忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

丸藤の虎王を耐えた小島の豪腕が炸裂!中嶋がハイキックで森嶋をKO!

10月26日 NOAH「グローバルリーグ2014」博多スターレーン

<アピールコメントなどは
プロレス格闘技DXより>
◇第1試合◇
▼15分1本
○北宮光洋(4分32秒 卍固め)X熊野準

◇第2試合◇
▼「超危暴軍 vs Crazy Dynasty」/20分1本
○拳王 大原はじめ(7分53秒 片エビ固め)スペル・クレイジー Xペサディーヤ
※ドラゴンスープレックス

◇第3試合◇
▼「Battle for the Purpose」/30分1本
○モハメド ヨネ 石森太二 小峠篤司(9分5秒 片エビ固め)シェイン・ヘイスト マイキー・ニコルス X田中純二
※キン肉バスター

◇第4試合◇
▼GHCジュニアヘビー級選手権試合前哨戦/30分1本
齋藤彰俊 ○原田大輔 平柳玄藩(6分38秒 回転片エビ固め)小川良成 Xザック・セイバーJr. コルト“Boom Boom"カバナ

◇第5試合◇
▼「グローバル・リーグ戦2014」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗=4点]○永田裕志(10分50秒 バックドロップホールド )[2敗=0点]Xクワイエット・ストーム

【永田の話】「(ストームはどうだった?)気持ちも入ってて、体型以上の圧力は感じたけど、この俺様にかかったら、こういう結果になるのは最初から分かってた。(2勝目だが?)最初から外国人選手を3戦連続で当ててきて、俺の様子とか調子を見てみようっていうノア側の魂胆なのかもしれないけど、結果はともかく良い仕上がりなんじゃないの? 初戦のヒーロー戦は、相手を掌(てのひら)の上に乗せながら、相手の力を9出させて10の力で仕留めた。2戦目のニコルス戦は、もうダメだ…とノアファンを神にも祈るような気持ちにさせて、最後は俺の負け。まぁハッピーエンドにしちまったけど、それも俺の“腕"だったと思うよ。そして今日は俺を相手にあそこまでムキになってきたクワイエット・ストームがいた。ノアの選手はあぐらかいて見てるだけか? 俺が最初に乗り込んできた時は、そんなことは無かったんじゃないのか?(次はマイバッハだが?)俺にヘタなことしてみろ。次はマスク剥ぎとって、アイツの顔をあらゆるメディアを通じて全世界に晒してやる。まぁ、ここからゼアッ!」

◇第6試合◇
▼「グローバル・リーグ戦2014」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝1敗=8点]○田中将斗(10分7秒 片エビ固め)[1勝1敗=2点]Xマイバッハ谷口
※スライディングD

【田中の話】「(4勝目を上げたが?)リーグ戦も5試合終わっとる。俺からしたら、もう折り返しは過ぎてる。全勝するつもりで来たけど4勝1敗。残りは2試合。簡単にはいかれへんとは思ってるし、俺も今日でノアの九州巡業は離れるけど、また九州戻ってきて電流爆破もあるし、他団体でのシングルマッチ(※W-1でのKAI戦)もあるし。ただ、それを乗り越えられるだけのスタミナもコンディションもあるっちゅうことは、みんな分かってることやと思うし。今の時点で単独トップやってことは間違いないし、残り負けへんかったらええってことやからね。予選落ちでも論外、準優勝でも論外。ここに出ることで応援してくれてる人が何を期待してるかって言ったら優勝しかあらへんわけやから。どんなに惜しかろうが優勝できなかったら関係ない。(マイバッハはどうだった?)体大きい分、一発一発はキツいけど、大振りな分、こっちは連発すればいい。スライディングDには絶対の自信を持ってるし、前回シングルではテーブルの上に沈められたから、そういうのも警戒していったし。ただ、グローバル・リーグ戦の名のもとにエントリーしてるからには、全員が優勝候補じゃないとダメだと思ってるから、そこを乗り越えられたことは、ほっとしてますよ。(次は永田戦だが?)久々やけど、杉浦さんも永田裕志も年齢はそんなに変わらないからね。キャリアもそう変わらんし。2人とも年上であってもコンディションを作ってる。そこは認めてるし、リスペクトする部分もあるけど、そこを乗り越えていかなアカンわけで。永田さんとは、シングルでも勝ち星を先行されてるんで、久々のシングルマッチでもこれ以上、差を広げられたくないし。簡単に勝たせてもらえないことは分かってるけど、スライディングD一発でダメなら二発でも何発でもぶち込んでいきたい。特にスピードでは負けてへんと思ってるんで、スピードを生かしていきたいですね」

◇第7試合◇
▼「グローバル・リーグ戦2014」Bブロック公式戦/30分1本
[2勝1敗=4点]○杉浦貴(12分7秒 片エビ固め)[2勝2敗=4点]Xクリス・ヒーロー
※オリンピック予選スラム

【杉浦の話】「(エルボー合戦を制したが?)うん。覚悟はしてたけど、強烈だね。でもエルボーでは負けたくない。(ヒーローは予想以上に強くなっていた?)そうだね。もう十分に実力はあると思うよ。(これで2勝目だが?)優勝するためには、もう負けられないから。あとは全勝。(同ブロックでは田中が独走しているが?)周りのことは気にしない。とにかく優勝するためには負けられない。(あすはヨネ戦だが?)覚悟が違うところをみせたいね。何度も言うけど、俺はもう一度トップに立って(ベルトを)背負いたいと思ってる。そういう意味での覚悟をみせるリーグ戦でもあると思ってるから」

◇第8試合◇
▼「グローバル・リーグ戦2014」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=6点]○中嶋勝彦(13分34秒 片エビ固め)[2敗=0点]X森嶋猛
※右ハイキック

【中嶋の話】「(見事に森嶋を破ったが?)良かったっす! うれしい。このリーグ戦、今日もそうですけど毎日毎日が、自分のプロレスの“変わり目"であるように感じますね。自分が変化、進化してきているのをビンビン感じるし、長年大きな壁だった森嶋猛を倒せたのは何よりの進化の証です。今回のリーグ戦は、自分の歴史の中でも大きな意味のあるリーグ戦になってると思います。(丸藤、森嶋を破ったことで優勝が現実味を帯びてきたのでは?)そう思っても、毎回いつも届かない。だからしっかり目の前にある相手を倒していきたい。次のカバナ戦でも一戦一戦、ベストを尽くしていきたい。ただ、森嶋猛の壁を初めて破れたのは、僕にとって凄く大きな意味があること。ただ、ここで止まっていられないので、その先にある頂点をしっかり見据えていきたいと思います」

◇第9試合◇
▼「グローバル・リーグ戦2014」Aブロック公式戦/30分1本
[3勝1敗=4点]○小島聡(14分41秒 片エビ固め)[1勝2敗=2点]X丸藤正道
※ラリアット

(試合後)
小島「博多のノアファンの皆様、お久しぶりです。新日本プロレスの代表として、このグローバル・リーグ戦にやってきました小島聡です。新日本プロレスの代表として出るからには、このグローバル・リーグ戦にかける思いは福岡ドームより大きいです。グローバル・リーグ戦、盛り上げていきましょう。いっちゃうぞバカヤロー!」

【小島の話】「(試合を振り返って?)丸藤がGHCヘビー級のチャンピオンということは、そのチャンピオンに勝った俺という存在は、いったいどういう存在なのか君達に分かるか!? GHCヘビー級のチャンピオンにタイトルマッチでも勝ってしまうかもしれない存在。そういうことだ。いつでもGHCを獲れる準備はできてる。俺にとって今回のグローバル・リーグ戦は、新たなリーグ戦におけるチャレンジだ。俺はな、あらゆるリーグ戦というリーグ戦をすべて勝ち上がってきた。リーグ戦の“生きるレジェンド"だ。その(伝説の)中に、このグローバル・リーグ戦も加えてやってもいいんだぞ? ありがたく思え。ノア、そしてグローバル・リーグ戦!」


グローバルリーグ戦は博多大会、まず永田はストームと対戦、永田は執拗な右腕攻めを展開するが、パワーで跳ね除けたストームはクロスフェースで絞め上げる。
ストームはラリアットを狙うが永田はカウンターのエクスプロイダーで返すとネックスクリューで流れを変えるが、垂直落下式ブレーンバスター狙いはストームが逆に投げ、フィッシャーマンズバスターで永田を追い詰める。
しかしラリアット狙いは永田がフロントハイキックで迎撃すると、大☆中西ジャーマン、垂直落下式ブレーンバスターと畳み掛け、最後は浴びせ蹴りからのバックドロップホールドで3カウントを奪い公式戦2勝目を飾る。

田中はマイバッハと対戦、開始早々マイバッハが刺又攻撃を仕掛けるが、田中は怯まず逆にスライディングDを狙うも、かわしたマイバッハが場外へ逃れると深追いした田中を痛めつける。
しかしリングに戻った田中はエルボー、垂直落下式ブレーンバスター、ラリアット、スイングDDTと畳み掛ける。
マイバッハブレスを雪崩式ブレーンバスターで阻止した田中がスーパーフライからスライディングDを狙うも、マイバッハはノド輪でキャッチしてチョークスラムで叩きつけると、再度マイバッハブレスを投下する。
クリアした田中はマイバッハボムをスルーするとエルボーの乱打、裏拳、ローリングエルボー、垂直落下式ブレーンバスターと畳み掛けると、最後はスライディングラリアットからのスライディングDで3カウントを奪い公式戦4勝目、Bブロック単独首位となる。

杉浦はヒーローと対戦し、杉浦はエルボー封じの右腕攻めを展開するが、フロントハイキックで反撃したヒーローがローリングエルボーを浴びせ、杉浦もニーで反撃するがヒーローはエルボー一発で流れを変える。
ヒーローはローリングエルボーを連発するが、杉浦は張り手で迎撃するとドラゴンスープレックスからの鬼エルボーの乱打で動きを止め、最後はオリンピック予選スラムで3カウントを奪い公式戦2勝目を飾る。

セミは森嶋vs中嶋、ミサイルキックを狙う中嶋をデットリードライブで落とした森嶋がヒップアタックから重爆攻撃で先手を奪い、中嶋もミドルキックで反撃するが、森嶋の重爆攻撃の前に主導権を奪えない。
中嶋はカニ挟みで森嶋を転がすと、ターンバックルごと森嶋の顎を蹴り上げ、バックドロップで叩きつけるが垂直落下式ブレーンバスターとジャーマン狙いは投げることが出来ず、勝負と見た森嶋はラリアットからバックドロップを狙う。
中嶋は踏ん張るが、森嶋はモリシハンマーを乱打してからラリアットを狙うと、中嶋はハイキックを浴びせて3カウントを奪い逆転勝利を収める。

メインは丸藤が小島と対戦、逆水平合戦を競り勝った丸藤が小島の右腕攻めを展開するが、小島もマシンガンチョップからの”いっちゃうぞ”エルボードロップで反撃する。
丸藤は無重力ジャンプ式の顔面踏みつけ攻撃、トラースキックと流れるように攻めたてるが、時間差ロープワークからの追い越しラリアットは小島が丸藤の腕にカマイタチラリアットを浴びせ迎撃する。
丸藤は小島の串刺し攻撃をコーナーを背にしたジャンピングハイキックからトラースキックコンポで迎撃すると不知火を決めるが、ホールシフト狙いは小島が垂直落下式ブレーンバスターで返し、ラリアットを狙うと丸藤は虎王で迎撃する。
丸藤は勝負と見て再度虎王を狙うが、今度は小島がラリアットで迎撃し、最後はトラースキックで抵抗する丸藤にラリアットで3カウントを奪い公式戦3勝目を飾る。

リーグ戦はAブロックが小島、中嶋が3勝でトップ、2勝の関本が追う。Bブロックは4勝の田中が単独トップ、2勝の杉浦、永田が追う展開となり、現時点では他団体勢が躍進している。
NOAH勢はGHC王者の丸藤は負けが先行し、森嶋は2連敗スタートと厳しい展開となった、他団体勢が猛威を振るう中でNOAH勢は巻き返しなるか?

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ