忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

プロレス多事争論2012「プロレス界を騒がせた冤罪事件」

 5月24日の夜だったと思う、プロレスラーが大麻所持で逮捕されたという一報を聴き、誰が逮捕されたんだと調べてみたら逮捕されたのはNOSAWA論外で同棲している紫雷イオと一緒に逮捕されたというのだ、このとき真っ先に頭をよぎったのは“ドタキャン”、NOSAWAは5月27日に開幕する新日本プロレスの「BEST OF THE SUPER Jr」にブラックタイガーとして参戦することが決定していた、NOSAWAは前年の2月、新日本仙台大会の前日に酒に酔った際にタクシー運転手とのトラブルを起こし、無免許でタクシーを運転したということで窃盗の現行犯で逮捕され、すぐ釈放されたものの、仙台大会は結果的にドタキャンしてしまい新日本からも締め出され、本人も活動自粛を余儀なくされてしまった。
 このときもファンやマスコミは「NOSAWAは業界から追放すべきなのでは」という声が出たが、自分は擁護するわけではなかったが、自身の始末は自身でつけるべきと考えて、その声には否定的な立場を取っていた。
 NOSAWAはしばらくして鈴木みのるのとりなしで復帰、このときも鈴木だけでなく高山善廣、高木三四郎の後押しを受けての復帰だったということで、このときは“みんなの顔を潰してはいけない”と思っていたが、今度は大麻所持で逮捕を聞いたときは、"また新日本をドタキャンしたのか”と“みんなの顔を潰したのか”という思いでいっぱいだった。


 これは個人ごとになってしまうが、突然前ブログである「Professional Wrestling a Planet」は強制的に閉鎖となった。

理由はこちらに書いてあるとおり「お詫び」http://iga23.iga-log.com/Entry/1/

 今思えばNOSAWAや紫雷イオ自身も容疑を否定していながらも黒と決めてかかる書き方をしてしまったのかもしれない、NOSAWA選手や紫雷イオ選手には申し訳なかったと思う。自分はすぐ「伊賀プロレス通信24時 日常茶飯事(ちゃはんじ)」をスタートさせた、事件も触れないどころか真相が何か知りたいため最後まで見定めることにした。


 話は戻るが事件をきっかけに再びファンやマスコミからNOSAWAは業界から追放すべきなのではという声が再燃しだした、確かにNOSAWAはトラブルメーカーかもしれないが、このときも自分は紫雷イオに関しては所属であるスターダム、NOSAWAに関しては自身の始末は自身につけさせるべきという考えだったが、NOSAWAをよく知る選手達は揃って“白”というか“信じたい”という声が多く、外から見る側はトラブルメーカーぶりが先行してしまったのか“黒”と決めてかかる声が多かった。
 自分は最初は“黒”と思っていたが、時間が経過すると誰がこの話をリークしたのという疑問も出て、NOSAWAが容疑を認めていないのもあったのか、時間が経過しないと真相が見えない、白黒はっきりさせるのは早計だという考えになっていた。


 しばらくしてNOSAWA、イオの二人は処分保留のまま釈放、釈放といっても容疑は灰色のまま、この一件で原因となってNOSAWAとイオの関係も終止符を打ったという、また二人もレスラーとしても信用を大きく失ってしまった、真相が見えないまま時が過ぎるかに見えたが、7月10日にかつてみちのくプロレスで義経として活躍し全日本、NOAH、ZERO1、ハッスルにも参戦経験のあるSUGIこと杉卓也が帰国して会見を開き、「私とAAA日本代表の林(雅弘)さんという方とで、共謀して起こした事件であります。いち個人的に思うところもあり、NOSAWAさんに迷惑をかけてやろうと林さんに相談したところ、どうすればいいのか指南を受けました」 「林さんから絵の中に大麻を入れて持たせれば、どこかで捕まるだろうと助言をいただきました」とNOSAWAをハメたことを告白、SUGIはNOSAWAから悪戯を受けたことで今までの仕返しをしてやろうと目論んでいた。しかしNOSAWA一人ハメればよかったはずが、紫雷イオまで巻き込むことは想定はしていなかったという。
 これを聴いた瞬間呆れたというか“大騒動になって謝罪会見をやるぐらいだったら最初からやるな”と思ってしまった。これで全ての真相が明らかになったのかというと、林代表が自身が関わったことは全面否定するコメントを出すなど、NOSAWAとイオの潔白は証明されたものの、SUGIと林代表が揉めてしまったことで真相は見えなくなってしまった。


 そして現在、SUGIもレスラー活動は自粛で表舞台から消え、林代表も沈黙してしまったことで真相は藪の中となり後味の悪さが残ったが、救いなのは潔白が証明されたNOSAWAがレスラー活動を再開させたことだと思う、古巣である全日本プロレスからもオファーがかかり、紫雷イオもスターダム側の励みもあって復帰、NOSAWAも潔白と証明されても嫌気がさしてレスラー廃業も考えていたという、好きだったものにイヤな想いをさせられたことでのことだったろうが、結局プロレスが好きだからこそ続けられる、それが全てではないだろうか・・・

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ