伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
5 11
14 16 18
25
26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

秋山新体制発足も、厳しい中での船出

<プロレス格闘技DXより>
 秋山準社長が12日、神奈川・横浜市の全日本事務所で会見し、新体制の人事を発表。1月1日付で大森隆男が取締役、青木篤志が選手会長にそれぞれ就任した。


  諏訪魔、曙と取締役の辞任が相次いだ全日本だが、このほど新体制によって再出発を図る。秋山社長からの要請を受け、大森が新たに取締役に就任。青木が選手会長を務めることになった。


  この日、秋山社長同席のもと会見した大森取締役は「非常に重責であると同時に自分が生まれ育った全日本プロレス。日本一、いや世界一のマットだと信じていますので、これから隆盛していけるように尽力していきたいと思います」と所信表明。さっそく若手の練習を監督する立場となり、「これからますます自分のやることが増えてくると思いますので、一つ一つリングの上の試合と同じようにスキがないように頑張っていきたい」と誓うばかり。青木選手会長も「所属選手は少ないですし、チームも分かれてますから全部をまとめきれるか不安もあるんですが、選手は選手で全日本を盛り上げていきたい気持ちは一緒ですし、それをまとめて会社の力になれるように。所属の選手が一番ですから、そこはどんな形を使ってでもリングに反映させて面白くしていきたい」とリング上のさらなる活性化を見据えた。


  親会社だったケーブルテレビ山形が昨年末をもって経営から離れた。新体制の舵をとる秋山社長も全日本の発展に決意を新た。同世代の大森を経営陣に迎え、「これからは自分たちでやらないといけない。きついのでお願いしたら二つ返事で快諾してくれたんでね。心強いです」と話した秋山社長は、「(11・27)両国も決まってるんで、その時には諏訪魔も復帰してるだろうから、いい形でいけるように頑張ります」と秋のビッグマッチもにらんで誓っていた。


 【会見における秋山社長、大森取締役、青木選手会長】
▼秋山「このたび2016年1月1日付で大森隆男選手がオールジャパン・プロレスリング株式会社取締役に就任したことをお知らせします。また、選手会長に青木篤志選手が就任いたしましたことをお知らせします」


――これからどのように全日本をよくしていきたい?


▼大森「非常に重責であるとともに自分が生まれ育った全日本プロレス。自分にとっては日本一、いや世界一のマットであると信じておりますので、これからますます隆盛していけるように尽力していきたいなと思ってます」


――どんな役割を担っていく?


▼大森「今は若い選手の練習を中心に見ておりますね。これからますます自分のやることが増えてくると思いますので、一つ一つリングの上の試合と同じようにスキがないように頑張っていきたいなと思います」


――同世代の大森選手が取締役になったことについて?


▼秋山「僕から頼んで、ぜひ力貸してほしいと。もともと経営はケーブルテレビ山形がやってたんですけど、去年の末で実質の経営からは手を引いて、今は株主として後方から支援してくれるという形になったので。今、実質こちらで全部やらないといけないところで、僕一人ではきついところもあるんで、ぜひ協力してほしいと。二つ返事でやりますと言ってくれたんでね。心強いです」


――選手をまとめる立場になるが?


▼青木「今までも選手会とか選手会長があったんですけど、正直言うと全く機能していなかったので、気持ちを新たに選手会をまとめていけたらいいかなと思います。所属選手は少ないですし、チームも分かれてますから全部をまとめきれるか不安もあるんですが、全日本を盛り上げていきたい気持ちは一緒ですし、それをまとめて会社の力になれるように。所属の選手が一番ですから、そこはどんな形を使ってでもリングに反映させて面白くしていきたいと思います」


――取締役に就任後、気づいた点はある?


▼大森「それ以前から客観的に見よう、視野を広げようと努力はしてたんですけど、そういう一つの役職につきましたので、しっかり務め上げないといけないという責任感があります」


――新体制で全日本をよくしていけそうな感覚はある?


▼秋山「そういう感覚はあったんですけど、諏訪魔がこうなってるんで、また大変な状況になるとは思います。若い選手もどんどん伸びてきてますし、諏訪魔がしっかり手術して、安心して休めるように、無理して復帰を急がなくていいように、選手、社員一丸となって頑張っていきたい。両国も決まってるんで、そこまでには諏訪魔も復帰してると思いますからね。いい形でいけるように頑張ります」


――世界タッグ挑戦者決定戦が決まったが?


▼大森「まだまだ世界タッグのベルトも三冠のベルトも狙っていくところにいたいと思うし、まだまだ結果も出したいと思ってます。銚子、その先に当然、三冠も見据えて頑張っていきたいと思っております」


――ゼウス&ボディガーには12・23大阪で敗れているが?


▼大森「銚子で絶対に勝って、大阪の雪辱を晴らさないといけないですね。当然その先に11月27日、両国大会、先ほど秋山社長が言ったように、選手、社員がそこに一丸となって向かっていけるように環境を整えて、選手としてもまだまだ自分の道を進んでいきたいなと思っております」


――青木選手はジュニアリーグ戦を控えるが?


▼青木「個人的には優勝したことないですし、今回、世界ジュニアのベルトもかかってますし、自分にとって非常に大事な大会になるのは間違いないと思ってます。諏訪魔選手が欠場することで、正直Evolutionというチームの一番大きな柱がなくなってしまったわけで、復帰までの間、自分たちがいかにしてチームを守るか、そして名前の通り進化していくか。諏訪魔選手が帰ってきた時にどういうふうにしていくかも考えると、このシリーズは大事だと思ってます。自分と佐藤選手はリーグ戦に出て、野村はシングルマッチが多く組まれてます。そこで結果はもちろん、成長してしっかりしたものを出していかないといけないので、気持ちをもう一回入れ直していかないと。とにかく世界ジュニアのベルトは全日ジュニアにとって大事なベルトですし、自分にとって思い入れのあるベルトなので、必ず巻けるように頑張りたい」


――出場メンバーで気になる選手は?


▼青木「肌合わせたことない選手がいるし、ブロックをみてわかる通り、一方には蹴ってばかりの人間が集まって、一方はあまり蹴らない人間が集まるという面白いブロック分けになってますし。自分にとっては全日本のジュニアは面白いと思われたいし、そういう意味では新しい顔触れで新しい流れができるのはいいこと。外から来る人間はこっちを飲み込もうとするだろうし、こっちはこっちで守るだけじゃなく攻めないといけない。そういう意味ではやりがいのある大会。とにかく全力以上の力を出したいとな思ってます」


 全日本プロレスの新体制が発表され、大森のが取締役、青木の選手会長就任が発表された。またこれまで経営に携わっていた昨年末でケーブルテレビ山形が撤退、今後は株主として全日本に携わることも発表され、経営は実質上秋山側に丸投げとなった。


 先ほど更新したとおりトップの一角である諏訪魔が右アキレス腱の完全断裂で長期欠場、そして若手である佐藤恵一が退団するなど、早くも厳しい船出を余儀なくされてしまった。


 先ほども書いたとおり、11月27日の両国も決まっていることから、後戻りはもう出来ないし、それは秋山が一番わかっているはず、全日本の舵を担うことになった秋山は全日本をどう導いていくのか・・・

Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ