忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

鷹木vsGammaのドリーム選手権は“ファン”が納得済みの無効試合に!

12月3日 DRAGON GATE 「 FANTASTIC GATE 2015」東京・後楽園ホール 1850人 超満員札止め


◇第0試合◇
▼10分1本
新井健一郎 ○ヨースケ・サンタマリア(5分37秒 ポンパス)דハリウッド”ストーカー市川 U-T

 
◇第1試合◇
▼20分1本
堀口元気H.A.Gee.Mee!! ○斎藤“ジミー"了 ジミー・神田(6分48秒 エビ固め)Eita 山村武寛 ×石田凱士
※ダブルクロス


◇第2試合◇
▼20分1本
○エル・リンダマン(7分52秒 ロコモーション式タイガー・スープレックス・ホールド)×しゃちほこBOY


◇第3試合◇
▼30分1本
○ジミー・ススム ジミー・クネスJ.K.S.(12分11秒 体固め)サイバー・コング ×問題龍
※ジャンボの勝ち!


◇第4試合◇
▼30分1本
○ドラゴン・キッド Kzy ビッグR清水(14分10秒 ウルトラ・ウラカンラナ)×吉野正人 戸澤陽 T-Hawk

 

◇第5試合◇
▼45分1本
CIMA 望月成晃 ドン・フジイ ○パンチ富永(17分29秒 エビ固め)土井成樹 YAMATO ×谷嵜なおき Kotoka
※PTキック


◇第6試合◇
▼オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合/60分1本
[第22代王者]▲鷹木信悟(17分7秒 両者リングアウト)[挑戦者]▲Gamma


(試合終了後、両者リングアウトの裁定にCIMAらオーバージェネレーションが猛抗議)
鷹木「オーイ!(もう一回コール)だまれ! 両者リングアウトということは、プロレスのルールにのっとって、チャンイオンの防衛、それでいいだろ!(ブーイング)」


土井「オマエら今聞いたよな!? チャンピオンが言った通り、鷹木信悟の防衛でいいよなぁ! オイ、オマエら言うとくぞ。プロレスのルールっていうのは3カウントとギブアップだけちゃうぞ! 両者リングアウトも正式なプロレスルール、そうやろ! これがメインの試合や、リアルな結果やろ! メインの結果っていうことは、これで今日の大会は終わりや! そうやろ! オマエら、また2週間後、16日の後楽園で待ってるぞオイ」


Kotoka「そうだそうだそうだ! もう一回言うぞ! 今日は鷹木信悟の防衛! そして、今日の後楽園はこれで…」
(そこで八木本部長がマイクを奪い、Kotokaを場外へ投げ出す)

 

八木「こんな終わり方で、だれが納得するっつうんだよ! だいたい、いまのリングアウトだって、オマエらのセコンドが、寄ってたかってGammaが入るのを邪魔したからじゃねえか! こんな終わり、認めねえぞ。試合は続行だろ!」


鷹木「おいおい、何が続行だこの野郎! もう決着はついてんだろ! 両者リングアウト、鷹木信悟が3度目の防衛成功、それでいいだろ!(ブーイング)おい、八木、結果はもうついたんだ。オレの3度目の防衛成功。それが見ての通り現実じゃねえか。そうだろ!(ブーイング)オマエらが納得しないのはどうえでもいいけど、ベルトは防衛、っていうことで先に帰らせてもらうわ。どうもありがと~」


八木「まてコラ! 認めねえっつってんだろコラ! Gamma、まだやれるよな!? お客さんも、こんなんじゃ納得いかないですよね!?(大歓声)おい信悟、この声聞いてもまだやらねえっつうのか!? ドリームゲートのチャンピオンであるオマエが、そんな勝手言うんだったら、オレも本部長として勝手言わせてもらうぞ。オマエのその防衛、認めるかわりに、いまのタイトルマッチをけがしたオマエらのセコンド、土井、YAMATO、Kotoka、オマエらのベルトは返上だ。(大歓声)それからサイバー、問題龍、オマエらマスクぬげよ! オイ、谷嵜! オマエは髪の毛丸めろ。さらに、オマエらヴェルセルクにはユニット解散でもしてもらおうか。(土井らがエプロンに上がり抗議)嫌だよな!? それが嫌だったらさっさと試合、再開しろ!。ゴング鳴らせ!」


◇第6試合◇
▼オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合/60分1本
[第22代王者]鷹木信悟(24分52秒 ノーコンテスト)[挑戦者]Gamma
☆無効試合のため王座の防衛は認められず


Gamma「まてまて! 最後の完全に、3カウント入ってたでしょ!?(Gammaコール)オイ、勝ってたよ、オイ! なんだよ、くそ! オレの勝ちじゃねえかよ! 違うのかよ! レフェリー! このやろう。え、なに? ノーコンテスト!? くそー! なんだよ! くそ…くそぉー!、でも、でも、お客さん、(大の字の鷹木を指して)いまのこのチャンピオンの鷹木とオレ、見たらどっちが勝ったかわかるよね!?(Gammaコール)ありがとう! おし! まあ、最初に両者リングアウト、で次、ノーコンテスト、引き分けか。悔しいけど、どっちが勝ったか、これ見たら一目瞭然でしょ! まあでも、そこはね、レフェリーの判断は絶対ですからね。ボクは、なんとも言えないけど、でも、試合前にオレは何回も言った。オレが試合前にリングの上で何回も鷹木に言ってた、鷹木信悟と刺し違えてでも必ずベルトを取る、ボクこれ言ってましたよね? ベルトは取れませんでしたけど、鷹木信悟に一泡吹かせて、恥をかかせることができたのは、満足してます! ありがとう! 今日見に来てくれたお客さんのおかげです! くそ。まあでも…」


Kotoka「おいガンマぁ~、ガンマぁ~! 寝言は寝てから言え。なぁにが刺し違えるだ。だいたいな、だいたい…」


(そこでGammaが竹刀で一撃。)
Gamma「オマエ、なんちゅう間で入ってくるんだ。このしみったれたアマチュアレスラーが! オレの話の途中だからな。最後まで言わせろ。下がれ下がれ、エプロンまで下がれコラ(と竹刀で威嚇して下がらせる)。じゃあ、さっきの続きです。くそー。まあ、鷹木信悟に恥をかかすことができました! ドリームゲートのベルトはでも取れませんでしたので、ドリームゲートのベルトは…(CIMAがリングに入る。CIMAコール。)CIMA! CIMAぁ! CIMA、CIMA、CIMA、CIMA! 任せたぞぉ!(CIMAコール)」


CIMA「(鷹木に)おい、無能なチャンピオン、これがDRAGON GATEや。今日はGamma…さん、今日はあえて言わせてもらおう。Gammaちゃんやない、Gammaさんの意地をしっかり見せてもらった。次は、オレが続こうやないか。おい信吾、次の挑戦者はオレや。CIMAで、CIMAで、CIMAで鷹木時代、強制終了や」


鷹木「おい、オマエらやりたい放題やりやがってこの野郎! ドリームゲートのタイトルマッチをなんだと思ってるんだ! Gammaの次は、CIMAか。オマエら、なんの権限で決めてんだコラ。一番の会社の権限を持ってるのはドリームゲート王者のこのオレだぞ」


CIMA「はっきりさせとこうやないか。オマエらの邪魔がなければオマエはリングアウトで1回負けて、スカイツイスターで2回も負けてるんや。2回も負けて地に落ちたドリームゲートチャンピオンに、断る権利なかあるか。次のチャレンジャーはCIMAや。鷹木信悟、オマエの答え、アンサーは、イエスか、ハイか、はたまた、お願いしますしかないんじゃコラ」


鷹木「ナメくさりやがってこの野郎! 頭きたぞ。今日はホント最悪だ、この野郎! いいよ、こんな恥はな、全部てめえらのせいだ。このフラストレーションは全部、CIMA、てめえにぶつけてやろうじゃねえか! ドリームの防衛戦、いつでもやってやるぞこの野郎!」


CIMA「次のチャレンジャー、オレに決まりや。年内にビッグマッチで最後、鷹木信悟の時代、終わらせたるからな。DRAGON GATEのヒストリーすべてを懸けて、オレがもう一回、DRAGON GATEやりなおしたるわ。振り出しに戻すぞ。いいか、バッドエンドは、オレが終わらす」


土井「おいおいおいおいおいおい、オマエらな、こんなんで勝ったと思うなよ! オレがその気になれば、オマエらオーバージェネレーションなんか一瞬にして終わらせたるからな! 楽しみにしとけよ」


(そこへパンチが土井にPTキックを叩き込む。)
Gamma「おい! パンチくん、グッドタイミング! ごちゃごちゃごちゃごちゃ、くだらんことしゃべってんちゃんぞ! さんざんパンチをバカにしやがってよ。土井、そしてちょうどいい、YAMATO、この2人、オマエらツインゲートのベルトもってたよな? なんだったらよ、このGammaさまとパンチくん、ガンマPTで挑戦してやってもいいんだぞ!」


土井「まてまて! オマエどんだけずうずうしいねん! いまドリームゲートの挑戦終わったばっかりで、次ツインに挑戦だと」


Gamma「オレは昔からそういうヤツだ」
土井「オマエ、たいがい性格悪いな。でもな、オレもYAMATOもここまで挑発されたら逃げるわけにはいかんからな。Gamma、パンチ、オマエらの挑戦、チャンピオンとして受けたるわ!」


Gamma「おぉ、決まった決まった決まった! 土井、YAMATO、土井、YAMATO」


土井「何回言うねん!」


Gamma「オレたちはな、オマエらと刺し違えてでも、必ずベルトを取るからな! 蹴り殺すぞコラ(と土井とYAMATOにツバ)」


Gamma「よしよし、ドリームゲートもツインゲートも決まって、(引き揚げようとする土井に)土井、まだ帰るな。まてまてまて。オマエにはまだ用があるんだ。忘れてないか? 12月はもう一回後楽園ホールがあるんだよ。今年最後の後楽園大会、12月16日の対戦カードを決めるのに、土井、アレもってこい、アレ。アレアレアレ。早く持って来い」


(ダーツコール。Gammaは「パジェロ」コール。)
土井「待て待て。アレってなんや? オレにはさっぱりわからんな~。(ブーイング)土井ダーツか? オマエら土井ダーツが見たいんか? 土井ダーツを今日見に来たんか? 土井ダーツに期待してんのかオイ? 言っとくぞ。オレは今日、土井ダーツをやるって一言も言ってへんからな! 今日は、土井ダーツは、なしや!(ブーイング)去年やって、おととしやったからって、今日やるとは限らんぞオマエコラ。なに期待しとんねん。16日のホールやろ。そんなもんな、会社が適当に組んだらええやろ」


(そこでテーマ曲が流れ、モンスターエクスプレスが登場。戸澤はバッグを持ってリングに入る)
戸澤「土井コラ! ダーツ用意しないってどういうことや!? オマエもう12月やぞ! 12月なのにダーツ用意してないの!? ドラゲーを見に来てるお客さんはな、12月に入ったらクリスマスとかじゃないねん、12月に入ったら土井ダーツやねん!」


土井「期待してるとこ悪いけど、今年はなしやぁ!」


戸澤「オイ、オマエな、職務怠慢やぞ」


土井「なに偉そうに言うてんねん! オマエが偉そうに言うなよ!」


戸澤「まあ、まあまあ土井、安心してくれ。オレはな、12月16日の対戦カードを決めるために、しっかり準備をしてあるんや。後楽園の皆さん、今から12月16日、5対5の対戦カード、決めようじゃないですか!」


土井「職務怠慢とか偉そうなこと言うてんちゃうぞ! なんやこのすっからかんのカバン持ってきて、なんも入ってへんやろ、こんなもん。5対5のスペシャル10人タッグ決めるいうのに、どうやって決めんねん!」


戸澤「どうやって決める? いい質問だ、うん。実にいい質問だ、うん。まあじつはね、試合前にみんなより一足先に会場入りして、準備をしておいた。下準備をしておいた。過去にオマエの土井ダーツ、吉野さんの吉野くじ、CIMAのCIMAロワイヤル、八木さんの八木版サバイバル、いろいろあったけどな、今回対戦カードを決める方法、名付けて、戸澤陽の宝探し。ミュージックスタート」


(インディー・ジョーンズのテーマが流れる中、戸澤がバッグからインディー・ジョーンズ風の帽子を取り出してかぶる。)
土井「ストップストップ! 全然意味わからんオマエ。なんのアトラクションしに来たんや。テレビゲームちゃうぞ。宝物なんかどこあんねん?」


戸澤「やかましい! しゃべるなコラ! まあええわ。オレと土井が2人で口論しててもしゃあない。対戦カードを決めなアカンねん。DRAGON GATE所属の全選手、このリングに集まれ!(選手たちがリングサイドに集合)早くしなさい。早くしなさい。よし、全員集まった。今から戸澤陽の宝探しのルールを説明します! まず、チビッ子10人、このリングに集まってもらいます。そしてあらかじめこのターンバックル、計12個の中にボクは封筒を貼りつけてます。そして赤コーナー、青コーナー、交互にチビッ子にターンバックルを開けてもらって、封筒を引きはがしてもらう。その封筒の中に選手の名前、全選手の入ってるからな、その紙、該当する選手は次の後楽園の戸澤陽の宝探しスペシャル10人タッグマッチに出る権利を得ることができる。みなさんどうですか。(拍手)この封筒は、まさに宝。その宝が入っているターンバックルは、まさに宝箱。宝箱をチビッ子たちがあける、これはまさに宝探し。そしてそして、年
間最後の後楽園のメインに出る権利を得ることができる、それはまさにわれわれレスラーにとっても宝探しなんではないでしょうか。皆さんいかがですか!?(拍手)そして最後に一番大事なこと言っときまう。戸澤陽の宝探しに、拒否権はありません! それではさっそく始めたいと思いますので、宝探しをしたいチビッ子、手を上げてください!(チビッ子10人がリングへ。バタつく進行にリングサイドからYAMATOがチャチャを入れる)うるせえ、だまってろ! オレも初めてやるんだから!(チビッ子が一人ずつターンバックルを選び、開ける。1つのバックルの中に3つの封筒があり、そのうちの一つをチビッ子が選び選手が決定していく。選ばれた選手はクリスマスカードにサインしてチビッ子にプレゼント。赤コーナーの最初の選手は新井健一郎、青コーナーの最初の選手はジミー・神田、赤コーナーの2人目は谷嵜なおき。谷嵜もリングに四つん這いになってカードにサインしてチビッ子にあげる。青コーナーの2人目は土井成樹。土井は「DRAGON GATEイチの宝物やろ!」と叫ぶ。赤コーナー3人目は戸澤陽、青コーナー3人目はエル・リンダマン、赤コーナーの4人目はしゃちほこBOY、青コーナーの4人目はメタルウォリアー、赤コーナー5人目は吉野正人で、モンスターエクスプレスは3人目。青コーナーの最後の一人はスペル・シーサー。会場がどよめく。)」


土井「なしなしなしなし!(笑)。やり直しやろオマエコラ! ちょっと待てオマエ! 戸澤陽の宝探し、大失敗やろ! 何ちゅうメンバーにしてくれてんねんコラ!」


戸澤「オマエそんなこと言うな! 菊池さん、対戦カード発表してください。(次回後楽園のメインイベントとして、ジミー神田&土井成樹&エル・リンダマン&メタルウォリアー&スペル・シーサーVS新井健一郎&谷嵜なおき&戸澤陽&しゃちほこBOY&吉野正人がアナウンスされる。)素晴らしいカードやないかオイ。これで、12月16日、後楽園大会のメインイベントが決定しました!」


(出場選手が記念撮影。なかなか入ろうとしない谷嵜に戸澤が「はよ入れよ! 拒否権ないからな」。撮影が始まると戸澤は「笑えよ。笑えよ。土井笑えよオマエ! オマエも笑え、谷嵜も」と笑顔を強要。)


戸澤「これで次回後楽園大会のメインベントが決定したんですけども、皆さん、ちょっとコーナー見てください。よーく見てください。(バックルが)2つ余ってますね。これ宝箱、開けないわけにいかないでしょ。みなさんどうですか!?(拍手)メインイベントが決定したということで、せっかくなんで、ダークマッチ、あと2人決めちゃいましょうよ。ダークマッチですよ。第0試合。第0試合。第0試合に選ばれた選手は、本戦で試合はできません! また新たにチビッ子2人お願いします」


(チビッ子2人がリングに上がり、宝探し。一人目に選ばれたのはGamma。Gammaはバンザイ。会場はGammaコール。Gammaは鷹木を指差す。鷹木もやる気。信悟コールの中、2人目に選ばれたのはT‐Hawk。会場は「え~」。2人が記念撮影。GammaとT‐Hawkが握手。)
戸澤「よし、これで12月16日後楽園大会、メインイベントとダークマッチ決定しましたけど、皆さん、戸澤陽の宝探し、いかがだったでしょうか?(拍手)お付き合いいただきありがとうございます。はい、選手解散」


土井「オイ、このメンバー見てみろ。オレはな、当日どうなっても責任とらんからな。あとメタルウォリアーって誰やオマエ? それだけ気になるな。宝探し言うても宝物ほとんどおらんやんけ!」


戸澤「おい、それ言い過ぎだろ!」


(土井はヴェルセルクと退場。その他の選手も散っていく。戸澤はオロオロしながらマイク。)
戸澤「お疲れ様でした!(リングサイドのGammaに)いやGammaさん、お疲れ様でした。リング来てくださいよ(笑)。(Gammaコール)2人で話しましょ」


Gamma「戸澤君、お疲れ様でした。素晴らしい12月16日のメインイベントが決まって、ダークマッチも決まりました。皆さん、12月16日は、6時20分には、師走で忙しいとは思いますけど」


戸澤「6時半になったらもう終わってますので」


Gamma「残業はほどほどにして、6時20分には…急に病気になってもいいと思いますので、早引けをしてください。よろしくお願いします。その中でダークマッチやりたいと思いますので」


戸澤「それにしてもGammaさん、タイトルマッチ挑む姿、ボクは陰ながら見てましたよ」


Gamma「星飛雄馬のお姉さんのような?」


戸澤「わからへん。世代が違います。男Gammaを見たような気がします」


Gamma「ありがとうございます。皆さん、今日は応援どうもありがとうございます。ドリームゲート取れなかったでうけど、なんとかチャンピオンの鷹木に恥ずかしい思いをさせられたかなと思いますし、来年でボク、DRAGON GATEに上がって10年たちます。で来年はボクもデビューして20年たちますんで。10年前のDRAGON GATE上がった頃はね、この後楽園ホール上がるたびに、ファンの方から物が飛び、罵声が飛び、暴動が起きるんじゃないかという、ドキドキしながら、後ろから殴られて、お客さんを殴ってしまったりして、いろいろありましたけど、今日ホントにこれだけ応援していただいて、ホントにうれしいです。ありがとうございます! 今日、8年ぶりにドリームゲート挑戦して、次の後楽園はダークマッチ、まあ、これもDRAGON GATEですかね。次のドリームゲート挑戦いつになるかわからないですけど、8年後だとボク50歳なんで、引退してると思うんで、なんとかもうちょっと早めに、もう一回、ここ後楽園で挑戦したいと思います! そのときはみんなの力が必要ですので、みなさん、またこの世界のローカル三流レスラー、Gammaを応援して下さい! そろそろ締めていいですか? 次回、12月16日後楽園ホールも、お待ちしております! 今日もありがとうございました!」


【鷹木、YAMATO、Kotokaの話】
鷹木「今日は最悪だよ、最悪。ひとつ最悪な日だけど、最高なことがあった。オレは2度負けたと思ったら、ヴェルセルクの仲間のおかげで、こうして試合後ドリームのベルトがここにあるんだ。このベルトさえ守れば何もオレはキズついていない。ただし今日の借りはでかいぞ。CIMA、Gamma、オーバージェネレーション、アイツらすぐにでも潰してやる。覚えておけよ」


YAMATO「パンチ富永、オレたちを誰だと思ってる? オレたちは史上最強のツインゲートチャンピオン。このベルトの価値を雲の上まで押し上げた。このツインの名前を軽々しく口にした。貴様をこのオレたちが八つ裂きにしてやる。覚悟しておけ」


Kotoka「そうだ、そうだ、そうだ、そうだ…おい、Eita、オマエにはこのブレイブゲートはまだ早いんだよ。12月27日の福岡までせいぜい練習しておくんだな。挑戦者に相応しいように精一杯努力するんだな。だがしかし、このオレがEita、オマエを地獄に叩き落としてやるからな。覚悟しておけよ。ヴェェェェ!」


【Gammaの話】「この1カ月間、タイトルマッチが決まってからやることはやって、走り込んで、自転車も何100キロも乗って体重を減らして、追い込んで追い込んで自分を追い込みましたけど、まあボク的には2回勝ってるんじゃないかなと思うんですけど、これは結果論でね、アイツに恥をかかせることはできたと思いますんで、次はドリームゲートタイトルマッチはCIMAに託しました。オレはパンチと組んで、土井&YAMATO、ツインゲート狙いますよ。土井とYAMATO、アイツらと刺し違えてでも必ずあのベルトを取りますよ。オレはそういう男ですからね。わかったか、土井&YAMATO、蹴り殺すぞ、コラッ!! うぅ~。鷹木、オマエも必ずオレがベルトを取るからな。その前に12月27日、CIMAがやってくれるでしょう。それも楽しみにしてます。以上です」


 フジイ、望月と次々とベテラン勢を粉砕するドリーム王者の鷹木は後楽園大会でGammaの挑戦を受け、Gammaはロープワークや顔面への唾などで鷹木に揺さぶりをかけるも、場外戦に持ち込んだ鷹木はテーブル貫通パワーボムからGammaの口に水を含ませてからのチョップで噴射させ、リングに戻ってからは持ち前のパワーを駆使して試合の主導権を握る。
 鷹木はグーパンチをGammaに浴びせつつ、倒れるGammaの股間にニーを落とすと、Gammaも急所蹴りで反撃して、鷹木とVerserKの同士討ちを誘発してから汚水攻撃、ブレーンバスターからアックスボンバーと猛反撃する。
 Gammaはガンマスペシャルで勝負に出るが、奥の手のスカイツイスタープレスは鷹木が阻止してバンピングボンバーでコーナーから叩き落すと、ポップアップ式パワーボムからMIDE IN JAPANを狙いは、阻止したGammaはアックスボンバーで場外に鷹木を落としてからラ・ケブラータを発射、しかし鷹木もイス攻撃で逆襲して客席で雪崩れ込むが、Gammaもイス攻撃で逆襲してからイス盛りの上へのガンマスペシャルを敢行、そしてGammaがリングに戻ろうとするが、セコンドのサイバーが阻止しためリングに戻れず両者リングアウトとなってしまう。
 まさかの両リン決着に館内はブーイングが起こり、鷹木は防衛として引き揚げようとするが、八木隆行本部長が強権を発動し延長戦として試合を再開する。
 試合再開のゴングが鳴り、鷹木は速攻勝負を狙ってデスバレーボムからバンピングボンバーを連発しMIDE IN JAPANを決めるも、唾攻撃で反撃したGammaは丸め込み技を連発、鷹木はMIDE IN JAPANからイス盛りを作り雪崩式パワーボムを狙うが、Gammaは雪崩式フランケンシュタイナーで切り返してイス盛りに叩きつける。
 しかし鷹木のバンピングボンバーが中川レフェリーに直撃してしまうと、無法地帯となったところで双方のセコンドが雪崩れ込んで大混乱になる、そしてKotokaのパウダー攻撃が鷹木に誤爆し、Gammaはスカイツイスタープレスを投下してサブとして入った八木レフェリーがカウントをたたくも、今度は谷嵜がボックスで八木レフェリーを一撃してKO、再び双方のセコンドが雪崩れ込んで大乱闘となり、蘇生した中川レフェリーが収拾不可能と判断して無効試合となり、Gammaの3カウントは幻となるも、館内のブーイングもまばら、正直言ってファンは納得したのか諦めたかのような感じだった。


 それでGammaも納得したのか、現時点での再戦は行使せずCIMAに挑戦権を譲り渡し、27日の福岡大会での選手権が決定し、『戸澤の宝探し』で16日後楽園大会のカードが決められるなど無事に大会は終了したが、鷹木vsGammaの決着に関してはファンが納得したのかどうかわからない、ただ自分の意見とすれば27日の福岡大会までには日時があることから、無効試合となれば一旦王座はコミッションが預かり、16日の後楽園など他の大会で改めて決着戦を行うのが筋、今回は団体側の都合で決着を先送りにされたような感じがしてならない。


 ファンが納得済みなら全て良しなのだろうが、鷹木vsGammaはいずれ決着をつけて欲しい。

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ