忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

引退勧告からの大逆転!吉野正人がドリーム王座奪取も、茨の道を自ら選択した…


6月10日 DRAGON GATE「KING OF GATE 2018」福岡・博多スターレーン 1500人超満員札止め

<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第1試合◇
▼20分1本
○Kzy 横須賀ススム "brother"YASSHI(13分7秒 片エビ固め)ドン・フジイ K-ness. ×シュン・スカイウォーカー
※ランニングエルボースマッシュ

◇第2試合◇
▼20分1本
○堀口元気(7分1秒 体固め)×吉岡勇紀
※ビーチブレイク

◇第3試合◇
▼20分1本
○斎藤了(10分9秒 片エビ固め)×パンチ富永
※斎了ロケット

◇第4試合◇
▼30分1本
○YAMATO B×Bハルク(12分14秒 片エビ固め)土井成樹 ×ジェイソン・リー
※ギャラリア

◇第5試合◇
▼30分1本
鷹木信悟 ○Eita 吉田隆司 神田裕之(14分50秒 片エビ固め)×ドラゴン・キッド Gamma 問題龍 ×石田凱士
※拷問式トラースキック

(試合終了後)
Eita「オレたちアンチアスが勝ったぞ。オマエらの予想通りだぞ。オレらが勝ったんだ。拍手が足りねえぞ、この野郎。これでなにわ式の先行はオレたちアンチアスだ。オマエらの解散は決まったようなもんだな。それからだ、ドラゴン・キッド。オマエはブレイブゲートチャンピオンなのにこんな試合で負けて情けねえな。だからな、そのブレイブのベルトも価値が落ちるんだよ。オレがオーバージェネレーションを終わらせてこのブレイブも奪ってドラゴン・キッド、オマエを終わらせてやるよ」

キッド「たった一回勝ったからって調子に乗るなよ。そして簡単にこのベルトにさわってくれるな。このベルトはな、すげえ歴史があるんだよ。このベルトにはそれぞれの、そしてこれからの選手たちの思いが詰まってるんだ。勝手にさわるな。そして雑に扱うな。オレたちも、オーバージェネレーションもこのままでは終わらないからな。覚悟しとけよ。それからなんだ、このベルトに興味津々か。なんだ、このベルトがほしいのか。取れるものなら取ってみろよ。ひとつ言っておくぞ。このブレイブのベルトはシングルのベルトだ。1対1のベルトだぞ。仲間の力は使えねえ。それでも勇気があるんだったらいつでも取りに来いよ。オレらオーバージェネレーションもこのブレイブのベルトも両方とも守ってやるから。八木本部長、オレとEitaのブレイブゲートタイトルマッチ、決めてください」

八木本部長「よし、どうせやるんだったらじゃあ最高の舞台を用意してやるよ。7月22日、神戸ワールド記念ホールでドラゴン・キッド対Eita、ブレイブゲートタイトルマッチ、決定します」

Eita「おい決まったな。神戸ワールドだな。キッド、オレはオマエを逃がさねえからな。とことんオレがオマエを潰して二度とリングに上がれないくらい、ブッ壊してやるからな。おいキッド、ワールドまでその足、治しとけよ、コラッ!」

(Eitaがキッドの左足に不意打ちのキックを見舞う。会場は帰れコール)

キッド「Eita、うぬぼれるなよ。オマエがどれだけ力をつけたかわからん。だけどな、オマエが選んだ道は決して正しい道じゃねえ。それをワールドで分からせてやるからよ、しっかりまっすぐ見て、オレだけを見てワールドまで試合続けろよ。皆さんボクらオーバージェネレーション、必ずこのオーバージェネレーションというユニットも、そしてこのブレイブゲートも守って、8月にある博多に戻ってきますので、皆さんこれからも応援よろしくお願いします。まだまだオーバージェネレーションで盛り上がれ!」

◇第6試合◇
▼オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合/60分1本
[第42代王者組]ビッグR清水 ○Ben-K(21分24秒 エビ固め)[挑戦者]Kagetora ×ヨースケ・サンタマリア
※Ben-Kボム
☆清水&Ben-Kが初防衛に成功

(試合終了後)
清水「ビッグR清水とBen-K、ビッグBenがツインゲートを防衛したぞ!(急に素に戻ったかのように)土井さん、昨日なんかエラそうなこと言ってましたけど、ボクらちゃんと防衛しました!」

土井「いやあ清水クン、Ben-K、ま、まずは防衛おめでとうございます。いやいや、素晴らしい試合でした。でもね、清水クン、いま言いましたけど、昨日エラそうなこと言われましたとか言ってたですけど、そんなエラそうなこと言うてないと思うんですけど。結構、ボク普通に正しいこと言ってたと思うんですけど。でもまあ防衛おめでとうございます。なんか、ボクが勝ったみたいにいきがってますけど、今日のタイトルマッチ、最後に勝ったのはBen-Kですから。今日はBen-Kが勝ちました。ウチのBen-Kです」

清水「土井さん、何年レスラーしてるんですか?」

土井「18年ですけど」

清水「タッグっていうのは自分が勝ってもね、Ben-Kが勝ってもね、勝ちは勝ちなんですよ。そうでしょ。土井さんが一番知ってるでしょ、そういうこと」

土井「まあ確かにそこに関してはおっしゃる通りでございます。でも言い方や、言い方。言い方になんかトゲがあるで。昨日、Ben-Kが言ってたけど、いま反抗期なん? 最近なんかスネてるの?」

清水「ちゃうちゃうちゃうちゃう!」

土井「ちゃうちゃうってなんやねん!」

清水「すいません、心の声が出てしまいました」

土井「心の声は出さんでよろしいがな。しまっておきなさい」

Ben-K「土井さん、今日はTNCさんの中継もあるということで、やっぱりここいつまでやっててもラチがあかないですよ。続きは控室でやりましょう」

土井「すいません。Ben-Kが一番大人でした。はい。TNCの中継放送も入ってますからね。TNCをご覧のお茶の間の皆さん、本当に失礼しました。お騒がせしました。ボクらは速やかに控室に帰りたいと思いますけども、このあとメインイベントで吉野がドリームゲートに挑戦します。みんなで吉野を応援しましょう。よろしくお願いします!」

【バックステージでの清水、Ben-K】
清水「よしよしよし。やっと初防衛!」

Ben-K「ここからですよ。ビッグBenの勢いは」

清水「まだ一歩も進んでない。半歩しか進んでない。まだまだこれから。スターダムへの階段をどんどんと駆け上がっていくんで、ボクたち。こんなもんじゃないですよ。ちょっと危ない場面もありましたけどね、そこは2人の絆で返しました。まだまだオレたちは成長していく。無限大に成長していくんでね。Ben-K、またこれからもがんばろう。まだまだこれからやから」

Ben-K「がんばろうぜ。まあ初防衛とりあえずできたんで、次は誰でもいいですけど、やぱりビッグBenはパワーとパワーがぶつかり合う試合の方が」

清水「そこは誰でもいいですけどね。でもぶつかった方がいいってBen-Kは言ってますから。でもオレたちは誰の挑戦でも受ける。どんな小柄な選手でも力のある選手でも別に大丈夫ですから。そこんところよろしくお願いします」

【バックステージでのKagetora、マリア】
Kagetora「マリア大丈夫か?」

マリア「カゲちゃん、ごめんなさい。でもアタシ、がんばった」

Kagetora「がんばったがんばった。確かに今日ビッグRとBen-Kに負けました。でも見ましたか? ボクとマリアは全然アイツらに手が届くということを今日、証明できたと思います。またチャンスがあったらこの2人でツインゲート狙いに行きたいと思います。マリアちゃん、今日はありがとう」

マリア「ありがとう。ラブリー!」

◇第7試合◇
▼オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合/60分1本
[挑戦者/KING OF GATE 2018優勝者]○吉野正人(22分11秒 スピードスター)[第26代王者]×望月成晃
☆望月が4度目の防衛に失敗、吉野が第27代王者となる。

(試合終了後)
吉野「(叫んだあと)ドリームゲート、オレが取ったぞ! アカン…ちょっと待って。昨日と言い今日と言い2日間、なんちゅうスケジュール組んでくれてんねん。初日がキング・オブ・ゲート決勝で2日目がドリームゲート。そんなもん、オレ聞いたことないぞ。でもな、そんな聞いたことのない闘いクリアしたのはこのオレ、吉野正人や! 望月さん、これはもうオレの本音や。建前でも何でもない。望月成晃、アンタはすごいわ。正直、オレが10年後、望月さんと同じ年齢になって、こうやって下のヤツ相手にドリームゲートやってる自信も保証もないわ。望月成晃、アンタ何者や? 試合には勝ったかもしれんけど、望月成晃っていうプロレスラー、ホンマに尊敬するわ。今日はありがとうございました」

望月「吉野、まあオレも世間の48歳よりはちょっとばかし元気かもしれないけど、2日続けてこんな激闘を制する吉野、オマエの方が化け物だよ。何だったらよ、オレはちょっと人から鉄人とか言われていい気になってたけど、新・鉄人は吉野正人じゃねえか? オレは41歳の時に吉野に挑戦してドリームゲートのベルトを取って、そして去年YAMATOに挑戦した時、誰もがオレがベルト取るなんて思ってなかったと思う。でもな、その原因は現世代がたまにポカやるからじゃねえのか、おい。あえて言わせてもらう。オレはあと1年半で50になる。もう二度とオレにドリームゲートを巻かせるようなドラゴンゲートじゃダメなんだよ。と、これは大人の発言で、オレは大人気ねえからよ、吉野、オレは50になっても60になっても現役でいる限り、いつでもドリームゲートを狙うからな。オレはまだまだ死なない。でも吉野、この2日間の真の鉄人は吉野正人だよ。4度目の戴冠おめでとう。あとは任せたぞ。今日はありがとう」

(握手のあと抱擁)

吉野「っていうかさ、こんだけの試合してまた60になってもプロレスやる言うてるぞ、このオッサン。オレが思うにこのオッサン、アホやぞ。どこまでやんねん。まあでもそれでこそ望月さんってもんや。でも望月さん、試合前にも言った通り、これはオレの本音や。望月さん、もうおとなしくしといてください。ゆっくりフジイさんと一緒にやってくださいよ、もう。今日はありがとうございました。改めましてドリームゲート新チャンピオン吉野正人や!! 昨日もちょっと言いましたけど、去年から今日この博多、6月10日を迎えるまでこの約1年半、オレにとってはすごく長かった。でも、このベルト巻くことができました。それもこうやってドラゴンゲート、最近また見始めた人も、ドラゴンゲートになってから見た人も、闘龍門から見てくれてる人も、皆さん一人一人の応援の力やと思います。ありがとうございます。でも取ったからと言ってここで終わりじゃない。オレは取ったからにはこのドリームのベルトを防衛し続けるぞー!」

(鷹木のテーマ曲が鳴り、鷹木がリングイン)

鷹木「よう、吉野。2日間もメインイベントご苦労だったな。まさかオマエが勝つとはな。オレはてっきり望月が防衛すると思ったよ。望月のオッサンも情けねえよな。キング・オブ・ゲート出てねえのによ、あっさり丸め込みなんかで負けやがって。丸め込みと言えば、昨日のYAMATOとの優勝決定戦も丸め込みだったな。いや、まだあるぞ。キング・オブ・ゲートのリーグ戦の勝利は全部丸め込みだったよな。しかも開幕戦ではオレに惨敗してるよな。どのツラ下げて新王者を名乗ってるんだ。おい、ドラゴンゲートの新チャンピオンはこんなセコい丸め込みしかできないヤツでいいのか? コソドロみたいにクルクル丸め込んで、こんなセコいヤツよりもストロングの象徴であるこのオレ、鷹木信悟の方がドリームゲートにふさわしいだろうが。ここまで言えば何がいいてえか分かるよな。まあ2日間がんばったお前には選ぶ権利を与えてやる。答えは二つに一つだ。さっき言ったようにキング・オブ・ゲートの開幕戦ではオレに惨敗してるんだ。オレはお前をチャンピオンだなんて認めない。改めて場所を変えてオレと新王座決定戦をやるか、あるいはやっぱりオレには敵わないってこの場であっさりそのベルトを明け渡すか。二つに一つだ。どっちか選べ。いいぜ、疲れてるんだろ。首痛いんだろ。いいぜ。選べよ。二つに一つだ。それ以外は認めねえぞ!」

吉野「おい信悟、お前どんだけ性格悪いねん。オレが公式戦全部丸め込みで勝った。お前そんなことまで調べてるのか。まあそうやな。言うてもお前は予選落ちやからな。調べる時間くらいいっぱいあるわな。それから王座決定戦? ベルトをすぐ明け渡す? はい、どうぞって言うヤツがどこにおんねん。ここ会場来てる1000人くらいおっても誰一人うんって言わんぞ。でもな、信悟、お前が言った中にひとつだけ正しいことがあるわ。確かにオレは公式戦、KOG開幕戦はお前に負けた。完璧な3カウントを取られた。そのままオレもその言葉を聞き逃すわけにはいかんな。それから丸め込みも立派な技っていうことを証明せなあかんな。信悟、オマエがそこまで言うんやったらオレは鷹木信悟の挑戦、受けたろうやないか。八木さん、オレは信悟とやるぞ。八木さんがどこでやるのか、いつやるのか決めてくださいよ」

八木本部長「よし、いいだろう。チャンピオンがやるって言ってるし、さっきブレイブのタイトルマッチも決まったことだし、組んでやろうじゃねえか。場所はドラゴンゲート年間最大のビッグマッチ、神戸ワールド記念ホール、吉野vs鷹木決定します」

鷹木「よーし、タイトルマッチが決まればこっちのもんだ、吉野。オレにはオマエのそのセコいセコい丸め込みは通用しねえからな。それからよ、お前、首が痛いんだろ? ドクターストップかかってるんだろ? おかしくねえか。ドクターストップがかかってるヤツがチャンピオンってどう見てもおかしいだろ。どうなってるんだよ、この団体のレベルはよ。吉野、無理しなくていいんだぜ。7月22日の神戸でオレがトドメを刺してやるからよ。2年も3年もずっと休んでいいからな。それからドラゴンゲート新体制になったって言って何が変わったんだよ。若手は相変わらずしょっぱくてよ、ベテランもお笑いばっかじゃねえか。こんな時だからこそオレがやるしかねえだろ。オレには聞こえるぞ、鷹木信悟待望論がな。おい×3、なんか聞こえるぞ。見たか。この大・鷹木コールがすべての答えだ。吉野、いいか、再びオレがドラゴンゲートのトップに君臨してオレがこのリングを面白くしてやるからな。吉野、神戸ワールドで最高の潰し合いをやるぞ」

吉野「ようしゃべるなぁ。なんや。鷹木信悟待望論…1500人中の15人くらいやないか。早速、決まってもうたな。7月22日、神戸ワールド記念ホール、鷹木信悟とドリームゲートのタイトルマッチやるぞ! いまちょっと一人で喋るのもキツいから土井ちゃんを呼ぼう思ったら本部席で呑気に解説してるやないか。笑てる場合ちゃうよ。オレは今日メインイベント、シングルマッチといったら孤独な闘いや。控室、試合終わってみんな出て行くわ、一人だけ取り残される状況や。そんな中、控室でモニターを見てたら土井ちゃんと清水の漫才劇場が始まって、なんや、こっちは集中してるのにメチャクチャ楽しそうにやっとるやないか。まあそれもマキシマムということで。までも本当に昨日と今日の2日間、博多の皆さん、ありがとうございました。まあメインイベントの余韻に浸りたいところでしたけど、鷹木信悟が入ってきて、なんやかんや言ってましたけど、ドクターストップかかったヤツがKOG優勝して、2日目ドリームゲート、これだけの試合できるかっちゅうねん。オレは完全復活したんや。その結果このドリームゲートのベルトがついてきたんや。清水、Ben-K、オマエらも今日ツインゲート防衛したんやな。オレたちマキシマムもまだまだ勢いに乗るぞ。
次回の博多は8月やな。その8月の時もあの鷹木信悟をデカい口を黙らせて、オレがこのベルトを持ってこの博多に帰ってきたいと思います。とりあえず明日からちょっと2日間だいぶ無理したから休もうと思ったら明日は鹿児島でしたね。遠いな。その次は長崎、小倉。オレはあと3日、九州にいますんで、このベルトを持ってる限り、皆さんに楽しんでいただけるように、オレはドリームゲートチャンピオンとしてこのリングに立ち続けたいと思いますので、皆さんこれからもドラゴンゲートをよろしくお願いします。2日間、ありがとうございました!!」
 
 KING OF GATE 2018優勝を果たした吉野は1夜明けてすぐ、望月の保持するドリーム王座に挑戦。前夜にドクターストップがかかっていたことを告白していた吉野にとってリーグ戦を終えての選手権とハードな戦いを強いられることになった。
 吉野は前夜同様リーブロックを狙う望月にドロップキックを放つが、高速トペ狙いは場外の望月がエプロンにすぐ戻ってキックで迎撃、鋭いローキックから逆片エビ固め、ニークラッシャーからランニングローキック、アキレス腱固め、ゴリラクラッチと足攻めで先手を奪う。
 対する吉野は、望月の打撃をキャッチて、腕吉野から腕を絞り込み、腕への低空ドロップキック、腕を絡め込んでのジャベで捕獲、腕をロープにかける望月の腕にダイビングフットスタンプと腕攻めで反撃、しかし突進する吉野をエプロンに追いやった望月は三角蹴り、倒れこんだ吉野に顔面蹴りと場外戦から望月は首攻めに切り替え、リングに戻ってチンロックで絞り上げ、首筋に手刀を連打、ブレーンバスターからナガタロックⅡで攻め込み、吉野はランニング張り手から滞空式ミサイルキックはかわされ、フロムジャングルも望月が堪えるとアンクルホールドで切り返され、ランニングローキックを喰らうも、吉野がスリングブレイドで反撃し、串刺しは望月が踵落としで迎撃も、吉野はキャッチして腕を蹴り、望月の串刺しビックブーツもキャッチして倒すが、望月は顔面蹴り、顔面へのミドルキックと容赦なく攻める。
 望月が突進も吉野はラリアットで迎撃し、吉野は顔面への張り手の連打も、望月はミドルキックの連打から最強ハイキック、だが三角蹴り狙いは吉野がしがみつき、パワーボムで叩きつけ、望月がイリュージョンも、受けきった吉野がトルベジーノからソル・ナシエンテで捕獲し絞めあげ、逃れた望月が三角蹴りも、かわした吉野が丸め込みの連打から、崩れ気味ながらもスピードスターで強引に丸め込んで3カウントを奪い王座を奪取した。
 試合後はセコンドのフジイがレフェリーに抗議するも、望月は潔く敗戦を認め、吉野を新鉄人と任命して去っていくと、その後にKOG開幕戦では敗れている鷹木が現れ、リーグ戦全て丸め込みで勝っている吉野を批判、吉野は鷹木の性格の悪さを批判しつつも挑戦を受諾、7・21神戸ワールドでのドリーム選手権が決定し、吉野らMaxiMuM勢が揃って大会を締めくくった。
 前夜に医師からドクターストップがかかっていたことを告白していた吉野、しかし望月は容赦なく攻めたことで吉野に応えた。最後のスピードスターははっきり言って失敗だったのもの、吉野は強引に押さえ込んだ。現在の吉野からしてみればそれが精一杯だったのかもしれない。
 吉野は完全復活を宣言したが、首に爆弾を抱え、またフロントも兼務するなど、厳しい状況にはには変わりない、だが吉野は敢えて茨の道を選んだ。自分らは吉野が出した選択を見定めていくしかない。
 
 セミでは前夜にマリアが清水から直接フォールを奪ったことで急遽ツインゲート選手権が行われ、序盤は挑戦者組のマリアが王者組の腰攻めの前に蹂躙されるも、交代したKagetoraはマリアとの連係からレッグラリアット、フライングラリアットと放っていくが流れを変えるまでには至らず、Ben-Kがマリアもまとめてスピアーから清水が入ってKagetoraにトレイン攻撃、清水がスパインボムと猛攻をかける。
 しかし雪崩式狙いは着地したKagetoraに、マリアが踏み台になってBen-Kに雪崩式フランケンシュタイナーを決めると、清水のダイビングショルダーもかわしてダブルブレーンバスターを決め、Kagetoraは清水に619、マリアがスカイラブ、Kagetoraは掌打からランニング掌底、車懸と猛攻をかけるが、マリアも狙い撃ちは清水が堪えてBen-Kがスピアー、バックドロップ、清水は旋回式ジャーマンからBen-Kがミサイルジョンウーと王者組もマリアを捕まえ猛攻をかける。 Ben-KはBen-Kボムを狙うがマリアが着地すると、Kagetoraがシャイニングウィザードから、マリアがジャパニーズレッグロールクラッチからキス、Kagetoraが車懸とBen-Kを追い詰めるが、清水はKagetoraを排除すると、マリアにラリアット、砲丸投げスラムはマリアが狙い撃ちで切り返す。しかしマリアの清水へのスカイラブを狙いはBen-Kがスピアーで撃墜し、最後は清水が砲丸投げスラム、Ben-KのBen-Kボムの波状攻撃でマリアが力尽きカウント3で王座防衛をする。

 そして7・5後楽園で行われる"なにわ式イリミネーションマッチ"の先行をかけたANTIASvsオーバージェネレーションの8人タッグ戦は、前日にキッドから3カウントを奪われたEitaが拷問式トラースキックでキッドから3カウントを奪って先行権を奪取、試合後にEitaの挑発を受けてキッドがブレイブ王座をかけて決着戦に挑むことになり、7・21神戸ワールドでの選手権が決定となった。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。