伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3
19 20 21
25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

今年も世界で一番熱い夏「G1 CLIMAX」が開幕!

8月1日 新日本プロレス 静岡・アクトシティ浜松 『G1 CLIMAX 23』開幕戦 3200人(超満員札止め)


◇第1試合◇▼
「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○飯伏幸太(7分32秒 片エビ固め)X矢野通[1敗=0点]
※フェニックススプラッシュ


◇第2試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○ランス・アーチャー(10分43秒 片エビ固め)X石井智宏[1敗=0点]
※ブラックアウト


◇第3試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○シェルトン・X・ベンジャミン(8分20秒 片エビ固め)X天山広吉[1敗=0点]
※ペイダート


◇第4試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○柴田勝頼(9分06秒 片エビ固め)Xデイビーボーイ・スミスJr. [1敗=0点]
※PK


◇第5試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○高橋裕二郎(9分30秒 体固め)X内藤哲也[1敗=0点]
※東京ピンプス


◇第6試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○永田裕志(14分34秒 体固め)X鈴木みのる[1敗=0点]
※エクスプロイダー・オブ・ジャスティス


◇第7試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○真壁刀義(11分20秒 片エビ固め)X後藤洋央紀[1敗=0点]
※キングコングニードロップ


◇第8試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○カール・アンダーソン(12分54秒 片エビ固め )X中邑真輔[1敗=0点]
※ガンスタン


◇第9試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○小島聡(16分07秒 片エビ固め )X棚橋弘至[1敗=0点]
※ラリアット


◇第10試合◇
▼「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦/30分1本
[1勝=2点]○プリンス・デヴィット(12分56秒 体固め )Xオカダ・カズチカ[1敗=0点]
※ブラディサンデー


 「G1 CLIMAX23」が開幕、開幕戦の浜松大会をSAMURAIの生中継で視聴、注目の飯伏は第1試合で矢野と対戦、序盤は矢野のラフに苦しめられ、飯伏は空中戦で現状打破を狙うも矢野は剣山で迎撃するなどして主導権を渡さない、だがオーバーヘッドキックからの打撃技でやっと主導権を奪った飯伏がハイキックからのフェニックススプラッシュで勝利、内容的には矢野に苦しめられた試合だった。


 もう一人の注目の存在である柴田はスミスと対戦するもスミスのパワーとグラウンドの上手さに柴田が主導権を奪えない展開が続く、柴田のスリーパーをバックドロップで叩きつけたスミスはパワーボムで勝負を狙うが、柴田は下からの三角絞めで捕獲して絞めあげると、最後はPKを浴びせ勝利も内容的には苦戦、スミスの凄さも光った試合だった。


 大会後半からは熱戦続きとなり、永田は鈴木との壮絶なシバき合いを制しリスククラッチ式エクスプロイダーならぬエクスプロイダー・オブ・ジャスティスで勝利 真壁vs後藤は後藤が終盤に真壁を追い詰めるも昇天が不発に終わると真壁がスパイダージャーマンからのキングコングニーで勝利、後藤も最近は肝心なところで昇天が決まらないことが多くなっている。


 中邑vsアンダーソンは膝蹴りで中邑が主導権を奪うも、ボマイエは徹底的にマークしていたのか喰らわず、最後はボマイエをかわしたアンダーソンがリバースガンスタン、バーナードドライバーからのガンスタンでアンダーソンが勝利、タマ・トンガが不在だったのもあったが、セコンドの介入なしでの勝利は大きい。


 棚橋vs小島はコーナーに昇った棚橋を小島がラリアットで強襲をかけ大ダメージを与えてから小島ペースとなり、終盤でも棚橋のハイフライフローを剣山で迎撃してからラリアットの連発で勝利、海野レフェリーの微妙な3カウントでは批判の声が多いが、海野レフェリーも棚橋がまだ返せるかどうか判断に迷ってしまったのかもしれない。


 メインのオカダvsデヴィットは今回はデヴィットがレインメーカー対策をしっかりしてきたのかレフェリーやセコンドのバットラック・ファレを利用して封じ込んでからブラディーサンデーで勝利、オカダがまさかの黒星発進となった。


 開幕戦から熱戦が繰り広げられ、番狂わせも発生した。果たしてG1という世界で一番熱い夏を制するのは誰か?


 

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ