伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

vsピーター・アーツ戦消滅・・・一人バカを見た暴走王

デイリースポーツより

  「INOKI BOM‐BA‐YE2013」(12月31日、両国国技館)

 アーツのGLORY13出場が決定し、浮上していた大みそかでの小川直也戦が消滅したことが31日、分かった。

 01年に続いて大みそか対決が流れたが、IGFはプロレス継続を示唆したアーツに今後もオファー予定で、来年にも実現する可能性がある。


 サイモン・ケリー猪木取締役は「2人の対戦の価値が高まったと思えばいい。小川さんもやりたがってると思う」と話した。小川の相手は再考される。


  
IGF大晦日大会で対戦が浮上していた暴走王(小川直也)vsピーター・アーツ戦が消滅したことが明らかになった。

 10月26日のIGF・TDCホール大会で暴走王はアーツに対戦をアピール、アーツも返答したことで対戦が浮上していたが、正式決定には至っていなかった。暴走王にしてみれば“あの返答はなんだったんだ”だろうし、バカにされた気分だと思う。

 しかしIGFのサイモン氏は怒りもせず消極的な態度を取っていたことを見ると、最初から実現しないとわかっていたのか・・・、藤田と暴走王は二枚看板だが、暴走王の立場が微妙な感じもする。

 

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。