伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

12月20日に安川惡斗が引退・・・ケンカマッチの結末の行方

<東京スポーツより>
 人気女子プロレス団体「スターダム」の安川惡斗(あくと=29)が23日の東京・後楽園ホール大会で現役を引退することが30日、本紙の取材で明らかになった。“凄惨マッチ”として世間を騒がせた世IV虎(よしこ=22)との一戦(2月22日、後楽園)で負った目の負傷が原因で、1日に会見を行い正式に引退を発表する。これで6月に引退した世IV虎に続き“凄惨マッチ”の当事者2人がリングを去ることになった。


 ――ここ数か月で引退を示唆する発言があった

 安川:12月23日の後楽園大会で正式に引退します。私は引退するためにリングに戻ってきたようなもの。(9月23日の後楽園大会で)復帰する前にドクターストップがかかっていて、復帰もできないままフェードアウトかな?と思ったこともあった。網膜しんとう症の方は回復しましたが、眼窩底を骨折した左目の視力が落ちてしまったんです。


 ――左目の窩底骨折と両目の網膜しんとう症は世IV虎戦で負った

 安川:もともと右目は白内障で見えず、昨年夏に人工レンズを入れた。少しだけ立体的に見えるようになったけど弱視なのは変わらなかった。ずっと左目に頼っていたんですが、その左目が折れてしまい、視力と距離感が残念ながらうまく戻りませんでした。


 ――試合に影響も

 安川:相手の技を受けることができない。もうバチバチとした対抗戦をしたり、シングルのベルトが取れるレベルの視力は持ち合わせていない。相手をケガさせてしまってから「目が見えませんでした」ってなったら大問題じゃないですか。引退することがスターダムへの一番の恩返しかなって思った。


 ――結果的にあの試合が引退につながった

 安川:結論からそうなってしまったのは仕方ない。本当に偶然と偶然が重なったので…。骨が折れてしまったこと自体は事故に等しいものでもありますし。ならば次はどうしたらいいかって気持ちを切り替えることができる人間なので、今は次のことを考えています。


 ――6月14日に世IV虎が引退。これで当事者2人がリングを去る

 安川:本音を言えば彼女にはリングに戻ってきてほしい。他人の人生に口は出さないつもりでいたいけど、プロレスを大好きだってことを知ってるし(22歳と)まだ若いから。私がいると帰ってきにくいのかなって思う部分もある。いつか「和解」とかあればいいんだろうなと思います。


 ――約4年の現役生活を振り返って

 安川:感無量ですよ。「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」の時代劇を見て思った幼いころの夢「サムライになりたい!」をかなえられましたからね。あこがれの(愛川)ゆず季さんも倒したし、白いベルト(ワンダー・オブ・スターダム王座)も取った。自分のしたかった2つの目標も達成できた。応援してくれたファンにも「ありがとうございました」って伝えるのが、12月23日の大会だと思う。 


 ――引退後は

 安川:何かしらの形でスターダムを支えていきたい気持ちはあります!


 10月11日のスターダム後楽園大会で引退を示唆していた安川惡斗が東京スポーツ誌上で12月23日の後楽園大会で引退することを報じた。


 引退の理由は左眼の網膜振盪症、


 網膜振盪症とは=打撲などにより眼底にショックが加わり,網膜の黄斑部にむくみ(浮腫)を起こす状態。つまり,皮ふに物が当たると出血しないで腫れることがありますが,それが目の底(眼底)の一部に起こってきたものです。眼の奥をのぞくと,黄斑部が乳白色に混濁して小出血を伴っていることもあります。数日から2~3週間で治り,後遺障害は残らないといわれています。視力は一時的にダブって見えたり,ボヤけたりすることがありますが,2~3日で治ります。眼の奥で起こるため,湿布も何もできないので,少し安静にしておいてください。なお,外傷の程度が強いときは,黄斑円孔や脈絡膜出血等が生じていることもあり,必ず経過観察が必要。


 惡斗は元々右目は白内障の影響で視力が落ちており、左眼を頼っていたが世IV虎とのケンカマッチで左眼にもダメージを負ってしまい、試合にも支障をきたすようになっていたという。

 
 結果的に世IV虎が惡斗を潰して引退に追いやったという見方も出てくるが、プロレスは常にケガと背中合わせ、いつ何時ケガをしてそのまま引退に直結する可能性もあるし、最悪の場合に繋がる可能性だってあり、世IV虎も惡斗もそれを覚悟してリングに上がっている、ただ世IV虎自身もまさか引退に繋がるとは思っていたかどうか・・・


 惡斗は世IV虎に復帰して欲しいとしているが、結果的にこうなったことでますます戻りづらい状況になってしまったのではと思うし、惡斗がリングに上がり続けていたことで世IV虎にとってある意味救いになっていたんじゃないかと思う。


 わかるのは20日の後楽園大会で惡斗が引退することでケンカマッチ事件は結末を見ないまま終結するという形で終わるということ、世IV虎が姿を現すなら惡斗も心置きなく引退できるし、ファンにとってもモヤモヤも少しは晴れるかと思うが・・・

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ