伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
25
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

さいたまスーパーアリーナから格闘技が消える?大晦日興行の開催の可能性が消えた・・・

(Dropkickジャン斎藤氏ブログより=大晦日さいたまスーパーアリーナで格闘技がない日


大晦日毎年恒例となっていた、さいたまスーパーアリーナ(以下、たまアリ)の格闘技イベントが行なわれないらしい。なぜ「らしい」と書いたかといえば、正式に「やらない」とはアナウンスはされていないからだが、そもそも「やります」とも発表していない。


そのため取り扱いが厄介なのだが、今年そうそうにたまアリ大晦日を予約している、DREAMプロデューサーにして旧PRIDEの重要人物であった加藤浩之氏が沈黙を保ったままなのである。加藤氏のイベント会社は2001年の大晦日から12年間の長きにわたって、大晦日の同会場を使用し続けてきた。


かつて日本に総合格闘技ブームを巻き起こしたPRIDEは、反社会勢力との関与を疑われて、試合中継をしていたフジテレビから契約を解除されたことで消滅の道をたどることになる。その後、加藤氏ら旧PRIDEスタッフたちは、K-1などを運営していたFEG(谷川貞治代表)と協力してDREAMをスタート。しかし、そのFEGもK-1脱税事件の追徴金やアメリカMMAイベントUFCの台頭によるファイトマネーの高騰により経営が悪化。多額の負債を背負い活動停止に陥って、それに伴ないFEGの格闘技コンテンツを中継していたTBSが必然的に放送を取りやめた。


加藤氏はFEGからDREAMの運営制作を発注されていたが、イベント発足当初から制作費は滞っていた。制作費が支払わなければイベントを運営する義務はない。しかし加藤氏はDREAM存続のため、選手のファイトマネーや会場費等を自らが肩代わりした結果、その額は7億円にも及んでしまったという。現在の谷川氏には支払い能力がないことから「夢の代償」は加藤氏がひとり背負うことになっているのだ。


後ろ盾を失なった加藤氏ら旧PRIDEスタッフはそれ以降もなんとか大晦日開催へとこぎつけてきた。一昨年は大手パチンコメーカーをスポンサーに持つアントニオ猪木のIGFと合体して、昨年は欧州ヘッジファンドのGSIがDREAMのオーナーに名乗り上げバックアップ。GSIは大晦日以降のイベント開催も明言していたが、その約束は一度も果たされることなく、DREAMは事実上の活動休止に追い込まれて現在に至っている。なお今年の大晦日は新日本プロレスにプロレスイベント開催案が持ちかけたが、新日本は年明け1月4日に東京ドーム大会を控えていることもあり見送られた。


たまアリの会場使用権は、前年同日の使用者が最優先されると言われている。つまり大晦日の予約権はこの12年間、加藤氏が優先して抑えてきたわけだが、今年開催できないことでその行方が俄然注目されている。都心からの交通の便も良く、大会規模に合わせて客席数を4段階に変更できる同会場。大晦日となればアーティストやアイドルの年越しライブ開催使用で手を挙げるイベンターは多いことだろう。「やらない」のであれば明け渡すしかない。そして、現在の日本格闘技イベントは、大晦日にかぎらずたまアリは見合わない規模になってしまっている。このまま「たまアリと格闘技」の灯は消えてしまうのだろうか――。(以降略)

 

 ジャン斎藤氏が今年はたまアリで格闘技イベントは開催されないらしいことを更新した。らしいは旧リアル側である加藤氏は正式な見解を出してないが、準備期間だけでなく、青木真也と北岡悟がDREAMを見限るかのようにIGFに出場を決め、川尻達也がUFCに流出、そして新日本プロレスに会場を貸し出し、その中でMMAが行われる話もなくなったことを考えると開催の可能性はゼロに等しかった。


 「たまアリと格闘技」は消えてしまうのかというと、大晦日という日にたまアリのような大会場が使われないのはもったいない話、今まで格闘技が大晦日のたまアリを独占してきたが使われないとなると翌年から当然他のイベントが名乗りを挙げ、IGFも今年の両国大会の成功次第では来年はたまアリ進出に名乗りを挙げる可能性も否定できない。


 加藤氏はDREAMを一旦店じまいして新しい格闘技イベントを設立し大晦日の「たまアリと格闘技」の死守を狙っているが、一旦手放したものをそう簡単に戻ってくるのか?自分はかなり厳しいのではと思っている。


 2003年に「PRIDE 男祭り 2003(たまアリ)」「K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!」「INOKI BOM-BA-YE 2003(神戸ウイングスタジアム)」が大晦日に同日開催されてからちょうど10年、あの頃は格闘技バブルでテレビでさえも視聴率が稼げるとして飛びついた時代、だがその2003年がバブル崩壊のきっかけになった、ここまで崩壊するとは誰が思っただろうか・・・

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ