忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

全日本プロレスに起きたまさかの“負の連鎖”・・・諏訪魔が右アキレス腱完全断裂で長期欠場、三冠王座は返上へ

<プロレス格闘技DXより>
 秋山準社長が12日、神奈川・横浜市の全日本事務所で会見し、諏訪魔が右アキレス腱完全断裂のため手術を受けると発表。長期欠場が予想される諏訪魔は三冠ヘビー級王座返上も余儀なくされた。

 2016年オープニング興行となった1・2後楽園大会で諏訪魔は秋山を破って5度目の三冠王座戴冠を果たした。が、その試合中に右足を負傷。その後も大日本1・2後楽園、1・3後楽園、1・9伊那と試合出場を続けてきたが、2日前の1・10十三大会終了後に精密検査を受けた結果、右アキレス腱完全断裂と診断された。


  秋山社長によると、諏訪魔はこの日、入院。近日中にも手術を受ける予定という。長期欠場の可能性が濃厚のため、三冠ベルトは防衛戦を一度も行わないまま無念の返上を余儀なくされた。これに伴い、2・12後楽園大会で予定されていた宮原健斗との初防衛戦も消滅。宮原とゼウスの間で新王者決定戦が行われることになった。また、出場が決まっていた大日本1・24後楽園大会も欠場となる。


  全日本の大黒柱といえる諏訪魔の欠場は全日本にとって大幅な戦力ダウンとなる。秋山社長も沈痛な表情で会見に臨んだが、「彼がしっかり治して帰ってこれるまでみんなで全日本プロレスを盛り上げていきたい」と前向きに誓っていた。


 全日本プロレスが会見を開き、2日の後楽園大会で右足を負傷した諏訪魔の診断結果が発表され、右アキレス腱が完全断裂したことが明らかになり、長期欠場が余儀なくされるために保持していた三冠ヘビー級王座は返上となった。


 諏訪魔の右足に異変が起きていたのは1月9日の伊那大会からだったが、10日の十三大会ではボディガーに右足へのラリアットを喰らってから試合中に一気に失速、ゼウスに初フォール負けを喫していた


 諏訪魔の右足は2日の秋山戦で痛めたものだそうだが、どこで痛めたのか不明、試合中にもドロップキックやトペも放っていたが負傷を感じさせず、相手をしていた秋山でさえでも気づいていなかった。


 普通アキレス腱を断裂すると歩行障害が発生するが、足底筋や腱膜、足指屈筋などに底屈力が存在するため、完全に歩行不可能な状態にはならないということから、諏訪魔も歩けるということで単なる捻挫程度しか考えておらず、全日本の現状や自身がプロデュースする諏訪魔おこしもあったため簡単には休めず、負傷の悪化に繋がったのではないだろうか・・・


 諏訪魔の復帰はいつになるのか、同じアキレス腱を断裂したことのある長州力は5~6ヶ月を要して復帰したことから、早くて7月以降になるか、ただでさえでも全日本は戦力不足、まして2トップの一角である諏訪魔の負傷、長期欠場は全日本的にはかなり手痛い。


 空位となった三冠王座は宮原とゼウスの間で争われることになったが、彼らがどこまでやれるのか、本来なら前王者である秋山自身が出陣すべきだが、秋山自身も諏訪魔の抜けた穴を二人に託したということだと思う。


 昨年選手らが離脱したことで一番心配していたのが“負の連鎖”だったが、まさかここで来るとは思いもしなかった、しかし11月27日には両国大会も控えている、今更後には引けない、こういうときこそ選手たちの頑張りに期待したい。

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ