忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

粘る小峠をマイバッハ火山が飲み込んだ…MAKETARA OWARIがタッグリーグを制覇も潮崎の怒りが爆発!

5月4日 NOAH「グローバルタッグリーグ2017」後楽園ホール 1390人 超満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼15分1本
○野村卓矢(11分46秒 ジャーマンスープレックスホールド)X清宮海斗


◇第2試合◇
▼GHCジュニアヘビー級選手権試合前哨戦/20分1本
○HAYATA YO-HEY(11分55秒 片エビ固め)大原はじめ X藤原ライオン
※ムーンサルトプレス


◇第3試合◇
▼30分1本
○ロビー・E (7分41秒 変型テキサスクローバーホールド)X熊野準


◇第4試合◇
▼30分1本
○コーディ・ホール ランディ・レイン(6分59秒 片エビ固め)原田大輔 Xタダスケ
※合体レイザーズエッジ


◇第5試合◇
▼30分1本
○石森太二 Hi69(12分50秒 リングアウト)X杉浦貴 拳王 


【試合後の石森&Hi69】
石森「いやいや、やったよ。見ただろ?」


Hi69「何もないよ。勝ちは勝ちだから」


石森「せこいかもしれないけどな。勝ちは勝ちだぞ。ヘビー級から取るぞ、オイ」


Hi69「これも勝ちだから。関係ない。普通の3カウント、ギブアップ、そしてリングアウト勝ち。プロレスの勝ちだから」


※ここで杉浦と拳王が乱入。一方的に暴行する


杉浦「ふざけやがってよ!」


拳王「舐めてんのかよ、オイ! なんだ、これ(Xポーズ)は!」


杉浦「コノヤロー!」


※杉浦たちが去っていくと、XXはなかなか起き上がれず。顔を見合わすと


Hi69「あいつらもこんなことしていかないと、火は点かないと思います」


◇第6試合◇
▼GHCヘビー級選手権試合前哨戦/30分1本
○モハメド ヨネ 齋藤彰俊(14分04秒 レフェリーストップ)X中嶋勝彦 マサ北宮
※右ハイキック 


 【ヨネの話】「昨日の試合からもう一気にタイトルマッチが決まって。そして今日、勝ったのは俺だ! もう6月4日まで待ったなし。追い込んで追い込んで、あいつらの世代とは違う、オッサンたちの生き様見せますよ! まだまだまだまだ俺は壁でないと。俺はでっけえ壁じゃないと、プロレスつまらないでしょ? 行きますよ!」


◇第7試合◇
▼「グローバル・リーグ戦 2017」優勝決定戦/無制限1本
 丸藤正道 ○マイバッハ谷口(28分51秒 エビ固め)潮崎豪 X小峠篤司
※マイバッハボム・ツヴァイ
☆丸藤&マイバッハ組が「グローバル・タッグリーグ戦2017」優勝


(試合終了後、 丸藤&マイバッハが大歓声の中、優勝トロフィーを受け取る。敗れた潮崎&小峠を除く出場チームがリングに集結し、記念撮影に。それが終わると、丸藤とマイバッハはガッチリと握手を交わした。コーディは「ナイス・マッチ。オメデトウネ」と祝福してから、一転して丸藤たちを糾弾。身長差を見せつけてタイトル挑戦を迫った。丸藤もコーナー上に陣取ってにらみ返し、そこに北宮が)
北宮「丸藤よ! 優勝おめでとう。忘れたとは言わせねえ。開幕戦新潟でてめえから直接取ってんだよ。あの結果が不服ならば、正々堂々シングルマッチでキッチリケジメを付けてやるよ。用心しとけ。以上だ」


(丸藤は今は下がるように命令。北宮はTシャツを脱ぎ捨てて身体を震わせたが、結局3人はリングをあとにした。セコンドの肩を借りて小峠が去っていくと、残った潮崎はリング上でマイバッハとにらみ合う。マイバッハポーズで勝ち誇るマイバッハに対し、潮崎はそのまま引き下がると見せかけて、豪腕ラリアットを一閃。悔しげな表情を見せて去っていった。)
丸藤「大丈夫か?どうやら、俺たちはモテモテのようだ。今日はMAKETA RA OWARIの始まりだ。なあ? 次、後楽園、お前たち全員来い。待ってるぞ。今日はありがとう」


【丸藤の話】「ホラ、忘れもんだ!(先に戻って来ていたマイバッハにGHCタッグのベルトを渡すと) ベルトを持ったまま優勝したぞ。だけど、リング上で言ったように、これが始まりだ。あのデクノボウにリーグ戦で俺たちは負けてるからな。やってやるよ。北宮! シングルやりてえならやってやるよ。お前(マイバッハ)もやってやれ。シングルもタッグも俺たちが中心で回る。やられまくっているから、記念撮影はなしだ。行くぞ」


 【小峠の話】「潮崎豪がパートナーで…最高でした」


 【潮崎の話】「(マイバッハになぜ一撃を?)あいつに(4・23金沢で)やられてるからね。あの笑い顔…消してやる」


 優勝決定戦を迎えた「グローバル・リーグ戦 2017」、進出したのはタッグ王者のMAKETARA OWARI(丸藤&マイバッハ)と潮崎&小峠組、共に公式戦は黒星発進となったが5勝=10点を獲得してトップで公式戦を終え、優勝決定戦に駒を進めた。
 序盤は潮崎とマイバッハでスタートしショルダータックルなど肉弾戦を展開すれば、丸藤vs小峠となると、丸藤の鞭のようにしなる逆水平に対し、小峠は張り手で応戦、だが丸藤の逆水平が競り勝って小峠の胸板は真っ赤となるが、丸藤の串刺し攻撃をかわした小峠は場外へと落とし、ヘッドスライディングで場外へ降りて丸藤をリングに戻すと、潮崎とのダブルエルボー、倒れ込み式ヘッドバット&ニードロップと丸藤を捕らえにかかる。ところがマイバッハがカットに入って潮崎を場外へ排除して鉄柵に叩きつけると、フロアを仕切る鉄板を投げつけ、マットのない床でのボディースラムから、鉄板へのギロチンホイップと大暴れして潮崎はダウン、丸藤も場外で逆水平を乱打する。
 リングに戻るとマイバッハは小峠を痛めつけ、丸藤もまだ倒れている潮崎を襲撃して逆水平を乱打、そして丸藤とマイバッハは孤立無援となった小峠を徹底的に集中攻撃を加えて試合の主導権を握る。
 劣勢の小峠はマイバッハのスパインバスターを椰子の実割りで切り返すと延髄斬りを浴びせ、やっと自軍に戻った潮崎に交代、潮崎はマイバッハに逆水平で猛反撃し、袈裟斬りからフライングショルダー、トラースキック、フィッシャーマンズバスター、逆水平を浴びせてからスタンディング肩固めで捕獲、マイバッハが振り払ってもローリング袈裟斬りを浴びせ、コーナーへ昇るも、空足を踏んでリングに転落してしまい膝を強打、その隙にマイバッハは丸藤に交代する。
  丸藤は逆水平から得意の串刺しジャンピング背面エルボーを決めるが、潮崎は逆水平で応戦、丸藤も打ち返してラリーとなるも、丸藤がフロントハイキックから追尾式ドロップキック、ジャンピングハイキック、張り手、トラースキック、回し蹴り式トラースキックと畳みかけてから不知火を狙う。
 しかし空中でキャッチした潮崎は、そのまま丸藤をコーナーで逆さ吊りにすると手刀を乱打、交代を受けた小峠もぶら下がり式首四の字で捕獲し、マグザムを決め、串刺し攻撃はかわされるも、コーナーに丸藤が昇ったところで小峠がジャンピングハイキックを浴びせてから雪崩式フランケンシュタイナーを決め、ダイビングボディープレスを投下、ところがかわされて自爆となってしまう。
 これを逃さなかった丸藤はマイバッハが入って踏み台にしても串刺しジャンピング背面エルボーを狙うが、小峠はトラースキックで迎撃すると、マイバッハを排除してからキルスイッチを狙うが、切り抜けた丸藤も不知火を狙うも、小峠が堪えたところで丸藤はトラースキック、小峠も二段蹴りで応戦すれば、丸藤も回し蹴り式トラースキック、しかし受け止めた小峠も二段式二段蹴りで返して、両者ダウンとなる。
 交代を受けたマイバッハは小峠を捕らえてスパインバスターからジャイアントスイングで大回転、串刺しラリアットを放ち、小峠が追尾式フロントハイキックで応戦も、マイバッハも追尾式串刺しラリアットで返し、追尾する小峠のパワースラムを決める。
 ここで丸藤が入りマイバッハの背中を踏み台にした串刺しジャンピング背面エルボー、スパインバスター&トラースキックの合体攻撃を決めると、マイバッハがチョークスラムからマイバッハボム・ツヴァイを狙うが、小峠がマグザムで切り返し、潮崎が入ってマイバッハに豪腕ラリアットを浴びせてから、小峠を担いで頭から叩きつける合体攻撃、潮崎のファルコンアロー、小峠とダイビングボディープレスと畳みかけてからランニングニーを浴びせる。
 潮崎の逆水平の援護を得た小峠はマイバッハにキルスイッチを決めるも、丸藤が間一髪カットに入り、小峠はマイバッハに再度キルスイッチを狙うが、マイバッハが堪える。そこで小峠が頭突きを浴びせてマイバッハを倒すも、丸藤がマイバッハを踏み台にした虎王を炸裂させ、潮崎にも浴びせるが、受けきった潮崎は豪腕ラリアットで返す。
 丸藤と潮崎は場外へ落ち、小峠vsマイバッハとなるが、エルボー合戦から小峠は二段蹴り、トラースキックに対し、マイバッハは胸板への頭突き、ダブルハンマーで応戦、そこで丸藤が入ってパワーボムと雪崩式不知火の合体技を決めると、カットに入る潮崎には眉山で排除する。
 マイバッハは小峠にチョークスラムを狙うが、小峠は首固めで丸め込み、雁之助クラッチと丸め込むが、ランニングニー狙いはマイバッハがキャッチしてパワーボムで叩きつけると、俺が田上!アメインズ・インパクトからマイバッハボム・ツヴァイで3カウントを奪い、丸藤は昨年の矢野通とのタッグに続いて2連覇、マイバッハは初制覇となった。
 試合後に記念トロフィーを受け取ったMAKETARA OWARIに記念撮影の後で公式戦で破っているコーディ&レイン組が王座挑戦を迫れば、丸藤に対して挑発的な態度を取る北宮も優勝を祝しつつ、シングルでの一騎打ちを迫り、潮崎も公式戦でフォール負けを喫しているマイバッハの豪腕ラリアットを浴びせてKOした。


 タッグリーグは終わってみればタッグ王者組であるMAKETARA OWARIが優勝、序盤は丸藤が攻められることが多かった分、マイバッハが大暴れしたことでフォローし、またマイバッハ自身も前パートナーだった潮崎からフォール勝ちを奪ったことで新たなる自信となった。その潮崎が試合後のマイバッハにラリアットを浴びせ、普段の潮崎らしからぬ行為をしてしまったが、だがそういった怒りの一面も潮崎に欲しい部分でもあった。
 また北宮も丸藤を挑発してきたが、昨年のグローバルリーグで北宮が丸藤に勝っていることでの自信の表れかもしれないが、その反面一歩下がる丸藤を見たいのかというものもある。丸藤は本来怖い一面を持ち合わせていることをオカダ・カズチカとの戦いで実証されているだけに、一歩引き下がる丸藤よりも、再び最前線に出る丸藤を見てみたくなってきた。


 第5試合ではジュニアタッグ王者組のXXが杉浦組と対戦し、ゴング前から奇襲をかけたXXは場外の杉浦組に同時トペを発射するが、杉浦組も場外戦で反撃してXXを徹底的に痛めつける。
 劣勢のXXはHi69が拳王にトランスレイブを浴びせてから流れを変え、石森も杉浦相手に串刺しダブルニー、リバーススプラッシュ式フットスタンプと攻め込むが、杉浦もキチンシンクで反撃して往復式ニーや雪崩式ブレーンバスター、ランニングニーで譲らず、場外戦でも杉浦は首を負傷しているHi69にネックスクリューを敢行して容赦なく痛めつける。
 しかし石森に狙った鉄柱攻撃は、石森が鉄柱を使っての619を杉浦に浴びせ、フェンスに押し込んでから、すぐさまリングに戻ってリングアウト勝ちをせしめてしまう。まさかの敗戦に杉浦組は本部席の内田会長に詰め寄るも判定は覆らず、若手らに八つ当たりした後でコメントブースでインタビューを受けるXXを襲撃したが、コーディ組だけでなくXXもヘビー級タッグ王座に照準を定めたようだ


 セミでは6・4後楽園でGHCヘビー級選手権が決定している中嶋とヨネがタッグで対戦し、中嶋はヨネの足攻めを展開して先手を奪うが、彰俊との合体攻撃から流れが代わり、激しい打撃戦を展開する。
 しかしジ・アグレッションは彰俊を排除してヨネを捕らえ、中嶋がバーティカル・スパイクを狙うが、阻止したヨネが中嶋のハイキックをかわして逆にハイキックを浴びせ、中嶋が倒れ失神しているため試合はストップとなり、ヨネが前哨戦を制した。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。