忍者ブログ

伊賀プロレス通信24時「日常茶飯事(ちゃはんじ)」

 略して「イガプロ!」、三重県伊賀市に住むプロレスファンのプロレスブログ!

伊賀忍者市場

伊賀忍者市場Yahoo!店

ロゴ

伊賀プロレス通信

LINEアカウント

伊賀プロレス通信LINEアカウント

ツイッター

ツイッター

Facebook

RSS

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
8
16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング

ブログ村

忍者アクセスランキング

プロフィール

HN:
伊賀
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

忍者カウンター

ミスターパーフェクト・福田洋がレンタル移籍で全日本参戦へ

プロレス格闘技DXより>
 秋山準社長、DDT・高木三四郎社長が28日、神奈川・横浜市の全日本事務所で会見し、ユニオン・福田洋が10月22日の後楽園大会から半年間、全日本にレンタル移籍すると本人同席のもと発表した。来年4月までの半年間、全日マットに専念することになる福田は「海外遠征に行く心積もりで全国を行脚していきたい」と意気込み、秋山社長も「ウチの選手の中に入ってどういう化学反応が起きるのか楽しみ」と期待を込めた。


 選手派遣など協力関係にある全日本とDDTが選手のレンタル移籍という新たな試みに取り組むことになった。全日本内の若手の底上げを図りたい秋山社長が「誰かいい若い選手がいれば、こちらにお貸し願えないか」と打診し、高木社長も快諾して実現するもの。DDT、ユニオン内で希望選手を募ったところ、真っ先に名乗りを上げたのが福田だった。

  期間は10・22後楽園大会から来年4月のチャンピオン・カーニバル終了までの半年間。その間、福田はDDT、ユニオンなどには上がらず、全日マットのみに専念する。今月31日からDDTで実施される『DDTドラマティック総選挙2014』も辞退することが高木社長から発表された。

  ミスター・パーフェクトの異名を持つ福田は1987年8月15日、東京都小平市出身の27歳。2011年5月4日、ユニオンでデビューし、日本人でありながら英語を駆使するなどアメリカンプロレスを前面に押し出したスタイルで活躍。現在はMEN'Sテイオーと組んでUWA世界タッグ王座を保持している。

  この日、秋山、高木両社長同席のもと、全日本事務所で会見した福田は「星の数ほどあるレスリングカンパニーで最も古典的かつトラディショナルなレスリングを体現しているのがオールジャパンプロレス」と考えた上で、「オールジャパンの選手の方々、果てはキョーヘー・ワダさんなんかもアメリカンプロレス、非常に造詣が深いと思われますので、そういうところを吸収したい」とレンタル移籍に立候補した動機を説明。「海外遠征に行く心積もりで全国を行脚していきたい」と新天地での戦いへ向けて意気込んだ。

  全日マットでは今までできなかった経験をたくさん積めるのは間違いない。「私のミスターイズムとオールジャパンさんの王道イズムをケミストリーさせて、ユニオンの最強外国人としてカム・バックしたい」と成長した姿で半年後、ユニオンに凱旋するつもりの福田は、「父がガチガチの四天王プロレスファンだったので、やっぱり秋山選手と戦ったら父が喜ぶかなと思います。父親とあまり仲良くないので、これを機に関係も修復できるかなと」と秋山との対戦に色気たっぷり。秋山社長の顔色をうかがいながら大胆にも三冠挑戦を視野に入れた。

  全日マットにはいない特異な個性を持つ福田だが、秋山社長は「同化するような選手よりは逆に福田選手みたいな選手が来てもらって、融合するのかそれとも反発し合うのか、それも楽しみなんで、逆にこのスタイルのままいってもらいたい」と歓迎。「ウチの選手の中に入ってどういう化学反応が起きるのか楽しみ」と期待を込めた。送り出す高木社長も「半年間は全日本の選手として、彼が何を吸収するか楽しみにしてます」とエールを送った。

  これを機に両団体間でレンタル移籍が活発化する可能性も出てきた。日本マット界におけるレンタル移籍は2012年4月に全日本から新日本に貸し出されたBUSHIが史上初。当時は新日本から全日本に選手がレンタルされることはなかった。もしお全日本からDDTに選手が送り込まれれば、史上初の相互レンタル移籍となる。「常にマンネリと戦ってるようなものなので、活性化していかないといけない」と新しい血の導入を見据える高木社長から打診され、秋山社長はSUSHIを候補に提示。思わず苦笑いした高木社長も「相互レンタルを前提に検討します。期間は短めでお願いします」と応じていた。

 

 【会見の模様】
▼秋山社長「以前より全日本の若手の底上げをどうすればいいか、高木社長に相談させて頂き、誰かいい若い選手がいれば、こちらにお貸し願えないかということをご相談しました。そこでDDTさんから今回ここにいる福田選手ということでレンタル移籍させて頂くということになりました。聞くところによるとミスター・パーフェクトらしいので、ぜひ全日本でもそのどこまでパーフェクトなのかというのをみせてもらいたいと思いますし、何よりウチの選手の中に入ってどういう化学反応が起きるのか、それも楽しみにしております」

▼高木社長「秋山社長からお話をいただきまして、DDT並びにユニオンで全日本さんにレンタル移籍を希望する人間を募ったところ、真っ先に福田洋が名乗りを上げました。本人の意向を尊重して、半年間ではありますが、送り出してあげたいと思っています。レンタル移籍という形を取るからには、その期間、ユニオンだったりDDTだったり、他の団体さんだったりに出るというのは、僕の中では勉強であったり修行であったりという意味もなくなるので、この半年間は全日本プロレスさんだけに出場する形になります。ということを受けまして、8月31日からスタートしますDDTドラマチック総選挙に関しては当初、福田もエントリーしていましたが、辞退という形にさせて頂きます。全日本さんの10月22日の後楽園ホール大会から出場するということで、元々、総選挙に選ばれた20人は10月26日の後楽園大会に出場することが条件でしたので、その条件がかなえられないということで辞退とさせていただきます。私としては福田洋がレンタル移籍の期間、さらに大きくなって頑張ってもらうことを期待したいと思います」

▼福田「レディース・アンド・ジェントルマン。ミスター・パーフェクト、福田洋です。今日はお集まり頂き、サンキュー・ソー・マッチ。星の数ほどあるレスリングカンパニーで最も古典的かつトラディショナルなレスリングを体現しているのがオールジャパンプロレスだと思うんですね。総選挙も辞退し、DDTにもユニオンにも上がらない状況を作り、海外遠征に行く心積もりで全国を行脚していきたいと思います。私のミスターイズムとオールジャパンさんの王道イズムをケミストリーさせて、ユニオンの最強外国人としてカム・バックしたいと思います」

――真っ先に名乗りを挙げた一番の動機は?

▼福田「私、アメリカンプロレス好きじゃないですか。だから本当のアメリカンプロレスを極めたい。オールジャパンの選手の方々、果てはキョーヘー・ワダさんなんかもアメリカンプロレス、非常に造詣が深いと思われますので、そういうところを吸収したい。そんな所存です」

――福田選手の試合をみたことは?

▼秋山社長「ありません。そんなにないんですけど、YOUTUBEでチョロっと。完全にアメリカンプロレスだなと思いました。ただ同化するような選手よりは逆に福田選手みたいな選手が来てもらって、融合するのかそれとも反発し合うのか、それも楽しみなんで、逆にこのスタイルのままいってもらいたいし、ウチの選手がどういう反応を示すのかも楽しみです」

――全日本での当面の目標、対戦したい相手は?

▼福田「誰とも戦ったことないと思うので、全員と試合したいですね。父がガチガチの四天王プロレスファンだったので、やっぱり秋山選手と戦ったら父が喜ぶかなと思います。父親とあまり仲良くないので、これを機に関係も修復できるかなと」

▼秋山社長「アメリカンと言えど、日本人らしい、いい話だなと(笑) 半年間もあるんで、何回も対戦することがあるでしょうから、お父さんに喜んでもらえるように。その時は僕もスターネスに戻って四天王プロレスで。アメリカンじゃないけど大丈夫?」

▼福田「はい。僕はアメリカンで」

――希望者を募った時、他に名乗りを上げた選手は?

▼高木社長「グループでいっせいに送信したところ、福田からすぐ返信が来ました。福田のレスポンスが早すぎたので、他の選手は分からなかったんですが、これは経験だと思ってます。昔はよく海外遠征という話もあり、レスラーがスキルアップしていくための手法としてそういうことが取られてたと思うけど、これは一つのチャンス。そこで福田洋が何を得て帰ってくるのか。ユニオンではなく半年間は全日本の選手として、彼が何を吸収するか楽しみにしてます。一点だけ。今回レンタル移籍ということで、ユニオンから福田洋が行くわけなんですけど、もしもの話なんですけど、全日本さんの方からDDT並びにユニオンにレンタル移籍をしていただくということは…?」

▼秋山社長「それは福田選手がこちらに来ていただくんで、こちらも考えてます。ミスターSUSHIを。高木社長の方に直接言おうと思ってたんですよ。どうですか、ウチのミスターSUSHIを?」

▼高木社長「社内で検討材料にさせて頂きます」

▼秋山社長「半年でも1年でもどうぞ」

▼高木社長「期間はそんな長くなくても…」

▼秋山社長「ちなみにSUSHIは(レンタル移籍候補の件を)全く知らないです」


 【会見の模様】
――UWA世界6人タッグを保持しているが?

▼福田「私が持ち続けますよ。次の31日のタイトルマッチ、9月、10月とまだ大会がありますので、そこまで防衛して半年後、またMEN'Sテイオーと組んで防衛戦できればと思ってます」

――レンタル移籍後のユニオンも気がかりでは?

▼福田「私のミスターイズムというものを私がいなくなる前にみんなに注入したい。特にSAGATなんかに」

――自分の存在を知らないファンの前で試合する不安は?

▼福田「不安はないですね。楽しみの方が大きいですね。僕は常にアウェーだと思って試合してるんで。アウェーは得意なんで」

――全日本には歴史あるベルトがあるが興味はある?

▼福田「あります。それはプロレスラーだったら当然だと思いますよ」

――具体的には?

▼福田「言っていいのかな。3本あるじゃないですか。まとまってるベルト(三冠)が。(秋山社長の視線を感じて)今のは聞かなかったことに…」

▼秋山社長「ジョー・ドーリングに言っときます」

▼福田「1試合1試合頑張ります」

▼高木社長「僕が言うのも何ですけど、今までレンタル移籍ってあったんですか?」

▼秋山社長「相互レンタルはないですよね。ここはSUSHIに…」

▼高木社長「うわぁ。相互レンタルを前提に検討します。期間は短めでお願いします(苦笑)」

▼秋山社長「遠慮なく(笑)」

――第2弾、第3弾のレンタル移籍もある?

▼秋山社長「それはチャンスがあるんであれば。ウチは何分、選手の数が少ないのでレンタルできるのがSUSHIぐらいで限られてくる。DDTさんは選手が豊富なんで、こういう機会があればとは思いますね」

▼高木社長「今回のお話が初めてのケースになると思います。ウチは活性化していかないと意味がないと思ってるので、ユニオンにしてもDDTにしてもそうなんですけど、常にマンネリと戦ってるようなものなので、活性化していかないといけない。ウチの若い選手だったり。ウチも選手数が多いので、月の試合数が限られてくる人間も出てくる。ユニオンも月に1回、2回。これを機に試合数を増やしてキャリアを積んでいってもらえれば。全日本さんにとっても異分子だと思うので、それがどうなっていくのか僕自身、楽しみにしてます。お話があれば第2弾、第3弾はウチとしてもありますね」


 【ナオミ・スーザン代表のコメント】「この度、高木社長経由で全日本プロレス様より半年間の選手のレンタル移籍のお話を頂きました。選手の自主性を尊重する意味で、ユニオン内で希望者を募ったところ真っ先に名乗りを上げたのが福田洋でした。キャリア3年にもかかわらず着々と特殊なポジションで頭角を現してきた福田に、半年間とはいえ抜けられるのはユニオンとしては正直痛手です。ただ福田本人には元々アメリカンプロレスをもっと深く体感してみたいという想いがあり、全米でも活躍されたジャイアント馬場さんの教えを受け継ぐ全日本プロレスさんのリングに所属させて頂くということは、彼の人生にとってかけがえのない経験になると思いお願いすることに致しました。何分、濃い目のキャラクターですので最初は全日本プロレスさんのリング上で浮いてしまうこともあるかと思いますが、彼の個性と思ってご容赦いただければと思います。秋山さん、全日本プロレスの皆様よりしっかりと王道プロレスを学んで一回りもふた回りも大きなレスラーになってユニオンに帰ってきてくれると期待しております。今からとても楽しみです。全日本プロレスの皆様よろしくご指導のほどお願い申し上げます」


 全日本プロレス、DDT、ユニオンプロレスが会見を開き、ユニオン所属の福田洋がレンタル移籍という形で10月シリーズから全日本に参戦することが発表された。全日本とDDTまたユニオンは選手派遣など協力関係を強化するという。


 レンタル移籍という形も新しい流れというか、以前に新日本プロレスとWARが対抗戦時代にWARにスーパー・ストロング・マシン、新日本にザ・グレート・カブキが参戦していたこともあったが、あれも一種のレンタル移籍なのかもしれない。

 福田はアメリカンスタイルキャラでユニオンでデビューしたが、最近は実力もつけユニオンでもトップクラスの選手に登りつめ佐藤光留の保持するユニオン王座にも挑戦した。ユニオンは石川修司、木高イサミがトップだが二人と福田との差を考えるとまだ開きがある、福田自身が自己主張したのは更なるステップアップのための全日本参戦であり、ユニオンも福田に期待して贈り出すのではと思う。


 福田と現在タッグを結成している大日本プロレスのMEN'Sテイオーは学生プロレス時代にジャイアント馬場さんから指導を受けたことがあるが、テイオーの相棒である福田が全日本に参戦するのも何かの縁なのか、福田が参戦する半年間、王道マットで何を得るのか期待したいと思う。

PR
Copyright©伊賀, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ