伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
25
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

しゃちがススムから大金星でツインゲート王座を死守!亀裂深まるマッドブランキー…

4月9日 DRAGON GATE「THE GATE OF PASSION2015」東京・後楽園ホール 1850人 超満員札止め

<アピール、コメントなどは週プロモバイルより>
◇第0試合◇
▼10分1本
新井健一郎(7分1秒 体固め)×U-T
※雪崩式ブレーンバスター

◇第1試合◇
▼20分1本
Kotoka ヨースケ・サンタマリア ○フラミータ(10分44秒 片エビ固め )K-ness 問題龍 ×パ
ンチ富永
※フラムフライ

◇第2試合◇
▼2カウント&3エスケープマッチ 20分1本
○スペル・シーサー(5分56秒 エビ固め)×エル・リンダマン

◇第3試合◇
▼30分1本
望月成晃 ○ドラゴン・キッド(10分55秒 バイブル)サイバー・コング ×Gamma

◇第4試合◇
▼30分1本
B×Bハルク ○Kzy(13分8秒 スカイデ・スクールボーイ)×鷹木信悟 戸澤陽

(試合後、大の字のKzyはハルクと抱き合って喜ぶ。).

Kzy「後楽園! 今勝ったの誰だ! 満場一致で俺の勝ちだ鷹木信悟!(Kzyコール)おい、ジャイアン、今日は伸びたの勝ちだ! 金網はよ、てめえみたいによ、余裕をぶっかましてると、おんなじ目に合わせてやるからよ!」

鷹木「おい、このクソ野郎。まあな、誰がどう見てもまぐれでも、勝ってよかったなKzy。まあ今日は俺の負けかもしれない。でも勘違いするなよ。金網戦では今日のように丸め込んで勝っても、ペアの指定選手を助けるだけだ。いいか、俺は今日みたいに負けても試合は続行。なにが言いたいかわかるよな。俺を完全にノックアウトしない限り、オマエは絶対、何がなんでも金網から出さねえからな」

戸澤「その通り、その通りですよ! 鷹木さんの言うとおりですよ! 俺も指定選手の一人に入ってるんや! ひとごとじゃないぞこの話は! どうにか鷹木さんとペアにならなアカン。こればっかりは抽選やから誰の指定選手になるかわからんけど、いやでも俺は、鷹木さんとペアじゃないと不安で仕方ありませんよ」

鷹木「まあそれは6分の1だ。もちろん俺のペアはお前がベストだからな。まあ仮に俺以外の指定選手になっても、できるだけ配慮はするからよ」

戸澤「全力を尽くしてくれ! 全力を尽くしてくれ!」
Kzy「おい、ジャイアン、スネ夫に会話はバックステージでやってくれよ。焦ってんのか戸澤陽、B×Bハルクも指定選手だ。あんな堂々としてるじゃねえか。お前ちっちぇえな」

戸澤「違う、ただこいつはルールがわかってないだけだ」

Kzy「わかってるに決まってるだろうが。上等だよ、鷹木信悟。一本取ってそのあと旗取ればいいんだろうが。旗も取ってよ、俺が金網の上からてめえを見下ろしてやるよ。後楽園! ここは東京だけどよ、愛知県の金網、楽しみにしてくれよ」

【ハルク、Kzyの話】
Kzy「今日はよ、のび太の俺が勝ったぞオラ。鷹木、てめえもよ、上から目線ばっかしてっからよ、こういうことになるんだ、気をつけとけよ! 金網でもよ、俺が上からオマエ見下してやるよ、覚えとけ!」

ハルク「Kzyの言うとおりだ。これだけ言っとくぞ。俺はな、しっかりルールわかってるからな!」
◇第5試合◇
▼30分1本
○T-Hawk(12分47秒 エビ固め)×ビッグR清水
※ナイトライド

◇第6試合◇
▼45分1本
◯堀口元気H.A.Gee.Mee!! 齋藤“ジミー”了 ジミー・神田 Mr.キューキュー“谷嵜な
おき”豊中ドルフィン(15分32秒 バックスライド・フロム・ヘブン)×土井成樹 YAMATO CIMA ドン・フジイ

(試合前)
斎了「はい、後楽園中学校の皆さん、こんばんは! 元気がいいねえ。はい、タツキ(フジイ)! タツキに一つ話があります先生。タツキの友達の、マサト(YAMATO)! マサトに先生は2回ほど髪を切られ、5月5日の愛知県、金網に入ることになりましたぁ。でもすべてはタツキを更生させるため。先生が坊主になったら先生じゃない! 先生、髪を守るためにも一生懸命、金網上りますから、しっかり先生の姿、見ときなさいよ! ノブヒコ(CIMA)! 下がりなさいノブヒコ! 先生が話してる途中でしょうが! 土井も下がる、はい。ノブヒコ!」

土井「待て待て待て!」

斎了「下がりなさいノブヒコ!」

土井「待て待て待て!」

斎了「ノブヒコ!」

土井「先生! 先生!」

斎了「はい、土井も下がる。ノブヒコ、下がりなさい! マサトも下がりなさい。土井も下がって」

土井「おかしないか!? いままでさんざん名前で呼んできて、なんで俺だけ俺だけ名字やねん!」

斎了「先生の話をちゃんと聞きなさい。下がってなさい。はい、今日はタツキを更生させるために、ここにヤスシ(神田)とナオキ(谷嵜)とヒロマサ(堀口)が来てくれました。今日はこの全校生徒の前で、この4人で、ノブヒコ、マサト、タツキ、土井をね…」

土井「おかしいおかしいおかしい!」

斎了「なんですかぁ!」

土井「2回目! なんで俺だけ名字やねん。俺の名前知ってるやろ?」

斎了「知ってます! 先生は知ってます、それぐらい」

土井「ラストチャンスやぞ。もう一回やり直し」

斎了「わかりました。ヤスシ、ナオキ、ヒロマサ、マサト、ノブヒコ、タツキ、そして土井!」

土井「言うと思ったわ! 絶対言うと思ったわもう…」

斎了「黙っときなさい。タツキ! オマエにお前に何をされようが先生はあきらめません。タツキを更生させるまで先生はあきらめません。タツキも悩みがあったら、いつでも先生の胸に、飛び込んできなさい! はいゴングぅ!」

(試合後)
土井「待て待てCIMA! なに『やってしまった』みたいな顔してんねん。おかしやろ! 今の、明らかにわざとやろ! オマエしかおらんやろ! なにしてくれてんねん! お前やオマエ! オマエしかおらんやろ! 5月5日、愛知県体育館、金網マッチ、オマエは金網の中に入る。俺はその金網の指定選手や。まだ抽選やってへんから誰の指定選手になるわからんけどな、オマエの指定選手にならんかった場合は一切協力せえへんからな! それから来月の後楽園ホールでキング・オブ・ゲート1回戦でオマエとシングルマッチやるやろ。こんな状態が続いてたら、このままうまくいくとは思わんからな。よう考えとけよオマエ」

CIMA「おい、土井、大丈夫か?」

土井「大丈夫かちゃうやろオマエ!」

CIMA「どうしたんや?」

土井「どうしたんやちゃんわ!」

CIMA「ホンマに俺か?」

土井「あんたしかおらんやろ!」

CIMA「証拠あんのか、オマエコラ?」

土井「右手右手! 右手真っ白!」

CIMA「俺は一回な、堀口がよけだして止めたぞ。俺は止めたぞ。そっから先は俺はしらん」
土井「なんでやねん!」

CIMA「気ぃついたら白なっとたんやないか。まあでもな、あとでVTR見返しとくわ。そやけどな、これだけは言うとくぞ。粉、オマエかぶったな? 負けたな? 投げたやつも悪いかもわからんけどな、粉投げられたやつにもそれなりの責任あるんちゃうか!」

土井「なんや責任ってオマエコラ!」

CIMA「責任取れ!」

土井「なんでやねん!」

CIMA「責任取れオマエ!」

YAMATO「待て待て待て。おい、CIMA、土井ちゃん、2人とも金網前にこれ以上もめないでくれよ。来月の後楽園、キング・オブ・ゲート1回戦でぶつかるんだろ。そのとき白黒はっきるつければいいじゃねえか。そんなことより、キング・オブ・ゲートと言えば、おいT‐Hawk! どっかで聞いてんだろ、出てこいよ。(なかなか出てこない)出てこいよ!(T‐Hawkが出て来る)若造がもったいつけやがってオマエこの野郎。T‐Hawk、どうやら来月の後楽園でキング・オブ・ゲート1回戦、この俺の相手がオマエに決まったみたいだな。T‐Hawk、お前も大変だな。ミレニアルズ世代以外は全員敵だなんて言っておきながら、実際はチビどものお守りか。ご苦労なこったな。T‐Hawk、ミレニアルズイコールオマエだ。お前のクビを取れば、ミレニアルズは自動的にフィニッシュ。そしてオマエは5月5日、愛知県体育館の金網にエントリーしてることを忘れるなよ。来月の後楽園ホール、こいつは髪の毛を失い、俺の足元にひれ伏し、一番みっともない形でミレニアルズはフィニッシュするかもな。T‐Hawk、そして後楽園、この俺、YAMATOを見くびってもらっては困るぞ」

T‐Hawk「おいYAMATO、確かにオマエの言ってること、それはもしかしたら図星かもわからん。でもな、でもな、俺もミレニアルズを背負ってるんだ。背負ってるものの強さ、オマエに見せてやる。勝つのはこの俺、T‐Hawkだ」

◇第7試合◇
▼オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権 60分1本
[第35代王者]吉野正人 ◯しゃちほこBOY(27分47秒 レッドエイティーン)[挑戦者]×ジミー・ススム ジミー・カゲトラ
※第35代王者組が初防衛に成功。

(試合後、倒れたままのしゃちに吉野が抱き着く。認定書が読み上げられる。しゃちがシャチコールの中立ち上がり受け取る。しゃちが倒れる。支えられてベルトを受け取る。鷹木がしゃちを肩車。)

しゃち「後楽園にお越しの皆さん、勝ちましたー!(しゃちコール)何度もあきらめそうになったんですけど、そこはモンスターのメンバー、そして皆さんがいたから勝ことができました、ありがとうございます。そしていつも僕をバックアップしてくれるアミーゴ、ありがとー!(吉野に握手し頭を下げる)ススムさん、カゲさん、ホントに熱い試合、ありがとうございした!(頭を下げて右手を出す。握手はススムが思い切り弾き返して拒否。ジミーズが退場)ススムぅ! カゲトラぁ! 負けるのは悔しいだろぉ! 今日は言わせてください。俺は今までさんざん負け続けて、正直、負けることに悔しさも感じなくなるときがありました。でも、アミーゴとタッグを組むことによって、勝ちにこだわる試合、勝ちにこだわる意味を持つことができました! だから! いままでさんざん俺をボコボコにしてきたやつらを、これから仕返ししてやろうと思います!」
(鷹木と戸澤が後ずさり。)

吉野「いいやないか。俺はしゃちの意見に賛同や。俺は、こんな気を強く持ったしゃちになるのをずっと待ってたんや。しゃち、どんなチーム、どんなタッグ、どんなチームの挑戦でも俺たちは受けようやないか!」

しゃち「アミーゴ、挑戦表明なんか待っていられねえんだよぉ! これから俺が動いて、近日中に挑戦者を逆指名してやるよ!」

吉野「おいしゃち、オマエどんだけノリノリやねん。お前がそこまで言うんやったら、逆指名でもなんでもして挑戦者決めたったらええやないか。どんどん行けよ」

しゃち「俺はいくぞー!」

吉野「アミーゴ、ツインゲートの件は近日中にアミーゴが逆指名するとして、まあね、このあと5月5日、愛知県体育館では金網戦ありますよ。信悟は金網の中入るし、戸澤は指定選手になった。まあまだ誰の指定選手になるかは今週の神戸サンボーホールで抽選があるのでそこまでわからないすけど、金網もありますし、今日はツインゲートのタイトルマッチでしたけど、来月の後楽園からはキング・オブ・ゲートも始まる。そこの1回戦、戸澤陽対鷹木信悟やないか」

鷹木「いろいろありすぎてね。指定選手とか金網もあるのに、キング・オブ・ゲートで当たるし」
戸澤「やばいよ」

鷹木「やばい?」

吉野「どんどん足引っ張り合ったらええんちゃうか?」

戸澤「もめさせてどないするんですか! ここめっちゃ仲いいっすからね…ホンマか? 仲ええか?」

鷹木「仲いいですよねえ。建前上は」

戸澤「やめろや!」

鷹木「バカヤロー、闘いはもう始まってんだよ。まあいろいろありますけど、俺も金網の中入るし」

戸澤「キング・オブ・ゲートの前に俺の髪の毛がなくなってしまったら、そんなの嫌やし」

鷹木「まあ俺も金網から出ること最優先だけど、戸澤の髪の毛を守らなきゃけない。その抽選は11日の神戸で決まるんでね。5月5日、5月8日後楽園もあるし、5月10日には地元凱旋山梨大会があるし」

吉野「オマエ、それが言いたかっただけやろ?」

鷹木「言わしてよぉ。まあいろいろありますけど、こんな熱い試合見たら、俺らもね、来月の後楽園、バッチンバッチンやろうやないの」

戸澤「この試合、超えてやりましょうよ」

吉野「いいじゃないですか。まあね、でも今日はメインイベント、勝ったのはしゃちほこBOYですから。しゃちにバシッと締めてもらおうじゃないですか!」

しゃち「(しゃちコール)ありがとうございました。来月はキング・オブ・ゲートも開催されます! 僕らDRAGON GATE、もっともっと熱い試合をして、もっともっと盛り上げますので、これからも応援よろしくお願いします! 今日はありがとうございました!」

【吉野、しゃちの話】
吉野「メチャクチャきつかったね。もう何回も、しゃちが取られるんじゃないかって思うくらい追い込まれたけど、ベルトを取ってからもそうですし、今回の初めてベルトを取る前の挑戦が決まった時からしゃちの打たれ強さというか粘り強さがついたんじゃないかと思いますね。最後、もうアカンと思いましたよ、何回か。でもそれでも自力で跳ね返してくれたんで。しゃちが試合後あれだけ強気な発言をしたっていうのも今まで聞いたことないんで。ねえ、アミーゴ」


しゃち「今日正直、何回かやられそうだったんですけど、そのたびにアミーゴが助けてくれたり、声援があってなんとか勝つことができました。僕はいままでやられ放題で、負けることに悔しさっていうのを感じてないときもありました。でもアミーゴとタッグを組むことで、勝利に対する執着というか、勝ちに対する姿勢、本当の意味がわかってきました。これからもやられた分は僕がこれから、今までやられてきた分をこれからツインゲートチャンピオンとしてやり返していきたいと思います」


吉野「アミーゴが逆指名するって言ってたんでね。やっぱりこんなにノリノリのアミーゴっていうのはいままでなかったと思うんで、逆指名するなら逆指名するで近日中で、あれオレの言葉やけど、近日中に言ったってくれよ」


しゃち「近日中に必ず逆指名します。誰が相手でも怖くない。アミーゴがいれば誰が相手でも怖くない。やってやりますよ」


吉野「5月5日は金網もあるし、その先にはKOGも発表されて、モンスターも4人エントリーされてるんで、次はシングルの闘いでキッチリ結果を残したいと思います」


【ススム、カゲトラの話】
ススム「カゲ、ごめんな。リング上で何を言ってるかあんまり聞き取れなかったけど、いい試合ができてありがとうございました? オレら、ジミーズ、これだけ長い間やって今、結果を出しに行ってんだよ。トライアングル取った。今日はツインまで一気に行って2冠になるつもりだった」


カゲ「ただ熱い試合すればいいんじゃねぇんだよ。しゃちほこ、何がありがとうございますだ。オレたちは勝ちに行ったんだよ」


ススム「終わった後、どっちがリング上に立ってた? オレらだろ。まだ終わってねぇ。今日3つ取られたのはアイツが少し成長したところ。次、トライアングルもある。和歌山で取られないようにしよう。トライアングルを防衛して次、機会あったらいこう」


カゲ「オレとススムさんはこれじゃ終わってねぇからな。次のチャンスを必ずものにしてやる

 
   5月5日愛知県体育館大会で行われる金網6WAY戦「T-HawkvsCIMAvs鷹木信悟vsKzyvsYAMATOvs斎藤“ジミー"了」は”マスカラ・コントラ・カベジェラ金網サバイバル・ダブルリスク6WAYマッチ”として行うことに決定、昨年は金網に最後に残った選手の代理人がマスク剥ぎか丸坊主になるというルールだったが、今年は負け残った金網戦エントリー当該選手と、それに付随する指定選手がマスク剥ぎもしくは髪切りの可能性があるダブルリスク制となった。なお当該選手と指定選手の組み合わせは4・11神戸大会での公開抽選で決められる。

  また5月8日から開幕する「KING OF GATE」の組み合わせも発表され、CIMAvs土井、鷹木vs戸澤のユニット内対決とYAMATOvsT-Hawkが組まれた。

  鷹木と戸澤は第4試合でハルク、Kzy組と対戦、Kzyに対して「ディアハーツのお荷物」と言い放つ鷹木だったがバンピングボンバーを狙った際にKzyがスカイ・デ・スクールボーイで丸め込み逆転3カウントを奪う。

  セミではジミーズがマッドブランキーと8人タッグで対戦、金八先生と化した斎了が説教するなか試合開始となるが、険悪な関係となりつつあるCIMAと土井が誤爆を連発、最後もCIMAのパウダー攻撃が土井に誤爆した隙に堀口に髪が宿りバックスライド・フロム・ヘブンで土井から3カウント、試合後はCIMAと土井が口論となり、YAMATOが仲裁するも、第3試合では冨永の一斗缶攻撃がGammaに誤爆し敗れた際にGammaが冨永を非難するなど、大勢力になったマッドブランキーだがまとまりを欠きつつある。

  メインは吉野としゃちの保持するツイン王座にススム、カゲトラのリアル・ジミーズが挑戦。
序盤は王者組がススムを捕らえ右腕攻めを展開するが、挑戦者組はしゃちを捕らえ足攻めを展開して形勢を逆転させる。
  王者組は吉野に代わるとスピードを生かした攻撃を展開すれば、しゃちも吉野の援護を受けて、その場飛びムーサルトなど空中技を展開、吉野としゃちはカゲトラに合体攻撃を決めるが、吉野のライトニングスパイラルはカゲトラが切り返し、ハイキックから垂直落下式ブレーンバスターを決め、ススムもジャンボの勝ちから雪崩式エクスプロイダー、ジャンボの勝ちと続く。
  ススムは再度ジャンボの勝ちを決めるが、吉野もトルベジーノで応戦しソル・ナシエンテで捕獲、しかし交代したしゃちが捕まり挑戦者組は猛ラッシュをかける。
  勝負と見たススムはしゃちにジャンボの勝ちを連発し、なお粘るしゃちに夢限を狙うが、しゃちはレッドエイティーンで切り返して逆転3カウント、しゃちがススムから大金星を奪った。

  5月は金網戦にKING OF GATEと控えるが、結果次第ではユニットの今後も左右する、特に危ないのはまとまりを欠くマッドブランキーだが…

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ