中心となり、全日プロを運営する全日本プロレスリングシステムズ株式会社・白石伸生オーナー(41)との最終交渉が続いている。その一方で全日プロの創設者である故ジャイアント馬場さんの元子夫人(74)は、「秋山社長」による新生全日本を全面支援する意向を明かした。

◇秋山社長新会社に参加する選手◇
秋山準、諏訪魔、曙、大森隆男、KENSO、潮崎豪、金丸義信、鈴木鼓太郎、青木篤志、宮原健斗、SUSHI、渕正信、野村直矢


 全日本プロレスが傘下だったレッドウォールジャパンを離れ新会社として独立し、新会社の社長には秋山が就任することが報じられた。 白石オーナーがブログで現場側から新社長が誕生すると予告していたが秋山とは思っても見なかった。秋山はリーダーシップもあり人望があるが、あくまで一レスラーを貫きたいため体制側に入ることを拒んでいた。しかし全日本の親会社であるレッドウォールジャパンが不安定であることと、白石オーナーに対する不満が秋山を突き動かし決断させてしまった。元々秋山の師匠で全日本の創始者であるジャイアント馬場さんも親分肌で人望もあったが、団体を旗揚げする気はなく一レスラーとしての立場を貫きたかった、だが当時の日本プロレスの現状が馬場さんを全日本旗揚げへと突き動かしてしまった。三沢光晴も一レスラーとして貫きたいはずだったが馬場さんへの不満が溜まっていた周囲によって三沢も突き動かされNOAHを旗揚げした。秋山にとっても馬場さんと三沢の下にいて見て来たことで社長兼レスラーというものは避けたかったはず、しかし周囲は秋山をそうさせれくれなかった、これも秋山にとって運命だったのかもしれない


 秋山が決断させた要因は白石オーナーであることは間違いない、秋山は馬場さんや三沢という二大カリスマの下にいたが秋山からしてみれば最も信頼できた人物であり、だからこそ安心して身を委ねてきた。だが二人に比べると白石伸生という人間は正反対、自己中心的で周囲の意見にも聴く耳もたず、約束事でも守らず自身の都合よくコロコロ変わるなど、秋山からしてみれば信じられないどころか驚くことの方が多かったと思う。


 心配なのは秋山は円満独立としているが、このままスンナリといくかどうか、白石オーナーが早速ブログを更新し「秋山体制になった場合、私の立場は、大株主から、スポンサーに戻ります。 私なりに、今後も全日本プロレスをサポートしていく事には、変わりがないので、ファンの皆様も、御理解頂ければ、幸いです。」としているが、おそらくだが秋山側の返事はNO、理由は白石オーナーと完全に切れなければ独立ではないからだ、白石オーナーの見解は見方によればスポンサーとして外部から口出し、あくまで全日本を手放さないという姿勢を見せていることを意味している。白石オーナーは白石体制のままで秋山を社長に据え不満を抱いている選手・スタッフを押さえてもらおうとムシの良いことを考えていたが、秋山らが独立を考えていることは想定外だったのでは・、事実ならそれだけ現場とオーナーの間で距離があったということだ。


 具体的なことに関しては秋山がFacebookにて見解を出し
「今日の東スポの記事についてファンのみなさんにはご心配をおかけしています。

これからまだやるべき事はたくさんありますが、今はリング上の三冠戦に集中したいと思っています!

 僕の知っている全日本プロレスはこんなもんじゃない!素晴らしい仲間、素晴らしいファンのみなさんがいる!

これからも全日本プロレスへのご声援宜しくお願い致します。」


としていることからシリーズが終わってから具体的なことが発表される、だが今までの傾向を考えると白石オーナーもブログを通じて秋山側を非難する可能性も高いため、スンナリいくとは思えない。


 だが白石伸生が何を言おうが秋山らが離れる流れはどうしても止められない・・・

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ