忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
3
11
20
26 27 28 29
30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

代役に高岩が登場でGHCジュニア王座に挑戦へ!KENTA屈辱・・・永田が勝利でまたしてもナガタワールドに

11月27日 NOAH 「Winter Navig.」後楽園ホール 1200人


◇第1試合◇
 ▼「NOAH vs DIAMOND RING」/15分1本
○北宮光洋(6分43秒 グラウンド卍固め)X熊野準


◇第2試合◇
 ▼「ヤングマスター vs Crazy Dynasty」/30分1本
○原田大輔(9分28秒 片山ジャーマンスープレックスホールド)Xペサディーヤ


◇第3試合◇
 ▼「BRAVE vs NO MERCY」/30分1本
 森嶋猛 ○小峠篤司(10分45秒 片エビ固め)平柳玄藩 大原はじめ
※キルスイッチ


◇第4試合◇
 ▼Supreme Movement/30分1本
○スペル・クレイジー(7分20秒 ソルプレッサ)X小川良成


◇第5試合◇
 ▼「BRAVEの核弾頭 vs 暴走鉄仮面」/30分1本
○マイバッハ谷口(10分35秒 片エビ固め)Xモハメド ヨネ
※マイバッハプレス


◇第6試合◇
 ▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権試合前哨戦/30分1本
○獣神サンダー・ライガー(11分46秒 回転片エビ固め)Xザック・セイバーJr.


 ◇第7試合◇
 ▼GHCタッグ選手権試合前哨戦/45分1本
シェイン・ヘイスト マイキー・ニコルス○高岩竜一(15分52秒 片エビ固め)丸藤正道 X石森太二 中嶋勝彦
※デスバレーボム


(試合後の高岩)
「石森! お前がチャンピオンだろうが何だろうが関係ない。胸貸してやる。かかってこい!せっかくもらったチャンスを生かすためにも、一発で倒す。昔を振り返るより、まっさらな気持ちでもう一度獲りにいきます」


(バックステージにて)
【高岩の話】「(ジュニア王者・石森を破ったが?)もう、とにかく急だから。俺はノアに来たらいつも言うセリフがある。『胸貸してやる』。せっかくもらったチャンスを生かすためにも、一発で倒す。(過去も戴冠歴があるが?)昔を振り返るより、まっさらな気持ちでもう一度獲りにいきます」


 【ニコルスの話】「俺たちは世界でベストのタッグチームだ。いつ、どこ、どんなチームが来ようとも、俺たちが世界一のチームであることに変わりはない」
 【ヘイストの話】「ヘイ! 可愛いボーイの中嶋、可愛いボーイの丸藤…。このハンサムでクールなボーイズがキミらを倒して、俺たちがリアルボーイズであることを証明してあげるよ!」


 【丸藤の話】「(試合を振り返って?)直接負けちゃいないけど、負けちゃいけなかった。負けは負けだ。でも、まだ当たることもあるだろ。(高岩のジュニア王座挑戦は決定的?)それしか無いと思うし、あの男が動いてくれたことに対しては“ありがとう"。ただ、ありがとうは1回しか言わない。あとは石森にキッチリ倒してもらう。俺が昔、有コロであの男(高岩)から獲ったベルト…あの時以上の試合を期待してるよ」
 【中嶋の話】「(TMDKと対決して?)やっぱりチャンピオンでしたね。TMDKらしいというか。でも僕たちもまだまだこんなもんじゃない。どっちかっていうと今日はXにやられた感じ。この借りは必ず返します。次も当たると思うんで、切り替えてしっかりやります」


◇第8試合◇
 ▼GHCヘビー級選手権試合前哨戦 スペシャルタッグマッチ/60分1本
○永田裕志 関本大介(25分37秒 バックドロップホールド)XKENTA 杉浦貴


(館内のナガダンスコールに応えて永田はナガダンスを披露しアンコールが起きる)

「次のダンスは有明のメインで勝利してからだ! でもお前らが何が欲しいのか、分かったよ。良い試合だけじゃない。何か“明るいもの"が欲しいんだな。全員有明のチケットは持ってるんだろうな? 次は有明の後だ!1、2、3ゼアッ!」

(バックステージにて)
【永田の話】「意地だけじゃ勝てねえぞ、KENTA。(序盤から激しくぶつかり合ったが?)逆に俺に火がついてちょうど良かった。良いスタートだったんじゃないですか? この悔しさをかみ締めて、有明までしっかり体調整えて来い。確かにこのリング、1年間KENTAが中心となって引っ張ってきた。それは認める。でもなぜ、ダンスなんだよ。彼らは確かに素晴らしい試合をしてメインを締めてる。だけど、この瀕死のノアを救おうと安くないチケットを買ってきてくれるファンが何を求めてるか。やっぱり何かプラスαが欲しい。そのプラスαが何か。暗中模索で考えてるんだろうけど、簡単に俺が答えを出したよ。明るさ! 清々しさ。ハッピーエンドで帰る心地よさ。プロレスにそれを求めてる。KENTAの勝利ではなく、俺を求めてた。(あと10日だが?)うん。KENTAぁ!確かに1年間ノアを引っ張ってきたゼアッ。俺も10年前そうだった。後になって分かったよ。『何か俺には壁が必要だったんじゃないか』って。それは俺がベルト落とした後に小橋さんと戦って、思い知らされたこと。KENTAはラッキーだよ。俺っていう存在が今ここに現れたってことは。グローバル・リーグ優勝して、あいつの前に立ちふさがってる。だけど、簡単には倒されはしない。まずは俺がKENTAを完膚なきまでに叩き潰して、壁の厚さ、高さを身をもって知らしめてやる。KENTAだけじゃないよ。俺がベルトを獲ったら、丸藤も森嶋も杉浦も…その他大勢、まとめてかかって来い。俺が全部相手してやる。そしてこの団体に何かを植えつけてやる。(そして有コロでナガダンス?)ファンは望むだろうな。完璧な勝利はバッドエンドかもしれない。でも悔しがるファンの表情を、最後は笑顔で包み込んでやる。それでハッピーエンドだ。そして緑のマットは青く染まる。2013年、結局ノアはハッピーエンドで終わる。その後はGHCのベルト獲って新日本に逆上陸ゼアッ!」


 【関本の話】「(試合を振り返って?)楽しくてしょうがない。本当に楽しくてしょうがない。燃えてきましたよ。これからです。(今後は?)今日初めて杉浦選手と対戦して、KENTA選手ともまたこうして当たれたんで、何とか自分がしがみついてでも、またやっていきたいと思います」

 

 【KENTAの話】「(敗れたが?)この借りは必ず返します。まぁ悔しいです。あとは有明で」


 今回は12月7日有明大会の前哨戦が中心のカード編成となったが、注目はデイビー・リチャーズの来日中止によって石森の保持するGHCジュニア王座に誰が代わりに挑戦するのか、そのためセミはXとされていたが登場したのはフリーの高岩、高岩は旧ZERO-ONE時代に金丸義信、杉浦から2度にわたってGHCジュニア王座を奪取しているから実績を買われての代役起用といったところか、今日の前哨戦でも高岩は急角度でのみちのくドライバーからラリアット、デスバレーボムとたたみかけて3カウントを奪い健在ぶりをアピールした。


 KENTAvs永田の前哨戦は2010年7月24日をKENTAが覚えていたのか?永田より先に頭突きを繰り出して倒してから顔面蹴りを放つと、その後は互いにムキになって打撃戦となるが、永田が体格差を利用して試合を有利に進め、関本と共にKENTAに集中砲火を浴びせる。試合は杉浦が盛り返し、あくまで永田を狙うKENTAがgo 2 sleepを狙うが関本に気を取られてしまうと、隙を突いた永田がバックドロップを決めてから永田が猛ラッシュをかけ、最後はバックドロップホールドで3カウントを奪い前哨戦を完勝で収めた。


 試合後も永田がナガダンスからの「1.2.3ゼア!」と再びNOAHマットを永田ワールドで染め上げて大会を締めくくった。12.7に田上明が引退することで四天王プロレスという一つの時代が幕を閉じる。新しい時代の幕を開けるNOAHに永田という大きな存在が立ちはだかった、そういった意味ではKENTAだけでなくNOAHも本当の意味で正念場なのかもしれない。

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ