伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

邪道・大仁田退治に秋山、諏訪魔が名乗りも真の敵はカシン?

<プロレス格闘技DXより>


 大仁田厚が26日、東京・水道橋の闘道館で会見し、2・19甲府大会への参戦を宣言。全日本側に邪道軍vs全日本軍を要求し、「絶対条件」として秋山準、諏訪魔の参戦を突きつけた。



 この日、大仁田はFMW2・24新木場大会のカード発表会見に登場。風邪を引いて声が出ないため、異例の筆談による会見となったが、その途中、予期せぬ事態が起こった。


  会見場にワイルドセブンのマスクをかぶったケンドー・カシンに酷似した男と、懐かしいライオン丸のマスクをかぶり、全日本のTシャツを着用した小太りの男がいつの間にか乱入。カシン似の男が「襲え! 襲え!」と指令すると、ライオン丸がパンディータに向かってスプレーを噴霧。さらにカシン似の男もパンディータにパウダーを投げつけると、「これが秋山社長からの伝言だよ!」と言い放ってから脱兎のごとく去っていった。


  せき込んだパンディータが「今の声、カシンですよ、あれ。絶対カシンですよ」と断定したように、声から判断するとワイルドセブンのマスクをかぶった男がカシンであることは間違いない。それにカシンは1・15博多大会で秋山に向かって「邪道軍と戦うしかないよ、これは。近々あいさつ行こう」と訴えていた。それを実際に行動に移したと判断してよさそうだ。


  これを受けて大仁田は全日本に対して仰天要求を突きつけた。「電流爆破の返答もアジアタッグ選手権もなしのつぶて。全日本の誠意が全く感じられない。何が王道なのか疑問だ。王道とは人のまっすぐな道であり、人を馬鹿にしないのが王道の精神なのでは?」と非難した邪道は、2・19甲府大会への参戦を宣言。しかも邪道軍vs全日本軍を要求し、「秋山社長、諏訪魔選手の参戦が絶対条件である」と突きつけ、電流爆破マッチまで条件に付け加えた。


  「全日本プロレスの顔であるレスラーたちを邪道のリングに上げるのが俺の仕事だ」というのが大仁田の考え。もし要求が受け入れられない場合は、「アジアタッグのベルトをもう一つ作り、FMWや他団体のリングでも戦い、アジアタッグに俺流の箔をつける」と宣言。「俺たちはマッチメークが組まれなくても2月19日の全日本プロレス山梨大会のリングに必ず上がる」と無法乱入を強行する構えをみせた。


  一方、カシン似の男に襲撃されたパンディータも収まらない。「俺もレスラーのはしくれです。やりますよ。やられっ放しで納得いかないですよ」と怒りをあらわ。パンダ王国のベルトを持ち出すと、「このベルトをかけてカシンと全日本でシングルやらせてください。全日本に頼んで下さい。お願いします」と大仁田に訴えた。


  ともあれ、大仁田の要求を受けて、全日本が早急に対処する必要に迫られたのは間違いない。


 【会見の模様】
▼パンディータ「皆様、今日はFMWの会見にお越しいただき、ありがとうございます。大仁田選手はリング上での毎回の聖水の儀式で風邪を引いて声が出ないということで、この状況で大仁田選手に代わり、私パンダがマスコミさんの対応をさせていただきます。来たる2月24日、新木場大会のカードを発表させていただきます。さよなら大仁田第2弾としまして大仁田厚vsザ・グレート・サスケ。試合形式ですが、ランバージャックデスマッチ。セコンドはみちのく側の選手、FMW側の選手、当日3名ずつくじ引きで決めることにします」


▼大仁田(パンディータが代読、以下同)「サスケ選手とは同じ歴史を歩いてきた同志である。これが最後のシングルの戦いになると思います。たまには大仁田もレスリングをしたいと思っております」


▼パンディータ「あとのマッチメークですが、先ほどお配りしたカードで決定しております」


※ワイルドセブンのマスクをかぶったカシン似の男と、小太りのライオン丸がいつの間にか会見場に乱入


▼カシン?「(ライオン丸に向かって)襲え! 襲え!」


※ライオン丸がパンディータにスプレーを噴霧し、カシン似のワイルドセブンはパウダーを投げつける


▼カシン?「これが秋山社長からの伝言だよ!」


※カシン似の男とライオン丸が去ると


▼パンディータ「何すか、あれ? 何でセブンのマスクかぶってるんですか? 今の声、カシンですよ、あれ。絶対カシンですよ。俺もレスラーのはしくれです。やりますよ。やられっ放しで納得いかないですよ。大仁田さん、このベルト、パンダ王国のチャンピオンです。このベルトをかけてカシンと全日本でシングルやらせてください。全日本に頼んで下さい。お願いします。大将お願いします。このパンダ王国のベルトをかけてカシンとシングルやりたいんです。全日本に頼んで下さい。お願いします。このままじゃ引き下がれないです」


▼大仁田「この場を借りまして、全日本プロレス関係のお話をさせていただきます。電流爆破の返答もアジアタッグ選手権もなしのつぶて。全日本の誠意が全く感じられない。何が王道なのか疑問だ。王道とは人のまっすぐな道であり、人を馬鹿にしないのが王道の精神なのでは? こうなったら俺たちの流儀でやらせてもらう。来たる2月19日、全日本プロレスのリング上に登場する。邪道軍vs全日本プロレス軍を要求する。そして秋山社長、諏訪魔選手の参戦が絶対条件である。邪道軍vs全日本プロレス軍のこの試合が行われない時には、アジアタッグのベルトをもう一つ作り、FMWや他団体のリングでも戦い、アジアタッグに俺流の箔をつける。また、アメリカでの防衛戦も行う覚悟である。全日本プロレスに対して、あくまで電流爆破マッチを要求する。俺たちはマッチメークが組まれなくても2月19日の全日本プロレス山梨大会のリングに必ず上がる。俺は現アジアタッグのチャンピオンなのだ。全日本の長い歴史の中でアジアタッグチャンピオンである以上、この要求は凄く自然な要求である。マスコミの方、ご質問のある方は?」


――カシンらしき人間が乱入してきたが?


▼大仁田「あの男のやり方は邪道。邪道といわれる男から見ても邪道。あいつはいつか電流爆破に投げ込んでやる所存である」


――秋山、諏訪魔の参戦を絶対条件とした理由は?


▼大仁田「全日本プロレスの顔であるレスラーたちを邪道のリングに上げるのが俺の仕事だ」


 大仁田厚が会見を開き、当初は大仁田vsサスケのランバージャック戦の会見だったはずが、カシンが現れ、秋山からのメッセージを伝えると大仁田側が怒り、2月19日の全日本甲府大会への参戦と、邪道軍vs全日本軍を組み、全日本軍に秋山、諏訪魔が参戦させ、試合形式も電流爆破デスマッチにすることを要求した。


 対する全日本側は
【秋山のコメント】「邪道軍とやってやるよ! 電流爆破はやらないからな!! 爆破なくても木端微塵にしてやるからな!」


 【諏訪魔のコメント】「大仁田厚 よく聞け! 貴様のリクエストに応えて山梨でやってやる。全日本プロレスは裸一貫でプロレスを見せていく団体だ。アジアのベルトの価値も上げないでリング上に余計な物を持ち込んでは次から次に好き勝手やり、リング降りれば言いたい放題なやり方はこの全日本プロレスには正直必要無し。誰が大仁田厚をここまで好き勝手やらせた? 最近、全日本で見る昔出て行った奴等は一体誰が呼んだ? 何でもありになった状況に正直 俺は 腹が立っている。生々しいプロレスやるならやってやる!! 大仁田厚も他の連中も、まとめてぶっ潰してやるぞ! オイッ!!」


 と要求を受け入れ秋山と諏訪魔がカシン、井上と組んで大仁田、保阪、雷神矢口、パンディータを迎え撃つことになったが、電流爆破に関してはあくまで拒否する姿勢を貫いた。


 邪道軍に対し全日本側は秋山、諏訪魔、カシンと加わるだけでに戦力的に有利だが、肝心のカシンが信用できるかどうかわからない、カシン次第では大仁田の仕掛けた罠に引っかかる可能性も否定できない。


 全日本側が勝てば大仁田の電流爆破デスマッチの要求を突っぱねることが出来るが、負けるとなれば大仁田の要求を飲まざる得ない状況となる、見た目全日本が有利でも罠という危険性をはらんでいる。


 全日本軍が勝つことで電流爆破デスマッチを拒絶することが出来るか?しかし大仁田より味方であるカシンの方が厄介なのかもしれない。

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ