忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

ヒロムが無念の王座返上…IWGPジュニアヘビー級決定トーナメント開催!


 新日本プロレスが会見を開き、菅林直樹会長が首の負傷で欠場中の高橋ヒロムに関して「現状では、復帰まで半年以上かかりそう」として、保持していたIWGPジュニアヘビー級王座を返上、前王者のウィル・オスプレイ、元王者のKUSHIDA、マーティ・スカル、BUSHIの4選手による王座決定トーナメントを開催することを発表した。

ヒロムに関しては様々な憶測が出ているが、現状でわかるのは、負傷欠場が長引くこと、そしてタイトルマッチのルールとして半年間防衛しなげれば剥奪され、ヒロムの欠場が半年以上長引くことから、防衛期限内での防衛戦は無理としての措置だったということ、ヒロムもこれからジュニアで一時代を築くという矢先だったことから、一番無念なのはヒロム本人なのかもしれない。

 トーナメントは4選手がエントリーも、オスプレイはヘビー級転向を示唆していたことから、この決定に納得しているのか、またBEST OF SUPER Jr.準優勝で「Road to DESTRUCTION」にも参戦する石森太二がこのまま黙っているのか、気のなる部分でもある。

 そして次期シリーズのタイトルマッチ&特別試合の日程も決定した。

9月9日 千葉・東金アリーナ
◎小島聡復帰戦
小島聡 永田裕志 天山広吉 中西学vs真壁刀義 本間朋晃 ジュース・ロビンソン デビット・フィンレー


DESTRUCTION in HIROSHIMA 9月15日 広島サンプラザ
IWGPヘビー級選手権試合
【第66代王者】ケニー・オメガvs【挑戦者】石井智宏

NEVER無差別級6人タッグ選手権試合
【第18代王者組】タマ・トンガ タンガ・ロア 石森太二vs【挑戦者組】ジュース・ロビンソン デビット・フィンレー 田口隆祐

DESTRUCTION in BEPPU
9月17日 大分・別府ビーコンプラザ
内藤哲也vs鈴木みのる

NEVER無差別級選手権試合
【第19代王者】後藤洋央紀vs【挑戦者】タイチ


DESTRUCTION in KOBE
9月23日 兵庫・神戸ワールド記念ホール
東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦
【権利証保持者 / G1 CLIMAX 28優勝者】棚橋弘至vs【挑戦者】オカダ・カズチカ

IWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメント1回戦
KUSHIDAvsBUSHI

FIGHTING SPIRIT UNLEASHED
9月30日 アメリカ・WALTER PYRAMID 
IWGP USヘビー級選手権試合
【第3代王者】ジュース・ロビンソンvs【挑戦者】Cody

IWGPタッグ選手権試合
【第80代王者組】マット・ジャクソン ニック・ジャクソンvs【挑戦者組】タマ・トンガ タンガ・ロア

IWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメント1回戦
ウィル・オスプレイvsマーティー・スカル

KING OF PRO-WRESTLING
10月8日 両国国技館
IWGPジュニアヘビー級王座決定戦

 まず驚いたのは「DESTRUCTION」でここ数年組まれなかったIWGPヘビー級選手権試合が組まれたこと、昨年の広島大会ではIWGPインターコンチネンタル選手権が組まれたが、インターコンチ王座がクリス・ジェリコに流出したままとなっている影響か、本来なら10・8両国で組まれるべきであるIWGPヘビー級選手権が広島大会で前倒しで開催されることになった。東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦は23日の神戸ワールド大会となり、棚橋の指名で相手はオカダとなった。9・9東金での永田主催興行から左ヒザ前十字靭帯断裂で1月から欠場していた小島が復帰、またK-DOJOの吉田綾斗もシリーズにフル参戦することになった。

 ただ気になるのは次期シリーズにはジェイ・ホワイトの名が入っていないこと、1月にはケニー、G1では棚橋、オカダとトップを破っていることから、このまま黙っているとは思えず、またインターコンチ王者のジェリコの動向も気になるところだ。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。