忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

朝からブチキレた理由!白石オーナーがNOAHに合併を呼びかけ、また利用された馬場さんの存在

全日本プロレスオーナー白石伸生のブログ<『ノアと全日本』より)

元々の遺伝子は、ひとつ。

 三沢さんが亡くなり、元子さんが隠居され、仲田さんまで亡くなられた…

もう、障害も、確執もない。

だとしたら、答えは、ひとつ。


ファンは、三沢さんは、

そして、馬場さんは、期待しているのではないだろうか…

今こそ、握手することを。

ノーサイドを。。。


 、白石オーナーがNOAHに対して合併を呼びかけた発言だったが、朝この発言を見てブチキレてしまった、三沢や元子さん、仲田氏を邪魔者扱いにするだけでなく、おまけに馬場さんや三沢の名前を利用したことに、だからツイッターでブチキレた発言をしてしまった。(不快だと思った方は申し訳ありません)


 自分が白石伸生オーナーという人間が好きになれないのは馬場さんの存在を利用したこと、馬場さんの王道を否定したのにも関わらず、馬場さんの担ぎ出して武藤敬司を全日本プロレスから追い出した、今でもあのやり方に関して不快感を示している。


 NOAHと全日本の確執、昨年の1月までは両団体は選手の貸し借りで関係はあったが秋山準、潮﨑豪らバーニング勢がNOAHを退団し全日本に参戦、後に所属になったことで関係は途絶となった。


 関係が途絶した理由は秋山バーニング勢の全日本参戦、秋山らバーニング勢は分裂の際には全日本に留まった。秋山らは当時全日本の社長だった内田雅之氏の誘いで全日本に戦場を求めたが、その際に出た金は武藤、内田氏から出た金ではなく白石オーナーが出した金だったことから秋山らのNOAH離脱、全日本参戦には金を出したことで白石オーナーも事実上一枚噛んでいる、バーニング勢の移籍にに関与した人間から合併を持ち込まれたとしてもNOAH側も納得するわけがないし、内部であるバーニング勢も納得するわけがない、仮に強引に合併をしたとしても、どうして納得しない人間が出てきて新たなる離脱・分裂が出るだけである。


 ツイッターのRTで“オーナーのブログを読まなければいいのでは”という意見もいただいたが、オーナーのブログも完全に全日本の公式見解となってしまっていることから無視するわけにもいかない。現在の全日本は二つの公式見解がある。全日本の公式から出る見解と、オーナーのブログから出る見解、白石オーナーはファンであり業界でも素人であるが、同時に団体のオーナーである。いくら一ファンや素人であってもオーナーでいる限りは好き勝手な発言は許されない、また白石オーナーの発言を野放しにする全日本側にも問題があるとしか言いようがない。


 18日の後楽園大会では白石オーナーは裏方に徹し観戦した、試合を終え退席するファンに頭をたれるなどして贈り出していたが、この発言を見るといったいあれは何だったんだと思いたくなる・・・
 

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。