忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

西武ドームでCHAOS頂上決戦!今年のG1優勝決定戦は中邑真輔vsオカダ・カズチカ

8月8日 新日本プロレス「G1 CLIMAX 24」神奈川・横浜文化体育館 5500人超満員札止め


<アピール・コメントなどは新日本プロレス公式HPより>
◇第1試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦/30分1本
[5勝5敗=10点]○シェルトン・X・ベンジャミン(8分08秒 片エビ固め)[10敗=0点]X本間朋晃
※ペイダート


◇第2試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝6敗=8点]○高橋裕二郎(2分56秒 体固め)[4勝6敗=8点]X矢野通
※急所攻撃


◇第3試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Bブロック公式戦/30分1本
[4勝6敗=8点]○ランス・アーチャー(8分52秒 片エビ固め)[4勝6敗=8点]X後藤洋央紀
※ブラックアウト


◇第4試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Bブロック公式戦/30分1本
[5勝5敗=10点]○カール・アンダーソン(7分59秒 片エビ固め)[5勝5敗=10点]X内藤哲也
※ガンスタン


◇第5試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦/30分1本
[5勝5敗=10点]○石井智宏(11分46秒 片エビ固め)[4勝6敗=8点]X永田裕志
※垂直落下式ブレーンバスター


◇第6試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝6敗=8点]○ドク・ギャローズ(6分30秒 片エビ固め)[6勝4敗=12点]X柴田勝頼
※ハングマンズヌース


◇第7試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦/30分1本
[7勝2敗=14点]○中邑真輔(11分08秒 片エビ固め)[6勝3敗=12点]Xバッドラック・ファレ
※ボマイェ


◇第8試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Bブロック公式戦/30分1本
[8勝2敗=16点]○AJスタイルズ(11分33秒 エビ固め)[4勝6敗=8点]X真壁刀義
※スタイルズクラッシュ


◇第9試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦/30分1本
[4勝5敗=8点]○デイビーボーイ・スミスJr. (12分57秒 エビ固め)[7勝2敗=14点]X棚橋弘至
※ブルドッグボム


棚橋「あーあと1本だったのに!! あーー!! あぁーー!! あぁーあと1本だったのにーー! クソーー!!!」


◇第10試合◇
▼「G1 CLIMAX 24」Bブロック公式戦/30分1本
[8勝2敗=16点]○オカダ・カズチカ(17分14秒 片エビ固め)[5勝5敗=10点]X鈴木みのる
※レインメーカー


(試合後)
オカダ「決勝戦の相手が中邑さんに決まりました(※大歓声)。今日はひとつだけ言わして下さい! 中邑さん! ・・・特に・・・ありません(※場内笑)」


外道「“空前絶後の夏”の最後にふさわしい“世紀の大一番”だな、オイ!(※大歓声) 中邑真輔vs“レインメーカー”オカダ・カズチカだよ、オイ。今世紀最大のマッチアップだよ、コノヤロー!(※大拍手) この大一番を前にしてよ、俺にも言葉なんかねぇよ。ただよ! ひとつだけ言わせてくれ。『G1 CLIMAX』2014年、決勝戦、中邑真輔対“レインメーカー”オカダ・カズチカ! 間違いなくよ、西武ドームに・・・カネの雨が降るぞ!(※大歓声)」


(バックステージ)
オカダ「やっぱり、鈴木みのるさん、ボクは大っ嫌いですよ!まぁ、別に腕が痛かろうが『G1』出てる人みんな、どっかしら痛みはあるだろう。こんなの言い訳にも、ハンデにも何にもならない。まぁ、中邑さんに勝つには…中邑さん…特にありません」


外道「中邑真輔だ。レインメーカーが臨んでたマッチアップだよオイ。リーグ戦には無かったよぉ“スリル”ってモノをよ、中邑真輔なら、間違いなく味合わせてくれるだろう」


オカダ「しっかり、外道さん言ってましたから。西武ドームもちろん『勝ちます』」


 鈴木「なんか言ってみろよテメェらオイ。勝ったフリしてんじゃねぇよコノヤロー。クソガキが。負けたなんてこれっぽっちも思ってねぇんだよ。痛くも痒くもねぇしな。オイ、俺がちょっと本気出したらよぉ、簡単にとれるようなもんだったら面白くねぇもんなぁ。さぁもう始まってんだ。もう始まってるし、俺の『G1』まだ終わってねぇんだよ。西武ドーム決勝のリングに立つのは俺だ。オイ、お前ら可能性がありません、点数が足りませんって言うんだろ? 全員食中毒になったらどうする? オイ、誰がタイチが(SUPER Jr.)準決勝のリングに上がると思った? 誰がTAKAが出ると思った? テメェらみたいに浮かれてな、1点2点の争いをやっときゃいい。俺は違うんだよ。命のやりとりやってんだよ


――棚橋が負け、中邑選手の決勝進出が決定しましたが

中邑「ここまできたら、やるしかないでしょ」

――同じCHAOS同士で、やりづらさはありますか?

中邑「そうですね。何年ぶりっすかね。2012の『G1』でやったかなってぐらいで。まぁあとは、そばで彼の成長を見てきましたけれども。まぁここまできたら、同じ条件のもと、色んな選手が、本当に血反吐吐きながら、鼻水垂らしながら、それこそ、全てを投げ追って戦ってきて、残りは決勝。あと1試合。まぁもう皆、なんだろう。何も残ってない状態でしょ。今日勝ったオカダですら!他の選手もまだ、明後日の西武ドームを残して1戦。余力だって残ってないですよ。まぁその中で、1番最後の西武ドームのトリで戦えるっていうのは、本当に、なんだろう…。まぁ自分ではね、自力で決勝に行けなかったっていうね。別に棚橋の敗北を願ってるってワケじゃないですが、そこまでオレは人間腐っちゃねぇなと思ってますけど。まぁ、こうなった以上はオカダ・カズチカ。『滾らせて貰いましょうか!』って感じですかね!」


G1も横浜大会をもってリーグ戦は終了、Aブロックは棚橋、中邑、ファレ(柴田はファレに敗れたことにより脱落)Bブロックはオカダ、AJと絞られた。


Aブロックの中邑vsファレはファレがボディーブロー中心に試合を組み立てボディー中心の攻めで中邑のスタミナを奪いにかかる、中邑はカラテキック、膝蹴りなどで流れを変えようとするが、ファレは体格を生かした攻めで主導権を渡さない。しかし中邑が雪崩式ブレーンバスターでファレに大ダメージを与えるとバットラックフォールをバッククラッカーで切り返し、スリーパーで絞めあげファレが立ち上がり中邑をコーナーに乗せた隙を突いて、中邑がファレの後頭部をジャンピングボマイェで捕らえると、最後はグラネード狙いをオーバーヘッドキックで返してからボマイェの連打で3カウントを奪い、中邑の優勝戦進出は棚橋vsスミス戦待ちとなる。


棚橋vsスミスは、スミスが棚橋のペースを狂わせにかかり、棚橋が旋回式クロスボディーを仕掛けるがスミスは膝蹴りで迎撃するも、一気にいかず首四の字など落ち着いた攻めを展開。棚橋は自分のペースへと引き込もうとして場外戦に持ち込んでコーナーからのプランチャを狙うがスミスは逃れ、逆に深追いしたところでスミスの場外パワースラムを食らって失速してしまう。完全にペースが狂った棚橋に焦りが見え始めハイフライフローが失敗すると、ならば丸め込み技の連発を狙うがウラカンラナを狙ったところでスミスがブルドックボムで叩きつけて3カウント、棚橋が脱落しAブロックは中邑が優勝戦に進出する。


BブロックのAJvs真壁はパワーで真壁が先手を奪うも、AJは真壁の負傷している顎に集中砲火を浴びせて形勢を逆転させる。AJは裏拳のコンビネーションから攻勢に出るがブラディーサンデー狙いを真壁がノーザンライトスープレックスで返して反撃すると、フランケンシュタイナー狙いをパワーボムで叩きつけてからスパイダージャーマンを決めるがキングコングニーへの連続技はAJが距離をとって逃れると、真壁が再度キングコングニーを投下するが自爆してしまう。ここからAJがペレキックを浴びせると雪崩式を狙う真壁に再びペレキックを浴びせてからコーナーの真壁に強引にスタイルズクラッシュを決め3カウント、AJの優勝戦進出はメインのオカダvs鈴木戦待ちになる。


オカダvs鈴木は鈴木がレインメーカー潰しの右腕攻めを展開して先手を奪い、オカダはDDTから重い攻撃で鈴木の首にダメージを与えるも鈴木は右腕攻めでリードを奪う。鈴木がゴッチ式パイルドライバーで勝負に出るが、オカダはリバースネックブリーカーで返すとエルボースマッシュの連打から鈴木の後頭部にドロップキックを浴びせ、オカダが昨年5月に福岡で決めたジャーマン式ツームストーンパイルドライバーで突き刺すがレインメーカーは鈴木がナックルで阻止する。しかしオカダは再度ドロップキックを浴びせるとレインメーカーで3カウントを奪い優勝戦進出を決め、優勝戦は中邑vsオカダのCHAOS頂上対決となった。


中邑vsオカダは2012年8月大阪でのG1公式戦で組まれたが、このときは中邑がボマイェで勝利を収め、それ以降はCHAOS同士ということで対戦する機会がなかった。そして初の西武ドームという観点で見ると今までにない組み合わせでインパクトを与えたい、今年の新日本のテーマである攻めの姿勢を考えると相応しいカードでもある。


果たして今年のG1は中邑とオカダ、どっちが優勝するのか?

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ