伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
3 5 9
12 16
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

丸藤がベンジャミンを破りグローバルリーグ初優勝・・・NOAHを解散から守りきり、いざ鈴木みのるへ!

11月8日 NOAH「グローバル・リーグ戦 2015」1565人 超満員


<アピール、コメントなどはプロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼後楽園大会オープニングマッチ/30分1本
○拳王 大原はじめ 北宮光洋  平柳玄藩(8分41秒 体固め)小川良成 スペル・クレイジー 熊野準 X友寄志郎
※蹴暴


◇第2試合◇
▼スペシャル6人タッグマッチ/30分1本
マイバッハ谷口 モハメド ヨネ ○中嶋勝彦(7分26秒 片エビ固め)小島聡 齋藤彰俊 Xクワイエット・ストーム
※垂直落下式ブレーンバスター


◇第3試合◇
▼ジュニアスペシャルタッグマッチ/30分1本
タイチ ○TAKAみちのく(4分02秒 横入り式回転エビ固め)X原田大輔 小峠篤司


(試合終了後)
TAKA「原田、小峠。てめえらがぶっ壊したエル・デスペラードが地獄の底から帰ってきたぞ」


デスペラードも「ただいま。おい、てめえらのガラクタみてえなベルトに興味ねえんだよ。てめえらの首だけよこせ。それだけいいに来たんだよ。じゃあな」


【試合後のタイチ&TAKA&デスペラード】
――ジュニアタッグ王者を返り討ちにしたが?
TAKA「誰がジュニアタッグ王者だよ? 知らねえよ、ベルトなんてよ。こっちは死にかけたエル・デスペラードがよ…」


タイチ「死んだんだよ! 一回死んだんだよ。死んで生き返ってきたんだよ。こいつは死なねえんだよ。なんでかわかるか? なんでだ?」


デスペラード「なんでだ? 知らねぇよ! おい、いいか。テメエらよくやってくれたな。痛かったぞ。同じ目にあわせてやるからな。ベルトなんていらねえって言っただろ。テメエらの首、同じ思いさせてやる」


TAKA「そのために帰ってきたんだよ。原田&小峠、一度地獄見た男は恐ろしいぞ。やれるか? やれんのか? やるよな? 逃げれねえよな?」


――リベンジマッチとして挑戦すると?
TAKA「何がリベンジだよ! リベンジってなんだ? 挑戦ってなんだ? なんで俺たちが挑戦するんだ。いらねえんだよ、ベルトなんて。俺らが欲しいのはアイツの首なんだよ」


デスペラード「ベルトなんか最初からいらねえって言ってるだろうが。ボスが取れって言ったから取ったんだよ。俺たちは欲しいなんて一言も言ってないんだよ! それがなんだ挑戦って」


――欲しいのは首ということ?
デスペラード「当たり前だ。そう言ってんだろ」


タイチ「全ての首だ。あいつらの全ての首を取ってやれ。全ての首を使いものにならなくさせてやれ」


――タイチ選手、この後に次期挑戦者決定戦があるが?
タイチ「勝手にやってんだろ? 俺に負けた者同士が『もう一回やらしてくれ』ってなんなんだよ。そんなヤツらしかいねぇのか」


――メインイベントでベンジャミン選手が勝てば、ノアは解散となるが?
タイチ「だから今日で終わりだよ、俺らも。さようならだよ」


デスペラード「そうなったらどこでやる?」


TAKA「TAKAデスペ興行でよ、原田&小峠を迎え撃ってやろうぜ。挑戦を受けてやるよ、いつでも。まあ、何度も言ってきたけどよ、鈴木軍ジュニアは…なんだっけ?」


デスペラード「なんだっけ?」


タイチ「なんだっけ?」


全員「最強です」

 
【小峠の話】「なに帰ってきてんだ、アイツは。いつでもやってやんぞ。リマッチでも何でもよ。弱ぇくせに。いいよ、俺らだけタイトルを取り返して、持て余してるからよ。もう1回叩き潰してやんぞ。デスペラード、TAKA、一緒に病院送りにしたる」


◇第4試合◇
▼GHCジュニアヘビー級選手権次期挑戦者決定戦/30分1本
○石森太二(11分13秒 エビ固め)Xザック・セイバーJr.
※450゜スプラッシュ
☆石森がGHCジュニアヘビー級選手権挑戦権を獲得


【石森の話】「これで文句ないでしょ? タイチからも取ってるし、今日、ザックからも取ったし。文句ないと思います。(激しい試合となったが?)そうですね。お互い何回もやってるし、ノアの良い時も悪い時も一緒に過ごしてきた仲間だから。個人的にはもう少し盛り上がれば良かったけど。(ザック選手の思いも背負っていく?)そういうみんなの思いを背負って、ベルトを取り戻したいと思います」


◇第5、第6試合◇
■第5試合■
▼スペシャルシングルマッチ/30分1本
○コルト“Boom Boom"カバナ(1分45秒 反則勝ち)Xデイビーボーイ・スミスJr.
※アーチャー乱入


■第6試合■
▼30分1本
クリス・ヒーロー ○コルト“Boom Boom"カバナ(9分35秒 スーパーマン)ランス・アーチャー Xデイビーボーイ・スミスJr.

 

【試合後のヒーロー&カバナ】
カバナ「GHC! GHC! ビッグマッチ!」


ヒーロー「K.E.S.に告ぐ! 俺たち“Big in USA"が欲しいのは、G・H・C(タッグ王座)だ! 今ツアーありがとう。また会おう!」


 【アーチャーの話】「せいぜい今日の勝利を楽しんでおけ。K.E.S.はまだチャンピオンだ。 BIG IN USAはアメリカに帰れ! 俺たちはK.E.S.、キラー・エリート・スクワッドだ!」


 【スミスJr.の話】「コルト・カバナ! クリス・ヒーロー! 今日はラッキーだったな。次は、こうはいかない。BIG IN USAはK.E.S.がアメリカに送り返す。GHCタッグチャンピオンはK.E.S.だ!」


◇第7試合◇
▼「鈴木軍 vs 弾丸ヤンキース」/45分1本
○鈴木みのる 飯塚高史(15分46秒 片エビ固め)X杉浦貴 田中将斗
※ゴッチ式パイルドライバー


◇第8試合◇
▼「グローバル・リーグ戦 2015」優勝決定戦/無制限1本
[Aブロック1位]○丸藤正道(24分06秒 エビ固め)[Bブロック1位]Xシェルトン・X・ベンジャミン
※変型エメラルドフロウジョン
☆丸藤が「グローバル・リーグ戦2015」優勝 


(試合終了後、鈴木登場)
鈴木「生き残ったのはテメエか。お前、なに偉そうにこんなところに立ってんだよ? ここは王がいる場所だ。俺に2回も負けたヤツがいる場所じゃない。最後にお前が全てを背負って出てこい。全てだ。12月23日、大田区体育館。俺の相手は丸藤正道。さあ、やるか!」(鈴木退場)


丸藤「ひとつ言わせてくれ。俺はアイツに認められたくて、このリーグ戦で優勝したんじゃない。今まで賛否両論、叱咤激励、全てを聞いて、力に変えてきた。もう一度だけあなたたちに聞く。俺にもう1回チャンスをくれ(館内は大拍手)必ず…必ず、アイツからベルトを取り返して、皆さんに『ありがとう』と言いたい、今日は気持ちいい試合をして勝利することができた。みんなも気持ちいい気分で帰ってください。どうもありがとう」


【試合後の丸藤】
――リーグ戦を制してノアを守ったが?
丸藤「それはもちろん今日来てくれたお客さんのためにも負けられないし。全国で来られなかった、応援してくれたファンの人は…もしかしたら俺に期待してなかった人もいるかもしれないけど、でも今日は絶対に負けられなかったんで。ギリギリだったですけど、今日は勝てて良かったです」


――ベンジャミン選手との体格差を跳ね返しての勝利となったが?
丸藤「正直言ってきついですよ。どう見たって楽勝じゃないし、楽に勝てる相手でもないし。まあ、強がらなくちゃいけないのかもしれないけど、奇跡的だね」


――ノアファンからの声援、勝った瞬間の笑顔は丸藤選手に届いた?
丸藤「そうですね。試合はどうあれ、どんな感じで終わろうと、お客さんに期待してもらえなきゃ負けだと思ったし。正直言って、試合よりもそこが怖かった部分もあるし。まだでも、今日は首の皮一枚つながっただけなんで、しっかり鈴木みのるからベルトを取り返して。それでやっとみんなで笑顔になれるんじゃないですかね」


――大田区大会でのタイトルマッチに向けては?
丸藤「絶対に勝ちます。それしかないんで。他には何もない。勝つだけ」


――最後にポールシフト式エメラルドフロウジョンを出したが?
丸藤「あそこまで追い込んでもアイツはやっぱり倒れなかったし、立ってきたしね。でも、あの体格を持ち上げられたというのは凄く自信になったんで。あれで…あれでベルトを取り返したいなと思います」


――強豪選手が集まるAブロックを勝ち抜いての優勝は自信になった?
丸藤「でも全勝じゃないからね。小島選手、田中選手に負けているし。そこは胸を張って優勝したとはちょっと言えない部分であって。またそこに関しても、今後みんなの信頼を取り戻せるように。しっかりした試合を見せて、結果を残せていけば、またお客さんも心に残るようなプロレスができるんじゃないかな。今日はできたんじゃないかなと思うんで、また頑張ります」


――鈴木選手には2度敗れているが、これまでと違う点は?
丸藤「技うんぬんというのは何も変わってないし。でも、気持ちの部分では今まで以上のものがあるし。『過去にどうしてそれを出さなかったんだ?』と言われれば、その時じゃないとわからないことがあるしね。それは試合だし、流れだし。時の流れに身を任さず、自分で掴みたいと思います」


 いよいよ優勝決定戦を迎えたグローバルリーグ2015、優勝決定戦に勝ちあがったのは丸藤と鈴木を差し置いて進出したベンジャミン、丸藤vsベンジャミンは丸藤が2012年の新日本プロレス「G1 CLIMAX」に参戦した際にベイダードで敗れているだけに、丸藤にとっても打倒・鈴木の前にリーグ戦で鈴木と引き分けたベンジャミンは倒しておきたい相手だ。
 序盤は互いに読み合いを展開するも、ベンジャミンのスピンキックをかわした丸藤が回し蹴り式トラースキックからいきなり不知火を決めて先手を奪い、リングに戻ろうとするベンジャミンをトラースキックで蹴落とした丸藤は逆水平を連発、リングに戻ってキャメルクラッチ、ヘッドロックとベンジャミンの首に照準を定める。
 ベンジャミンの劣勢にTAKAとデスペラードが介入して丸藤の足をすくうと、ベンジャミンが場外戦に持ち込み、ジャイアントスイングの要領で丸藤を何度も叩きつけ、更にエプロンへのパワーボムで叩きつけて形勢逆転に成功する。
 ベンジャミンはリフトアップスラムやショルダースルー、ダブルアームスープレックスと攻勢をかけ丸藤を場外へ追いやると、TAKAとデスペラードが再び襲撃をかけるが、セコンドの大原、小峠が二人を排除、しかし流れを変えるまでには至らずベンジャミンはリングに戻った丸藤にブレーンバスター、頭突き、横からのランニングニーと攻め立て、ブレーンバスターを着地した丸藤をアンクルホールドで捕獲、だが反動を利用して前方に投げつけるとドロップキックを放ち、ベンジャミンのナックルやエルボーに対し逆水平で応戦する。
 しかし丸藤がドロップキックが自爆となるとベンジャミンは串刺し攻撃を狙うが、丸藤はトラースキックで迎撃すると追尾式ドロップキック、介入を狙うTAKAとデスペラードもドロップキックで蹴落とすと、ベンジャミンもろとも3人まとめてプランチャで排除する。
 丸藤はリングに戻ろうとするベンジャミンにフロム・コーナー・トゥ・コーナーを炸裂させ、串刺し背面エルボー、エルボー合戦、ベンジャミンの頭突きに対し丸藤は逆水平と応戦するも、丸藤のトラースキックをかわしたベンジャミンはロコモーション式ジャーマン、3発目を切り抜けたところでベンジャミンがアンクルホールドを狙うも、丸藤は下から蹴り上げて脱出し、パワーボム狙いも着地した丸藤は虎王を狙うもキャッチしたベンジャミンはパワーボムを決め、アンクルホールドから強引にジャーマンを決める。
 ベンジャミンはベイダードで勝負を狙うが丸藤は虎王で撃墜すると、両者は打撃戦から丸藤はトラースキックから不知火を狙うも、ベンジャミンはコーナーに据えて切り返しTボーンスープレックスで投げ、丸藤の虎王に対しベンジャミンもドラゴンウィップで応戦する。
 ベンジャミンはコーナーへ昇るが、ドロップキックで阻止した丸藤は不知火・改を敢行すると虎王から不知火、そしてポールシフト式エメラルドフロウジョンを決め3カウントを奪い、丸藤が初優勝を果たしNOAH解散は免れた。


 試合後に鈴木が現れ丸藤を挑戦者として認め、12月23日大田区大会で迎え撃つことをアピールし、丸藤がファンに王座奪還を約束してリーグ戦を締めくくった。


 対鈴木戦は今年の2連敗を含めて0勝4敗、丸藤にとって鈴木みのるは越えたくても越えられない高い壁になってしまっている、ベンジャミンにリベンジを果たしNOAH解散は免れたとしても、鈴木を破って王座を奪還しないことにはリーグ戦優勝なんて意味がない。
 丸藤が鈴木を今度こそ破ることが出来るか、12月23日は丸藤だけでなくNOAHにとっても正念場でもある。


 また第5試合で行われたスミスvsカバナにアーチャーが乱入、試合はカバナの反則勝ちとなるも、急遽KESvsBIG IN USAへと突入、KESはカバナにキラーボムを狙うがヒーローがローリングエルボーでカットに入ると、ヒーローのローリングエルボーからカバナがカバナ固めでアーチャーから3カウントを奪い、BIG IN USAがKESの保持するGHCタッグ王座挑戦に名乗りを挙げた。
 弾丸ヤンキースもリーグ戦ではKESに揃って敗れ、TMDK(シェイン・ヘイスト、マイキー・ニコルス)も帰国中ということもあって、ここはヒーロー&カバナのBIG IN USAの出番となったか。


 大阪大会でザックが、新潟で石森が揃ってタイチからフォールを奪ったことでGHCジュニアヘビー級王座挑戦者決定戦が第4試合で行われ、石森がザックの腕攻めに苦しんだが石森がレヴォルシオンを解禁し450°スプラッシュで3カウントを奪い挑戦権を獲得する。
 
 
 第3試合では桃の青春タッグがタイチ&TAKAと対戦するも、試合中に首の負傷で欠場していたデスペラードが乱入して片山ジャーマンを狙う原田にイスで一撃を加え、TAKAが丸め込んで3カウントを奪い、デスペラード&TAKAが前王者の権利として桃の青春タッグの保持するGHCジュニアタッグ王座挑戦をアピールした。


 12月23日大田区大会のカードも出揃い、後は決戦を待つのみとなった。今年は鈴木軍に蹂躙され続けたNOAH、最後は笑って年を越せるか?

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ